メンタル不調者が多い原因の見つけ方とは?

2015.11.21 安全衛生委員会

企業活動を分析するときに使われるフレームワークとして、「バリューチェーン」というものがあります。このフレームワークは、事業のプロセスに分けて、顧客にとって価値をどのようにして作っているのかを分析するためのものです。そして、より良いものを作るにはどこを改善すればいいのかを分析していきます。

このようにフレームワークを使うと、改善点を網羅的に考えて、その改善点の問題の大きさを正確に捉えることができます。今回はバリューチェーンを使って、「企業におけるメンタル不調者が多い原因」を考えてみましょう。


離職率が高い原因の見つけ方とは?

2015.9.21 安全衛生委員会

企業活動を分析するときに使われるフレームワークとして、「バリューチェーン」というものがあります。これは、事業のプロセスに分けて、顧客にとって価値をどのようにして作っているのかを分析するためのものです。そして、より良いものを作るにはどこを改善すればいいのかを分析していきます。

このようにフレームワークを使うと、改善点を網羅的に考えて、その改善点の問題の大きさを正確に捉えることができます。今回はバリューチェーンを使って、「離職率が高い原因」を考えてみましょう。


職場でできる4つのスメハラ対策

2015.5.21 安全衛生委員会

最近では、「匂い」に対する職場での問題が注目されています。匂いの嫌がらせを意味するスメルハラスメントという言葉も生まれました。匂いの問題はとてもデリケートですから、取扱いが非常に難しいです。

個人レベルで会社レベルで、どのような「スメハラ」対策をとっていけるのでしょうか?ここでは、職場の匂いの問題について考えていきたいと思います。


産業医の選任にあたって、産業医の上手な選び方

2015.1.13 安全衛生委員会

50人以上の企業では、産業医を選任する必要があります。

最近は、労働者のメンタル不調が大きな社会問題となっています。多くの企業でも、メンタル不調の対応に苦慮した経験があるかと思います。さらにストレスチェック制度が導入されるに伴って、メンタルヘルスの分野での産業医に求められる役割も大きくなってきています。

このような情勢の中で、産業医はどのような役割を担っているのでしょうか?
企業にとってどのような役に立つのでしょうか?

ここでは、企業側の目線を大事にしながら、産業医をどのように選ぶべきなのか考えていきたいと思います。実情も踏まえて包み隠さずお話ししていきたいと思いますが、はじめに少しだけ宣伝させてください。

私は信頼できる精神科医の先輩が作られた産業医サービスの会社をサポートしています。企業の実情もふまえてバランスのよい判断を大事にしながらも、精神科での臨床経験を生かした産業医サービスをともに作っていきたいと思います。

ご興味頂けた方は、下段に用意いたしましたお問い合わせフォームをご利用いただくか、「産業医グループこころみ」ホームページをご覧ください。


嘱託産業医の業務とは?

2015.1.10 安全衛生委員会

従業員50人以上の事業所をもつ企業では、事業所単位で産業医を選任する必要があります。

産業医にはどのようなことをお願すればよいのでしょうか?

ここでは、企業側の目線から嘱託産業医にお願いする業務についてお伝えしていきます。