ルネスタ錠1mgの薬価と実際の使い方

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

ルネスタは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果は期待できます。

ルネスタの錠剤としては1mg・2mg・3mgの3種類が発売されています。まずは1mg~2mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ルネスタ錠1mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ルネスタの効果について詳しく知りたい方は、
ルネスタの効果と強さ
をお読みください。

 

1.ルネスタ錠1mgはどうやって使うのか?

ルネスタは1~2mgから始めます。効果をみて3mg(高齢者は2mg)まで使用することができます。

ルネスタの特徴は安全性の高さです。スッと効いて眠りにつかせてくれて、作用時間が短いので薬が身体に残りにくいです。従来の睡眠薬を改良して睡眠だけに働くようにしていますので、ふらつきなども少ないお薬です。ルネスタにはこのような特徴があるので、寝つきが悪くて悩んでいる方にはとても良いお薬です。途中で目が覚めてしまう方にも一定の効果は期待できます。

添付文章では、ルネスタ2mgから使うことが勧められています。高齢者では1mgから使うことに決められています。実際の現場では、若い方でも治療を急がなくてもよいならば1mgから開始します。

ルネスタは即効性があるお薬なので、1mgを使ってみて効くかどうかの判断はすぐにできます。もしも不眠が十分に改善できなければ、3mgまで増量できます。それ以上は増量しても効果は少ないので使うことができません。睡眠薬が効かないからといってたくさん飲んでも、効果には限界があります。ちなみに高齢者では、安全性を優先させて2mgまでとされています。

ルネスタ3mgでも効果がないときは、薬の変更や作用の異なる睡眠薬の併用を考えていきます。

 

2.ルネスタ錠1mgの薬価

ルネスタ錠は先発品のみとなります。自己負担3割の方がルネスタ錠1mgを毎日使うと、459円となります。

ルネスタではジェネリックが発売されていないので、すべて先発品の価格になります。先発品はどうしても薬価が高くなってしまいます。自己負担3割の方が1mg錠を毎日使っていると、459円の負担となります。

<先発品>

商品名 剤形 薬価
ルネスタ錠 1mg 51.0円
ルネスタ錠 2mg 80.9円
ルネスタ錠 3mg 102.7円

 

もしもルネスタ2mgを使うのでしたら、1mg錠2つよりも2mg錠1つの方が経済的ですね。

※2015年8月9日現在の薬価です。

 

3.ルネスタ錠1mg・2mg・3mgの使い分け

ルネスタは先発品しかないので、剤形によって金額の差が大きいです。大きな剤形を使うと調節しづらくなるというデメリットがあります。

ルネスタ錠1mgで効果がないときは、2mgに増量します。もちろん、1mg錠2つと2mg錠1つは同じ効果が期待できます。2mg錠にした方が経済的ですね。ルネスタは先発品しか発売されていないので、その差額はジェネリックよりは大きくなります。

自己負担が3割の方が1か月服薬した場合で考えてみましょう。ルネスタ錠2mg1つとルネスタ錠1mg2つの金額の差は190円になります。ルネスタ錠3mg1つとルネスタ錠1mg3つの金額の差は459円です。さすがに3mgまで使う時は、大きな錠剤を使いますが、2mgの時はあえてルネスタ錠1mg2つで使うこともあります。こちらの方がいつでも調節することができるからです。しばらく薬の調整ができない方や、2錠飲むのがめんどくさいという方、薬の数が増えることが不安という方では、ルネスタ錠2mgを使うようにしています。

 

ルネスタ2mg錠を半分に割れば、ルネスタ1mgが2錠できますね。お薬代を節約できるといっても、95円くらいの話です。ルネスタ錠1mgがちゃんとありますし、保管も大変になるので行いません。

 

4.ルネスタは漫然と使わないこと!

ルネスタは段階的に量を増やしていき、落ち着いたら段階的に減量していく意識を持ちましょう。そのためにも生活習慣の意識が大切です。

ルネスタは安全性が高く、依存性も少ない睡眠薬です。そうはいっても長期間にわたって使っていると、依存が形成されてしまうこともあります。ですから、漫然とした使用は避けなければいけません。

ルネスタを使う時は、睡眠に良い生活習慣も必ず意識して取り入れるようにしましょう。その上で、できるだけ頓服でルネスタを使うようにします。連用しなければ依存は形成されにくくなります。アルコールをイメージしていただくと分かりやすいと思いますが、休肝日をちゃんと作っていればアル中になったりしないですよね。これと同じです。

ルネスタを使っていくステップは、

①ベッドに入って眠れない時だけ頓服で使う
②ルネスタ1mgは常用して、眠れない時だけ1mg錠を追加
③ルネスタ2mgを常用して、眠れない時だけ1mg錠を追加
④ルネスタ3mgを常用

です。心身の状態によって、早く睡眠の改善をした方がよいときは②~③から始めていきます。

 

また、心身の状態が落ち着いてきたら、少しずつ睡眠薬を減薬していく意識を持つことが大切です。そのためにも、生活習慣の意識などをしておくことも大切なのです。

 

睡眠に良い生活習慣について詳しく知りたい方は、
不眠を解消する9つの方法
をお読みください。

 

まとめ

ルネスタは1~2mgから始めます。効果をみて3mg(高齢者は2mg)まで使用することができます。

ルネスタ錠は先発品のみとなります。自己負担3割の方がルネスタ錠1mgを毎日使うと、459円となります。

ルネスタは先発品しかないので、剤形によって金額の差が大きいです。大きな剤形を使うと調節しづらくなるというデメリットがあります。

段階的に量を増やしていき、落ち着いたら段階的に減量していく意識を持ちましょう。そのためにも生活習慣の意識が大切です。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック