アリピプラゾール錠の効果と副作用

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

アリピプラゾール錠は、2006年に発売された第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)エビリファイの成分名(一般名)になります。10年あまりがたち、2017年6月よりジェネリック医薬品として発売されることになりました。

アリピプラゾールは、独特のメカニズムで作用するお薬です。ドパミンの分泌を適正な量に調整してくれるので、DSS(ドパミン・システム・スタビライザー)と呼ばれています。

統合失調症の治療薬としては、陰性症状や認知機能の改善効果に優れるお薬です。このため統合失調症だけでなく、双極性障害やうつ病などにも適応が認められているお薬です。副作用も全体的に少ないお薬なので、安全性が高いです。

ここでは、アリピプラゾール錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。

 

1.アリピプラゾールの効果と特徴

まずは、アリピプラゾールの作用の特徴をまとめたいと思います。専門用語も出てきますが、後ほど詳しく説明していますので、わからないところは読み飛ばしてください。

アリピプラゾールの統合失調症への効果は、ドパミンとセロトニンに対する作用によってもたらされます。

  • ドパミンD2受容体 部分作動作用:⊕陽性症状の改善・陰性症状の改善・錐体外路症状の軽減
  • セロトニン2A受容体 遮断作用:⊕陰性症状の改善・錐体外路症状の改善・睡眠が深くなる
  • セロトニン1A受容体 部分作動作用:⊕抗うつ効果・抗不安効果

ドパミンとセロトニン以外の受容体には、アリピプラゾールはほとんど作用しません。このため副作用が少ないのですが、気持ちを落ち着かせる鎮静効果が弱いという弱点にもなります。

  • セロトニン2C受容体遮断作用(中等度):体重増加
  • α1受容体遮断作用(弱い):ふらつき・立ちくらみ・射精障害
  • ヒスタミン1受容体遮断作用(弱い):体重増加・眠気
  • ムスカリン受容体遮断作用(わずか):口渇・便秘・排尿困難

これらをふまえて、アリピプラゾールの特徴をメリットとデメリットに分けて整理してみましょう。

 

1-1.アリピプラゾールのメリット

  • 陰性症状や認知機能の改善効果が大きい
  • ドパミン不足による副作用が少ない
  • 眠気や体重増加といった副作用が全体的に少ない
  • 抗うつ効果や抗躁効果が期待できる
  • 1日1回の服用で済む
  • 先発品では、口の中で溶ける錠剤や内用液が発売されている
  • 持続性注射剤が発売されている
  • 先発品と比べて薬価が下がる

アリピプラゾールの作用の特徴は、「ドパミンを完全にブロックするのではなく、適切な量に調整すること」です。このため、必要以上にドパミンをブロックしてしまうことが少ないです。中脳皮質でのドパミンの増加やセロトニンの作用によって、陰性症状や認知機能の改善効果に優れるお薬です。

また、ドパミンを過剰にブロックしてしまうことによる副作用が少ないです。錐体外路症状(ふるえ・筋肉のこわばり)や高プロラクチン血症(乳汁分泌・生理不順・性機能障害)は、あまり認められません。

さらにアリピプラゾールは、ドパミンとセロトニン以外の受容体への作用が弱いため、副作用が全体的に少ないです。多くの抗精神病薬で問題となる、体重増加、眠気、ふらつき、性機能障害といった副作用が少ないです。

アリピプラゾールが使われるのは、統合失調症だけではありません。抗うつ効果や抗躁効果が認められていて、双極性障害やうつ病(補助として)にも適応が認められています。

アリピプラゾールは作用時間が長いお薬なので、1日1回の服用でも効果が持続するというメリットがあります。回数が少ない方がお薬の飲み忘れもなくなります。

また先発品では、さまざまな剤形が発売されています。口の中ですぐに溶けてしまう口腔内崩壊錠、内用液などが発売されています。2015年5月に、持続性注射剤も発売されています。1か月に1回の注射で、アリピプラゾールの効果が持続します。

まだ薬価が定まっていませんが、先発品と比べると薬価は下がることが確実です。もともとエビリファイは高いお薬のため、その恩恵は大きいと思われます。統合失調症や双極性障害ではアリピプラゾールを高用量必要となることが多く、そういった患者さんがジェネリックが使えるようになるのは大きなメリットになります。

 

1-2.アリピプラゾールのデメリット

  • 鎮静作用が弱い
  • 陽性症状を悪化させることがある
  • いきなり高用量を使わなければいけないことがある
  • アカシジアが多い

アリピプラゾールの最大のデメリットは、鎮静作用の弱さです。

アリピプラゾールはドパミンとセロトニンに選択的に作用するお薬なので、抗ヒスタミン作用や抗α1作用、抗コリン作用は少ないです。これはアリピプラゾールの副作用の少なさにつながりますが、裏を返せば、気持ちを落ち着かせる鎮静作用が弱いということになります。興奮があまりに強い患者さんには向きません。

また、アリピプラゾールは部分作動薬であるので完全にドパミンをブロックできないという欠点があります。このため、幻覚や妄想といった陽性症状を抑えられずに悪化してしまうこともあります。他の抗精神病薬からアリピプラゾールに切り替える時には、ドパミンのブロックが甘くなってしまうこともあります。

アリピプラゾールは、低用量と高用量では作用の方向性が異なるお薬です。統合失調症の症状が激しくて興奮が強かったり、躁症状のときは高用量で使う必要があります。少ない量ではむしろドパミンを増やしてしまい、気持ちをあおってしまうこともあるのです。ですから、高用量から使わなければいけないこともあります。

アリピプラゾールの副作用としてアカシジアが目立ちます。アカシジアとは、身体がソワソワしてしまったり、ムズムズしてしまうことで落ち着かなる症状です。ドパミンによる錐体外路症状の一種といわれています。アリピプラゾールを開始した直後に認められることが多く、量が少なくても認められることがあります。

 

2.アリピプラゾールの作用時間と使い方

アリピプラゾールは最高血中濃度到達時間が3.6時間、半減期が61時間の非定型抗精神病薬です。統合失調症では6~12mgから開始してすぐに増量することが多いです。躁状態では12mgから、うつ状態では1.5~3mgから使われます。最大30mgまで使えます。

アリピプラゾールを服用すると、4.8時間で血中濃度がピークになります。そこから少しずつ薬が身体から抜けていき、28.5時間ほどで血中濃度が半分になります。

この血中濃度がピークになるまでの時間を「最高血中濃度到達時間」、血中濃度が半分になるまでを「半減期」といいます。

 

このため、1日1回の服用でも効果がしっかりと持続するお薬です。一番服用しやすい時間帯を見つけて飲むようにしましょう。多くの場合が夕食後や就寝前になります。

アリピプラゾールの添付文章では、統合失調症・躁症状・うつ病で用法が異なります。まとめると以下のようになります。

  • 統合失調症:6~12mgから開始して、1日6~24mgを維持量。1日1~2回投与で、最大量30mgまで。
  • 躁症状:24mgから開始して、1日12~24mgを維持量。1日1回投与で、最大量30mgまで。
  • うつ病:3mgから開始して、効果によって3mgずつ調整する。1日1回投与で、最大量15mgまで。

統合失調症では、多くの場合12mgから始めます。興奮や攻撃性が強い方では、すぐに24mgまで上げてしまいます。躁症状では、添付文章通り24mgから開始します。うつ病では、抗うつ剤で十分な効果がない時に使われます。少量で使うことで効果が増強されるので、1.5~3mgから使っていきます。

アリピプラゾールは作用時間が長いので、効果が安定するまでには2週間ほどかかります。このため、じっくりと効果を見ていく必要があります。

アリピプラゾールは副作用が全体的に少なく、量を増やしても大きく変わらない傾向にあります。このため、飲み始めに問題がなければ、思い切って量を増やすことが多いです。症状が落ち着いてきてから少しずつ減量していくことで、適切な量を見つけていくお薬です。

 

3.アリピプラゾールとその他の抗精神病薬の比較

アリピプラゾールは、ドパミンとセロトニンに選択的に作用します。このため、副作用が全体的に少なく、鎮静作用が弱いです。

抗精神病薬の作用を比較して一覧にしました。

代表的な抗精神病薬の作用を比較して、それぞれのお薬の位置づけを考えていきましょう。

統合失調症の治療薬としては、まずは第二世代の非定型抗精神病薬から処方されることが一般的になっています。陰性症状への効果も期待できますし、何よりも副作用が軽減されていて患者さんへの負担が少ないからです。

非定型抗精神病薬には、大きく3つのタイプが発売されています。それぞれの特徴をざっくりとお伝えしたいと思います。

  • SDA(セロトニン・ドパミン拮抗薬):ドパミンとセロトニン遮断作用が中心
    商品名:リスパダール・インヴェガ・ロナセン・ルーラン
    特徴:⊕幻覚や妄想などの陽性症状に効果的 ⊖錐体外路症状や高プロラクチン血症が多め
  • MARTA(多元受容体標的化抗精神病薬):いろいろな受容体に適度に作用
    商品名:ジプレキサ・セロクエル・シクレスト
    特徴:⊕鎮静作用や催眠作用が強い ⊖太りやすい・眠気が強い・糖尿病に使えない
  • DSS(ドパミン受容体部分作動薬):ドパミンの分泌量を調整
    商品名:アリピプラゾール
    特徴:⊕副作用が全体的に少ない ⊖アカシジア(ソワソワ)が多い・鎮静作用が弱い

非定型抗精神病薬がしっかりと効いてくれればよいのですが、効果が不十分となってしまうこともあります。急性期の激しい症状を抑えるためには、定型抗精神病薬の方が効果が優れています。また、代謝への影響は定型抗精神病薬の方が少ないです。

定型抗精神病薬は、セレネースの系統とコントミンの系統の2つに分けることができます。

  • セレネース系(ブチロフェロン系):ドパミン遮断作用が強い
    特徴⊕幻覚や妄想などの陽性症状に効果的 ⊖錐体外路症状や高プロラクチン血症が多い
  • コントミン系(フェノチアジン系):いろいろな受容体に全体的に作用する
    特徴⊕気持ちを落ち着ける鎮静作用が強い ⊖幻覚や妄想などの陽性症状には効果が乏しい

アリピプラゾールは、非定型抗精神病薬のDSSに分類されます。セロトニンとドパミンに選択的に作用するので、副作用は全体的に少ないです。その一方で、鎮静作用が弱く、興奮や攻撃性が強い時には力不足となってしまいます。ただ、中長期的にみて副作用が少なく、飲み心地のよいお薬といえます。

 

4.アリピプラゾールの副作用

  • 第一世代抗精神病薬よりも副作用が少ない
  • 第二世代抗精神病薬の中でも副作用が少ない
  • 体重増加・糖尿病・脂質異常症など、代謝系の副作用が少ない
  • 眠気やふらつきといった副作用が少ない
  • 錐体外路症状は少ないが、アカシジアだけ多い
  • 吐き気がやや多い

アリピプラゾールは、第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)に分類されます。第一世代の抗精神病薬(定型抗精神病薬)と比較すると、副作用は全体的に軽減されています。

  • 錐体外路症状(ソワソワやふるえなど)
  • 高プロラクチン血症(生理不順・性機能低下など)

といった、ドパミン遮断作用による副作用は大きく軽減されました。

しかしながら定型抗精神病薬よりも、代謝への悪影響が多くなってしまいました。この原因はよくわかっていませんが、体重増加や糖尿病、脂質異常症などがよく認められます。このため、定期的に採血をして確認していかなければいけません。

 

第二世代抗精神病薬の中でもアリピプラゾールは、DSS(ドパミン・システム・スタビライザー)に分類されます。ドパミン受容体に対して部分作動薬の働きをします。ドパミンが多いときは少なくして、少ない時は多くする働きがあります。このため、陽性症状と陰性症状への効果を両立させたお薬です。

アリピプラゾールは、ドパミンとセロトニン以外の受容体にはほとんど作用しません。このため、副作用が全体的に少ないです。体重増加や代謝関連の副作用、眠気やふらつきといった副作用が少ないお薬です。

ドパミン遮断作用による副作用も少ないのですが、アカシジアだけは例外的に頻度が高いです。他の抗精神病薬と比較しても多いです。アリピプラゾール少量でも認められることがあります。

また、他の抗精神病薬と比較すると吐き気がやや多いです。ドパミン遮断作用には、嘔吐中枢に働くことで制吐作用があります。このため、抗精神病薬の中には制吐剤に使われるお薬もあります。アリピプラゾールはドパミンを増やしてしまうこともあるので、制吐作用が弱いです。このため、他の抗精神病薬と比較すると、悪心嘔吐が多いです。

 

5.アリピプラゾールの適応疾患とは?

<適応>

  • 統合失調症
  • 双極性障害における躁症状の改善
  • うつ病・うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る)

<適応外>

  • 自閉症の易刺激性
  • せん妄
  • 過食症状の軽減

アリピプラゾールは統合失調症のお薬として発売されましたが、相次いで躁症状やうつ症状に対して適応が認められました。

実際の臨床の現場でも、この3つの病気で使われることがほとんどです。アリピプラゾールは低用量ではドパミンを増加させ、高用量では減少させるお薬です。このため、ドパミンのバランスが崩れている病気で使われています。

統合失調症では、上述させていただいたように、ドパミンのバランスを整えることで効果が期待できます。躁症状でも、中脳辺縁系のドパミン過剰が原因の一つと考えられていますので、アリピプラゾールを高用量使うことで効果が期待できます。

うつ病では、モノアミンと呼ばれるセロトニン・ノルアドレナリン・ドパミンが足りなくなっていると考えられています。アリピプラゾールでは、低用量でドパミンを増やす作用があります。さらに、セロトニン1A受容体を少しだけ刺激する作用があります。このため、ドパミンだけでなくセロトニンの増加も期待できます。

ただし、うつ病では最初から使うことは適応とされていません。抗うつ剤を十分に使っても改善が不十分なときに、後押しとして使われます。増強療法(augmentation)という使い方で、適応が認められています。

 

アリピプラゾールは、これ以外にも使われることがあります。アメリカでは、自閉症の易刺激性にも承認されています。自閉症の患者さんでは情緒が不安定となり、パニックやカンシャク、興奮したり怒りっぽくなったり、攻撃性や自傷行為などが認められることがあります。このような時に情緒の不安定さを軽減させてくれる効果が期待できます。

アリピプラゾールは、せん妄という急激な意識障害にも効果が期待できます。せん妄になると、急にぼけてしまって、今どこで何をしているのかがわからなくなってしまいます。このため周りの言葉も入らなくなってしまい、興奮したり暴力的になってしまうこともあります。アリピプラゾールによって改善が期待できます。

また、過食症状の軽減に役立つこともあります。アリピプラゾールはどちらかというと食欲が減少する方が多いお薬です。過食症状はいろいろな原因で認められることがあるので、一概にアリピプラゾールが効果があるとは言えませんが、ひとつの治療の選択肢となっています。アリピプラゾールを低用量で使うと、過食衝動が落ち着く方がいらっしゃいます。

 

6.アリピプラゾールが向いている人とは?

  • 興奮や攻撃性がそこまで強くない方
  • 他の抗精神病薬では効果が乏しかった方
  • 副作用を減らしたい方
  • 錐体外路症状を和らげたい方
  • 1日1回の服用がよい方

アリピプラゾールの特徴は、「副作用が全体的に少なく、鎮静作用も弱いお薬」でした。この特徴を踏まえて、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。

アリピプラゾールは鎮静作用が弱いお薬です。このため、興奮や攻撃性があまりに強い患者さんには向いていません。鎮静作用のある他のお薬と併用して使うこともありますが、このような時は鎮静作用の強いジプレキサやセロクエル、リスパダールなどが使われることが多いです。

アリピプラゾールは、鎮静作用が弱いというデメリットはありますが、うまく身体にあうと飲み心地のよいお薬といえます。眠気やふらつきが少ないので、生活への支障が少ないです。また、陰性症状や認知機能を改善する効果も高く、人間らしさが戻ってくるような印象のあるお薬です。

 

アリピプラゾールは他の抗精神病薬とは全く異なる作用機序なので、他の抗精神病薬で効果が乏しかった方は試してみる価値があります。また、副作用が全体的に少ないので、他の抗精神病薬から切り替えることもあります。

他の抗精神病薬で錐体外路症状がみられたときは、アリピプラゾール少量を併用することで、緩和できることがあります。アリピプラゾールがドパミン受容体に少しだけ作用することにより、他のお薬によるドパミン遮断作用を和らげてくれます。

また、アリピプラゾールは1日に1回の服薬で効果が持続するので、服薬がシンプルになります。1日に2~3回の服薬にすると飲み忘れてしまう方は、アリピプラゾールにして飲み方をシンプルにすることもあります。

 

7.一般名と商品名とは?

一般名:アリピプラゾール 商品名:エビリファイ

まったく成分が同じものでも、発売する会社が異なればいろいろな商品があるかと思います。医薬品でも同じことがいえます。このためお薬には、一般名と商品名というものがあります。

一般名というのは、薬の成分の名前を意味しています。発売する会社によらずに、世界共通で伝わる薬物の名称です。「アリピプラゾール(aripiprazole)」に統一されています。主に論文や学会など、学術的な領域でこれまで使われてきました。

一方で商品名とは、医薬品を発売している会社が販売目的でつけた名称になります。「エビリファイ(abilify)」は、製造元である大塚製薬が独自でつけた名前です。ability(能力やできること)+fy(可能にする)という気持ちをこめてつけられました。

 

エビリファイでは、まだジェネリックが発売されていません。おそらくジェネリックが発売されるときには、アリピプラゾールという名前になるかと思います。最近のジェネリックは、紛らわしさをなくすため、「一般名+会社名」とすることが多くなりました。

 

アリピプラゾールの効果や副作用について詳しく知りたい方は、
エビリファイの効果と特徴
エビリファイの副作用(比較と対策)
をお読みください。

 

まとめ

アリピプラゾールの特徴は、「副作用が全体的に少なく、鎮静作用も弱いお薬」です。

アリピプラゾールのメリットとしては、

  • 陰性症状や認知機能の改善効果が大きい
  • ドパミン不足による副作用が少ない
  • 眠気や体重増加といった副作用が全体的に少ない
  • 抗うつ効果や抗躁効果が期待できる
  • 1日1回の服用で済む
  • 先発品では、口の中で溶ける錠剤や内用液が発売されている
  • 持続性注射剤が発売されている
  • 先発品に比べて薬価が下がる

アリピプラゾールのデメリットとしては、

  • 鎮静作用が弱い
  • 陽性症状を悪化させることがある
  • いきなり高用量を使わなければいけないことがある
  • アカシジアが多い

アリピプラゾールが向いている方は、

  • 興奮や攻撃性がそこまで強くない方
  • 他の抗精神病薬では効果が乏しかった方
  • 副作用を減らしたい方
  • 錐体外路症状を和らげたい方
  • 1日1回の服用がよい方

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック