パキシルとジェネリックの違いとは?

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

パキシルはSSRIが日本でも発売されるようになってすぐの2000年に発売されたお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、2012年からジェネリック医薬品としてのパロキセチンも発売されました。

それでは、パキシルとジェネリック(パロキセチン)にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。

 

1.パロキセチンとは?

パキシルのジェネリック医薬品で、同じ名称で複数発売されています。

パロキセチンとは、パキシルの成分の名前です。有効成分であるパロキセチンは、グラクソ・スミスクライン社によって開発されました。この会社の商品が「パキシル」になります。

開発には莫大なお金がかかりますので、その権利を保障するために10年ほどは特許で守られます。この特許がきれると、ジェネリック医薬品が発売できるようになります。

ですから、はじめのうちは一般の方がパロキセチンという成分名を目にする機会は少なかったと思います。ですが、2012年にジェネリック医薬品が発売されるようになると、価格が安いこともあって処方されることが増えました。このため、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

ジェネリック医薬品は、以前は独自の名前がつけら れていました。最近のジェネリックは、紛らわしさをなくすため、「一般名+会社名」とすることが多くなりました。パロキセチンは30社近くが発売していますが、どれもパロキセチン「会社名」となっています。

患者さんに飲んでいるお薬の名前をお聞きすると、「」がついている会社名ばかり印象に残ってしまうこ とがありますので、注意してくださいね。

 

2.パキシルとジェネリックの薬価の違い

 ジェネリックは、パキシルの4割程度の薬価になっています。

ジェネリックになると安くなると言われていますね。だいたい6割になることが多いのですが、パキシルの場合は30近くの会社が作っているので、とても安くなります。パロキセチンの薬価は、パキシルの4割程度に設定されているのです。

各ジェネリック医薬品の中でも薬価には差がありますが、これは製薬会社から薬局への卸値の違いで決まってきます。どのジェネリックを採用しているかは薬局によって異なりますので、確認してみてください。差があるといっても10~20%程度ですので、自己負担で考えると1~6%程度の違いになります。

<先発品>

商品名 剤形 薬価
パキシル錠 5mg 57.5円
パキシル錠 10mg 100.5円
パキシル錠 20mg 175.3円

<ジェネリック(後発品)>

商品名 剤形 薬価
パロキセチン錠 5mg 25.0~31.2円
パロキセチン錠 10mg 42.9~53.9円
パロキセチン錠 20mg 73.4~93.8円
パロキセチンOD錠 5mg/10mg/20mg 31.2/53.9/93.8円

 

最大容量である40mg処方されている方で、3割自己負担の方が1か月にかかるお薬の価格を比べてみましょう。先発品のパキシルでは、3155円ほどになります。一番安いパロキセチンですと、1321円になります。金銭的な負担はだいぶ軽くなりますね。

パロキセチンには、先発品にはないOD錠も発売されています。OD錠とは口腔内崩壊錠と言われていて、口の中にいれると溶けてしまうので水なしでも飲むことができます。東和薬品から発売されています。

※2015年7月1日現在の薬価です。

 

3.パキシルとジェネリックの効果の違い

理論的には効果の違いは大きくありません。ですが、気持ちの問題で効果に違いを感じる方がいらっしゃいます。その場合は、主治医と相談して先発品に戻してもらいましょう。

パロキセチンの効果について知りたい方は、
パロキセチン錠の効果と特徴
をお読みください。

 

成分が同じだからといってまったく効果が同じかというと、そういうわけではありません。薬のコーティング、溶け方、吸収のされ方などは、製薬会社に よって異なります。このように製薬会社によって違いはありますが、パキシルのジェネリックと認めてもらうためには、ちゃんと基準があります。

ジェネリックのパロキセチンを服用してからの血中濃度の変化が、パキシルと比べて誤差80~125%の間にあることが条件なのです。

こういわれると最大で45%も違うのかと驚かれるかもしれませんが、そういうことではありません。薬の吸収や代謝の個人差を考えれば、この間に入っていれば統計的に同じとみなせるのです。

実際に930ものジェネリックと先発品を比較すると、最大血中濃度では4.61±3.41%の差しかなかったと報告されています。

 

抗うつ剤は、一般的には効果が出てくるには2週間程度かかります。抗うつ剤が安定して効果を発揮するためには、常に身体の中に薬がある状態が必要です。薬を規則正しく服用していると、身体の中に少しずつ薬がたまっていきます。そして服用を始めて4~5日ぐらいで、薬の体内での濃度が安定します。

様々な会社がパロキセチンを発売していますが、血中濃度がピークになる時間や身体から薬が抜けていくスピードなど、それぞれの薬で少しずつ違いがあります。ですがパロキセチンは、1日1回の服用を続けて血中濃度が安定することで効果が出てくる薬です。

このように、身体にたまっていくこと で効果が発揮される薬では、多少の薬の違いは効果に影響しません。例えば睡眠薬など、即効性を期待する薬でしたら、薬の効き方の違いは大きく出てきます。

ですから、初めから同じジェネリックのパロキセチンを使えば、パキシルと同様の効果が期待できると考えています。そのためにも、同じ薬局でお薬をもらうように心がけましょう。

なかにはジェネリックにかえたことで調子が悪くなる方もいらっしゃいます。「気持ちの問題」であることも多いです。薬を変えてしまったということを不安に思ってしまったり、ジェネリックだから効果が弱いという思い込みなどが原因です。

ですが、この気持ちの問題はとても大切です。ジェネリックにしてから調子がよくないと思ったら、主治医に相談して先発品のパキシルにかえてもらいましょう。

 

4.パキシルとジェネリックの副作用の違い

副作用の出やすさに多少の違いはあると考えられますが、有効成分も同じなのでほとんど差がありません。

パロキセチンの副作用について知りたい方は、
パロキセチンの副作用(対策と比較)
をお読みください。

 

ジェネリックのパロキセチンは、パキシルと有効成分は全く同じです。ですが、薬の効き方が多少異なってしまいます。この影響は、薬の効果よりも副作用に違いが出てきます。

有効成分が同じですから、副作用のおおまかな特徴はかわりません。新しい抗うつ薬なので副作用は少ないですが、眠気・体重増加・嘔吐・下痢・不眠・性機能障害が認められます。特に性機能障害は、すべての抗うつ薬の中でも多いです。

一般的に副作用は、血中濃度がピークになる時に最も出やすくなります。ジェネリックのパロキセチンは、作っている製薬会社によって血中濃度の変化が異なりますので、副作用の出やすさには差があります。

必ずしも先発品のパキシルよりも副作用が増えるというわけではありません。先発品よりも緩やかに血中濃度が増加して緩やかに身体から抜けていくジェネリックでしたら、理論的には副作用が軽減されます。

実際にジェネリックを使っていて、「副作用が増えたから先発品に戻してほしい」ということはありません。

 

まとめ

パロキセチンはパキシルのジェネリック医薬品で、同じ名称で複数発売されています。

ジェネリックは、パキシルの4割程度の薬価になっています。

理論的には効果の違いは大きくありません。ですが、気持ちの問題で効果に違いを感じる方がいらっしゃいます。その場合は、主治医と相談して先発品に戻してもらいましょう。

副作用の出やすさに多少の違いはあると考えられますが、有効成分も同じなのでほとんど差がありません。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック