ベンザリン錠2mg・5mg・10mgの薬価と使い分け

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

ベンザリンは昔からあるベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが、今でもよく処方されています。中間型睡眠薬に分類されています。入眠作用はそこまで強くありませんが寝付きやすい土台を作ってくれて、中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できます。

ベンザリンの錠剤としては2mgと5mgと10mgの3種類が発売されています。まずは5mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ベンザリン錠5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ベンザリンの効果について詳しく知りたい方は、
ベンザリン錠の効果と強さ
をお読みください。

 

1.ベンザリン錠2mg・5mg・10mgはどうやって使うのか?

ベンザリンは5mgから始めます。効果をみて2mg~10mg(15mg)まで使用することができます。

添付文章では、ベンザリン5mgから使うことがすすめられています。実際にも5mgから開始することが多いです。ベンザリンは、服用した直後に効果を判断することはできません。服用した直後から効果はありますが、ベンザリンは服用をつづけていくことで効果が安定してくる睡眠薬です。ベンザリンは24時間で薬がなくならないので、服用を続けていくことで少しずつ薬が身体にたまっていきます。これによって寝付きやすい土台ができていくのです。ベンザリンの効果が安定するまでには、4~5日かかります。

ですから、ベンザリンを開始してから1週間は様子を見ていきます。もしも不眠が十分に改善できなければ、10mgまで増量できます。睡眠薬としては10mgが上限なのですが、「てんかん」ということにすれば15mgまで使うことができます。それ以上は増量しても効果が少ないです。睡眠薬が効かないからといってたくさん飲んでも、効果には限界があります。

ベンザリン5mgでも効果がないときは、薬の変更や作用の異なる睡眠薬の併用を考えていきます。ベンザリン5mgで効果が強い時は、2mgに減らしてみましょう。

 

2.ベンザリン錠2mg・5mg・10mgの薬価

ベンザリン錠のジェネリック(ニトラゼパム錠)では、10mg錠で3割ほど、5mg錠で5割ほどとなっています。

ベンザリンは50年近くもの歴史がある睡眠薬ですので、すでにジェネリックが発売されています。このため、先発品と比べると薬価はかなり抑えられています。

<先発品>

商品名 剤形 薬価
ベンザリン錠 2mg 5.8円
ベンザリン錠 5mg 11.0円
ベンザリン錠 10mg 17.1円
ベンザリン細粒 1% 18.1円/g
ネルボン錠 5mg 11.0円
ネルボン錠 10mg 17.1円
ネルボン細粒 1% 17.4円/g

<ジェネリック(後発品)>

商品名 剤形 薬価
ニトラゼパム錠 5mg 5.4円
ニトラゼパム錠 10mg 5.6円
ニトラゼパム細粒 1% 6.2円/g

 

ベンザリン錠をジェネリックのニトラゼパム錠にすると、5mgでは5割ほど、10mgでは3割ほどとなります。10mgの方が割安ですね。

もしもベンザリン10mg使うのでしたら、5mg錠2つよりも10mg錠1つの方が経済的ですね。ベンザリン錠にのみ、2mg錠が発売されています。同じ先発品のネルボン錠では発売されていませんし、ジェネリックのニトラゼパムでも発売されていません。

※2015年8月22日現在の薬価です。

 

3.ベンザリン錠とニトラゼパム錠での違い(効果や副作用)

ベンザリンの作用時間が変わることで、効果や副作用に多少の違いが出てきます。

成 分が同じだからといってまったく効果が同じかというと、そういうわけではありません。薬のコーティング、溶け方、吸収のされ方などは、製薬会社によって異 なります。とはいってもベンザリンの後発品と認めてもらうためには、ちゃんと基準があります。ジェネリックのニトラゼパムを服用してからの血中濃度の変化が、ベンザリンと比べて誤差80~125%の間にあることが条件なのです。

だいたいは同じような効き方をするのですが、血中濃度がピークになるまでの時間(最高血中濃度到達時間)や血中濃度が半分になるまでの時間(半減期)に違いが出てきます。睡眠薬の場合は、作用時間が重要なので効果や副作用に違いがでることがあります。

ベンザリンは半減期が27時間と、寝付きやすい土台をつくるような睡眠薬です。このため影響は少ないですが、作用時間が短くなってしまうと早朝覚醒などが認められることがあります。反対に長くなってしまうと、翌朝の眠気の「持ち越し効果」が認められます。

このように違いがでてくるので、ジェネリックにする時は同じ薬局でお薬をもらうようにしてください。初めから同じ後発品のニトラゼパムを使えば、そのニトラゼパムの効果をもとに薬を調整することができます。

 

4.ベンザリン錠2mg・5mg・10mgの使い分け

2mgは先発品のベンザリン錠にしかありません。大きな剤形を使うと調節しづらくなるというデメリットがあります。

ベンザリン錠5mgで効果がないときは、10mgに増量します。もちろん、5mg錠2つと10mg錠1つは同じ効果が期待できます。10mg錠にした方が経済的ですね。

自己負担が3割の方が1か月服薬した場合で考えてみましょう。ベンザリン錠10mg1つとベンザリン錠5mg2つの金額の差は44円になります。これくらいの差ですので、あえてベンザリンを5mg錠で出すことも多いです。

睡眠薬は眠れれば飲まなくていい薬です。このようにしておけば調節がしやすいので便利です。しばらく薬の調整ができない方や、2錠飲むのがめんどくさいという方、薬の数が増えることが不安という方では、大きな規格の錠剤を使うとよいでしょう。

 

5mgで効きすぎてしまった場合は減量します。この場合、ベンザリン錠でしたら2mg錠があるのでそれを使います。ネルボン錠やニトラゼパム錠では2mg錠がないので、5mg錠を半分に割ります。お薬に割線が入っているので、薬局に頼めば割ってくれます。

 

5.ベンザリンは漫然と使わないこと!

ベンザリンは段階的に量を増やしていき、落ち着いたら段階的に減量していく意識を持ちましょう。そのためにも生活習慣の意識が大切です。

ベンザリンは依存性が少ない睡眠薬です。そうはいっても長期間にわたって使っていると、依存が形成されてしまうこともあります。ですから、漫然とした使用は避けなければいけません。

ベンザリンを使う時は、睡眠に良い生活習慣も必ず意識して取り入れるようにしましょう。その上で、できるだけ頓服でベンザリンを使うようにします。連用しなければ依存は形成されにくくなります。アルコールをイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、休肝日をちゃんと作っていればアル中になったりしないですよね。これと同じです。

ベンザリンは以下の4つのステップで使っていきます。

①ベッドに入って眠れない時だけ頓服で使う
②ベンザリン2mgは常用して、眠れない時だけ頓服を追加
③ベンザリン5mgを常用して、眠れない時だけ頓服を追加
④ベンザリン10mgを常用

ベンザリンは即効性には乏しい睡眠薬です。このため、②や③から始めていくことが多いです。ベンザリンの効果が安定するまで1週間ほどかかるので、効果をみながら調整していきます。

心身の状態が落ち着いてきたら、少しずつ睡眠薬を減薬していく意識を持つことが大切です。そのためにも、生活習慣の意識などをしておくことも大切なのです。

 

睡眠に良い生活習慣について詳しく知りたい方は、
不眠を解消する9つの方法
をお読みください。

 

まとめ

ベンザリンは5mgから始めます。効果をみて2mg~10mg(15mg)まで使用することができます。

ベンザリン錠のジェネリック(ニトラゼパム錠)では、10mg錠で3割ほど、5mg錠で5割ほどとなっています。

2mgは先発品のベンザリン錠にしかありません。大きな剤形を使うと調節しづらくなるというデメリットがあります。

段階的に量を増やしていき、落ち着いたら段階的に減量していく意識を持ちましょう。そのためにも生活習慣の意識が大切です。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック