トレドミンの半減期からわかること

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。この半減期、トレドミンでは8.2時間です。

ここでは、SSRIであるトレドミンの半減期について考えていきましょう。

 

1.薬の半減期とは?

薬を飲んでから血中濃度が半分になるまでの時間のことです。

薬を服用した時の、血中濃度の変化を図に表わして、Tmaxと半減期を説明します。

薬を飲み始めると、直後は血中濃度がどんどんと上がっていきます。薬の吸収がおわると、薬は代謝されて身体から出ていきますので、少しずつ血中濃度が減少していきます。身体が薬を代謝できるスピードは決まっていますので、どれくらいの量であっても一定のスピードで身体から抜けていきます。このため、薬の量が半分になるまでにかかる時間は、内服量にかかわらず一定になります。

この血中濃度が半分になるまでにかかる時間を半減期(T1/2)といいます。T1/2が短いほど、薬の切れ味がよく身体からすぐになくなるといえます。反対にT1/2が長いほど、薬が身体に蓄積しやすいといえます。

薬の効き方を考えるにあたって、もう1つのポイントがあります。最高血中濃度到達時間(Tmax)です。これは文字通りで、血中濃度がピークに達するまでの時間です。効果がでるまでのスピードに関係しています。抗うつ薬は、ゆっくりと効果が出てくる薬ですので、Tmaxはあまり作用に関係してきません。

 

2.薬を飲み続けているとどうなるのか?

身体の中に一定の薬が残って効果が持続するようになり、これを定常状態といいます。

薬を飲み続けると、定常状態となります。その様子を図であらわしました。

それでは薬を飲み続けていると、どのようになっているでしょうか?薬が血中からなくなりきらずに次の日に薬を飲むと、少しずつ薬が身体の中にたまっていきます。半減期が長い薬は、どんどん蓄積していきます。

ですが、薬は無限に蓄積していくわけではなく、少しずつ一定の濃度に収束していきます。この状態を「定常状態」といいます。抗うつ剤では、一日中薬が作用することで効果が安定しますので、定常状態を作ることが大事です。この定常状態に達するまでは、およそ5日~1週間かかります。

 

トレドミンの効果について知りたい方は、
トレドミン錠の効果と特徴
をお読みください。

 

3.トレドミンの半減期と特徴

半減期は8.2時間です。1日2~3回で服用します。離脱症状は起こりにくいです。

代表的な抗うつ薬の半減期を見てみましょう。

代表的な抗うつ剤の半減期を比較してみました。

トレドミンは半減期は8.2時間ですので、効果の短いお薬ということがわかりますね。トレドミンは、薬を飲み始めてから血中濃度がピークになるまでには2~3時間とすぐに吸収されます。そこから8.2時間かけて半分くらいの量になります。

ですから、とても1日1回では定常状態にはなりませんね。最低でも1日に2回、できれば3回の服用をきっちりと続けていると定常状態に達することができます。1日3回になってしまうと、どうしても飲み忘れが増えてしまうという懸念があります。

 

半減期からは、離脱症状の起こりやすさを予想することもできます。離脱症状は、身体に慣れた薬が急に抜けることによって起きる症状です。ですから、薬が抜けていくスピードが急であるほど起こりやすくなります。トレドミンの半減期をみると、離脱症状は起こりやすいように思われるかと思います。

ですが、トレドミンは2つの理由から離脱症状は起こりにくく、起こったとしても軽いです。1つ目は、効果自体がマイルドなことです。セロトニンを増やす効果が強くないので、それに伴う離脱症状も少ないのです。2つ目は薬の強さ(力価)が低いことです。1mgあたりの薬の効果が小さいお薬ですので、影響も小さいのです。

 

まとめ

薬の半減期とは、薬を飲んでから血中濃度が半分になるまでの時間のことです。

繰り返し服用していると、身体の中に一定の薬が残って効果が持続するようになり、この状態を定常状態といいます。

トレドミンの半減期は8.2時間です。1日2~3回で服用します。離脱症状は少ない抗うつ剤です。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック