自律神経失調症は何科の病気?自律神経失調症が治療できる病院

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経という2つの自律神経のバランスが乱れてしまうことで身体症状が生じる状態になります。

自律神経は全身の臓器や血管、筋肉に張りめぐらされているため、自律神経の乱れると全身に症状が認められます。あらゆる症状が認められうるといっても過言ではありません。

様々な症状が認められるので、「もしかして自律神経失調症かも?」と感じて病院を探しても、「何科にかかればよいの?」と迷われてしまう方も少なくないでしょう。

ここでは、自律神経失調症かもしれないと感じたら何科の病院に受診すればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

1.自律神経失調症は何科にいくべき?

自律神経失調症は、まずは身体疾患がないことを確認する必要があります。このため、身体症状にあった科を受診するべきです。精神症状が認められる場合は、精神科・心療内科の受診がおすすめです。

冒頭でお話しした通り、自律神経失調症は様々な心身の症状が認められます。このため、何科に受診すればよいのかも迷ってしまうかと思います。

自律神経失調症と診断して治療していくためには、まずは身体の病気でないことを確かめないといけません。自律神経失調症と診断されて、実は重大な身体の病気が隠れていたされていた…となってしまっては、後悔ではすまなくなってしまうこともあります。

ですからまずは、何らかの身体疾患が原因でないかを調べることが大切です。ですから、「その身体症状に合わせた科に受診する」というのが最も確実です。代表的なものをあげてみましょう。

  • 頭痛:脳神経外科や神経内科
  • めまい:耳鼻咽喉科や神経内科
  • 吐き気や下痢:消化器内科
  • 動悸や胸痛:循環器内科
  • しびれ:神経内科
  • 肩こりや腰痛:整形外科
  • のどの違和感:耳鼻咽喉科
  • 生理不順:産婦人科

倦怠感や疲労感、微熱が続くといった全身症状については、総合内科や一般内科が適しています。落ち込みやイライラ、不安や焦り、気力低下や集中力低下といった精神症状が強い場合は精神科や心療内科が適切です。

このように、それぞれの症状に身体疾患が隠されていないかを調べる必要があります。

 

2.自律神経失調症の治療していくには何科?

自律神経失調症は、本来は心療内科が治療をしていくべき科になります。しかしながら心療内科を本当に実践している医師は少なく、身体疾患が除外されれば精神科医に診てもらうことが良いかと思います。

自律神経失調症では、まずは身体の病気を調べることから始めました。病院で採血やレントゲン、心電図やエコー、場合によってはCTやMRIを行っていきます。その結果として身体に異常が認められない場合、自律神経失調症を考えていきます。

自律神経失調症は、ストレスや生活習慣などが原因となって身体症状が認められる状態です。いわゆる、心身症のひとつになります。心身症について詳しく知りたい方は、「心身症とは?心身症と神経症の違いとは?」をお読みください。

心身症の治療は、

  • 精神科医と内科医(症状に該当する科)の連携による治療
  • 心療内科医による治療

のどちらかが望ましいです。精神科医と心療内科は同じように感じるかもしれませんが、この2つは異なります。心療内科は本来、心身症をみるための科になります。しかしながら本当に心療内科を実践している医師は少ないです。

現実的には心療内科を標榜していても、精神科医が行っていることが多いです。内科医が心療内科を標榜していても、片手間になってしまっていることが多いです。

このような現状を考えると、自律神経失調症と診断ついた後は、精神科医に治療を受けるほうが良いかと思います。精神科系のお薬は特殊な領域なので、内科の先生はあまり使いこなすことができないためです。

精神科と心療内科の違いについて詳しく知りたい方は、「精神科と心療内科はどのような違いがあるのか」をお読みください。

 

3.自律神経失調症が濃厚な場合は何科?

精神科や心療内科をはじめから受診していただいても構いませんが、採血ができる病院が良いでしょう。

過去に精神疾患を患ったことがあったり、明らかにストレスと関係がある症状がある場合、はじめから患者さんも精神的な要素が大きい自律神経失調症ではないかと疑うこともあるかと思います。

そのような時でも身体症状を調べたほうが良いのかというと、なんとも言えないところです。調べたほうが万全ではありますが、自律神経失調症は症状の経過からおおよそ分かります。

ですから自律神経失調症を疑ったら、はじめから精神科や心療内科を受診していただいても問題はありません。ただし、自律神経失調症を起こしやすい病気だけは、チェックできる病院のほうが良いです。

  • 甲状腺機能異常症
  • 糖尿病

の2つの病気は、自律神経失調症の症状を引き起こすことがよくあります。そしてこの2つは、患者さんがとても多い病気になります。どちらも採血でわかりますので、採血ができる病院が良いかと思います。

 

まとめ

自律神経失調症は、まずは身体疾患がないことを確認する必要があります。このため、身体症状にあった科を受診するべきです。精神症状が認められる場合は、精神科・心療内科の受診がおすすめです。

自律神経失調症は、本来は心療内科が治療をしていくべき科になります。しかしながら心療内科を本当に実践している医師は少なく、身体疾患が除外されれば精神科医に診てもらうことが良いかと思います。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック