グラマリール錠25mg・50mgの薬価と使い方

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

グラマリールは、1987年に発売された第一世代抗精神病薬(定型抗精神病薬)です。グラマリールは統合失調症には使われず、高齢者のせん妄や認知症による不穏に使われることが多いです。発売から年月も経っているので、既にジェネリックも発売されています。

グラマリールの錠剤としては、25mg・50mgの₂つの規格が発売されています。まずは25~75mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、グラマリール錠25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

グラマリールの効果について詳しく知りたい方は、
グラマリール錠の効果と特徴
をお読みください。

 

1.グラマリール錠の使い方

グラマリールは、最高血中濃度到達時間が2時間、半減期が3.9時間の非定型抗精神病薬です。25~75mgから使われ、最大150mgまで使えます。

グラマリールを服用すると、2時間で血中濃度がピークになります。そこから少しずつ薬が身体から抜けていき、3.9時間ほどで血中濃度が半分になります。

この血中濃度がピークになるまでの時間を「最高血中濃度到達時間」、血中濃度が半分になるまでを「半減期」といいます。

 

このようにグラマリールは、即効性は期待できますが作用時間がとても短いお薬です。1日しっかりと効かせようと思えば1日3回、夜だけ落ち着けたいときは1日1回就寝前で使われます。

グラマリールの添付文章では、

  • 興奮が強い時:1日75~150mgを1日3回に分割投与
  • ジスキネジア:1日25mgから少しずつ増量

実際には、25~75mgから開始することが多いです。効果をみて少しずつ量を増やしたり、飲み方を調整します。最高150mgまで使えます。

 

2.グラマリール錠とチアプリド錠での違い(薬価)

グラマリール錠は、ジェネリックのチアプリド錠にすると薬価が2~3割ほどになります。

ジェネリックが発売されると薬価は安くなります。グラマリール錠の場合は、ジェネリックにするとかなり安価になります。

それでは、実際に薬価を見てみましょう。

<先発品>

商品名 剤形 薬価
グラマリール錠 25mg 25.1円
グラマリール錠 50mg 47.5円
グラマリール細粒 10% 91円

<ジェネリック(後発品)>

商品名 剤形 薬価
チアプリド錠 25mg 7.8円
チアプリド錠 50mg 9.9円
チアプリド細粒 16mg 17.9円

 

ジェネリックの製薬会社も多いので、発売から年月を経ていく中でグラマリール錠の薬価は下がっていきました。ジェネリックのチアプリド錠の薬価はかなり安くなっています。

グラマリール錠は、ジェネリックのチアプリド錠にすると薬価が2~3割ほどになります。グラマリール錠は、ジェネリックにすることでかなり経済的になります。

※2015年11月16日現在の薬価です。

 

3.グラマリール錠とチアプリド錠での違い(効果や副作用)

グラマリール錠とチアプリド錠では多少の違いがありますが、ほとんど変わらないと考えられます。

成分が同じだからといってまったく効果が同じかというと、そういうわけではありません。薬のコーティング、溶け方、吸収のされ方などは、製薬会社によって異なります。とはいってもグラマリールの後発品と認めてもらうためには、ちゃんと基準があります。ジェネリックのチアプリドを服用してからの血中濃度の変化が、グラマリールと比べて誤差80~125%の間にあることが条件なのです。

 

お薬の成分としての特徴はかわりませんので、効果や副作用のおおまかな特徴はかわりません。グラマリールは作用時間が短く、身体に蓄積しにくいお薬です。このためグラマリールを1日3回で服用していると、薬が1日効いている状態になります。このようになると、多少の血中濃度の差は効果や副作用に影響しません。

グラマリールを頓服として服用する場合は、効果の実感が少し変わることがあります。このため、血中濃度の変化が微妙に異なることで、効果の発現のスピードや持続時間が多少変わって感じられることもあります。

 

まとめ

グラマリールは、最高血中濃度到達時間が2時間、半減期が3.9時間の非定型抗精神病薬です。25~75mgから使われ、最大150mgまで使えます。

グラマリール錠は、ジェネリックのチアプリド錠にすると薬価が2~3割ほどになります。

グラマリール錠とチアプリド錠では多少の違いがありますが、ほとんど変わらないと考えられます。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック