メイラックス錠1mg・2mgの薬価と使い分け

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

メイラックスは、作用時間が非常に長い抗不安薬です。効果がしっかりとしているわりに副作用が少なく、使いやすいお薬です。

メイラックスの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。メイラックスは頓服として使われることはまれで、常用薬として使われることがほとんどです。ここでは、メイラックス錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

メイラックスの効果について詳しく知りたい方は、
メイラックス錠の効果と効き目の強さ
をお読みください。

 

1.メイラックス錠1mg・2mgの使い方

メイラックスは常用することがほとんどです。0.5~2mgで使っていきます。

抗不安薬を使っていく時は、できるだけ少なく使っていくように意識していきます。

できれば、休肝日ならぬ「休薬日」が作れると理想的です。例えば、

  • 普段は何ともないけれども、何かきっかけがあるとつらい方
  • 仕事のある月~金はつらいけど、土日は大丈夫という方
  • 週末だけがつらい方

こんな場合は、つらい時だけに服用する「頓服」で何とかなるかもしれません。頓服ですと、薬に依存することもありません。

頓服向きのお薬はどのようなお薬の条件は、

  • すぐに効果が期待できる
  • 効果がある程度強くて実感できる

という2点です。メイラックスは意外とこの2つの条件を満たしています。しかしながら作用時間が非常に長いので、不安や緊張が去っても薬が効き続けてしまいます。このため、頓服としては使いにくいお薬です。頓服としては、リーゼ・ソラナックス/コンスタン・ワイパックス・デパス・レキソタンなどが使われることが多いです。

 

頓服では効果が不十分となると、抗不安薬を常用する必要があります。そのような時に、メイラックスは安全性が高くて使いやすいお薬です。

常用していく目的は、1日を通してお薬を効かせることです。作用時間の長いお薬の方が依存性が低く、服用の回数も少なくて済みます。ですから常用するときは、できるだけ作用時間の長いお薬から使っていくべきです。

メイラックスは作用時間が非常に長く、1日1回の服用で効果が持続します。さらに効果のわりに副作用が少ないです。夕食後や就寝前に1回だけ、服用することが多いです

 

メイラックスの用量は、0.5mg~2mgとなっています。1日1回就寝前や夕食後に使っていくことが多いです。高齢者や体格の小さな女性は0.5mgから、普通の方は1mgから始めます。効果が不十分な方は、2mgまで増量できます。

1mg錠剤が1番小さな規格ですが、割線が入っているので半分に割ることができます。薬局で頼んだら割ってもらうこともできます。

 

2.メイラックス錠とロフラゼプ酸エチル錠での違い(薬価)

メイラックスからロフラゼプ酸エチルにすると、1mg錠で37%、2mg錠で25%ほどになります。

ジェネリックになると安くなると言われていますね。メイラックスは抗不安薬の中では高いお薬です。ジェネリック医薬品が発売されたことで、薬価がかなり安くなりました。具体的にみてみましょう。

<先発品>

商品名 剤形 薬価
メイラックス錠 1mg 21.6円
メイラックス錠 2mg 38.6円
メイラックス細粒 1% 206.6円/g

<ジェネリック(後発品)>

商品名 剤形 薬価
ロフラゼプ酸エチル錠 1mg 8円
ロフラゼプ酸エチル錠 2mg 9.8円
ジメトックス錠 1mg 8円
ジメトックス錠 2mg 9.8円

 

メイラックス1mgでは、ジェネリックにする37%ほどの薬価になります。メイラックス2mgでは、ジェネリックにすると25%ほどの薬価になります。先発品とくらべると、ぐっと安くなりましたね。

1mg錠2つよりも、2mg錠1つの方が経済的です。

※2015年9月23日現在の薬価です。

 

3.メイラックス錠とロフラゼプ酸エチル錠での違い(効果や副作用)

メイラックス錠とロフラゼプ酸エチル錠には多少の血中濃度の変化に違いがあります。ロフラゼプ酸エチル錠を作っている製薬会社によっても異なります。このため、同じ薬局でお薬をもらうようにしましょう。

成分が同じだからといってまったく効果が同じかというと、そういうわけではありません。薬のコーティング、溶け方、吸収のされ方などは、製薬会社によって異なります。とはいってもメイラックスの後発品と認めてもらうためには、ちゃんと基準があります。ジェネリックのロフラゼプ酸エチルを服用してからの血中濃度の変化が、メイラックスと比べて誤差80~125%の間にあることが条件なのです。

だいたいは同じような効き方をするのですが、血中濃度がピークになるまでの時間(最高血中濃度到達時間)や血中濃度が半分になるまでの時間(半減期)に違いが出てきます。即効性のある抗不安薬の場合は、作用時間のスピードが重要です。作用時間がかわることで、効果や副作用に違いがでることがあります。

 

メイラックスは最高血中濃度到達時間が0.8時間、半減期が122時間のお薬です。

有効成分はまったく同じなので、効果や副作用の特徴に大きな違いがあるわけではありません。ですが、まったく同じ薬かというとそういうわけではありません。血中濃度の変化に違いがあるので、それに応じて効果の発現・作用時間・副作用の強さなどが多少異なってきます。

ジェネリックにもいろいろな商品があるので、製薬会社によって効き方は少しずつ異なります。薬局にはジェネリック医薬品は決まったものしか置いていません。ですから、ジェネリックを使う場合は同じ薬局でお薬をもらうようにしましょう。

 

まとめ

メイラックスは常用することがほとんどです。0.5~2mgで使っていきます。

メイラックスからロフラゼプ酸エチルにすると、1mg錠で37%、2mg錠で25%ほどになります。

メイラックス錠とロフラゼプ酸エチル錠には多少の血中濃度の変化に違いがあります。ロフラゼプ酸エチル錠を作っている製薬会社によっても異なります。このため、同じ薬局でお薬をもらうようにしましょう。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック