一般健康診断の意義と項目

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

「めんどくさいな~」と思いながら、健康診断を受けている方も多いかと思います。毎年行われる健康診断は、一般健康診断といわれています。法律で会社がやらなくてはいけないのですが、それ以上に健康は失ってからでは遅いです。年に1回は、自分の健康に時間を作ってください。

ここでは、一般健康診断の意義と項目について考えていきたいと思います。

 

1.受ける必要のある健康診断とは?

一般健康診断の雇い入れ時健康診断と定期健康診断は、誰もが受けることになる健康診断です。

労働安全衛生法に基づいて、事業主は労働者に対し、医師による健康診断を受診させる義務を負っています。この健康診断は、大きく一般健康診断と特殊健康診断にわけて取り扱われています。

一般健康診断では、大きくは雇入れ時の健康診断と定期健康診断の2種類があります。どちらも検査項目はほとんど同じです。雇い入れ時の健康状態をチェックして、その後は1年に1~2回の定期健康診断(深夜業を含めて特定業務従事者は2回)で健康状態をチェックしていきます。

特殊健康診断とは、特定の業務であったり有害な物質を扱う従業員に対して、行わなければいけない健康診断です。その内容によって、検査項目や方法が異なってきます。

従業員側としても、会社が実施する健康診断を受ける法的義務があるとされています。

2.健康診断の意義

睡眠時間が短くなると、健康リスクが増加します。忙しい方こそ、年に1回は自分の健康に時間を作ってください。

健康診断を受けた方がよいのは、みなさんわかっていらっしゃるかと思います。ですが、忙しい時間をぬってまで健康診断をするのが負担に感じてしまう方も少なくありません。ですが、忙しくしている方こそ、ちゃんと健康診断を受けていただきたいのです。

仕事を忙しくしていると、睡眠時間が短くなってしまう方も多いと思います。睡眠時間と高血圧の関係を調べた研究をご紹介します。

 

睡眠時間と高血圧の関係をみた研究の結果です。

オッズ比というのは、高血圧へのなりやすさと考えていただいて問題ありません。競馬でいうオッズと同じです。

睡眠時間が6時間をきってくると、睡眠不足と感じているだけでも高血圧リスクが上がることがお分かりいただけるかと思います。その他にも、睡眠が不足すると様々な病気にかかりやすくなります。

睡眠と病気の関係をみた統計データです。

さらに、食生活も乱れることが多いので不健康になりがちです。忙しくしている方ほど、多少調子が悪くても病院にいかずに我慢してしまう方も多いです。ですから、年に1回は自分の健康のために時間を作ってください。

 

3.一般健康診断の項目

11の項目があります。5年に1度はちゃんと検査して、35歳の節目にはしっかりとした健康診断をすることになっています。

事業主は従業員に対し、1年に1度の医師による健康診断を受診させ、その結果を労働基準監督署に報告する義務を負っています。

法定での対象となる検査項目は以下の通りです。

一般健康診断の検査項目について表にしました。

このうち、喀痰検査はめったに行いません。胸のレントゲン写真を撮って、何も異常がなければ行わなくてよいとされています。レントゲン写真に関しても、40歳未満の方で医師が大丈夫判断すれば省略できます。ただし、5年に1回は必ず受けなければいけないとされていて、20歳・25歳・30歳・35歳は必ず受けなくてはいけません。また、結核の予防のための感染症法対象者やじん肺法の対象者は、レントゲン写真をとらなければいけません。

また、7~11の貧血・肝機能・脂質・血糖・心電図に関しても、35歳では受けなければいけませんが、40歳以下の方だと医師が必要ないと認めたら省略もできます。

このように検査項目に関する規定をみていると、「5年に1回はちゃんと検査をして、特に35歳の節目にはしっかりとした健康診断を行いましょう」という方針だと思います。

 

まとめ

一般健康診断として、雇い入れ時健康診断と定期健康診断があります。

睡眠時間が短くなると、健康リスクが増加します。忙しい方こそ、年に1回は自分の健康に時間を作ってください。

11の項目があります。5年に1度はちゃんと検査して、35歳の節目にはしっかりとした健康診断をすることになっています。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック