ムコブリン錠の効果と副作用

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

ムコブリン錠は、1984年に発売されたムコソルバンのジェネリック医薬品の去痰薬です。

ムコブリンは表面活性物質を増やし、気道粘膜の滑りをよくします。また、痰の粘りをとり、さらに線毛運動を活発にすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり鼻水が出るといった人には、まずムコブリンを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、ムコブリンはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためムコブリンを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、ムコブリンの効果と特徴についてみていきましょう。

 

1.ムコブリンのメリット・デメリットは?

<メリット>

  • サーファクタントを増やし気道の滑りをよくする作用もある
  • 痰の成分を整えて出しやすくする
  • 鼻腔を綺麗にする作用もある
  • 副作用が少なく安全性が高い

<デメリット>

  • 痰や鼻水の原因疾患を治すわけではない
  • 膿になった場合効果が弱い
  • 錠剤のみしか適応がない

ムコブリンは、痰切りとして多く処方されているお薬です。痰切りの効果としては、

  1. サーファクタント(表面活性物質)を増やし、気道粘膜の滑りをよくします。
  2. 痰の性状を変え、出しやすくする
  3. 気道の繊毛運動を促し、痰を外に出しやすくする。

という3つの効果を示します。この中で特徴的なのが、①のサーファクタントを増やす効果です。これはムコブリンに特有の効果です。痰の性状を変えても、痰を滑り出す気道がベタベタだとなかなか痰がでてきません。ムコブリンは、表面活性物質が増えることで気道がツルツルになります。そのため痰が滑り出しやすくなるのです。

さらにムコブリンは気道だけではなく、鼻腔にも作用します。具体的には、

  • 鼻腔の繊毛の働きも促し、鼻水を出しやすくする
  • 鼻水の性状を変えだしやすくする。

など鼻の繊毛の働きも促します。実は、上気道(鼻・耳・口腔)と下気道(気管支・肺)は一つの管でつながっており、どの部位も同じような構造をしています。

そのため気道の繊毛が働くことは、鼻の繊毛も一緒に働くことにつながるのです。このため肺の病気だけじゃなく、副鼻腔炎にもムコブリンは適応になります。

これほど広範囲に効果を示すムコブリンですが、安全性も高いお薬です。実際に副作用もほとんどないですし、使用できない病気や飲み合わせが悪いお薬もありません。

一方で、デメリットもあります。一番の問題は、ムコブリンは痰や気道の状態を調整して外に出しやすくする効果しかないということです。つまりムコブリンは、痰がでる原因自体を治療するお薬ではありません。

ムコブリンはあくまでも対処療法にすぎません。そのため原因疾患が特定されないまま使用し続けると、思わぬ病気が隠れていることもあります。

またムコブリンは、繊毛を動かして掃除をするお薬です。そのため、さらさらした痰や鼻水ですと外に出しやすいですが、泥のようになった膿はドロドロしてしまって繊毛は全く外に出せません。ムコブリン含めて膿に対しては、内服薬でコントロールするのは非常に難しいです。

場合によっては、手術などで膿自体を取り除く必要があります。様々な病気に効果があり、副作用も少ないのがムコブリンのメリットです。しかしそれに甘えてムコブリンに頼り続けていると、思わぬ落とし穴に落ちてしまう場合もあるため注意しましょう。

またムコブリン自体の特徴として、錠剤しかない点が挙げられます。小児の方にドライシロップなどの剤型を希望する場合はムコブリン以外のジェネリック医薬品や先発品であるムコソルバンに変更する必要があるため注意しましょう。

 

2.ムコブリンの適応と用量は?

ムコブリンは肺の病気だけでなく、鼻の病気にも適応があります。ムコブリンは、1日3回内服することで効果を発揮します。

ムコブリンの剤型は、

  • ムコブリン錠 15mg

と錠剤のみがあります。

ちなみに先発品の「ムコソルバン」は錠剤以外にも、

  • ドライシロップ(DS)
  • シロップ
  • 内用液
  • L錠(徐放錠)
  • Lカプセル(徐放カプセル)

とたくさんの剤型があります。もし、錠剤以外を希望される方は先発品のムコソルバンの変更も考慮する必要があります。

ちなみにL剤というのは「徐放製剤」の事です。普通の錠剤が3回内服するのが必要なのに対して、L錠は1日1回内服を可能にするお薬です。持続効果が高いため、夜痰の切れが悪い人はL剤の方が長く効く分良いと考えられます。

適応疾患としては、

  1. 急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核、塵肺症、手術後の喀痰喀出困難の去痰
  2. 慢性副鼻腔炎の排膿

です。ここで注意が必要なのは、これらの疾患の治療ではないことです。①に去痰と書かれているように、ムコブリンは痰を除去するのみの薬です。風邪なら自然に治るのでムコブリンで様子をみていてよいのですが、

  • 気管支喘息
  • 気管支拡張症
  • 肺結核

は適切な治療をしたうえでムコブリンを飲む必要があるので、注意しましょう。また痰も鼻水も、あくまでさらさらした液体の場合のみ適応になります。ネバネバした膿になった場合は効力がありません。医師に何らかの処置をすすめられた場合、ムコブリンで様子をみるなどはしないようにしましょう。

投与量ですが、

  • 通常、成人には1回ムコブリン1錠を1日3回経口投与します。

となっています。効果が無ければ適宜増減と記載がありますが、基本ムコブリンが効かなければ別のお薬を追加することが多いです。

ムコブリン錠は、最高血中濃度は1~4時間です。半減期は6時間以内で、1日3回内服が必要になります。

 

3.ムコブリンの薬価は?

ムコブリンは、ムコソルバンのジェネリック医薬品です。先発品のムコソルバンの3分の1程度の薬価になります。

次に、ムコブリンの薬価です。ジェネリック医薬品のムコブリンの薬価を確認する前に、先発品のムコソルバンの薬価をまず見てみましょう。ムコソルバンの薬価ですが、

  剤型 薬価 3割負担
ムコソルバン錠 15mg 17.8円 5.3円
ムコソルバン内用液 0.75% 24.3円 7.3円
ムコソルバンDS 3% 76.1円 22.8円
小児用ムコソルバンシロップ 0.3% 10.3円 3.1円
小児用ムコソルバンDS 1.5% 40.5円 12.2円
ムコソルバンL錠 45mg 62.3円 18.7円
ムコソルバンLカプセル 45mg 62.3円 18.7円

※2017年3月5日の薬価です。

となっています。次にジェネリック医薬品のムコブリンの薬価ですが、

  剤型 薬価 3割負担
ムコブリン錠 15mg 5.6円 1.7円

※2017年3月5日の薬価です。

となっています。ムコブリン錠はムコソルバンの3分の1程度の薬価になります。

 

4.ムコブリンの副作用は?

ムコブリンは、ほとんど副作用がないお薬です。

ムコブリンはジェネリックであるため、副作用発生率の明確な調査は行われていません。先発品のムコソルバンにおいての添付文章では、総症例33,196例中、副作用が認められたのは221例(0.7%)でした。主な副作用は、

  • 胃不快感34件(0.10%)
  • 嘔気27件(0.08%)

となっています。先発品、後発品含めて考えるとムコブリンは非常に副作用の少ないお薬です。全体でも1%前後の出現率ですし、最も多い副作用が胃不快感や嘔気などの消化器症状です。この消化器症状が全体の60%を占めています。

これらの副作用調査は患者さんの症状をみながら医師が報告して調査されるのですが、本当にムコブリンの副作用かどうか調べることはしていません。していないというより、できないといったところが正直なところです。これらの消化器症状も、

  • ムコブリンの副作用か
  • 他の薬の副作用か
  • 風邪などの症状か

どちらかはっきりと区別することは医学的に難しいところです。実際に風邪の人の中には、お腹までウィルスが侵入すれば胃のむかつきや嘔気が出現します。

少なくともムコブリンの作用のせいで胃不快感や嘔気になるような作用機序は、現在のところ明らかになっていません。そのため、ムコブリンの副作用は過度に心配する必要はありませんし、風邪などの症状が悪化しないか心配した方が現実的かと思います。

 

5.ムコブリンが内服できない人は?

ムコブリンが内服できない人は、ムコブリンにアレルギーがある人のみです。

ムコブリンの添付文章では、禁忌にあたる人はムコブリンにアレルギーがある方のみとなっています。これはムコブリンに限らず、全ての薬に対していえることです。さらに慎重に投与する必要がある疾患も記載されていません。

また、ムコブリンは一緒に飲んではいけないお薬もなければ、一緒に飲むことで効果が減弱したり強くなったりということもないお薬です。

風邪の時に一緒に処方されることが多いPL配合顆粒などには痰切り成分は含まれていないため、ムコブリンと一緒に内服することが多いです。その他の咳止めや解熱剤も、ムコブリンとの飲み合わせは問題ないです。

そのためムコブリンは、どのような疾患の人にも、そしてどのようなお薬を内服してる人でも、基本的には使用して良いお薬となっています。

 

6.ムコブリンは高齢者・小児・妊婦・授乳中の方でも大丈夫?

基本的にどの方も禁忌ではありません。ただし錠剤しかないため小児には先発品のムコソルバンの方が良いかもしれません。妊娠中の方はやや注意が必要です。

ムコブリンは高齢者に関しては添付文章では、一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意することと記載されています。

しかしムコブリンは安全性が高いお薬です。ムコブリンを処方するような痰がでている方は、痰を出す力が弱っている高齢者であることも多いです。ですから若い方より、不快感が強くなると思います。そのため実際の医療現場では、高齢者でもほとんどが通常量処方されていると思います。

またムコブリンは乳幼児にも処方できるお薬です。ただし剤型が錠剤しかないため処方するとしたら先発品のムコソルバンの方が良いでしょう。

唯一気を付けるとするならば、妊婦になります。添付文章では、

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]

と記載されています。実際に妊婦の安全が確立されているお薬はかなり少ないです。他のどの風邪薬も、この一文は記載されています。そのため医療現場では、妊婦の方にも処方していることが多いお薬です。

一方でムコブリンは、痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因を治す治療薬ではありません。そのため軽症な方は、あえてムコブリンを内服する必要はないと思います。またムコブリンを内服していて症状が軽くなった方も飲み切る必要性が低いお薬です。

授乳中の方も、

 乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。[動物実験(ラット)で母乳中へ移行することが報告されている。]

と記載されています。しかし母乳に移行したからといって、ムコブリン自体が悪さをするといったことは非常に少ないです。そのため臨床では、痰が辛い場合は処方することもあります。ただし添付文章で避けることと記載されている以上、強く推奨はできません。

ムコブリンの影響が心配な授乳している方は、服用を避けるようにしましょう。

 

7.ムコソルバンとムコブリンの効果と副作用の比較

先発品・ジェネリックの効果と副作用は、大きな違いはないと考えられます。

多くの方が気になるのは、先発品のムコソルバンとジェネリック医薬品のムコブリンで効果と副作用が同じかどうかだと思います。

ジェネリック医薬品では、有効成分は先発品とまったく同じものを使っています。ですから、効果や副作用の大まかな特徴は同じになります。

先発品とジェネリック医薬品の違いは、薬を作るときの製造技術です。ジェネリック医薬品を作る時に求められるのは、薬の吸収・排泄と安定性の2つが先発品と同等であることです。

実際に先発品のムコソルバンとムコブリンは、主成分は全く同じアンブロキソールです。

ジェネリック医薬品について詳しく知りたい方は、「ジェネリック医薬品の問題点とは?ジェネリックの効果と副作用」をお読みください。

 

8.ムコブリンが向いてる人は?

  • 風邪で一過性に痰がでている人
  • 原因疾患が分かっていてムコブリンで痰がコントロールできている人

ムコブリンは、主に痰切りに使用するお薬です。

そもそも痰とは、正常な人にも作られています。気管支などにある杯細胞などから粘液物がでてきて、肺の中を綺麗にしています。杯細胞が出した粘液物をゴミとしてまとめたのが痰になります。

実は痰として肺や咽頭で作られたゴミは、少ない場合は食道の方に落ちていきます。食道は胃につながっているため全く問題になりません。ただしこの痰の量が増えて咽頭から口に溜まる場合が、喀痰として症状となって表れます。

喀痰の原因は、

  1. 異物が体に入ってきたのを粘液物で絡めとって外に出す防御反応
  2. 気管支や咽頭のどこかから粘液物が漏れ出ている

このように2つあります。風邪などでばい菌を外に出そうとするのが①になります。ただし①でも、

などが喀痰の原因の場合は、ムコブリンを飲み続けても一時的に症状は改善しますが一向に良くなりません。むしろ場合によっては、どんどん悪化してしまいます。また、②の粘液物が漏れ出ている場合は、どこから漏れ出ているのかすぐに確認する必要があります。場合によっては、

  • 肺癌
  • 気管支拡張症
  • グッドパスチャー症候群

などの病気が隠れていることがあります。喀痰について詳しく知りたい方は、「痰はどうして出るのか?喀痰の原因と病気の見分け方」を参照してみてください。

さらにムコブリンは広範囲に効果を発揮するお薬ですが、効力自体は強くありません。イメージとしては、ほうきで埃やチリをお掃除しているものだと思ってください。

ベタベタしたどろ状のものだと、ほうきでは掃くことは難しいですね。このベタベタとどろ状のものが膿です。痰や鼻水もネバネバ程度であればムコブリンでも対応できますが、ベタベタとどろ状のものであると効力はあまり発揮できません。

膿までいくと基本的には薬ではどうすることもできないので、

  • 膿胸などの胸腔の膿はドレナージ(管をいれる)や手術で取り除きます
  • 副鼻腔炎の膿も手術で取り除きます

などの侵襲的な処置で取り除く必要が出てきます。手術というと、痛いし嫌だと思う人もいるかもしれません。しかし効力のないムコブリンで治療していても意味がないばかりか、どんどん状態が悪化してしまいます。そのためムコブリンが効かない人は、すぐに病院を再受診してみてもらうようにしましょう。

このような背景を踏まえたうえで、ムコブリンはどのような人に向いてるのか考えてみましょう。一番良いのは、風邪などで一時的に痰がでている人です。

風邪などは安静に加療していれば、基本的に風邪は良くなります。そのためムコブリンを内服して、痰による不快な症状を取りながら風邪を治すことができます。

また、病気がしっかりと診断されたうえでムコブリンを使うのも安心です。特にCOPDなどの病気では、痰を正常化することで病気の悪化が防げるといったデータもあることから、積極的に使用するように言われています。

ただし病名が分かってムコブリンを内服している人も、痰が増えてきたら注意が必要です。

  • 病気自体が悪くなっている
  • 他の病気がでてきている

の2つが考えられます。どちらか知るために、必ずムコブリンを処方してくれた医師に相談しましょう。

 

9.ムコブリンの作用機序は?

ムコブリンは気道の状態、痰の性質を改善して痰を出しやすくするお薬です。さらに気道だけではなく、鼻にも効果を示します。

痰切りの去痰剤などは色々なお薬が処方されています。その中でも色々なタイプがあります。大まかなタイプを下にまとめました。

種類 作用機序 代表薬
気道分泌
促進薬
気道の中のさらさらの痰を増やすことで、
気道を綺麗にする。
ビソルボン
気道粘液
溶解薬
ネバネバの痰をさらさらに変える。 ムコフィリン
気道粘液
修復薬
痰の粘液を整えて、
気道の繊毛の動きを活発にする。
ムコダイン
気道潤滑薬 気道内のサーファクタントを活発にして、
気道を掃除する。

ムコサール

ムコブリン

この中で、ムコブリンは気道粘液修復薬になります。最も特徴的なのがサーファクトを活発化する成分です。これによって、気道を滑りやすくします。

また痰の状態を整えて出しやすくする上に、繊毛で外に出す手助けまでしてくれます。さらにムコブリンは、気道にとどまらず鼻腔にも効果を示します。それぞれの細かい作用をみていきましょう。

 

9-1.気道内のサーファクタントを活発にすることで痰を滑りやすくする。

肺サーファクタントは我々の体内に分泌されている物質です。我々の肺は風船のような集まりだと思ってください。この風船の膜を構成するのがサーファクタントです。このサーファクタントがないと肺の表面張力が無くなり肺の風船がしぼんでしまいます。

ムコブリンはこのサーファクタントの作用を活性化します。表面張力が上がると、肺の風船が広がるとともに、ツルツルします。さらに肺にとどまらず、気道の表面も潤滑されツルツルする作用があります。気道の表面が水分を含むことで痰も水気が増え滑りやすくなります。

痰が滑りやすくすることで痰を出しやすくする作用があります。これはムコブリン特有の作用です。

 

9-2.痰を正常化する

もう一つのムコブリンの作用ですが、気道に分泌される痰を正常化することで痰を排出しやすくする作用があります。ムコブリンはブロムヘキシン(商品名:ビソルボン)の活性代謝物です。このビソルボンは痰の成分の一部である多糖類を分解することで、ネバネバをさらさらに変化させる作用があります。

ムコブリンもこの作用があるため痰を正常化する作用が働きます。またアンチオキシダント作用といって抗酸化作用もあります。酸化を抑えることで、痰をさらに正常化します。

 

9-3.繊毛の動きを活発化して痰を出させる

気道や気管支の壁には、線毛と呼ばれる毛のようなものが付いています。この毛は常に動いており、肺の通り道をお掃除しています。ほうき(繊毛)で道の葉っぱ(痰)を掃くイメージをするとよいかもしれません。

さらにムコブリンは、気道粘膜の炎症を抑える作用もあります。これによって、気管壁に存在する線毛の活動性が上がるのです。

ただし繊毛はほうきなので、気道にへばりついた膿みたいのは掃除することができません。

 

9-4.鼻腔・副鼻腔をきれいにする

ムコブリンは「去痰剤」というイメージが強く、肺疾患に最も多く使用されます。しかし実は鼻水にも効果があることが分かっています。

気管や鼻腔は、同じ空気の通り道です。そのため、どこかを境にいきなり構造が変わるといったことはなく、鼻腔・副鼻腔と気管は同じような構造をしています。

そのため、先ほどと同じように鼻水もムチンが含まれていますし、鼻の繊毛も気道と同じようにあります。ムコブリンを内服すると気管支だけではなく、鼻にも効果を示します。

実際に鼻への効果は気管支同様に、

  • 鼻水の正常を整える
  • 鼻腔・副鼻腔の粘膜を修復する
  • 鼻腔・副鼻腔の線毛運動を活発化する

などの効果によって鼻汁の排泄を促したり、鼻閉を改善させます。特に、

  • 風邪
  • 副鼻腔炎

などのばい菌による鼻水は適応できる薬が少ないです。そのため風邪の鼻水は、ムコブリンは良い適応になります。

 

まとめ

  • ムコブリンはサーファクタントを活発化し、痰の正常を整え、繊毛運動を活発化することで痰を出しやすくするお薬です。
  • ムコブリンは鼻水にも効果を示します。

<メリット>

  • サーファクタントを増やし気道の滑りをよくする作用もある
  • 痰の成分を整えて出しやすくする
  • 鼻腔を綺麗にする作用もある
  • 副作用が少なく安全性が高い
  • 剤型が豊富で、小児にも使い勝手が良い

<デメリット>

  • 痰や鼻水の原因疾患を治すわけではない
  • 膿になった場合効果が弱い

<向いてる人>

  • 風邪で一過性に痰がでている人
  • 原因疾患が分かっていてムコブリンで痰がコントロールできている人

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック