ルーラン錠4mg・8mg・16mgの薬価と使い方

2015.11.16 ルーラン

ルーランは、2008年に発売された第二世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)です。発売からそこまで年月が経っていませんが、既にジェネリックも発売されています。

ルーランの錠剤としては、4mg・8mg・16mgの3つの規格が発売されています。まずは4~12mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ルーラン錠4mg・8mg・16mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ルーランの効果について詳しく知りたい方は、
ルーラン錠の効果と特徴
をお読みください。


ルーランの半減期と作用時間とは?

2015.11.15 ルーラン

ルーランは、第二世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)に分類されます。おもに統合失調症の治療薬として使われています。

ルーランの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。ルーランは最高血中濃度到達時間1.4~1.7時間・半減期2.3時間です。

ここでは、ルーランの半減期と効果時間について、詳しくみていきたいと思います。


ルーランの副作用(対策と比較)

2015.11.14 ルーラン

ルーランは、2008年に発売された第二世代(非定型)抗精神病薬です。おもに統合失調症の治療に使われています。

ルーランは、お薬がターゲットから離れやすいという性質があるので、全体的に副作用が少ないお薬です。このため、高齢者に使われることもあるお薬です。

ここでは、ルーランの副作用について詳しくお伝えしていきます。他の抗精神病薬とも比較しながら、対策を考えていきましょう。


ルーランは太るの?体重増加と5つの対策

2015.11.13 ルーラン

「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。精神科の薬はどうしても太る薬が多いのですが、抗精神病薬は特に太りやすいお薬が多いです。

ルーランは、どちらかというと太りにくいお薬です。代謝への影響が少なく、体重増加につながりにくいです。ですが統合失調症の患者さんでは、生活習慣が乱れてしまったり、活動性が落ちてしまうことがあります。このため、「ルーランのせいで太った」と思いこんでしまう方も少なくありません。

ここでは、ルーランと体重増加について詳しくみていきましょう。他剤とも比較しながら、どのような対策があるのかを詳しくお伝えしていきます。


ルーランの眠気と6つの対策

2015.11.12 ルーラン

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。気持ちを落ち着かせるお薬が多いので、どうしてもリラックスして眠気につながってしまいます。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ルーランは、第二世代(非定型)抗精神病薬に分類されています。抗精神病薬には気持ちを落ち着かせる鎮静作用がありますが、その強さにはお薬によって差があります。ルーランは、鎮静作用の穏やかなお薬です。このため、眠気は少ないお薬になります。

ここでは、ルーランの副作用による眠気とその対策について、他の抗精神病薬とも比較しながら詳しくみていきましょう。


ルーラン錠(ペロスピロン)の効果と特徴

2015.11.11 ルーラン

ルーラン錠は、2008年に発売された第二世代の抗精神病薬(非定型抗精神病薬)です。おもに統合失調症の治療に使われていますが、不安や落ち込みを改善する作用があり、いろいろな病気でつかわれています。

ルーラン錠は日本で作られたお薬で、世界的にはあまりメジャーではありません。ですが、うまく合えば副作用が少なく、とても身体に優しいお薬です。

ここでは、ルーラン錠の効果と特徴を詳しくお伝えしていきたいと思います。他の抗精神病薬とも比較しながら、どのような方に向いているのかを考えていきましょう。