リレンザに異常行動はみられるのか

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック

インフルエンザ治療薬としてはタミフルが有名ですが、タミフルを服用した10代の患者さんが衝動的に飛び出して事故死してしまうという異常行動が報告されました。

タミフルによる異常行動は大々的に報道されたので記憶されている方もいらっしゃると思います。そのためリレンザが10代には使用されるようになりましたが、リレンザでも異常行動はタミフルと同程度で出現すると報告されています。

ここでは、インフルエンザ吸入薬として広く使われているリレンザの異常行動について詳しくお伝えしていきます。

 

1.インフルエンザの治療薬での異常行動とは?

インフルエンザの治療薬による異常行動が注目されたのは、タミフルによる異常行動がきっかけでした。ここでは、タミフルによる異常行動について詳しくみていきましょう。

 

1-1.タミフルで異常行動を認めた背景

タミフルを服用した10代の患者さんが、異常行動によりマンションより転落死するという痛ましい事故がおこりました。タミフルが原因かははっきりしていませんが、10代では慎重投与となっています。

タミフルの副作用で最も注目されているのが異常行動です。

2007年にタミフルを服用した10代の患者さんが飛び降り自殺したことを契機に、複数の10代患者さんの異常行動による飛び降りを認めた事が始まりです。色々な研究がされましたが、その後はっきりした原因がわからず、本当にタミフルで異常行動が起きるかどうかは未だに結論出されておりません。

しかしながら、「異常行動はタミフルのせい!」とは言い切れません。というのも、インフルエンザ自体でインフルエンザ脳症となり、異常行動が起こることがあるのです。ですから、タミフルを服用していて異常行動が認められたときは2つの可能性があります。

  • タミフルの副作用の可能性
  • インフルエンザが重症化して脳症にまで発展してしまった可能性

前者であればタミフルは服用するべきではないし、後者であればむしろ積極的に服用するべきです。どっちとも結論がつかないため、10代にはタミフルは慎重投与という扱いになっています。

タミフルの異常行動について詳しく知りたい方は、「タミフルで恐れられる異常行動とは?」をお読みください。

 

1-2.異常行動とはどんな行動か?

他の人から見て意味不明な言動や行動とされています。しかし、実際には色々な行動がみられるとされています。

異常行動って怖いなぁってイメージが先行しますが、具体的にはよくわからないですよね。厳密な定義はないですが医療の現場では以下の6つの行動を示します。

  1. 人が正しく認識できない。(両親を見ても知らない人という。)
  2. 食べ物と食べられるか物の判別ができない。(自分の手を噛んでしまう。)
  3. 幻視、幻覚を訴える。(アニメのキャラクターや動物が見える。)
  4. ろれつが回らない。(意味がよくわからない言動を発したり、うなっている。)
  5. 恐怖感情を訴える。(突然怖がり出す。)
  6. 急に怒り出す。泣き出す。(急に走り出したり、物を壊しだす。)

10代に異常行動が認められたことから子供だけ注意をすればよいと思い込みがちですが、大人でも異常行動は報告されています。また異常行動は、後から聞いても覚えてないと答えることが多いです。

寝てる時に急に異常行動を起こすこともあります。寝てるから安心だと思っても、できるだけ目を離さないようにしましょう。

 

2.リレンザでは異常行動が起きないのか?

リレンザ投与後で異常行動が認めた症例は存在します。そしてリレンザはタミフルと同じ頻度で異常行動は出現します。タミフルじゃなくてリレンザだから大丈夫と考えないようにしましょう。

タミフルの飛び降りでリレンザの方も異常行動がないか、厚生労働省が発売日の2000年から2007年の間の経過をまとめたところ、40件の異常行動を認めたとあります。

タミフルでもリレンザでもイナビルでも異常行動があるとなると、次はどのインフルエンザ薬が異常行動が多いのか?が気になると思います。

2011/12年シーズンに重度の異常行動を起こしたのは全部で92例、年齢は平均8.5歳、男性が74%でした。

そのうち、タミフル9件、イナビル9件、リレンザ7件とどれも同数程度です。どのお薬も何十万件と処方されているうちの件数なので、確率は0.01%程度と言えます。また92例の中には、何も治療していない患者さんの異常行動も含まれています。

軽度の異常行動(うわ言だけ)の軽症を含めると確率は上がります。

タミフル287例(68.5%)、リレンザ130例(31.5%)の異常行動を比較した研究では、タミフル群47例(16.4%)、リレンザ群19例(14.6%)と、15%前後の異常行動が認められたと報告があります。

以上をみていくと、重症例、軽症例ともにリレンザはタミフルと同じ程度異常行動があるといえます。

さらにリレンザでも2009年吸入後に17歳の男性が飛び降り自殺したと報道されました。タミフルの方が2007年に先に飛び降り自殺が起き、注意喚起後も飛び降りた事件が続いたことから有名になりましたが、実際にはリレンザも同程度異常行動があります。

実際にリレンザの添付文書でも

因果関係は不明であるものの、本剤の使用後に異常行動等の精神神経症状を発現した例が報告されている。

とはっきり記載されています。そのため、タミフルじゃなくてリレンザだから大丈夫と考えないようにしましょう。

 

3.リレンザで異常行動が起きる原因とは?

なぜ異常行動が起きるか分かっていないのが現状です。リレンザもタミフルと同じノイラミニダーゼ阻害薬であることから、注意が必要です。

日本で発売されている、イナビル・タミフル・リレンザ・ラピアクタは全てノイラミニダーゼ阻害薬です。それぞれ投与方法も投与期間も違うお薬ですが、作用機序としては4剤ともインフルエンザウイルスの放出を阻害するお薬です。

このため異常行動の原因は、

  • インフルエンザに作用するノイラミニダーゼ阻害自体が原因
  • それぞれ個別に含まれてる添付剤が原因
  • そもそも薬の副作用ではなくインフルエンザ自体の症状が原因

はっきりとした答えはどこにもありませんが、現在ではインフルエンザ自体の症状で異常行動が起きているのでは?という説が有力です。インフルエンザが進行すると、インフルエンザ脳症が発症して異常行動をきたすことがあるのです。

 

まとめ

  • タミフルで10代の飛び降り事故が起きたため慎重投与になったことが、インフルエンザの治療薬と異常行動の関係の始まりです。
  • リレンザを投与後で異常行動が認めた症例は存在します。出現頻度もタミフルと同程度と言われております。
  • インフルエンザ薬による異常行動がなぜ起きるか、はっきりとは解明されておりません。
  • インフルエンザ脳症で異常行動が認めることがあります。

投稿者プロフィール

元住吉 こころみクリニック
元住吉 こころみクリニック
2017年4月より、川崎市の元住吉にてクリニックを開院しました。内科医3名、精神科医4名で協力して診療をしています。所属医師で協力して、記事を書いています。
元住吉こころみクリニック