アナフラニール錠(クロミプラミン)の効果と特徴

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

アナフラニール(一般名:クロミプラミン)は、1973年に発売された非常に長い実績のある三環系抗うつ薬です。

最近では、副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ剤が登場し、従来の三環系抗うつ薬が使われる機会は減りました。

しかしながら三環系抗うつ薬は、副作用が多い代わりに効果も強いお薬です。新しい抗うつ剤の効果が不十分なケースを中心に、現在でも使われています。

三環系抗うつ薬の中でも、セロトニンを優位に増加させるのはアナフラニールくらいになります。このためアナフラニールは、三環系抗うつ薬の中でもよく使われているお薬になります。

ここでは、アナフラニールの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。

 

1.アナフラニールとは?

はじめに、アナフラニールの特徴を簡単に紹介したいと思います。

  <メリット>

  • 抗うつ効果が強い
  • 抗不安効果が強い
  • 強迫性障害に有効
  • 点滴として使える
  • 薬価が安い

  <デメリット>

  • 副作用が多い

三環系抗うつ薬の特徴を簡潔にいうと、「ハイリスク・ハイリターンな薬」となります。アナフラニールも効果がしっかりとしている反面、副作用が多い薬です。

アナフラニールは、セロトニンとノルアドレナリンを増やします。このため、抗うつ効果や意欲改善効果が期待できます。その中でもアナフラニールは、セロトニンを優位に増加させるお薬になります。

三環系抗うつ薬はノルアドレナリンが優位なお薬が多いため、アナフラニールはとても有用なお薬です。セロトニンを増加させることで、落ち込みや不安に対しての効果が期待できます。さらに鎮静作用もあるので、不眠にも効果が期待できます。

このような特徴をもつアナフラニールは、強迫性障害の重要な治療選択肢のひとつになります。強迫性障害では、他の精神疾患よりも高用量の薬が必要になります。アナフラニールはセロトニンを増加させる作用が強いお薬のため、しっかりとした効果が期待できます。

もうひとつ、アナフラニールに特徴的なこととしては、点滴ができることです。抗うつ剤で点滴ができるものは、アナフラニールだけです。うつ状態がひどくて入院した場合は、有効な治療手段のひとつになります。

そして古くからある薬なので、薬の価格が安くなっているのもメリットです。新しい抗うつ剤では、アナフラニールの5~10倍ほどの価格になります。

アナフラニールのデメリットとしては、その副作用の多さになります。しっかりとした効果が期待できる反面、デメリットとして副作用がいろいろと出てきてしまうのです。

 

2.アナフラニールの作用機序(作用の仕組み)

セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで効果を発揮します。

不安や落ち込みといった症状には「セロトニン」が関係しているといわれていて、意欲や気力は「ノルアドレナリン」、興味や楽しみは「ドパミン」が関係しているといわれています。

アナフラニールは、脳内のセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質の増加することで抗うつ効果がもたらされると考えられています。セロトニンとノルアドレナリンは、神経と神経の間の橋渡しを行う神経伝達物質です。

分泌された神経伝達物質は、役割を果たすと回収されます。これを再取り込みと呼びます。アナフラニールは、この再取り込みを阻害することによって、セロトニンやノルアドレナリンの量を増やします。これによって、これらの物質の受け皿である受容体の刺激を増加させて作用します。

アナフラニールは古くからある三環系抗うつ薬に分類されます。三環系抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンを中心に作用するお薬になります。アナフラニールは、セロトニンを優位に増加させます。新しい抗うつ薬に比べると、これらの物質以外にも作用してしまうため、副作用が多くなってしまいます。

日本で発売されている三環系抗うつ薬は、現時点で5種類あります。

  • アナフラニール
  • トフラニール
  • トリプタノール
  • アモキサン
  • ノリトレン

になります。続けて、抗うつ剤の効果について比較してみましょう。

 

3.アナフラニールの効果の特徴

セロトニンを優位に増加させる三環系抗うつ薬です。

アナフラニールはセロトニンを優位に増やします。一般的に、三環系抗うつ薬ではノルアドレナリンを増やすものがほとんどですので、セロトニンを増やしたいときにはよく使われます。

SSRIで効果が十分でない時には、アナフラニールを使っていくこともあります。セロトニンが増えることによる抗うつ効果が期待できます。ただし、薬を長く使って代謝産物がたまっていくと、ノルアドレナリン再取り込み阻害作用の方が強くなっていきます。

アナフラニールは不安を抑える効果が強いので、不安障害にもよく使われます。また、他の病気と比べてお薬の効きにくい強迫性障害に有効で、SSRIで効果が不十分な時に選択肢のひとつとなります。

点滴があることも特徴的です。抗うつ剤の中で点滴があるのはアナフラニールだけです。詳しくは、「アナフラニールの点滴の効果」をお読みください。

アナフラニールは、いろいろな受容体に作用して効果がしっかりとでてきます。一方で、副作用も強く出てきてしまいます。このようにハイリスク・ハイリターンな薬といえます。

 

4.アナフラニールの効果の強さ

三環系抗うつ薬の中なので、効果は強いです。

代表的な抗うつ剤の作用を表にまとめてみます。

代表的な抗うつ剤について、作用を比較してまとめました。

それぞれの受容体に対する薬の作用の強さ(Ki値)をもとに、ざっくりと5段階にして整理しました。

見ていただくと、三環系抗うつ薬はいろいろな受容体に働くことがわかると思います。このことは、副作用が多いことにつながりますが、効果が厚くでることにもなるのです。このため、数字以上に効果が出てきます。

アナフラニールは、他の三環系抗うつ薬の中でも作用が強いことがお分かりいただけるかと思います。効果がしっかりしている一方で、副作用も強く出やすい薬になります。

 

5.アナフラニールの効き方

血中濃度は1.5~4時間でピークとなり、21時間で半減します。このため、1日1~3回で服用することが多いです。

抗うつ剤は、不安や不眠に関しては、効果がすぐに表れることもありますが、一般的に抗うつ剤の効果が出てくるには2週間程度かかります。強迫性障害などには6~12週まで遅れることもあります。

抗うつ剤が安定して効果を発揮するためには、常に身体の中に薬がある状態が必要です。薬を規則正しく服用していると、身体の中に少しずつ薬がたまっていきます。およそ服用を始めて4~5日ぐらいで薬の体内での濃度が安定します。この状態のことを定常状態といいます。この状態になってからしばらくして、少しずつ効果が出てきます。

 

アナフラニールを服用すると1.5~4時間ほどで血中濃度が最高値になります。そこから徐々に血中濃度が低下していき、21時間前後で血中濃度が半減します。薬が身体から抜けるのは遅い薬です。

このため、1日1回の服用でも効果は発揮します。ですが、アナフラニールは副作用の大きな薬です。血中濃度が高くなると副作用がでやすくなるので、複数回に分けて服用することが多いです。

1日1回からはじめて大きな副作用がないかを確認して、問題なければ服薬回数を増やしていきます。1日に2~3回服用することが多いです。

 

6.アナフラニールの副作用

抗うつ薬の中で多く、便秘・口渇・ふらつき・体重増加・性機能障害が多いです。

アナフラニールは、いろいろな受容体に作用します。抗コリン作用も強く、便秘や口渇などが認められます。抗ヒスタミン作用も強く、体重増加が認められます。抗α1作用も比較的強いので、他の作用とも合わせてふらつきも強いです。性機能障害は、新しい抗うつ薬ほどではないですが、多く認められています。

代表的な抗うつ薬の副作用の比較を以下にまとめます。副作用の多さがわかりますね。

代表的な抗うつ薬について、副作用を比較して表にまとめています。

アナフラニールの副作用について詳しく知りたい方は、
アナフラニールの副作用(対策と比較)
をお読みください。

 

7.アナフラニールが向いている人は?

アナフラニールはどのような人に使っていくのでしょうか。まずは適応疾患から見ていきたいと思います。そのうえで、どのような人に向いているでしょうか?

 

7-1.アナフラニールの適応疾患

<適応>

  • うつ病・うつ状態
  • 遺尿症
  • ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

<適応外>

  • 強迫性障害・パニック障害などの不安障害

アナフラニールは、抗うつ薬になります。うつ病をはじめとしたうつ状態に適応が認められています。新しい抗うつ剤の効果が不十分な場合、アナフラニールなどの三環系抗うつ薬が使われることが多いです。

また、アナフラニールは抗コリン作用が強いため、それを逆手にとって遺尿症にも適応が認められています。

さらに2015年に、ナルコレプシーの情動脱力発作にも適応が認められました。ナルコレプシーとは、強烈な眠気が突然に襲ってきて、夢をみて寝てしまうという病気です。このときの睡眠状態はREM睡眠となっています。

REM睡眠とは一般的に夢をみている睡眠で、身体は休んでいても脳が動いているような状態となっています。三環系抗うつ薬のアナフラニールは、このREM睡眠を抑制する効果があります。このため、REM睡眠に関連するような異常があるときに用いられます。

その他、強迫性障害やパニック障害などの不安障害にも適応外にも認められます。

 

7-2.アナフラニールの向いている人

  • 他の抗うつ剤で効果が十分でない方
  • 不安障害の方
  • 不眠が認められる方

アナフラニールはうつ状態にも用いられますが、副作用が大きいため一番はじめに使われることは少ないです。まずは副作用の少ない、SSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ剤が使われることがほとんどです。それでも効果が乏しい場合、より効果のある三環系抗うつ薬が使われます。

ですから、新しい抗うつ剤で効果が不十分であった場合に使われることが多いです。「副作用は仕方ないから、もう少し効果のあるものを試したい」という人に、アナフラニールは向いているといえます。他の三環系抗うつ薬で効果が不十分だった時に使うこともあります。

またアナフラニールは、三環系抗うつ薬の中でも不安に対して効果がしっかりとしています。このため、不安障害にもよく使われます。特に強迫性障害など、セロトニンをしっかりと増やす必要がある不安障害でよく使われています。

副作用の抗コリン作用を利用して、遺尿症=「おねしょ」にも使われます。抗コリン作用は、おしっこを出にくくします。また、アナフラニールは睡眠を深くするので、合わせて効果を発揮します。アナフラニールは、トリプタノールに次いで抗コリン作用が強いので有効です。

またREM睡眠を抑制する効果があるため、睡眠が浅かったり、悪夢が認められる方にも向いています。

 

 

まとめ

アナフラニールは、三環系抗うつ薬に分類されていて、セロトニン・ノルアドレナリンといった伝達物質の再取り込みをブロックすることで、これらの量を増やす薬です。

効果としては、セロトニンを優位に増加させます。

他の抗うつ剤と比べても、効果はしっかりしています。このため、副作用も最も強いため、ハイリスク・ハイリターンな薬といえます。

血中濃度は1.5~4時間でピークとなり、21時間で半減します。副作用を軽減するために服用を分けることが多く、1日1~3回で服用することが多いです。

副作用としては、便秘・口渇・ふらつき・体重増加・性機能障害などが、よくみられます。

この薬は、他の抗うつ剤で効果が十分でない人、不安障害の人に有効です。

販売者名 アルフレッサファーマ株式会社
分類 三環系抗うつ薬
剤形 錠剤(10mg・25mg)・点滴静注液25mg
薬価 錠剤(9.8円・20円)・点滴静注液(230円)
ジェネリック なし
成分(一般名) クロミプラミン
半減期 21時間
用法 1日1~3回 最大225mgまで

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック