エスタゾラム錠の効果と副作用

2015.8.24 ユーロジン

エスタゾラムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のユーロジンの一般名(成分名)です。ユーロジンは1975年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も発売されています。

ユーロジンではジェネリック医薬品はあまり発売されませんでした。昔からある睡眠薬なので、先発品の薬価が高くないこともあったかと思います。現在は、エスタゾラム「アメル」のみが発売されています。

エスタゾラムは作用時間が長く、中途覚醒や早朝覚醒に有効な睡眠薬です。ここでは、エスタゾラムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ユーロジン錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.8.24 ユーロジン

ユーロジンは昔からあるベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが、今でもよく処方されています。中間型睡眠薬に分類されています。入眠作用はそこまで強くありませんが寝付きやすい土台を作ってくれて、中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できます。

ユーロジンの錠剤としては1mgと2mgの2種類が発売されています。まずは1mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ユーロジン錠1mg・2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ユーロジンの効果について詳しく知りたい方は、
ユーロジン錠の効果と作用時間
をお読みください。


ユーロジンの半減期からわかること

2015.8.23 ユーロジン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

ユーロジンの半減期は24時間と長い睡眠薬です。このためユーロジンは中間型睡眠薬と呼ばれていて、寝付きやすい土台を作っていくような睡眠薬です。

ここでは、ユーロジンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


ユーロジンの副作用(対策と比較)

2015.8.23 ユーロジン

ユーロジンは、1975年に日本で初めて発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。作用時間が長く、中途覚醒・早朝覚醒を中心に効果が期待できます。寝付きやすい土台をつくる睡眠薬として、今でもよく使われています。

作用時間が長いということは、副作用にも十分気を付けなければいけません。ここでは、ユーロジンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ユーロジン錠の効果と作用時間

2015.8.23 ユーロジン

ユーロジンは、1975年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ユーロジンは作用時間が長めの睡眠薬で、寝付きやすい土台を作るような睡眠薬です。中途覚醒や早朝覚醒に有効で、今でもよく使われている睡眠薬です。

ここでは、ユーロジンの効果や作用時間について、詳しくお伝えしていきたいと思います。