ロフラゼプ酸エチル錠の効果・効き目の強さ

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

ロフラゼプ酸エチルは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬メイラックスのジェネリックです。1989年に発売され、抗不安薬の中では最も新しいお薬です。ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい安定剤がたくさん発売されていく中、依存性の強さが問題になりました。これを解決するお薬として、作用時間の長いロフラゼプ酸エチルが作られました。

ロフラゼプ酸エチルは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、ロフラゼプ酸エチルの効果と効き目について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にロフラゼプ酸エチルが向いているのかを考えていきましょう。

 

1.ロフラゼプ酸エチルの作用の仕組み(作用機序)

GABAの働きを強めて、脳の活動を抑えます。

ロフラゼプ酸エチルの効果はどのようにしてでてくるのでしょうか?ここでは簡潔にご説明していきたいと思います。

ロフラゼプ酸エチルはベンゾジアゼピン受容体に作用します。これによってGABAの働きを強めて脳の活動を抑えることで効果を発揮します。

「GABAってなんか聞いたことあるぞ?」って方もいらっしゃるかもしれません。リラックスする物質として、GABA入りのチョコレートなどが流行っていましたね。GABAは脳の中での情報の受け渡しに関係していて、神経伝達物質とよばれます。リラックスすると言われている通り、脳の神経細胞の活動を抑える作用があります。

 

ロフラゼプ酸エチルは、プロドラッグとよばれています。プロドラッグとは、身体に吸収されて肝臓で分解されることで効果を発揮するお薬です。ロフラゼプ酸エチル自体に効果があるわけではなく、身体で分解されてできた「デスアルキルフルラゼパム」という物質が効果を発揮します。このような物質を活性代謝産物といいます。

活性代謝産物がベンゾジアゼピン受容体にくっつくと、GABAがGABA受容体にくっつきやすくなります。GABAが脳内で作用すると、脳の活動が抑えられて不安感や緊張感が和らぐのです。

もう少し詳しくみると、ベンゾジアゼピン受容体にはω1とω2の2種類があります。ω1受容体に作用すると、催眠作用や抗けいれん作用が認められます。ω2受容体に作用すると、抗不安作用と筋弛緩作用が認められます。

このためロフラゼプ酸エチルでは、脳の活動を抑えることで4つの作用があります。

  • 抗不安作用
  • 催眠作用
  • 筋弛緩作用
  • 抗けいれん作用

 

2.ロフラゼプ酸エチルの効果と特徴

ロフラゼプ酸エチルは、脳の活動を抑えることで落ち着かせてくれるお薬です。4つの作用の強さは、

  • 抗不安作用「やや強い」
  • 催眠作用「やや弱い」
  • 筋弛緩作用「弱」
  • 抗けいれん作用「中」

となっています。これをふまえて、ロフラゼプ酸エチルの特徴をメリットとデメリットに分けてみていきましょう。

 

2-1.ロフラゼプ酸エチルのメリット

  • 抗不安作用がそれなりに強い
  • 1日1回の服用ができる
  • 依存性が低い
  • 効果のわりに副作用が少なめ

ロフラゼプ酸エチルは、薬を服用するとすぐに効果が期待できます。作用時間がとても長いので効果が弱いと思われがちですが、抗不安作用もしっかりとしていて即効性もあります。

ロフラゼプ酸エチルは作用時間が非常に長いお薬です。このため、1日1回の服用で効果が1日中持続します。抗不安薬では眠気やふらつきといった副作用が多いので、夕方や寝る前に服用してしまえば問題とならないこともあります。

この作用時間の長さは、依存性の低さにもつながります。お薬が身体からゆっくりと抜けていくので、身体が変化に慣れていく時間をかせげるのです。

さらには、ロフラゼプ酸エチルは効果のわりに副作用が少なめです。これは、ロフラゼプ酸エチルがプロドラッグであるためです。吸収されてから肝臓で分解されるまでは何の作用もしめさず、肝臓で分解されてできた有効成分がダイレクトに脳に作用します。ですから副作用が軽減されるのです。このため、効果のわりに副作用が少なめになっています。

 

2-2.ロフラゼプ酸エチルのデメリット

  • 副作用がでると残りやすい
  • 眠気の日中への持ち越しがやや多い

ロフラゼプ酸エチルは作用時間が非常に長く、一度服用するとしばらく残って作用し続けます。副作用は少ないとはいえ、ふらつきや眠気といった副作用は避けられません。このような副作用が出てしまうと、薬がなかなか抜けないので続いてしまいます。

副作用としては、日中の眠気がやや多いです。作用時間が長いため、夜間になって服用しても朝まで作用が持続してしまいます。さらには服用を続けていくと、お薬が少しずつ蓄積していきます。催眠作用はやや弱いとはいえ、眠気の副作用には注意しなければいけません。

 

ロフラゼプ酸エチルの副作用について詳しく知りたい方は、
ロフラゼプ酸エチルの副作用(対策と比較)
をお読みください。

 

3.ロフラゼプ酸エチルの持続時間と効き方

ロフラゼプ酸エチルは最高血中濃度到達時間が0.8時間、半減期が122時間の長時間型抗不安薬です。効果の持続時間は12~24時間ほどです。抗不安作用・催眠作用・抗けいれん作用が強く、筋弛緩作用は中程度です。

ロフラゼプ酸エチルを服用すると、およそ0.8時間で血中濃度がピークになります。その後ゆっくりと薬が身体から抜けていき、半分の血中濃度になるまで122時間かかります。とんでもなく作用時間が長いお薬です。

この血中濃度がピークになるまでの時間を「最高血中濃度到達時間」、血中濃度が半分になるまでを「半減期」といいます。

ロフラゼプ酸エチルでは、「最高血中濃度到達時間0.8時間・半減期122時間」ということになります。

服用してから0.8時間して効果のピークがくるので、即効性が期待できる抗不安薬です。半減期が非常に長いので、しばらく効果が持続します。1日たっても薬の効果がなくならないので、ロフラゼプ酸エチルを毎日服用すると薬が身体にたまっていきます。

定期的にロフラゼプ酸エチルを服用した時の、血中濃度の変化を考えてみましょう。

薬を飲み続けると、定常状態となります。その様子を図であらわしました。

飲み続けていると、あるところで均衡状態ができます。この状態を定常状態といいます。ロフラゼプ酸エチルでは2~3週間ほど服用を続けると、定常状態に達します。このように定期的に飲み続けていくと、不安になりにくい土台ができあがります。

ロフラゼプ酸エチルのような作用時間の抗不安薬は、「超長時間型」に分類されます。

 

実際の効果としては、服用して15分~30分くらいで出てきます。効果のピークは0.8時間くらいしてやってきて、効果はしばらく続きます。

効果の持続時間は個人差があり、薬が効きやすい方と効きにくい方がいらっしゃいます。ロフラゼプ酸エチルの効果の持続時間は、およそ12~24時間といったところになります。ロフラゼプ酸エチルはもっと作用時間は長いですが、1日効いているという意味で24時間としました。ロフラゼプ酸エチルの効果は少しずつ増していきます。

 

ロフラゼプ酸エチルの効果の強さとしては、

  • 抗不安効果「やや強い」
  • 催眠効果「やや弱い」
  • 筋弛緩効果「弱」
  • 抗けいれん効果「中」

となっています。

用量は0.5~2mgとなっていて、最大2mgまで使える抗不安薬です。

 

4.ロフラゼプ酸エチルとその他の抗不安薬(効果と副作用の比較)

ロフラゼプ酸エチルの作用時間は非常に長いです。効果のわりには副作用が少ないお薬です。

抗不安薬には、さまざまな種類が発売されています。比較してみてみましょう。

抗不安薬を比較するにあたっては、2つのポイントがあります。

  • 作用時間(最高血中濃度到達時間・半減期)
  • 4つの作用への強さ(抗不安・催眠・筋弛緩・抗けいれん)

よく使われるベンゾジアゼピン系抗不安薬で、この2つのポイントを比較してみましょう。

代表的な抗不安薬の効果や作用時間について比較した一覧表です。

まずは作用時間によってタイプがわかれています。作用時間は、ピーク(最高血中濃度到達時間)と半減期をみて推測していきます。

作用時間は短時間作用型~超長時間作用型までの4つに分類できます。

短時間~中間型に関しては、即効性を期待して使うことが多いです。一方で超長時間型は、飲み続けていくことで全体的に落ち着かせる土台をつくるようなお薬です。長時間型はその中間に位置していて、即効性も期待できますし、飲み続けていくことで不安を落ち着かせていくこともできます。

作用時間による副作用の違いは、

  • 短いほど依存しやすい
  • 長いほど身体に薬がたまって眠気やふらつきが出やすい

といえます。

 

患者さんの不安の状態から、どの作用時間の抗不安薬が適切か考えていきます。その上で、作用の強さを比較して選んでいきます。

短時間型では、デパス>>リーゼ>グランダキシンです。デパスは催眠作用が強く、睡眠薬にも分類されることがあります。また、筋弛緩作用も強いので、肩こりなどにも使われます。

中間型では、レキソタン>ワイパックス≧ソラナックス/コンスタンです。いずれも抗不安効果が強く、不安の発作にも使われます。レキソタンは筋弛緩作用が強いです。

長時間型では、リボトリール/ランドセン>セパゾン>セルシン/ホリゾンです。セルシン/ホリゾンには注射があります。服薬ができない時は、筋肉注射が有効です。

超長時間型では、レスタス>ロフラゼプ酸エチル(メイラックス)です。このタイプは非常に作用時間が長いです。このため、副作用が一度出てしまうと抜けるのに時間がかかってしまいます。ですから、副作用の穏やかなロフラゼプ酸エチルの方がよく使われています。

 

この他にも、抗不安薬はたくさん発売されています。頻度はかなり減りますが、服用されている方もいらっしゃるかと思います。それぞれのお薬の特徴を表にまとめましたので参考にしてください。

マイナーな抗不安薬の比較

5.ロフラゼプ酸エチルが向いている人とは?

  • 不安が1日中強い方
  • 抗不安薬が長期に必要な方
  • 1日1回の飲み方がよい方
  • 睡眠障害がある方
  • 他の抗不安薬で離脱症状がある方

ロフラゼプ酸エチルの特徴は、「作用時間がとても長く、効果のわりに副作用の少ないお薬」ということです。効果が長く続くので、依存性も低いお薬です。

このため、不安が1日を通して強い方には向いているお薬と言えます。このような方は、抗不安薬の服用が長期に及ぶことが多いです。長い目で見ても、依存性の少ないロフラゼプ酸エチルは向いているといえます。

1日に1回の服用がよい方にも向いています。お薬を何回も飲みたくない方、職場でお薬が飲めない方などでは、ロフラゼプ酸エチルは1回の服用で効果が持続します。

睡眠障害がある方にもよいでしょう。不安が強い方は、不眠症になっていることが多いです。ロフラゼプ酸エチルは、少ないながらも催眠作用があります。服用を続けていくうちに、少しずつ眠りやすい土台ができていきます。就寝前に服用すれば、多少の催眠効果も期待できます。

ロフラゼプ酸エチルは依存性が低いので、他の抗不安薬で離脱症状が出てしまって減薬できない時に使われることがあります。ロフラゼプ酸エチルに置き換えてしまって、少しずつ減量していくのです。ロフラゼプ酸エチルはゆっくりと身体から抜けていくので、スムーズにやめられることが多いです。

 

このように、ロフラゼプ酸エチルは使い勝手のよい抗不安薬です。私はよくロフラゼプ酸エチルを使っています。ロフラゼプ酸エチルでは、高齢者に使えるかどうかが懸念されます。

一般的に作用時間の長いお薬は、高齢者に敬遠されます。高齢者は肝臓や腎臓の機能が低下していて、ただでさえ薬の分解が遅れるからです。ロフラゼプ酸エチルは作用時間が非常に長いですが、副作用は少ないので高齢者でも使うことができます。向いているとまではいきませんが、問題はないお薬です。

 

まとめ

ロフラゼプ酸エチルの作用の特徴は、

  • 抗不安作用「やや強い」
  • 催眠作用「やや弱い」
  • 筋弛緩作用「弱」
  • 抗けいれん作用「中」

ロフラゼプ酸エチルのメリットとしては、

  • 抗不安作用がそれなりに強い
  • 1日1回の服用ができる
  • 依存性が低い
  • 効果のわりに副作用が少なめ

ロフラゼプ酸エチルのデメリットとしては、

  • 副作用がでると残りやすい
  • 眠気の日中への持ち越しがやや多い

ロフラゼプ酸エチルが向いている方は、

  • 不安が1日中強い方
  • 抗不安薬が長期に必要な方
  • 1日1回の飲み方がよい方
  • 睡眠障害がある方
  • 他の抗不安薬で離脱症状がある方

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック