メンドンカプセルの効果と副作用

2015.9.27 その他の抗不安薬

メンドンは、1979年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。副作用をできるだけ少なくしたいと、ジアゼパム(セルシン/ホリゾン)を改良して作られたお薬です。

副作用は軽減されましたが、残念ながら効果も弱くなってしまいました。さらには2週間までしか処方できないという制約があり、ほとんど使われることがないお薬となってしまいました。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、メンドン錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にメンドンが向いているのかを考えていきましょう。


メレックス錠(メキサゾラム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

メレックスは、1984年に発売された長時間型ベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

メレックスは効果も発売当初は使われていましたが、1989年により副作用の少ないメイラックスが発売されると、一気に使われることが減ってしまいました。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、メレックス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にメレックスが向いているのかを考えていきましょう。


エリスパン錠(フルジアゼパム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

エリスパンは、1981年に発売された長時間型ベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

エリスパンの作用は全体的に平均的で、このために目立たないお薬となってしまいました。ベンゾジアゼピン系の優等生やワルの陰で存在感がなく、処方されなくなってしまっているお薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、エリスパン錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にエリスパンが向いているのかを考えていきましょう。


コントール錠(クロルジアゼポキシド)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

コントールは、1961年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。ベンゾジアゼピン系抗不安薬の原点ともいえるお薬で、このお薬の発見を機に、さまざまな抗不安薬が発展していきました。

コントールのより薬効を強めた成分が1964年にセルシン/ホリゾンとして発売され、すぐに忘れ去られてしまったお薬です。作用時間の長いお薬としては、セルシン/ホリゾンやメイラックスが使われることが多くなっています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、コントール錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にコントールが向いているのかを考えていきましょう。


レスミット錠(メダゼパム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

レスミットは、1971年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。クロルジアゼポキシドやジアゼパムなどがすでに発売されていましたが、これらの副作用をより軽減できないかという試みの中で開発されました。

副作用は軽減されましたが、残念ながら効果も弱くなってしまいました。長時間作用型のお薬としては中途半端となってしまい、ほとんど使われることのないお薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、レスミット錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にレスミットが向いているのかを考えていきましょう。


セレナール錠(オキサゾラム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

セレナールは、1970年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。クロルジアゼポキシドやジアゼパムなどがすでに発売されていましたが、これらの副作用をより軽減できないかという試みの中で開発されました。

副作用は軽減されましたが、残念ながら効果も弱くなってしまいました。長時間作用型のお薬としては中途半端となってしまい、ほとんど使われることのないお薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、セレナール錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセレナールが向いているのかを考えていきましょう。


バランス錠の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

バランスは、1961年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。ベンゾジアゼピン系抗不安薬の原点ともいえるお薬で、このお薬の発見を機に、さまざまな抗不安薬が発展していきました。

バランスのより薬効を強めた成分が1964年にセルシン/ホリゾンとして発売され、すぐに忘れ去られてしまったお薬です。作用時間の長いお薬としては、セルシン/ホリゾンやメイラックスが使われることが多くなっています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、バランス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にバランスが向いているのかを考えていきましょう。


コレミナール錠(フルタゾラム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

コレミナールは、1988年に発売された消化管機能改善薬です。自律神経の乱れによる消化管機能の改善に効果のあるお薬で、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬として発売されていないことからも、その効果は強くありません。消化管機能改善薬としても最近は新しいお薬が出ているので、使われることはほとんどありません。正直に申し上げて、私は1回も処方したことがないお薬です。

ここでは、コレミナールの効果と副作用についてみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にコレミナールが向いているのかを考えていきましょう。


レスタス錠(フルトプラゼパム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

レスタスは、1986年から発売されている長時間型ベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

作用時間が非常に長いので1日1回の服用で済みますが、副作用が出てしまうとしばらく続いてしまいます。レスタスは効果が強いですが、副作用も少なくありません。このため、なかなか使いにくいお薬というのが実情です。

ここでは、レスタスの効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にレスタスが向いているのかを考えていきましょう。