ジェイゾロフトのまとめ

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

ジェイゾロフトは、効果と安全性のバランスがとても良い薬といわれています。このため、抗うつ薬としてまず最初に使われることも多い薬です。ジェネリック医薬品もそろそろ発売になりますので、薬の価格が安くなることで、より使われることも増えてくるかと思います。

この薬の効果や副作用といった特徴はどのようなものがあるでしょうか?みていきましょう。

 

1.ジェイゾロフトの効果

ジェイゾロフトはセロトニンを増やすことで効果が発揮されます。セロトニンは、脳の神経同士の情報伝達を行っている物質です。一度分泌されたセロトニンは、時間がたつとセロトニントランスポータによって回収されます。ジェイゾロフトはこの回収を邪魔することで、セロトニンの量を増やすお薬です。このような作用をするお薬をSSRIといいます。

いろいろな抗うつ薬を比較すると、総合的に見てレクサプロと並んで効果と副作用のバランスがよいお薬といわれています。効果が強い薬は他にも存在しますが、副作用とのバランスも考えると使いやすいお薬です。効果の特徴としては、他のSSRIと比較するとドパミン作用が多少あるといわれています。無気力で興味が乏しいときには、多少効果があるかもしれません。

ジェイゾロフトは、眠気が少なく、不安をやわらげる効果が強いです。ですから、仕事や家庭をこなしながら治療を進めていく方や不安が強い方に良いお薬です。また、副作用が少ないことからも女性にもやさしいといわれています。運転にあたっても、注意はされていますが禁止はされていないお薬ですので、運転業務の方にも使う事ができます。

詳しくは、
ジェイゾロフト錠の効果と特徴
をお読みください。

 

2.ジェイゾロフトの副作用

ジェイゾロフトは新しい抗うつ薬の中でも、副作用は少ないです。その中でもよくみられる副作用としては、嘔吐・下痢・不眠・性機能障害が認められます。

SSRIであるジェイゾロフトは、セロトニンだけに選択的に作用するように意識されている薬です。ですが、セロトニンに過剰に作用してしまうと、副作用としての症状が出てきます。

セロトニンは胃腸にも作用します。胃腸の内容物を外に出すように作用するので、吐き気や下痢の症状がみられます。また、セロトニンは眠りを浅くしてしまう作用ががあります。このため、変な時間に目が覚めてしまったり、熟眠できなくなったり、悪夢をみたりといった不眠の症状が出てきます。これらを受けて、日中に眠気が強く出る方もいらっしゃいます。また、性機能障害はSSRIに多くみられ、ジェイゾロフトでは70~80%くらいの方に認められるのでほぼ必発とも言えます。詳しくはわかっていませんが、セロトニンが関係しているといわれています。

これらの副作用が見られた場合、何とかなるならばガマンしてください。次第に慣れていくことがほとんどです。生活上での支障が大きくなるようなら対策を考えます。

  1. 薬を減薬する
  2. 他の薬にかえる
  3. 副作用を和らげる薬を使う

から考えていきますが、ジェイゾロフトの場合は副作用が全体的に少ないので、②の選択肢はとりづらいです。同じように副作用が少ないレクサプロに変えることは検討することがあります。ジェイゾロフトは、副作用が原因で治療を中断する方が少なく、安全性が高いお薬といえます。

詳しく知りたい方は、
ジェイゾロフトの副作用(対策と比較)
ジェイゾロフトの吐き気と5つの対策
ジェイゾロフトの不眠と7つの対策
ジェイゾロフトの眠気と7つの対策
ジェイゾロフトは太るの?体重増加と4つの対策
ジェイゾロフトで痩せる3つのケース
ジェイゾロフトの性欲低下・性機能障害と5つの対策

ジェイゾロフトの頭痛と5つの対策
をお読みください。

 

3.ジェイゾロフトの半減期と離脱症状

薬の半減期とは、薬を飲んでから血中濃度が半分になるまでの時間のことです。これがわかると、

  • 薬がどれくらいで効いてくるのか?
  • 飲み方はどうすればよいのか?
  • 副作用はおこりやすいか?
  • 薬はやめやすいのか?

などがわかります。薬の効果や副作用がイメージしやすくなるのです。

ジェイゾロフトの半減期は、22~24時間です。1日たっても薬の濃度が半分にならないので、ゆっくりと体から抜けていくお薬といえます。このようなお薬なので、1日1回でも服用が可能です。離脱症状も比較的に少ない薬です。

離脱症状とは、薬が身体から急になくなることで起きる症状です。薬を減らしてから1~3日ほどで認められることが多いです。めまい・頭痛・吐き気・ だるさ・しびれ・耳鳴り・イライラ・不安・不眠・ソワソワ感・シャンビリ感などの症状がみられます。セロトニンが関係しているといわれています。ジェイゾロフトのように、ゆっくりと身体から抜けていくお薬は、離脱症状は起こりにくいです。

詳しく知りたい方は、
ジェイゾロフトの減薬・断薬の方法
ジェイゾロフトの離脱症状と4つの対策
をお読みください。

 

まとめ

販売者名 ファイザー株式会社
分類 SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)
剤形 錠剤(25mg・50mg・100mg)・OD錠(25mg・50mg・100mg)
薬価 錠剤(101.3円・175.9円・305.4円)
OD錠(101.3円・175.9円・305.4円)
ジェネリック なし
成分(一般名) セルトラリン
半減期  22~24時間
用法 1日1~2回 最大100mgまで

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック

2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック