ラメルテオン(ロゼレム)の効果と副作用

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

ラメルテオンは、2010年に発売された新しい睡眠薬ロゼレムの成分名(一般名)です。従来の睡眠薬とは異なる作用機序で、メラトニン受容体作動薬と呼ばれています。2014年に発売されたばかりの睡眠薬ですので、しばらくはジェネリックは発売されないでしょう。ジェネリックが発売されたら、 「ラメルテオン」という名前になるかと思います。

服用続けていくことで、少しずつ睡眠が全体的に改善していきます。生理的なメカニズムを利用するので、自然に近い眠りを導く睡眠薬です。副作用が少なく、依存性もないと考えられています。

ここでは、ラメルテオンの効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

1.ラメルテオンの作用する仕組み(作用機序)

ラメルテオンは、メラトニン受容体を刺激してメラトニンの分泌を促します。

ラメルテオンは、これまでの睡眠薬とはまったく異なる作用機序で睡眠効果を発揮します。

ラメルテオンは「メラトニン」というホルモンに働きかけることで、睡眠効果をもたらします。私たちが夜になると自然と眠気を感じ、朝になると少しずつ目が覚めていきます。この体内時計のリズムを作っているのがメラトニンです。

夜の20時頃になってくると、松果体というところでメラトニンが作られます。このメラトニンが、視交叉上核にあるメラトニン受容体にくっつくことで、自然な眠気が出てきます。メラトニンは真夜中の2時頃にピークになり、明け方に光が出てくると減少していきます。

ラメルテオンは、このメラトニン受容体にくっついて作用する「メラトニン受容体作動薬」です。メラトニンと同じように作用します。このように、生理的な睡眠のメカニズムを利用した睡眠薬なので、自然な眠りが期待できるのです。

体内時計とメラトニン

もう少し詳しく見ていきたいと思います。メラトニン受容体には、M受容体とM受容体とM受容体の3種類があります。M受容体とM受容体は松果体にだけ存在していますが、M受容体は全身に存在します。このため、M3受容体には作用せず、M受容体とM受容体に作用するように作られたのがラメルテオンです。

受容体は刺激されると、神経を穏やかにして体温を低下させて睡眠を促すといわれています。M受容体が刺激されると、体内時計が同調されるといわれています。ラメルテオンはこの2つの受容体を刺激することで、睡眠の質を上げて、体内時計のリズムも整えていきます。

 

2.ラメルテオンの特徴(従来の睡眠薬との違い)

従来の睡眠薬とラメルテオンではどのような違いがあるのでしょうか?ラメルテオンの特徴を、メリットとデメリットに分けてみていきましょう。

 

2-1.ラメルテオンのメリット

  • 自然な眠気が強くなる
  • 入眠障害・中途覚醒にある程度有効
  • 熟眠障害に有効
  • リズムを整える効果がある
  • 副作用が少ない(健忘・ふらつき)
  • 依存性がない

睡眠薬として最もよく使われているベンゾジアゼピン系睡眠薬では、脳の機能を落とすことで眠気をもたらしていました。このような睡眠薬では、疲れてしまって眠くなると同じようなメカニズムです。スッと落とされるような眠りの入り方になります。それに対してラメルテオンは、体内時計のリズムというに働きかけて、身体が生理的に行っているメカニズムを利用しています。このため夜になると眠くなるという、自然な眠気を導く睡眠薬です。

このような睡眠薬ですので、全体的に睡眠の質が上がっていくような睡眠薬です。入眠障害や中途覚醒にある程度有効です。どちらかというと、熟眠障害がみられる方に効果が期待できます。従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬のように、睡眠の質が落ちることはありません。体内時計のリズムを整える効果もありますので、交代勤務や時差ぼけの方などに有効です。

ラメルテオンは、従来の睡眠薬のように強引に脳の機能を落としてしまうことがないので、健忘の副作用はほとんどありません。筋弛緩作用も認めないので、ふらつきなどの副作用も少ないです。

ラメルテオンには依存性がありません。睡眠薬はどれも習慣性医薬品とされています。新薬のラメルテオンも依存性は極めて少ないですが、それでも習慣性医薬品に指定されています。ラメルテオンを中止しても、離脱症状や反跳性不眠などが起こることなくやめることができます。このように安全性が高く、乱用される心配もないため、処方数の制限もありません。

 

2-2.ラメルテオンのデメリット

  • 実感が得られにくい
  • 効果が弱い
  • 翌朝の眠気が多い
  • デプロメール/ルボックス(フルボキサミン)が使えない
  • 薬価が高い

ラメルテオンの一番のデメリットは、飲んですぐに実感ができないことです。服用を続けていくうちにジワジワ効果がでてきます。客観的に効果が感じられていても、本人には自覚がないことも多いです。「言われてみるとよくなっている・・・」というようなことも多いです。抗不安作用もないので、効果が弱く感じられる方も多いです。

また、翌朝の眠気が多いです。添付文章では3.4%とのことですが、もっとたくさんいます。10%くらいはいるのではないでしょうか。翌朝になっても眠気がとれずに、起きづらくなってしまいます。

また、抗うつ剤のデプロメール/ルボックス(フルボキサミン)とは併用することができません。フルボキサミンはラメルテオンの代謝酵素を阻害してしまいます。このため併用すると、ラメルテオンがなかなか分解されなくなり血中濃度が数十倍にもなってしまいます。併用は禁止されています。他の抗うつ剤との併用はまったく問題がないので、安心してください。

新しい薬なので仕方がないのですが、ラメルテオンは非常に高価です。8mg錠で84.9円ジェネリックも当分発売されません。

 

3.ラメルテオンの作用時間と強さ

ラメルテオンの半減期は0.94時間です。薬の作用時間は半減期によりません。強さとしては「弱い~やや弱い」睡眠薬です。

ラメルテオンは、血中濃度がピークに達するまでに0.75時ほどかかります。そこからすぐに抜けていき、0.94時間で半分の量まで減少します。

ラメルテオンの効果は、代謝産物にもあります。もっとも多いのはM-Ⅱと呼ばれる代謝産物で、MTやMTに対してラメルテオンの10%ほどの効力があります。M-Ⅱの血中濃度は、ラメルテオンの80~90倍ほどあるので、効果の中心はこちらの物質です。この物質の半減期は1.94時間と、ラメルテオンの倍になります。

ですからラメルテオン全体でみると、1時間ほどで効果のピークがきて、さらに2時間すると効果が消失するといえます。ラメルテオンの直接的な作用時間は3~4時間といったところでしょう。

 

生理的なメラトニンは、20時ごろから分泌され、深夜2時頃にピークとなり、明け方減少します。就寝前に服用すれば、ちょうど深夜にピークができて、朝方にはラメルテオンが消失しています。理論的には即効性があって、翌朝にはスッキリしてそうです。残念ながら実際には即効性がなく、効果の実感がありません。眠気が翌朝まで続くことも多いです。まだまだわかっていない部分も多いのです。

 

他の睡眠薬とは比較できませんが、ラメルテオンの効果は、残念ながら「弱い~やや弱い」といえます。飲み続けていくことで少しずつ効果が強くなっていきます。睡眠効果を期待するときは、8mg錠剤をつかって様子を見ていきます。眠気が強く出てしまった場合などは、半錠の4mgに減量して使います。

ラメルテオンには睡眠効果だけでなく、体内時計のリズムを同調させる効果があります。時差ぼけや交代勤務などの方に効果が期待できます。メラトニンM受容体の刺激による効果で、この効果には即効性が期待できます。8mgまで使わなくても、1/2錠(4mg)、1/4(2mg)でも十分な方も多いです。

このようにラメルテオンは体内時計のリズムに働きかける睡眠薬です。光を意識した睡眠により生活習慣を取り入れていくことが大切です。詳しくは、不眠を解消する9つの方法をお読みください。

 

4.ラメルテオンの副作用

ラメルテオンには、眠気の副作用が思った以上に多いです。依存性はありません。

ラメルテオンは「メラトニン」というホルモンに働きかけることで、睡眠効果をもたらします。私たちが夜になると自然と眠気を感じ、朝になると少しずつ目が覚めていきます。この体内時計のリズムを作っているのがメラトニンです。

夜の20時頃になってくると、松果体というところでメラトニンが作られます。このメラトニンが、視交叉上核にあるメラトニン受容体にくっつくことで、自然な眠気が出てきます。メラトニンは真夜中の2時頃にピークになり、明け方に光が出てくると減少していきます。

ラメルテオンは、このメラトニン受容体にくっつく「メラトニン受容体作動薬」です。メラトニンと同じように作用します。このように、生理的な睡眠のメカニズムを利用した睡眠薬なので、自然な眠りが期待できるのです。同時に副作用も少ないのです。

ラメルテオンは服用してから0.75時間で血中濃度がピークに達し、代謝産物も含めると2時間ほどで半分の効果になっていきます。このような睡眠薬ですから、寝る前に服用すると朝まで残ることがありません。

 

その割には、ラメルテオンでは眠気が多いのです。ラメルテオンを服用すると、翌日に強い眠気が残ってしまう方がけっこうな割合でいらっしゃいます。不思議なものですが、生理的なメカニズムを利用しているために効き方も人それぞれなのかと思います。ラメルテオンを服用中は、運転や危険作業をしてはいけないこととなっています。

頭痛がみられる方もたまにいらっしゃいます。メラトニンによる血管拡張が原因と考えられていますが、そこまで多い副作用ではありません。

ラメルテオンで特徴的なこととしては、依存性がないことです。睡眠薬はどれも程度の差はありますが依存性があります。ラメルテオンではまったく依存性がないため、スムーズに薬を止めていくことができます。

 

このようにラメルテオンは、副作用も少ないですし、依存性もないと考えられています。以下ではラメルテオンで重要な副作用について、ひとつずつ見ていきましょう。

 

5.ラメルテオンが向いている人とは?

  • じっくりと治療ができる方
  • 高齢者
  • 生活リズムが乱れている方
  • 睡眠薬の依存が怖い方

ラメルテオンは即効性が乏しい睡眠薬です。添付文章でも、「2 週間後をめどに入眠困難に対する有効性及び安全性を評価すること」とされています。服用してすぐに効果が期待できる睡眠薬ではないので、じっくりと腰を据えて治療ができる方がよいかと思います。ラメルテオンがうまく身体にあうと、安全性も高いので非常に有用です。

ラメルテオンは高齢者には向いている睡眠薬です。高齢者ではメラトニンが減少してしまっています。ピーク時の1/10くらいになってしまっています。ラメルテオンでメラトニンを活発にすることは理に適っているのです。さらにラメルテオンは筋弛緩作用がないので、ふらつきなどの副作用がほとんどありません。

生活リズムが乱れている方にも向いています。ラメルテオンには体内時計を同調させる作用があります。夜型の生活になってしまっている方やシフト勤務の方など、生活リズムが乱れている方に少量のラメルテオンを使うと熟眠感が得られることがあります。

また、睡眠薬の依存が心配な方にもよいでしょう。睡眠薬に抵抗ある方のほとんどは、依存してやめられなくなることを心配されています。ラメルテオンは依存性がないので、スムーズにやめていくことができる睡眠薬です。

 

6.一般名と商品名とは?

一般名:ラメルテオン 商品名:ロゼレム

まったく成分が同じものでも、発売する会社が異なればいろいろな商品があるかと思います。医薬品でも同じことがいえます。このためお薬には、一般名と商品名というものがあります。

一般名というのは、薬の成分の名前を意味しています。発売する会社によらずに、世界共通で伝わる薬物の名称です。「ラメルテオン(ramelteon)」に統一されています。主に論文や学会など、学術的な領域でこれまで使われてきました。

一方で商品名とは、医薬品を発売している会社が販売目的でつけた名称になります。「ロゼレム(rozerem)」は、製造元である武田薬品がつけた名前です。名前の由来は、Rose(バラ)+REM(レム睡眠のREM)を合わせたものです。「健やかな眠りを取り戻し、ばら色の夢を見ましょう」との願いをこめてつけられています。

 

ジェネリック医薬品は、特許がきれてから作られます。ロゼレムも発売から10年ほどは特許があるので、しばらくジェネリックは発売されないでしょう。最近のジェネリックは、紛らわしさをなくすため、「一般名+会社名」とすることが多くなりました。ロゼレムも「ラメルテオン」として発売されることになるかと思います。

 

ラメルテオンの効果や副作用について詳しく知りたい方は、
ロゼレム錠の効果と特徴
ロゼレムの副作用(対策と比較)
をお読みください。

 

まとめ

ラメルテオンは、メラトニン受容体を刺激してメラトニンの分泌を促します。

ラメルテオンのメリットとしては、

  • 自然な眠気が強くなる
  • 入眠障害・中途覚醒にある程度有効
  • 熟眠障害に有効
  • リズムを整える効果がある
  • 副作用が少ない(健忘・ふらつき)
  • 依存性がない

ラメルテオンのデメリットとしては、

  • 実感が得られにくい
  • 効果が弱い
  • 翌朝の眠気が多い
  • デプロメール/ルボックス(フルボキサミン)が使えない
  • 薬価が高い

ラメルテオンが向いている方は、

  • じっくりと治療ができる方
  • 高齢者
  • 生活リズムが乱れている方
  • 睡眠薬の依存が怖い方

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック