オンブレスブリーズヘラーの使い方とは?

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

オンブレス(一般名:インダカテロールマレイン酸塩)は、主に肺気腫や慢性気管支炎といったCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に処方されるお薬です。

β2刺激薬という吸入薬になります。オンブレスは、毎日1日1回吸入することで効果を発揮するお薬です。COPDと診断されてこのお薬を処方された方は、基本的にはずっとこのお薬と付き合っていくことになると思います。

しかしオンブレスの吸入が正しく行われないと、全く効果がありません。ですがCOPD自体が、吸入薬だけで症状がとりづらい病気です。そのため効果がなくても、ちゃんと吸えてた上で効果がないのか、うまく吸えていないのかを確認するのが難しいです。

オンブレスは、ブリーズヘラーという吸入器にカプセルを入れて吸入するお薬です。ここでは、オンブレスブリーズヘラーの吸入方法を確認してみましょう。

 

1.オンブレスブリーズヘラーとは?

オンブレスは、COPDの患者さんに第一選択として使用される長期作用型のβ2刺激薬になります。

オンブレスは、1日1回1吸入、主に朝に吸入する長期作用型B2刺激薬になります。慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の方の治療薬になります。

現在、COPDのガイドラインの第一選択肢は、

  • β2刺激薬
  • 抗コリン薬

のどちらかになっています。重症化した場合や効果がない場合には、併用して使っていきます。オンブレスは、このβ2刺激薬で現在最も多く処方されているお薬で、肺気腫の方の多くに処方されています。 

オンブレスは特に、「息切れ」を改善するお薬です。COPDで長期作用型のβ2刺激薬を処方する場合は、多くの場合がオンブレスになります。

一方でCOPDの症状が強い方は、オンブレスとスピリーバを両方をはじめから併用していくことも多いです。そういった現状を踏まえて、ウルティブロやスピオルトといったβ2刺激薬と抗コリン薬の合剤も発売されています。

オンブレスについて詳しく知りたい方は、「オンブレスの効果と特徴」をお読みください。

 

2.オンブレスブリーズヘラーの吸入方法は?

オンブレスは、カプセルをブリーズヘラーにセットしてから吸入するお薬です。

オンブレスのデバイスの使用方法は以下になります。

  1. ブリーズヘラーのキャップを開け、マウスピースを外側に開きます。
  2. カプセルの充填部の凹みを確認します。
  3. シートよりオンブレスのカプセルを取り出します。
  4. ブリーズヘラーの充填部にカプセルを横向きに設置し、マウスピースを戻します。
  5. ブリーズヘラーの横のボタンを両側から押しカプセルに穴を開けます。
  6. マウスピースに口を当て吸入します。
  7. 吸い終わったらカプセルを捨ててください。

なかなか言葉だけだとイメージしづらいかもしれません。画像で確認したい方はノバルディスファーマが提供しているページを確認してみてください。

吸入の際のポイントとして、

  • 「見る」
  • 「聞く」
  • 「感じる」

を意識して吸入してください。

  • 見る・・・カプセルが透明なので、吸入後薬剤残りがないか確認。残りがあればなくなるまで吸ってください。
  • 聞く・・・カラカラと音が鳴ったら吸えています。音が鳴らないのであれば、カプセルが斜めに装着されている可能性があるので、直してから吸って下さい。
  • 感じる・・・乳糖が薬剤に付着しているので、甘みを感じることができます。

これらを意識して吸入すれば吸えています。ブリーズヘラーは吸入の抵抗が一番低く、軽く吸えるデバイスといわれています。「強く吸わなきゃいけない!」とは考えず、楽な気持ちで吸ってください。

 

3.オンブレスブリーズヘラー吸入での注意点は?

オンブレスのカプセルを毎回入れる作業が必要になります。

多くの吸入薬は、薬が吸入器にすでに入っている場合が多いです。しかしオンブレスは、カプセルを毎日補充して吸入が必要になるお薬です。またカプセルを入れるだけではなく、ボタンを押してカプセルに穴をあける必要があります。

この作業をしないと、頑張って吸っても全く吸えないので注意が必要です。またボタンを押す際、ボタンを押したままにしないように注意してください。カプセルが回転しなくなってしまいます。ボタンを離してから吸入します。

 

オンブレスの吸入するポイントとして、ゆっくりと息を吐いた後マウスピースを加えます。

喘息や肺気腫は、閉塞性肺疾患と言われる病気です。これは気管支が狭くなり、息を思いっきり吐いたり吸ったりできない病気です。ですから、息をしっかり吐いて十分量の息が吸える状態にしないと、吸う力が足りなくてオンブレスが十分に気管支に入らない可能性があります。

せっかちな人は、マウスピースをくわえる前から息を吸い始めたりしています。焦って吸っても良いことは何もないので、必ず一息入れましょう。

そしてオンブレスは、強く吸入しすぎるとカプセルが引っかかってしまうため、吸い始めはやや弱めに、カプセルが回る音がしたら少し強めに吸入するようにしてください。最初から強く吸入すると、カプセルにつまりが生じてしまうことがあります。

ブリーズヘラーは強く吸入しなくても、カラカラという音が確認できればきちんと吸入できているデバイスです。「最初はゆっくり、あとから少し強めに、カラカラ音を確認しながら」吸入するように意識してください。

この吸入方法は強く早く吸うアドエアやシムビコートとは逆なので、これらのお薬を以前から使っている人は注意が必要です。オンブレスは思いっきり吸入しすぎると、むせこみや咳を誘発しやすいお薬となっています。

 

また吸入の際、空気の取り入れ口を塞がないように注意して吸入してください。ブリーズヘラーは吸入した際に空気を入れ込み、カプセルを回転させて薬剤を口の中に運ぶメカニズムになっています。

デバイス両側にある空気口を指で塞いでしまうと、空気の流れをストップさせてしまいます。こうなるときちんと吸入できませんので、指で塞がないようにご注意ください。

またお年寄りの方は、マウスピースをくわえてから息を吐いてしまっている方が目につきます。必ず息を吐いてから、オンブレスブリーズヘラーをくわえましょう。そしてくわえたら、息を吸う以外の動作はしないようにしましょう。

 

そしてオンブレスを吸い終わったら、気管支の奥まで行き届かせることが大切です。吸った瞬間にすぐに息を吐いてしまうと、気道の末梢に届く前に息を吐きだしてしまってオンブレスが吹き飛ばされてしまう可能性があります。必ず吸った後数秒間は、息を止めていましょう。

ですがオンブレスは、肺に入った瞬間に吸着しやすいお薬と言われています。オンブレスを吸った瞬間に咳き込んでしまっても問題ないとは言われています。

最後に吸入薬において、オンブレス単体のみ処方されている場合、うがいの必要はありません。

しかし、他の吸入ステロイドも処方されており、薬剤師や医師からうがいの指導をされている場合、うがいはするようにしてください。うがいをすることでオンブレスの効果が減退することはありませんので安心してください。

 

4.オンブレスがどうしてもうまく吸えない人は?

薬剤師さんに吸入指導をお願いしましょう。

オンブレスを初めて処方された方は、内服と違って戸惑うことも多いでしょう。このサイトも一つの参考になればよいのですが、どうしても実際にみてみないと伝わらない部分もあるかと思います。

オンブレスに限らず新しい吸入薬を処方された方は、遠慮せずに必ず薬剤師さんに吸入指導をしてもらいましょう。その場で自分の吸い方のどこが悪いかを指導してもらった方が、間違えないで済みます。

またオンブレスは、ドライパウダーとして吸ったら粉っぽさがあります。先ほど記載したように乳糖の甘さがあるので、これらが感じられなかったら以下の点をもう一度確認してみましょう。

  1. オンブレスのカプセルをしっかりセットしていますか?
  2. ボタンを押してオンブレスのカプセルに穴をあけてませんか。
  3. 間違えて息を吐いてしまってなかったですか?もし吸入自体がうまくできないと感じたら、もう一度吸ってみましょう。

ただしCOPDの多くの方はご高齢の方です。認知症で吸うことが上手く理解できなかったり、十分な吸入力が出ない人、さらには吸った時に咳き込んでしまって続けるのが辛い人などいらっしゃるかもしれません。

そういった場合は無理にオンブレスに固執せずに、ホクナリンテープなどの貼り薬を考慮しましょう。

 

まとめ

最後にもう一度オンブレスブリーズヘラーの吸入方法を確認しましょう。

  1. ブリーズヘラーのキャップを開け、マウスピースを外側に開きます。
  2. カプセルの充填部の凹みを確認します。
  3. シートよりオンブレスのカプセルを取り出します。
  4. ブリーズヘラーの充填部にカプセルを横向きに設置し、マウスピースを戻します。
  5. ブリーズヘラーの横のボタンを両側から押しカプセルに穴を開けます。
  6. マウスピースに口を当て吸入します。
  7. 吸い終わったらカプセルを捨ててください。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック