クラリチンは蕁麻疹にどのように効くのか?

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてクラリチンは、広く処方されています。

クラリチンは抗ヒスタミン薬として作用し、蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックします。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用がありますが、クラリチンは眠気が少ないお薬です。

花粉症では効果が弱いとされていましたが、蕁麻疹では効果もある程度期待できるお薬となっています。

ここでは、クラリチンの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。

 

1. 蕁麻疹はなぜ起きるのか?

どういう機序で起きるのか理解すると、お薬がどうして効果を示すのが理解しやすくなります。

蕁麻疹の原因とメカニズム(発生機序)をみていきましょう。

 

1-1.蕁麻疹の原因は?

蕁麻疹の原因は、非常に多くのものがあります。採血によって、原因が特定できることもあります。

蕁麻疹がまず、どういった原因で起きるのかみていきましょう。

蕁麻疹は主に急性と慢性に分けられます。急性は1時間以内に、慢性は約1か月以上続くものが挙げられます。ではどういったものが原因になるかというと、

  • 食べ物
  • 動物
  • 金属

などの物理的なものが多いです。しかし、

  • ストレス
  • 寒暖の温度差
  • 感染症

なども原因として挙げられます。細かく書いていくと100種類程度になり膨大な量になってしまいます。蕁麻疹の原因として最も多いのが食べ物ですので、ここでは食べ物についてみていきたいと思います。

蕁麻疹がおきやすい食べ物としては、以下のようなものがあげられます。

  • 魚類、甲殻類、貝類などの海鮮物
  • 牛乳、チーズ、卵などの乳製品
  • 小麦、大豆、ソバなどの穀類
  • りんご、メロンなどの果物

今まで気にせず食べていて全く問題なかったのに、ある日突然食べて蕁麻疹を起こすことがあります。特に魚介類は、鮮度が悪くなって繁殖した雑菌類で起きることもあります。またお酒や香辛料を摂取すると、血管拡張に伴い蕁麻疹が出現しやすくなります。

蕁麻疹が初めて生じた場合、どの食べ物が原因か確定することは難しいです。ですが同じもので2回以上起きた場合は、その食べ物がアレルギー源の可能性が高いです。

初めて蕁麻疹が出現したときは、いろいろなものを食べていてどれが原因かわからないということも多いかと思います。蕁麻疹が起きた時はアレルギー外来を受診しましょう。今は採血によって、どの食べ物でアレルギー反応を起こすか調べることができます。その際は怪しい食べ物を覚えておくことが大切です。

 

1-2.蕁麻疹のメカニズム(発生機序)は?

蕁麻疹は、肥満細胞からヒスタミンが大量に放出されることで起きます。ヒスタミンによって浮腫(むくみ)ができて、ヒスタミンの直接的な作用と合わさって痒み神経を刺激します。

蕁麻疹はアレルギー疾患です。アレルギー疾患はⅠ型からⅣ型に分けられます。

  • Ⅰ型アレルギー:IgEを主体にしたアレルギーです。IgEがアレルギー源にくっついて、セロトニンやヒスタミンを放出して発症します。
    代表的な疾患:花粉症・蕁麻疹・気管支喘息・食物アレルギー
  • Ⅱ型アレルギー:IgGを主体にしたアレルギーです。IgGがアレルギー源にくっついて、白血球が直接その細胞を破壊する生体反応です。
    代表的な疾患:悪性貧血・橋本病・特発性血小板減少性紫斑病・重症筋無力症
  • Ⅲ型アレルギー:アレルギー源を排除しようとした結果、うまく排除されずに免疫複合体という物質が形成され、血液を介して各々の臓器にダメージを与えるアレルギーです。
    代表的な疾患:関節リウマチ・シューグレン症候群・全身性エリテマトーデス・アレルギー性血管炎などの膠原病
  • Ⅳ型アレルギー:アレルギー源を排除しようとした白血球自体がおかしくなってしまうアレルギーです。おかしくなった細胞を感作T細胞とよび、周辺組織を損傷します。
    代表的な疾患:金属アレルギー・薬剤性肺炎・腫瘍免疫・移植免疫

蕁麻疹は、Ⅰ型アレルギーに分類されます。もっと細かく流れをみていきましょう。

  1. IgEが何らかの原因でアレルギー源に接触し、肥満細胞を刺激する。
  2. 刺激された肥満細胞から大量にヒスタミンが分泌される。
  3. ヒスタミンが血管の拡張、透過性が亢進、血管外への血漿成分の漏出などを引きおこす。
  4. 血管からの炎症が皮膚の表面まで及び、限局した浮腫(むくみ)になる。
  5. 浮腫やヒスタミンが皮膚の神経を直接的に刺激し、痒みを誘発する。

といった流れになります。ヒスタミンは、炎症やアレルギーのときに出てくる物質です。ヒスタミンによって血管の細胞のすき間が開き、血管から白血球やタンパク質などが血漿成分が、血管の外に出ていきます。これによって傷を治したり、身体の敵と戦うのです。

アレルギー反応は、免疫が誤作動して過剰に働いてしまう現象です。これによって蕁麻疹というむくみができて、痒みが生じます。

 

2. 蕁麻疹はどういった症状が出るの?

膨疹といった特徴的な皮疹が出現します。

血管外に漏出した血漿成分によって、皮膚が膨らみます。この膨らみのことを、医学的には膨疹と呼びます。膨疹をみたら蕁麻疹と診断しますが、逆に膨疹がないから蕁麻疹じゃないとはいえません。そのため、自己判断ではなく医師に診察してもらう必要があります。

医師がよくチェックする方法としては、皮膚描記法があります。蕁麻疹ですと皮膚をこすると、赤く膨隆します。一方でアトピー性皮膚炎では、白色になります。

また、大量のヒスタミンが分泌されるため、体幹や四肢など広範囲に出現することが一般的です。さらにこのヒスタミンが唇に到達した場合は唇が腫れる、まぶたに達した場合はまぶたが腫れるなどの症状があります。

さらに、目に見えないところにもヒスタミンが分泌されることで症状が出ます。例えば腸管にヒスタミンが分泌されると、腸が浮腫んで下痢になります。さらに気道が浮腫むと、息が苦しくなります。大きな血管が膨張することで血圧が急激に下がることもあります。これらは、場合によっては命にかかわります。(皮膚以外に全身に症状が進行した場合はアナフィラキシーと呼びます。)

 

3. クラリチンは蕁麻疹に効果を示すの?

抗ヒスタミン薬として蕁麻疹の原因を止めます。

免疫系の誤作動により分泌されるヒスタミンが蕁麻疹の主な原因で、これが痒みの直接の原因になります。ですから、このヒスタミンをすぐ止めるのが症状を抑える治療法となります。

クラリチンは抗ヒスタミン薬ですので、全身のヒスタミンが血管に作用するのを防ぐ作用があります。ヒスタミンの分泌の前段階の肥満細胞やIgEを抑えても、ヒスタミンが大量に分泌された後では全く効果がありません。クラリチンが作用することで、大量に分泌されたヒスタミンが血管や神経にある受容体にくっついて作用するのを防ぐ役目となります。ヒスタミンを邪魔した結果、痒みや膨疹が治まるのです。

一方で花粉症での効果と眠気を示したのが以下の表になります。

第二世代抗ヒスタミン薬の効果と眠気の強さを表にしました。

これだけ見るとクラリチンは効果が少ないように感じるかもしれません。特に痒みというのは辛い症状の一つです。効果があまりないお薬は飲みたくないですよね。実際にはクラリチンは蕁麻疹には著効することが知られています。

慢性蕁麻疹、湿疹・皮膚炎及び皮膚そう痒症に対して、

  • クラリチン錠10mgを1日1回投与
  • ザジテン(ケトチフェンフマル酸塩)を1日1回投与
  • プラセボを1日1回投与

この3つに分けて2週間みたところ、最終全般改善率(中等度改善以上)はそれぞれ77.7%(310/399)、60.7%(105/173)、43.8%(43/91)と報告されています。

この表ですと、ザジテンは花粉症では最も効果を示す抗ヒスタミン薬に位置付けられています。そのザジテンが蕁麻疹では60.7%の改善率に対して、クラリチンは77.7%大きく効果を上回っているのです。

そのためクラリチンは眠くならない代わりにあまり効果がないというお薬ではあるのですが、蕁麻疹では決してそんなことはないと覚えておくと良いかもしれません。

 

4.蕁麻疹の場合のクラリチンの容量・用法は?

成人の場合、クラリチン10mgを1日1回内服します。

通常の内服方法としてはクラリチンの錠剤の場合は、

  • 成人:クラリチン10mgを1日1回内服
  • 7歳以上:クラリチン10mgを1日1回内服

 となっています。小児の方はドライシロップの方が飲みやすいかもしれません。その場合は、

  • 3歳以上7歳未満の小児:クラリチンドライシロップ1回0.5g(ロランタジン5mg)
  • 7歳以上の小児:クラリチンドライシロップ1回1g(ロランタジン10mg)

クラリチンドライシロップを1日1回食後に用時溶解して服用します。

クラリチンレディタブ錠といって、口の中で溶けるタイプの錠剤もあります。お薬を飲み込むのが苦手な人や、飲み込む力が弱い人(嚥下力が低下している人)に向いています。

 

まとめ

  • 蕁麻疹は様々な原因で肥満細胞から大量にヒスタミンが分泌された結果膨疹が起きる疾患です。
  • 蕁麻疹に対して抗ヒスタミン薬であるクラリチンが処方されます。
  • 花粉症では効果が弱いとされているクラリチンですが、蕁麻疹では強い効果を示します。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック