ビラノアは蕁麻疹にどのように効くのか?

アイコン 2016.11.11 ビラノア
Pocket
LINEで送る

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は、15~20%の人が経験すると言われています

ビラノアは、2016年に発売された新しい抗ヒスタミン薬です。蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックすることで効果を発揮します。

さらに今までの抗ヒスタミン薬は、効果を求めれば求めるほど眠気の副作用がつきまといましたが、ビラノアは眠気の副作用が非常に少ないお薬です。

 ここでは、ビラノアの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。

 

1. 蕁麻疹はなぜ起きるのか?

どういうメカニズムで蕁麻疹が起きるのか理解すると、お薬がどうして効果を示すのが理解しやすくなります。

蕁麻疹の原因とメカニズム(発生機序)をみていきましょう。

 

1-1.蕁麻疹の原因は?

蕁麻疹の原因は、非常に多くのものがあります。採血によって、原因が特定できることもあります。

 蕁麻疹がまず、どういった原因で起きるのかみていきましょう。

 蕁麻疹は主に急性と慢性に分けられます。急性は1時間以内に、慢性は約1か月以上続くものが挙げられます。ではどういったものが原因になるかというと、

 などの物理的なものが多いです。しかし、

 なども原因として挙げられます。細かく書いていくと100種類程度と膨大な量になってしまいます。蕁麻疹の原因として最も多いのが食べ物ですので、ここでは食べ物についてみていきたいと思います。

 蕁麻疹がおきやすい食べ物としては、以下のようなものがあげられます。

今まで気にせず食べていて全く問題なかったのに、ある日突然食べて蕁麻疹を起こすことがあります。特に魚介類は、鮮度が悪くなって繁殖した雑菌類で起きることもあります。またお酒や香辛料を摂取すると、血管拡張に伴い蕁麻疹が出現しやすくなります。

蕁麻疹が初めて生じた場合、どの食べ物が原因か確定することは難しいです。ですが同じもので2回以上起きた場合は、その食べ物がアレルギー源の可能性が高いです。

初めて蕁麻疹が出現したときは、いろいろなものを食べていてどれが原因かわからないということも多いかと思います。蕁麻疹が起きた時はアレルギー外来を受診しましょう。今は採血によって、どの食べ物でアレルギー反応を起こすか調べることができます。その際は怪しい食べ物を覚えておくことが大切です。

 

1-2.蕁麻疹のメカニズム(発生機序)は?

蕁麻疹は、肥満細胞からヒスタミンが大量に放出されることで起きます。ヒスタミンによって浮腫(むくみ)ができて、ヒスタミンの直接的な作用と合わさって痒み神経を刺激します。

蕁麻疹はアレルギー疾患です。アレルギー疾患はⅠ型からⅣ型に分けられます。

蕁麻疹は、Ⅰ型アレルギーに分類されます。もっと細かく流れをみていきましょう。

  1. IgEが何らかの原因でアレルギー源に接触し、肥満細胞を刺激する。
  2. 刺激された肥満細胞から大量にヒスタミンが分泌される。
  3. ヒスタミンが血管の拡張、透過性が亢進、血管外への血漿成分の漏出などを引きおこす。
  4. 血管からの炎症が皮膚の表面まで及び、限局した浮腫(むくみ)になる。
  5. 浮腫やヒスタミンが皮膚の神経を直接的に刺激し、痒みを誘発する。

このような流れになります。ヒスタミンは、炎症やアレルギーのときに出てくる物質です。ヒスタミンによって血管の細胞のすき間が開き、血管から白血球やタンパク質などが血漿成分が、血管の外に出ていきます。これによって傷を治したり、身体の敵と戦うのです。

アレルギー反応は、免疫が誤作動して過剰に働いてしまう現象です。これによって蕁麻疹というむくみができて、痒みが生じます。

 

2. 蕁麻疹はどういった症状が出るの?

膨疹といった特徴的な皮疹が出現します。

血管外に漏出した血漿成分によって、皮膚が膨らみます。この膨らみのことを、医学的には膨疹と呼びます。膨疹をみたら蕁麻疹と診断しますが、逆に膨疹がないから蕁麻疹じゃないとはいえません。そのため、自己判断ではなく医師に診察してもらう必要があります。

医師がよくチェックする方法としては、皮膚描記法があります。蕁麻疹ですと皮膚をこすると、赤く膨隆します。一方でアトピー性皮膚炎では、白色になります。

また、大量のヒスタミンが分泌されるため、体幹や四肢など広範囲に出現することが一般的です。さらにこのヒスタミンが唇に到達した場合は唇が腫れる、まぶたに達した場合はまぶたが腫れるなどの症状があります。

さらに、目に見えないところにもヒスタミンが分泌されることで症状が出ます。例えば腸管にヒスタミンが分泌されると、腸が浮腫んで下痢になります。さらに気道が浮腫むと、息が苦しくなります。大きな血管が膨張することで血圧が急激に下がることもあります。これらは、場合によっては命にかかわります。(皮膚以外に全身に症状が進行した場合は、アナフィラキシーと呼びます。)

 

3. ビラノアは蕁麻疹にどのように効果を示すの?

抗ヒスタミン薬として蕁麻疹の原因を止めます。

免疫系の誤作動により分泌されるヒスタミンが蕁麻疹の主な原因で、これが痒みの直接の原因になります。ですから、このヒスタミンをすぐ止めるのが症状を抑える治療法となります。

ビラノアは抗ヒスタミン薬ですので、全身のヒスタミンが血管に作用するのを防ぐ作用があります。ヒスタミンの分泌の前段階の肥満細胞やIgEを抑えても、ヒスタミンが大量に分泌された後では全く効果がありません。

ビラノアが作用することで、大量に分泌されたヒスタミンが血管や神経にある受容体にくっついて作用するのを防ぐ役目となります。ヒスタミンを邪魔した結果、痒みや膨疹が治まるのです。

 

4.蕁麻疹の場合のビラノアの容量・効果は?

成人の場合、ビラノア20mgを1日1回内服します。

通常の内服方法としては、

この時に気を付けなければいけないのが、ビラノアは食後に内服すると効果が半減してしまいます。空腹時(食前1時間前、食後2時間後)を心がけてください。

食べ物や薬が原因の急性蕁麻疹であれば、ビラノアを2~3日内服すればほぼもとに戻ります。しかしながら慢性蕁麻疹だと、ビラノアをやめてからリバウンドして再び蕁麻疹が出現することもあります。また、ストレスが要因のことも多いので、薬を飲みながら仕事や学校に行くと再発するリスクも多いです。

このように慢性蕁麻疹で苦しんでいた方は、長期に抗ヒスタミン薬を内服することが必要でした。ただし効果を求めれば求めるほど、副作用の眠気が強くなるジレンマに悩まされていました。眠気によるストレスでさらに蕁麻疹が悪化した場合は、プレドニンなどのステロイドを追加します。しかしステロイドは副作用も強いため、症例によっては多少の痒みは我慢してもらうこともありました。

この現状を変える可能性があるのが、今回発売されるビラノアになります。

ビラノアは効果がザイザルと同等で、眠気が最も少ないといわれいたアレグラクラリチンよりも眠気が少ないと言われています。

実際にビラノアとザイザルを12例ずつ内服した試験では、ビラノアの方が1.5時間後の蕁麻疹の膨疹および紅斑を優位に抑制したことから、即効性があるのではないかという結論にもなっています。ただし1.5時間後の効果はザイザルの方が良かったため、現状ではビラノアとザイザルの効果は同等と考えられています。

また、副作用による眠気の強さは、脳内にお薬がどれくらい移行するかで差が出てきます。このことを、脳内ヒスタミン受容体占有率といいます。ビラノアは、脳内ヒスタミン占拠率が0になります。

脳では神経伝達物質として情報の橋渡しをしていますが、抗ヒスタミン薬によって脳でのこの働きがブロックされてしまうと、中枢神経が抑制されて眠気が出現します。この脳でどれくらいブロックされているのか(脳内ヒスタミン受容体占拠率)が、一般的に眠気をあらわすのに使われる指標となっています。

アレグラやクラリチンなどは眠気が少ないですが、これらは脳内ヒスタミン受容体占拠率がそれぞれ5~10%と少ないお薬でした。参考として、ザイザルのヒスタミン受容体の脳内占拠率は、15~20%といわれています。

ビラノアはこのヒスタミン受容体の脳内受容体が、なんと-3.92%と0を下回る結果を示したのです。-に関して説明すると複雑になるので、0と考えていただければと思います。ただしビラノアも、「絶対に」眠くならないわけではありません。

実際のビラノアの添付文章でも、0.6%と非常に少ないながら眠気を認めたことがあるので注意しましょう。

 

まとめ