ベンザリンの副作用(対策と比較)

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

ベンザリンは、1967年に日本で初めて発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。作用時間が長く、中途覚醒・早朝覚醒を中心に効果が期待できます。オーソドックスな睡眠薬として、今でもよく使われています。

作用時間が長いということは、副作用にも十分気を付けなければいけません。ここでは、ベンザリンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。

 

1.ベンザリンの副作用の特徴

ベンザリンは作用時間が長く、眠気の持ち越しやふらつきの副作用が多いです。一方で、健忘の副作用は少ないです。依存性は低い睡眠薬です。

睡眠薬の副作用としてよく認められる症状としては、大きく3つあります。

  • 眠気
  • 健忘
  • ふらつき

睡眠薬は夜の時間だけに作用してくれればよいのですが、睡眠薬が効きすぎてしまって「翌朝までの眠気の持ち越し」がみられることがあります。また、作用時間の長い睡眠薬では、薬が少しずつ身体にたまっていくことで眠気がでてくることがあります。

また、睡眠薬を飲んでからの記憶が抜け落ちてしまう「前向性健忘」が認められることがあります。急激な催眠作用がある睡眠薬では、中途半端な覚醒状態をつくってしまうことがあるのです。

そして睡眠薬は、催眠作用だけでなく筋弛緩作用も認められます。このため、ふらつきが認められることがあるので注意が必要です。

さらに睡眠薬の安全性として、依存性を考えなくてはいけません。睡眠薬に身体が慣れてしまうと、薬をなかなかやめられなくなってしまいます。

 

ベンザリンについてみてみましょう。ベンザリンは作用時間が長い睡眠薬です。このため、「眠気の持ち越し」の副作用は多いお薬になります。一方で、「健忘」の副作用も少ないです。

さらにベンザリンは筋弛緩作用が認められ、作用時間が長いので薬が少しずつ身体にたまっていきます。ですから「ふらつき」の副作用も多いです。

ベンザリンは作用時間が長いので、依存性は低いと考えられています。

 

ベンザリンの効果について詳しく知りたい方は、
ベンザリン錠の効果と強さ
をお読みください。

 

2.ベンザリンの副作用①-眠気の翌朝への持ち越し

ベンザリンでは、持ち越し効果をよく認めます。睡眠時間を確保しても変わらない場合、減量したり、作用時間の短い睡眠薬に変えてみましょう。

睡眠薬は夜だけに効いてくれれば理想ですね。ですが睡眠薬が効きすぎてしまうと、翌朝まで眠気が続いてしまうことがあります。これを「持ち越し効果(hung over)」といったりします。眠気だけでなく、だるさや集中力の低下、ふらつきなどがみられます。

「眠気が強くて朝起きれない」
「午前中がぼーっとしてしまう」
となってしまうと生活に支障がきてしまいますね。事故などにつながることもあるので注意が必要です。

 

ベンザリンは中間型の睡眠薬に分類されます。ベンザリンを服用した時の血中濃度変化は2段階にわかれています。

ベンザリン・ネルボンの半減期のわかるグラフをインタビューフォームから引用しました。

ベンザリンは、服用すると30分くらいで血中濃度がピークの近くまで行きます。そして1.6時間で血中濃度がピークになります。そこから少しずつ身体から抜けていって、飲み始めて8時間くらいたつと半分近くまで濃度が低下します。そこからはゆるやかになって、トータルで27時間かけて半分になります。

この最初の山のところがベンザリンの即効性のある作用と関係しているところです。このため、ベンザリンの作用時間は6~8時間です。

睡眠中にしっかりと効果が持続する睡眠薬ですが、人によっては効きすぎてしまうことがあります。そうすると、翌朝にも睡眠薬の効果を持ち越してしまう「持ち越し効果」がみられるのです。薬の承認時の調査では、4.2%と報告されています。

 

ベンザリンは、血中濃度が半分くらいになってくると、身体から抜けにくくなります。24時間たっても身体に薬が残っているので、毎日ベンザリンを服用するごとに少しずつたまっていってしまいます。この蓄積が日中の眠気や倦怠感などにつながってしまいます。服用してから4~5日までは血中濃度が安定しないので、それまでは睡眠薬の日中の副作用にも注意が必要です。

 

このような時は、はじめに睡眠時間がちゃんと確保できるかを確認します。睡眠時間が短かったら、薬の効果が朝に残ってしまうのも当たり前ですものね。その場合は、睡眠時間を確保するようにしていただきます。それでも改善しなければ、より短い作用時間の睡眠薬に変えるか、ベンザリンを減量していくかになります。

5mgや10mgを使っていて睡眠を改善できている方では、まずは減量を検討していきます。睡眠薬の量を減らすと作用時間が短くなります。睡眠薬の量を変えた時の血中濃度と作用時間の関係をグラフでみてみましょう。

睡眠薬の量と効果の関係を考えてみましょう。

薬の量を2倍にすると、グラフの山が高くなります。ですが薬の増えたり減ったりす るスピードは大きくはかわりませんので、上図のような血中濃度と なります。

ここで、睡眠薬が有効な濃度となる時間をみてみましょう。薬の量を半分にすると、効果の持続時間がオレンジからブルーの矢印へと短くなりますね。ですから、睡眠薬が2錠だったら1錠に、1錠だったら半錠にしたりすると、朝まで効果が持続しなくなります。ベンザリン10mgでしたら5mgに、5mgでしたら2mgを試してみましょう。

 

減量で上手くいかない時は睡眠薬を変更していきます。ベンザリンより作用時間が短い短時間型や超短時間型の睡眠薬を試してみてもよいでしょう。短時間型でしたらレンドルミンやエバミール/ロラメットやリスミー、超短時間型でしたらアモバンやルネスタでしょう。非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバン・ルネスタにできるならば、そちらの方が安全性が高いです。

 

3.ベンザリンの副作用②-健忘

ベンザリンでは健忘は少ないです。お酒と一緒に服用することは絶対に避けましょう。

睡眠薬を服用した後に、記憶することができなくなってしまうことがあります。朝起きると自分でも全く覚えていないのにお菓子の袋が散らかっていたり、友達に電話してしまっていたりします。アメリカの議員がマイスリーを服用した後に、記憶がないままに車の事故をおこしてしまったことを機に注目されるようになりました。

記憶することができないだけですので、不思議かもしれませんが周囲からみると普通に行動しています。当の本人は全く覚えていないので不気味ですし、生活にも支障をきたしますね。

 

睡眠薬を飲んでから物忘れが起こってしまうので、「前向性健忘」といいます。このような状態になるのは、睡眠薬が中途半端な覚醒状態にしてしまうためです。その結果、海馬を中心とした記憶に関わる部分の機能だけが落ちてしまうのです。

前向性健忘は、睡眠薬が急激に作用する時に起こりやすいです。

  • 効果の短いタイプの睡眠薬
  • 睡眠薬の量が多い
  • アルコールと睡眠薬を併用した時

このような時には、前向性健忘がおこりやすくなってしまいます。ベンザリンは中間型に分類される睡眠薬ですので、健忘の副作用は少ないです。健忘がみられるとしたら、お酒と一緒に服用した時くらいです。

健忘の対策としては、

  • 効果の長いタイプの睡眠薬に変える
  • ベンザリンを減量する
  • アルコールと一緒に睡眠薬を絶対に飲まない

これらがありますが、ベンザリンではアルコールでの健忘がほとんどです。ベンザリンとアルコールを絶対に一緒に飲まないようにしましょう。

 

4.ベンザリンの副作用③-ふらつき

ベンザリンでは注意が必要です。ふらつきがみられたら減量するか、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に変更を検討しましょう。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は睡眠作用を期待して作ったお薬ですが、その他にも筋弛緩作用も働いてしまいます。緊張が強くて肩がこってしまったり、身体に緊張やこわばりがある時はむしろ大歓迎の作用になります。ですが、高齢で足腰が弱っている方に筋弛緩作用が強く出てしまうと、ふらついてしまって危ないです。トイレで夜中に目が覚めた時に、眠気も相まって転倒して骨折してしまうようなこともあります。

ベンザリンは睡眠中に作用が持続するような睡眠薬です。このため、ふらつきには注意が必要です。承認時の調査では5.1%と報告されています。

 

ふらつきがみられた場合、ベンザリンを減量するか、睡眠薬の変更を検討します。ベンザリンを少なくすれば作用も弱くなってしまいますが、ふらつきの副作用も軽減されます。

可能であるならば非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンやルネスタへの変更を検討しましょう。これらの睡眠薬は作用が睡眠に特化していて、筋弛緩作用が非常に少ないです。高齢の方では、積極的に切り替えを検討した方がよいかも知れません。

 

5.ベンザリンの安全性-依存性

ベンザリンを漫然と使用していると依存が形成されます。離脱症状や反跳性不眠のために、なかなか薬をやめられなくなる方もいらっしゃいます。

睡眠薬では、依存してしまって止められなくなってしまうことがあります。ですから、ちゃんと出口を見据えて薬を使っていくことが大切です。

依存には大きく3つのポイントがあります。身体依存と精神依存と耐性の3つです。

身体依存とは、薬が急になくなってしまうことで身体がビックリしてしまう状態です。身体が薬のある状態に慣れてしまうことで、急になくなるとバランスが崩れてしまいます。身体の依存です。睡眠薬を急にやめてしまうと、むしろひどい不眠(反跳性不眠)や体調不良(離脱症状)におそわれることがあります。

精神依存とは、精神的に頼ってしまうということですが、これは効果の実感の強さが重要です。効果が早く実感され、効果がきれる実感が大きいものほど精神的に頼ってしまいます。心の依存です。不眠は非常につらいですから、睡眠薬には頼ってしまうようになります。

耐性とは、薬が体に慣れてしまい効果が薄れていくことです。はじめは1錠で効いていたのに少しずつ眠れなくなってしまう時は、耐性が形成されています。

 

睡眠薬の依存を心配されている方は多いですが、アルコールに比べたらマシです。過度に心配することはありません。医師の指示通りの量を守って服用していれば、ほとんど問題ありません。睡眠薬依存が本当に問題になるのは、睡眠薬の量がどんどん増えて大量になってしまう方です。耐性ができて薬が効かなくなっていき、その結果どんどん薬の量が増えているのです。このような方は注意が必要ですが、ちゃんとある程度の量でコントロールできているならば大丈夫です。

 

ベンザリンは作用時間も長く、睡眠薬の中では依存が形成されにくいです。ですが、漫然と使っていると依存が形成されることがありますので注意しなければいけません。

睡眠薬としては、ベンザリンなどのベンゾジアゼピン系睡眠薬よりも、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の方が依存性は少ないです。できれば非ベンゾジアゼピン系のアモバンやルネスタなどにしたほうがよいです。ですが、これらの睡眠薬は作用時間が短いので、変更は難しいことが多いです。

そして、睡眠薬とアルコールの併用は絶対にやめましょう。眠れないから寝酒をしている方も多いかも知れませんが、これは睡眠には悪影響です。それに加えて睡眠薬と併用すると、依存が一気に形成されてしまいます。絶対にやめましょう。

 

まとめ

ベンザリンでは、持ち越し効果をよく認めます。睡眠時間を確保しても変わらない場合、減量したり、作用時間の短い睡眠薬に変えてみましょう。

ベンザリンでは健忘は少ないです。お酒と一緒に服用することは絶対に避けましょう。

ベンザリンでは注意が必要です。ふらつきがみられたら減量するか、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に変更を検討しましょう。

ベンザリンを漫然と使用していると依存が形成されます。離脱症状や反跳性不眠のために、なかなか薬をやめられなくなる方もいらっしゃいます。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック