スピオルト-レスピマットの効果と特徴

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

スピオルト(一般名:チオトロピウム‐オルダテロール)レスピマットは、2015年にベーリンガー製薬会社より発売された抗コリン薬とβ2刺激薬の合剤の吸入薬になります。

スピリーバレスピマットが抗コリン薬単剤として幅広く使われてきましたが、それにβ刺激薬が加わって効果が増強された吸入薬となっています。

抗コリンとβ2刺激薬、それぞれ違ったメカニズムで気管支を広げることで、COPD(肺気腫)の治療薬して使われるようになっています。

ここでは、スピオルトの効果と特徴についてまとめていきましょう。

 

1.スピオルト-レスピマットのメリットとデメリット

<メリット>

  • 1つの吸入器で抗コリンとβ2刺激薬二つの効果が得られる
  • スプレータイプのため吸入力が弱くても吸入できる
  • 1日1回の吸入で対応できる

<デメリット>

  • 前立腺肥大、緑内障の人には使用できない
  • スプレー式のため同調させる必要がある

スピオルトレスピマットは、1日1回に一度に2吸入、主に朝に吸入する長期作用型抗コリン薬とβ2刺激薬の合剤になります。それぞれ違うメカニズムで、気管支を広げる効果があります。

スピオルトは、慢性気管支炎や肺気腫などのCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療薬として使われます。

COPDは喫煙習慣が主な原因となる肺の生活習慣病で、高齢者の罹患割合が高いことが知られています。息切れや咳、痰などによって日常生活に支障を来し、喫煙をやめても治らない病気になります。それどころか年を取るにつれて、徐々に呼吸状態が弱っていくことが多いです。

COPDの一番最初の治療薬は、

  • β2刺激薬
  • 抗コリン薬

のどちらかになっています。そしてそれぞれ単独で治療できない場合は、両方を使用するようになっています。一方でCOPDは、一度発症するともう二度ともとに戻らない病気です。抗コリン薬、β2刺激薬どちらのお薬も効果は同じくらいなのですが、症状が軽度改善される程度で完治まではいきません。

そのため、単体の薬では症状が取れないことも多いです。病院を受診するくらい症状が強いのであれば、最初から両方を出し惜しみなく治療した方が良いことが多いです。片方で治療していて呼吸状態が悪化してからもう一つを加えても、COPDは治ることはないからです。

こうした現状を受け、抗コリン薬にβ2刺激薬であるオロダテロールが配合されたスピオルトが登場したのです。

スピオルトは、抗コリン薬と成分とβ2刺激薬成分両方が含まれています。そのため、抗コリン薬の禁忌(処方してはいけない患者)として、

  1. 閉塞隅角緑内障の患者
  2. 前立腺肥大症による排尿障害のある患者

の2つの病気がある人は使用できません。

スピオルトレスピマットの特徴としては、スプレータイプのため吸入力が弱くても薬が吸えることです。抗コリン薬とβ2刺激薬の合剤は、他にウルティブロ・アノーロといった吸入薬がありますが、こちらはドライパウダータイプになります。そのため現時点では、スピオルトが唯一の合剤のスプレータイプとなります。

特にCOPDは、肺がボロボロになることで気管支が狭まり、息が思いっきり吐けなくなります。息が吐けなくなるということは、吸う力も弱くなります。

さらに高齢者のCOPDの大部分は、吸入力はかなり低下しています。そういった方には、スピオルトレスピマットを優先的に処方します。ただし、スプレーはボタンを押すタイミングと吸うタイミングを合わせる必要があるので注意が必要です。

 

2.スピオルトの剤形の種類・用法・薬価とは?

スピオルトレスピマットは、COPDに適応があるスプレー式の吸入薬です。1回に2度吸入が必要になります。

スピオルトは、スプレー式のお薬です。スプレー式タイプのお薬はカートリッジに充填されており、レスピマットという吸入器に取り付けて吸入します。このレスピマットは、噴射ガスを使わずに薬剤をごく細かい霧状にして噴出する新型のソフトミスト吸入器です。

スピオルトレスピマットは、毎日1回2吸入することでCOPDに対して効果を発揮するお薬です。COPDは、症状が劇的に改善するのが難しい病気です。吸入を毎日続けることで、呼吸状態の悪化を和らげるのが主な目的となります。

吸入してても効果が感じられないからといって、自己判断でスピオルトを中止しないようにしましょう。なお、スピオルトレスピマットの薬価は以下の通りです。

商品名 吸入回数 薬価 1日薬価
スピオルト
レスピマット
28 4176.6円 298.3円

※2016年8月26日時点の薬価です。

抗コリン薬単剤のスピリーバの薬価は、

商品名 吸入回数 薬価 1日薬価
スピリーバ
レスピマット
60 6879.1円 229.3円

※2016年8月26日時点の薬価です。

スピオルトレスピマットを1日1度に2回吸入するため、

  • 抗コリンであるチオトロピウムとして5μg
  • β2刺激薬であるオロダテロールとして5μg

を吸入することになります。そのためスピオルトレスピマット28吸入は、14日分(半月分)の量になります。

スピオルトは発売されたばかりのお薬のため、発売後1年間は長期投与できません。スプレー式の唯一の抗コリン薬とβ2刺激薬のため、長期処方解禁が待たれるところです。

 

3.スピオルトが向いてる人は?

  • 前立腺肥大や緑内障がない方
  • 抗コリン薬・β2刺激薬単剤でコントロールが悪い方
  • ご高齢(呼吸状態が弱い)のCOPDの方

スピオルトなどの抗コリン薬が含まれている薬剤を使用する時に気をつけなければならないのが、前立腺肥大や緑内障がある人です。該当する場合は、オンブレスなどのβ2刺激薬で治療します。

COPDの治療のガイドラインですが、

copdの治療ガイドライン

のようになっています。このように、

  • 抗コリン薬
  • β2刺激薬

どちらを第一に使用して、ダメなら両方を追加するようにするのがCOPDの現在の治療です。ただし、絶対どちらかスタートしなければならないということはありません。吸入薬を吸ったからといって、COPDは完全に治すことができない病気です。

むしろ吸入薬を吸っても、年齢をとるごとに呼吸状態は悪くなっていきます。そのためCOPDで呼吸状態が悪ければ、出し惜しみせずに最初からスピオルトで抗コリン薬とβ2刺激薬を投与した方が良いのでは?という考え方もあります。

実はどの程度の状態であれば単剤で、どの程度であれば合剤からという基準は、現時点ではないのが実情です。ただし一つ言えるのは、合剤で治療して症状の改善が悪い場合は、それ以上の治療薬がないということです。

ガイドラインをみて欲しいのですが、他の治療薬として(テオフィリン製剤の投与)がありますが、いずれも()つきになっています。テオフィリン製剤はテオドールが有名です。

しかしテオドールは、テオフィリンの血中濃度を定期的に測る必要があります。血中濃度が高いと副作用が様々出るお薬だからです。さらに効果は、抗コリン薬とβ2刺激薬に比べるとはるかに落ちるため、ガイドラインでも()となっています。

吸入ステロイドも、COPDの急性増悪を繰り返す時のみ適応になります。つまり合剤が効かないようなCOPDが重篤な人は、なかなか現状では突破口がありません。

そのためスピオルトが処方される必須条件として、禁煙は絶対にしなければなりません。スピオルト吸入しながらタバコを吸ってしまうと、症状の悪化を防ぐことができません。

また抗コリン薬とβ2刺激薬は、現時点では3剤登場しています。

  • ウルティブロ:2013年11月発売、抗コリン薬であるグリコピロニウム(商品名:シーブリ)とβ2刺激薬であるインダカテロール(商品名:オンブレス)を配合
  • アノーロ:2014年9月発売、抗コリン薬であるウメクリジニウム(商品名:エンクラッセ)とβ2刺激薬であるビランテロールを配合
  • スピオルト:2015年9月発売、抗コリン薬であるチオトロピウム(商品名スピリーバ)とβ2刺激薬であるオロダテロールとを配合

スピオルトは、唯一のスプレー式の吸入薬となっています。スプレー式の良い点は、吸入力が弱くても吸入できる点です。特にCOPDは、吸入力が年を取るにつれて弱くなります。そのため、高齢者=スプレー式を最初から処方するケースも多いです。

 

4.スピオルトのCOPDに対する効果は?

抗コリン薬単剤であるスピリーバに比べて、スピオルトは呼吸機能状態・症状全てを改善しています。

スピオルトは、日本人を含むCOPDの患者さんで国際共同第3相試験や国内長期投与試験などで、呼吸機能(1秒率)を改善し、1年間(52週間)投与においても効果が持続したことが証明されています。

具体的の結果ですが、まず呼吸機能状態を示した図が下になります。

スピオルト呼吸機能状態

  • スピオルト(緑)
  • 抗コリン薬であるスピリーバ(青)
  • β2刺激薬であるオロダテロール(黄色)
  • 偽薬であるプラセボ(黒)

と4群に振り分け、比較検討しております。FEV1.0は1秒間にどれくらいの息の量が吐けたのかを見た試験です。つまり上にあればあるほど、たくさん息が吐けたことになります。

青と黄色の単剤はそれぞれあまり差がないですが、スピオルトは抗コリン薬とβ2刺激薬が加わったことで、さらに呼吸状態の改善を認めています。さらにスピオルトは、効果発現の立ち上がりの速さが目立ちます。

さらに呼吸機能を改善したことで、息苦しさも改善したことを示したのが下の図です。

スピオルト症状

青がスピリーバで、緑がスピオルトになります。息切れがどれくらい改善されたか点数化しているもので、点数が高いほど効果があったというものです。

患者さん自身でのスコア表を用い、1点以上で有意な改善効果があったとされています。青のスピリーバも1点以上ありますが、スピオルトはスピリーバよりさらに高い、2点近い結果が出ております。

目に見える改善を求める患者さんには、スピオルトは効果を期待できる吸入薬になります。

 

まとめ

  • スピオルトレスピマットは1日1回2度吸入する抗コリン薬(スピリーバ)にβ2刺激薬が加わったものになります。
  • スピオルトレスピマットはCOPDに適応があります。
  • スピオルトレスピマットは前立腺肥大と緑内障がある方には使用することができません。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック