テトラミドの副作用(対策と比較)

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

テトラミドの抗うつ効果は弱めですが、睡眠効果が期待できるお薬です。このため、抗うつ剤というよりも睡眠薬として使われることも多いお薬です。

テトラミドの副作用は全体的に少なく、安全なおくすりといえます。睡眠薬としてみた時も、依存性もなく優しいお薬です。とはいっても、まったく副作用がないわけではありません。テトラミドではどのようなところに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、テトラミドの副作用について見ていきたいと思います。

 

1.テトラミドの副作用の特徴

副作用は、眠気が特徴的です。

昔からある三環系抗うつ薬は効果はしっかりとしていましたが、副作用も強いのが難点でした。これを何とかできないかと開発されたのが四環系抗うつ薬テトラミドです。 確かに副作用は軽減されたのですが、効果も弱くなってしまいました。その後、SSRIやSNRIといった副作用の少なくて効果がしっかりとした抗うつ剤が どんどん開発されていったので、今ではメインの抗うつ剤として使われることは少ないです。テトラミドの副作用として一番多いのが眠気です。この眠気の副作用を逆手にとって、睡眠薬として使われています。

テトラミドでよく認める副作用としては、

  • 眠気・体重増加(抗ヒスタミン作用)
  • めまい・ふらつき(抗α1作用)

などがあります。テトラミドは抗ヒスタミン作用が強く、抗α1作用も認められるので注意が必要です。これらの副作用を上手く使って睡眠や食欲の改善に役立てることもあります。その他にも、

  • 便秘・口渇(抗コリン作用)
  • 動悸・尿閉(ノルアドレナリン作用)

などがみられることがあります。テトラミドは、従来の三環系抗うつ薬と比べると抗コリン作用がかなり軽減されています。ですが、多少は認められますので、副作用として出てくることもあります。また、テトラミドはノルアドレナリンを増やすことで効果を期待しているお薬です。過剰に働いてしまうと、動悸がしてしまったり、おしっこが出にくくなってしまうことがあります。

 

SSRIやSNRIで多い「吐き気・性機能障害・不眠」などの副作用は少ないです。テトラミドには、セロトニンを増やす作用がほとんどないためです。

代表的な抗うつ薬の副作用の比較を以下にまとめます。

代表的な抗うつ薬について、副作用を比較して表にまとめています。

テトラミドの効果について知りたい方は、
テトラミド錠の効果と特徴
をお読みください。

 

2.テトラミドの副作用への対応方法

慣れていきますので、まずはがまんしてください。生活上での支障が大きくなるようなら対策を考えます。
①薬を減薬する②他の薬にかえる③副作用を和らげる薬を使う

抗うつ薬にはさまざまな副作用があります。多くの副作用が多少なりとも「慣れる」ことが多く、なんとかなる範囲でしたら我慢してください。生活習慣などの薬を使わない対策がある場合は、積極的にためしてください。
薬の内服回数を分けることで、副作用が軽減することもありますので主治医に相談してみましょう。

これらを踏まえても生活上での支障が大きくなるようでしたら、対策を考えていきます。対策としては、

①減薬する
②他の薬にかえる
③副作用を和らげる薬を使う

の3つがあります。①~③は、効果と副作用の兼ね合いで考えていきます。効果が十分ならば①、増やしても効果の期待が少ない時は②、薬を続けるメリットがあるならば③になります。

さて、③としてよく用いるものや生活習慣を簡単にまとめたいと思います。

副作用 薬を使わない対策 副作用を和らげる薬
便秘 排便習慣・食物繊維・水分・運動習慣 センノサイド・マグミット・大黄甘草湯など
口渇 唾液腺マッサージ・口呼吸 白虎加人参湯
ふらつき 朝食をしっかり・ゆっくり立つ メトリジン・リズミックなど
眠気 睡眠をしっかり・昼寝習慣
体重増加 食事管理・運動習慣
吐き気 食事を控えめにする 胃薬・ガスモチン・ナウゼリン・プリンペランなど
下痢 セレキノン
性機能障害
不眠 睡眠に良い生活習慣・自律訓練法 鎮静系の抗うつ薬・睡眠導入剤など
不整脈

 

3.テトラミドの副作用―症状ごとの比較

テトラミドの副作用の症状について、代表的な抗うつ薬と比較しながら、それぞれ見ていきたいと思います。
全部は大変ですので、ご自身の気になる症状をつまみ読みしてください。

 

3-1.便秘・口渇

テトラミドでは、多少認められます。

抗コリン系の副作用として、便秘や口渇があります。抗コリン作用が働くと、一般的に消化活動が抑えられます。このため、唾液の分泌が低下し、腸の動きも悪くなります。また、ノルアドレナリンを増やす作用が強いと、交感神経が優位になるので消化活動は悪くなります。

テトラミドでは抗コリン作用が多少認められ、ノルアドレナリンを増やす作用も強いです。このため、便秘や口渇が認められることがあります。とはいえ、そこまで強いものではありません。

三環系抗うつ薬に比べれば少ないですし、同じ四環系抗うつ薬のルジオミールと比べても少ないです。

新しい抗うつ薬ではあまり認められない副作用ですが、SSRIのパキシルでは認められることがあります。

代表的な抗うつ薬の副作用のうち、便秘・口渇を比較して表にしまとめました。

3-2.ふらつき

テトラミドでは、多少認められます

抗α1作用の副作用として、立ちくらみやふらつきがよくみられます。これには血管の調整が関係しています。アドレナリンがα1受容体に作用すると、血管が収縮します。その結果として血圧を上げ、血のめぐりをよくします。抗α1作用とはこの作用をブロックしますので、結果として血圧が十分にあがらず、頭に血がまわらなくなります。このようになると、立ちくらみやふらつきとなって症状が現れてきます。

テトラミドは抗α1作用は多少認められます。眠気が強い薬でもあるので、あわせて立ちくらみやふらつきが認められることがありますので注意が必要です。

三環系の抗うつ剤では抗α1作用が強いものが多いので、よく起きる副作用です。同じ四環系抗うつ薬では、ルジオミールのほうがふらつきが強いです。

代表的な抗うつ薬の副作用のうち、ふらつきを比較して表にしまとめました。

3-3.眠気

テトラミドでは、眠気は覚悟してください。

詳しくは、「テトラミドの睡眠への効果と副作用」をお読みください。

眠気に関しては、複数の要素が関係するので複雑です。大きくは3つの働きが関係しています。抗ヒスタミン作用、抗α1作用、セロトニン5HT2受容体阻害作用です。これらのバランスで眠気が決まります。

眠気が強い効果をもつ抗うつ薬を鎮静系抗うつ薬と呼びます。テトラミドもこれに含まれます。その他にも、四環系抗うつ薬のルジオミール、デジレル/レスリン、NaSSAのリフレックス/レメロンなどが分類されます。この次に位置づけられるのが三環系抗うつ薬です。SSRIとSNRIは眠気が少ないです。

 

SSRIの中では、パキシル・ルボックス・デプロメールがやや多い印象です。レクサプロやジェイゾロフトは、飲み始めに眠気がみられても慣れていくことが多いです。レクサプロは、人によっては眠気が残る方もいらっしゃいます。SNRIのサインバルタやトレドミンは、ノルアドレナリンに覚醒作用があるため、さらに眠気が少ないです。

SSRIやSNRIで眠気が強くなる方の中には、夜の睡眠が浅くなっていることが原因であることもあります。このような時は、テトラミドなどの鎮静系抗うつ薬を追加すると改善することもあります。

代表的な抗うつ薬の副作用のうち、眠気を比較して表にしまとめました。

3-4.体重増加

テトラミドでは、多少認めます。

詳しくは、「テトラミドは太るの?体重増加と5つの対策」をお読みください。

体重増加には、2つの作用が関係しています。抗ヒスタミン作用による食欲増加と、セロトニンによる代謝抑制作用です。

ヒスタミンは視床下部という部分にある満腹中枢を刺激する物質です。ですから、ヒスタミンは食欲を抑える働きがあります。これをブロックする効果が強いと食欲が増加します。また、ヒスタミンがブロックされると、グレリンというホルモン増加をひきおこします。これが摂食中枢を刺激して、食欲を増進させるともいわれています。ですから、抗ヒスタミン作用は食欲増加につながります。

セロトニンは精神を安定させ、リラックス状態をつくっていきます。すると、身体のエネルギーとしては、消費が抑えられるようになります。このように、セロトニンには代謝抑制効果があります。

 

テトラミドは抗ヒスタミン作用があります。このため食欲は増加する傾向にあります。セロトニンにはほとんど影響を与えません。このため、どちらかというと太りやすい傾向があります。

 

SSRIでは、パキシルが太りやすい傾向にあります。パキシルは発作的に過食になる方が多いです。他のSSRIでは、セロトニンによる代謝抑制作用で、食欲が増加するとまではいきませんが太りやすくなる傾向はあります。

SNRIでは、ノルアドレナリンが増えるので活動的になります。このため、抗うつ剤の中では太りにくいです。

三環系抗うつ薬は、抗ヒスタミン作用もセロトニン作用も強いものが多いです。このため太りやすい薬が多いです。

抗うつ剤の太りやすさを比較してみました。

3-5.吐き気・下痢

テトラミドでは、あまり認められません。

抗うつ薬は脳内のセロトニンに作用します。抗うつ薬で吐き気がでてきしてしまうのには、このセロトニンが大きく関係しています。

セロトニンの受容体は脳には10%もありません。90%以上の大部分は胃腸に存在していて胃腸の働きの調節をしています。セロトニンが分泌されると きは、胃腸が中身を出したいときです。ですから、吐き気や下痢といった形で、中身を外に出そうとする働きをします。もう少し詳しくみてみましょう。

胃腸にはセロトニン5HT受容体が分布していて、これが刺激されると迷走神経という神経が刺激されます。この神経が脳の延髄にある嘔吐中枢を刺激してしまいます。同時に、このセロトニン5HT受容体は腸の動きを活性化する働きがあります。このため、腸の動きが活発となり下痢が生じるのです。

しかしながら、徐々に体が慣れてきますので、徐々に副作用が薄れていく方がほとんどです。このため、一時的に胃腸薬を使うことでしのげることが多いです。

 

テトラミドでは、ほとんど吐き気などは認められません。これはセロトニンに対する作用がほとんどないためです。

抗うつ薬の中では、SSRIやSNRIに多くみられます。SSRIの中では、ルボックス/デプロメールに多い印象です。三環系抗うつ薬は、新しい薬と比較して少ないです。

代表的な抗うつ薬の副作用のうち、吐き気・下痢を比較して表にしまとめました。

3-6.性機能障害

テトラミドは、抗うつ剤の中では少ない方です。

性機能障害は、抗うつ薬全般でよくみられます。性欲自体が低下する形になることが多いです。これにはセロトニンが関係しています。セロトニンは、気分を落ち着かせリラックスさせる薬になります。このため、性欲も必然的におちてしまいます。

さらに、抗α1作用は性機能にも影響があります。勃起をする時には、血液が陰茎に集中することが大事ですが、この時に、血管の調整をになうα1作用が必要になります。これがブロックされますので、勃起不全や射精障害になることがあります。

 

テトラミドは、セロトニンに対する作用がほとんどありません。ですが、抗α1作用があるので、多少認められます。

抗うつ剤ではSSRIのジェイゾロフトとパキシルでは70~80%にみられます。三環系抗うつ薬やSSRIのレクサプロ、SNRIなどは40%前後といわれています。SSRIのルボックス/デプロメールやNaSSAのリフレックス/レメロンでは20%程度といわれています。

 

代表的な抗うつ薬の副作用のうち、性機能障害を比較して表にしまとめました。

3-7.不眠

テトラミドでは、認められません。

不眠になる原因としては、セロトニンとノルアドレナリンが関係しています。セロトニン5HT受容体が刺激されると、深い睡眠が妨げられ、睡眠が浅くなります。また、ノルアドレナリンは交感神経に働く物質ですので、覚醒作用があります。このため、セロトニンとノルアドレナリンに働く薬は、睡眠が浅くなるという形で不眠につながります。

昔からある三環系抗うつ薬では、SSRIやSNRIと比べると不眠の副作用は少ないです。いろいろな受容体に作用するために、抗ヒスタミン作用や抗α1作用などによって眠気が強くなります。ですが、SSRIやSNRIといった新しい薬は、セロトニンやノルアドレナリンだけに作用するようにできています。ですから、不眠の副作用は出やすいのです。

鎮静系の抗うつ薬といわれている四環系抗うつ薬のテトラミド・デジレル/レスリン・リフレックス/レメロンでは、不眠となることは基本的にありません。

抗うつ薬の副作用である不眠を比較しました。

まとめ

副作用は、眠気が特徴的です。

慣れていきますので、まずはがまんしてください。生活上での支障が大きくなるようなら対策を考えます。

①薬を減薬する②他の薬にかえる③副作用を和らげる薬を使う

から考えていきます。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック