健康診断前日に飲酒・タバコ・コーヒーは大丈夫?

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

健康診断の前日のお酒は我慢できているでしょうか?
タバコは吸わないでいられますか?
思わずコーヒーを飲んでいませんか?

健康診断を正確に受けていただくためには、飲酒・喫煙・コーヒーはできるだけ控えていただきたいです。

ここでは、健康診断の前日ではどのようなことに注意すればよいのか、根拠をしっかりとお伝えしたいと思います。

 

1.健康診断前日の飲酒は?

中性脂肪や血糖値や尿酸値などに影響が出やすいので、少なくとも夜の9時以降は控えましょう。

お酒を飲み続けると肝臓にダメージが蓄積していきます。血液検査の結果としては、γ‐GTPが上昇することが知られています。肝機能の数値も悪化して、AST>ALTとなって数値が上昇します。ですから、お酒が好きな方は「休肝日」を作ることが大切ですね。ですが、健康診断の前の飲酒を控えた方がよい理由は、肝臓のためではありません。肝臓は時間をかけてダメージをうけていくものです。ですから、1日の飲酒で肝機能に大きな変化はないのです。

飲酒が健康診断に与える影響は別のところにあります。お酒には糖質が多く含まれています。このため、お酒を飲むと中性脂肪や血糖値が上昇します。ビールなどでは尿酸値も上昇します。また、アルコールは利尿作用が強いので、脱水傾向になったり尿検査に影響を及ぼします。

アルコールを摂取すると、血液中のアルコールは比較的早く上昇します。そして、5時間から10時間ほどで身体から抜けていきます。ですから、アルコール自体の影響は10時間ほど時間をあければ問題ないといえます。

糖質や脂質や尿酸値に関しては、食事と一緒です。健康診断では血糖値検査があります。検査時の条件として、空腹時血糖を原則としています。空腹時血糖とは、「前日の夜から10時間以上絶食し、朝食を摂る前に測定した血糖値」です。

これらを合わせて考えると、血液検査をする前の10時間は飲酒をしない方がよいのがわかるかと思います。個人差もありますので、12時間ほど空ける方がよいです。お酒を習慣的に飲んでいる方には、健康診断の前日にお酒を控えるのは難しいかもしれませんが、少なくとも夜の9時以降は飲酒を控えましょう。お酒を飲むにしても、少量を心がけましょう。

 

2.健康診断前日の喫煙は?

前日の喫煙は控えるのが望ましいです。

喫煙に関しては、健康診断前にはできれば控えた方がよいといわれています。ですがお酒や食事と違って、注意されないこともあります。食事やお酒と比べると、直前に喫煙しても血液検査に大きく影響しないためです。タバコの影響は血圧にみられます。タバコの成分であるニコチンの作用によって、血圧は上昇して脈は速くなります。ですから、健康診断の血圧検査で悪い結果が出てしまいます。

ですが、これ自体はよいことなのかもしれません。喫煙して高血圧の結果が出てきたら、タバコも原因のひとつなんだと受けとめてください。

長期的に喫煙していると、中性脂肪やLDLコレステロールが上がっていきます。また、酸素を運搬する赤血球のヘモグロビンに一酸化炭素がくっついてしまうので、機能が低下します。これを補うべく量でカバーしようとして、赤血球数が増加します。肺にダメージがあると、修復するべく白血球が増加します。

 

3.健康診断前日のコーヒーは?

少なくとも、当日は避けましょう。

コーヒーはカフェインがたくさん含まれています。カフェインをとると目が覚めることはみなさんご存知の通りです。カフェインは、交感神経を刺激して緊張状態となります。ですから、血圧を上げる方向に働きます。また、胃酸分泌亢進作用や利尿作用があります。

カフェインは、摂取してから30分程度で覚醒効果が始まり、1時間後に効果はピークを迎えます。半分になるのに3~7時間と個人差は大きく幅がありますが、およそ3~4時間は効果が持続すると考えてよいかと思います。睡眠のことも考えると、夕食後以降にカフェインを取ることは避けた方がよいでしょう。睡眠にまったく不安がないとしても、少なくとも当日のカフェインは避けるようにしましょう。

カフェインは日常に浸透していて、コーヒーに限らず様々なものに含まれています。総合感冒薬、解熱鎮痛薬、栄養ドリンク、コーラ、紅茶、お茶、チョコレート、ココアなど様々です。気を付けましょう。

 

まとめ

健康診断前日の飲酒は、中性脂肪や血糖値や尿酸値などに影響が出やすいので、少なくとも夜の9時以降は控えましょう。

喫煙は、前日は控えるのが望ましいです。

コーヒーは、少なくとも当日は避けましょう。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック