ロラメット錠の効果と強さ

2017.2.25 エバミール・ロラメット

ロラメット錠は、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬としては比較的新しいお薬で、1990年に発売されました。同じ有効成分の先発品として、エバミール錠も発売されています。

肝臓への影響が少ないという特徴があり、安全性が高い睡眠薬です。たいていの薬は肝臓に負担となってしまうため、肝機能障害がある方や高齢者にはとても有用な睡眠薬です。

ロラメットの効果や強さはどの程度でしょうか?どのような効き方をして、作用時間はどれくらいでしょうか?

ここでは、ロラメットの効果の特徴について詳しくお伝えしたいと思います。


ベンザリン錠の効果と強さ

2017.2.19 ベンザリン・ネルボン

ベンザリン錠は、日本で初めて発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ベンザリンの名前の由来も、ベンゾジアゼピンを短縮してつけられました。1967年に発売された中間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ベンザリンは作用時間が長めの睡眠薬で、寝付きやすい土台を作るような睡眠薬です。中途覚醒や早朝覚醒に有効で、今でもよく使われている睡眠薬のひとつです。

ここでは、ベンザリン錠の効果や強さについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ドラール錠の効果と強さ

2017.2.18 ドラール

ドラール錠は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されるお薬です。1999年に発売された睡眠薬で、長時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬になります。

長時間型に分類されるのは、ドラールが半減期の長いお薬であるからです。しかしながら実際の作用時間は、そこまで長くはありません。

睡眠効果は長くても12時間ほどで、その後は抗不安効果が中心となって寝付きやすい土台を作ってくれます。ですから入眠障害だけでなく、中途覚醒や早朝覚醒への効果もしっかりと期待できる睡眠薬です。そに反面、ドラールは作用時間が読みづらいというネックがあります。

ここでは、ドラール錠の効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


エバミール錠の効果と強さ

2017.2.15 エバミール・ロラメット

エバミールは、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬として1990年に発売されました。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の中では、比較的新しい部類に入るお薬です。

肝臓への影響が少ない薬で、安全性が高さに定評があります。たいていの睡眠薬は肝臓に負担となってしまうため、肝機能障害がある方や高齢者にはとても有用な睡眠薬です。

エバミールの効果や強さはどの程度でしょうか?どのような効き方をして、作用時間はどれくらいでしょうか?

ここでは、エバミールの効果の特徴について詳しくお伝えしたいと思います。


リスミー錠の効果と強さ

2017.2.11 リスミー

リスミー錠(一般名:塩酸リルマザホン)は、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬として1989年に発売されました。

短時間型の中では作用時間が長く、中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できる睡眠薬です。リスミーの効果はマイルドなので、睡眠薬として導入しやすいお薬のひとつです。

リスミーは処方制限がついておらず、長期で安定している方にも向いているお薬です。その一方で、その効果のマイルドさがデメリットになってしまうことがあります。

リスミーの効果の強さや作用時間を詳しく見ていくと、睡眠薬の中での位置づけが見えてくるかと思います。ここでは、リスミーの効果の特徴について詳しくお伝えしたいと思います。


サイレース錠の効果と強さ

2017.2.5 サイレース・ロヒプノール

サイレースは、中時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。効果は非常に強く、もっとも強い睡眠薬の中のひとつです。

入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できる睡眠薬になりますので、1984年に発売されて以来、使われ続けている睡眠薬です。

しかしながら副作用や依存性の問題もあるので、安易に使ってはいけない薬です。とはいえ、現在でも切り札的な睡眠薬で、どうしても不眠が改善しない時に非常に有効です。

ここでは、サイレースの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ロゼレム錠の効果と特徴

2017.2.1 ロゼレム

ロゼレム錠は、2010年に発売された新しいタイプの睡眠薬です。

ロゼレム錠の特徴は、従来の睡眠薬とは違って強引に眠らせるのではなく、自然な眠気を強くしてくれる睡眠薬です。服用を続けていくことで、少しずつ効果の実感がでてくるような睡眠薬です。

体内時計のリズムをつくるメラトニンに作用する睡眠薬で、生理的なホルモンに作用するロゼレムは安全性が高く、依存性もありません。

しかしながらすぐに効果が出てくるお薬ではなく、その実感の乏しさがデメリットにもなります。これまでの睡眠薬を使われていた方は、その効き方の違いに違和感を覚えることもあります。

ここでは、ロゼレム錠の効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ベルソムラ錠の効果と強さ

2017.1.23 ベルソムラ

ベルソムラは、2014年に発売された新しい睡眠薬です。従来の睡眠薬とは異なる作用機序で、オレキシン受容体拮抗薬と呼ばれています。

オレキシンは覚醒状態を維持するのに重要な物質であることがわかっています。これをブロックすることで、睡眠方向に促していく薬です。

入眠障害にもある程度効果がありますが、中途覚醒に特に有効です。生理的なメカニズムを利用するので、自然に近い眠りを導く睡眠薬です。副作用や依存性も少ないと考えられています。

ここでは、ベルソムラの効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ロヒプノール錠の効果と強さ

2017.1.18 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノールは、中時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。

効果は非常に強く、もっとも強い睡眠薬の中のひとつです。1984年に発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できるので、よく使われていました。

現在でも切り札的な睡眠薬で、どうしても不眠が改善しない時に非常に有効です。ですが、副作用や依存性の問題もあるので、安易に使ってはいけない薬です。

ここでは、ロヒプノール錠の効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ハルシオン錠の効果と強さ

2017.1.11 ハルシオン

ハルシオンは、寝つきを改善するためによく使われているベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

1983年に発売されて以来、入眠効果と切れ味のよさから広く処方されるようになりました。現在でも、マイスリーと並んでもっともよく処方されている睡眠薬でしょう。

寝つきをよくするタイプの睡眠薬の中でも、効果の強さは最も強いといっても過言ではありません。しかしながら入眠作用の強さは、依存性の高さにもつながります。「ハルシオン遊び」と呼ばれるような乱用をされたり、ときには犯罪に使われることもあります。

入眠をよくする同じタイプの睡眠薬としては、比較的安全性の高いマイスリーやアモバンなどの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が発売されるようになりました。ですがハルシオンは古くからあり、その効果の良さから今でも処方されることが多いです。

ここでは、ハルシオンの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ルネスタ錠の効果と強さ

2016.12.26 ルネスタ

ルネスタは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類される睡眠薬です。2012年に発売された、比較的新しい睡眠薬です。

ルネスタはアモバンを改良して作られた睡眠薬で、アモバンのうち効果のある成分だけを取り出したものです。ですから、アモバンよりも少ない量で同等の効果が発揮されるといわれていて、副作用が軽減されています。

さらにアモバンに比べると、ルネスタは作用時間が少しだけ長くなっています。このため入眠障害だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

ここでは、ルネスタ錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきたいと思います。


アモバン錠の効果と強さ

2016.12.25 アモバン

アモバンは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類される睡眠薬です。

従来の睡眠薬よりも睡眠作用に特化していて、ふらつきなどの副作用が少ないお薬になっています。依存性も軽減しており、とても有効なお薬です。

アモバンは、この系統として日本で初めて1989年に発売されたお薬になります。現在では、アモバンを改良したルネスタも発売されています。

ここでは、アモバンの効果と特徴について詳しくお伝えしていきたいと思います。


マイスリー錠の効果と強さ

2016.12.23 マイスリー

マイスリーは、寝つきを改善するお薬として非常に多くの患者さんが使われている睡眠薬です。

マイスリーの特徴は、その効果の早さと持続時間の短さにあります。従来の睡眠薬で多かったふらつきや翌朝への眠気の持越しなどの副作用がとても少なく、依存などのリスクも少ないといわれています。

このため非常に切れ味がよく、寝つきをよくする安全性の高い睡眠薬として定評があります。

2000年に発売されて以来、一斉に処方されていきました。現在はハルシオンと並んで、もっとも多く処方されている睡眠薬になっています。

ここでは、マイスリーにはどのような効果の特徴があるのかを詳しくお伝えしていきたいと思います。


最強の睡眠薬「ベゲタミン」が販売中止になった理由と対策

2016.6.19 ベゲタミン

ベゲタミン錠は、現在使われている睡眠薬の中では最強といっても過言ではないお薬です。

1957年の発売と非常に古くからあるお薬で、その効果の強さから「飲む拘束衣」と呼ばれたりもするほどです。ベゲタミンは3種類の成分の合剤となっていて、その中にはフェノバルビタールという安全性の低いバルビツール系成分が含まれています。

依存性も強く、ベゲタミンは薬物乱用につながってしまうことも少なくありませんでした。公益社団法人日本精神神経学会から、「薬物乱用防止の観点からの販売中止」の要望が製薬会社である塩野義製薬に出され、2016年度いっぱいでの販売中止が決まりました。

ベゲタミンを処方される患者さんは、様々な睡眠薬が効かなくて行きついた方が多いと思います。ベゲタミンの代替薬はどうすればよいのでしょうか?

ここでは、ベゲタミンの販売中止となった理由をみていき、今後の影響を考えていきたいと思います。


ベルソムラは認知症になりにくい?ベルソムラの認知機能低下への影響

2016.5.24 ベルソムラ

「睡眠薬を長く服用している認知症になりやすくなる」

お薬に詳しい方では、心配される方もいらっしゃいます。確かに睡眠薬では、認知機能への影響がいわれています。しかしながら不眠自体が認識能を低下させるため、適切にお薬を使えば過度に心配する必要がありません。

そうはいっても、できることなら認知機能への影響が少ない睡眠薬が望ましいです。特に高齢者に睡眠薬を使っていく時には、認知機能のことも考慮する必要があります。

2014年に発売されたベルソムラは、従来の睡眠薬とは異なったメカニズムの睡眠薬になります。認知機能への影響も少ないと考えられています。ここでは、ベルソムラの認知機能低下について詳しくお伝えしていきます。


睡眠薬で認知症になるの?睡眠薬の認知機能低下への影響

2016.5.22 睡眠薬のまとめ

睡眠薬を一度は飲まれたことがある方は多いのではないでしょうか?現在発売されている睡眠薬は安全性が高く、用量用法を守っていれば基本的に安心して服用できるお薬です。

しかしながらお薬のことで詳しい方は、「睡眠薬のせいで認知症のリスクがあがる」ということを聞いたことがあるかもしれません。

睡眠薬は高齢者に使われることも多いので、認知機能を低下させるならば使いたくないですね。確かに睡眠薬によって一時的に認知機能が落ちてしまうことは、よく経験します。

ですが睡眠薬を長期に服用していて認知機能が低下してしまうかどうかは、まだ結論がついていません。認知機能が低下するという報告がある一方で、それを否定する報告もあるからです。

ここでは、睡眠薬を服用していると認知症になるのかどうかについて、現在分かっていることをお伝えしていきます。その上で睡眠薬の適性な使い方を、長期的な認知症への影響という面から考えていきたいと思います。


レンドルミン錠の効果と強さ

2016.1.15 レンドルミン

レンドルミンは、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。

1988年に発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できるので、よく使われている睡眠薬です。かといって効きすぎることもあまりないので、翌朝に持ち越すことも少ないです。

このためレンドルミンは、バランスがよい睡眠薬といえます。標準的な睡眠薬として、広く使われてきました。最近では新しい睡眠薬が発売されていますが、現在でもよく処方されています。

ここでは、レンドルミンの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ベゲタミンB錠の効果と強さ

2015.10.11 ベゲタミン

ベゲタミンは、3種類の成分を配合した睡眠薬です。まだ薬物療法が本格的に発達する前の1957年に、鎮静の目的で作られたお薬です。

クロルプロマジン・プロメタジン・フェノバルビタールという3種類の成分は、すべて作用機序が異なります。絶妙な配合により強力な睡眠効果があるので、現在では睡眠薬としてつかわれています。

ベゲタミンには、ベゲタミンA錠とベゲタミンB錠の2タイプが発売されています。3種類の成分の配合が異なっていて、Aの方がBよりも強力です。

現在の睡眠薬に比べると、安全性はどうしても劣ってしまいます。ですが、非常に強力な睡眠薬ですので、本当にどうしても不眠が改善できない時に使われることもあります。私も、どうしようもなく困った時は使うことも考えます。

ここでは、ベゲタミンB錠の効果について詳しく見ていきたいと思います。


ベゲタミンの半減期と作用時間とは?

2015.9.15 ベゲタミン

ベゲタミンは、クロルプロマジン・プロメタジン・フェノバルビタールの3つの成分の合剤です。

ベゲタミンの作用時間はどれくらいでしょうか?どのような効き方をするのでしょうか?これらを考えていくには、ベゲタミンの3つの成分の血中濃度の変化を知る必要があります。

ここでは、ベゲタミンの半減期と作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


リスミーの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.9.14 リスミー

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、リスミーの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


フルニトラゼパムとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.13 サイレース・ロヒプノール

フルニトラゼパムは、ロヒプノール/サイレースのジェネリックです。

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもフルニトラゼパムなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうしてフルニトラゼパムとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がフルニトラゼパムに及ぼす影響を考えていきましょう。


サイレース錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.9.12 サイレース・ロヒプノール

サイレースは強力な睡眠薬で、不眠症の切り札として処方されています。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

サイレースの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。まずは0.5~1mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、サイレース錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

サイレースの効果について詳しく知りたい方は、
サイレース錠の効果と強さ
をお読みください。


サイレースの作用時間とは?

2015.9.11 サイレース・ロヒプノール

サイレースは強力な睡眠薬なので、不眠症の切り札として使われています。サイレースの半減期をみると、薬の作用時間や効き方を予想することができます。

サイレースは最高血中濃度到達時間が1.5時間、実質的な半減期が7時間です。サイレースの作用時間は6~8時間と、ちょうど睡眠時間をカバーしています。

ここでは、サイレースの作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


レンデム錠の効果と副作用

2015.9.10 レンドルミン

レンデムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

レンデムは、2012年からブロチゾラム「サワイ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムをジェネリックの商品名として統一する流れを踏まえてです。

レンデムは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、レンデムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ロンフルマン錠(ブロチゾラム錠「オーハラ」)の効果と副作用

2015.9.9 レンドルミン

ロンフルマンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ロンフルマンは、2013年からブロチゾラム錠「オーハラ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムをジェネリックの商品名として統一する流れを踏まえてです。

ロンフルマンは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、ロンフルマンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


レドルパー錠(ブロチゾラム錠「オーハラ」)の効果と副作用

2015.9.8 レンドルミン

レドルパーは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

レドルパーは、2013年からブロチゾラム錠「オーハラ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムをジェネリックの商品名として統一する流れを踏まえてです。

レドルパーは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、レドルパーの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ゼストロミン錠(ブロチゾラム錠「トーワ」)の効果と副作用

2015.9.7 レンドルミン

ゼストロミンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ゼストロミンは、2013年からブロチゾラム錠「トーワ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムをジェネリックの商品名として統一する流れを踏まえてです。

ゼストロミンは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、ゼストロミンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ブロチゾラム錠0.25mgの薬価と実際の使い方

2015.9.6 レンドルミン

ブロチゾラムはレンドルミンのジェネリックです。

ブロチゾラムは使い勝手がよく、広く処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

レンドルミンの錠剤としては0.25mgの規格しか発売されていません。ブロチゾラムのみ0.125mg錠も発売されています。ここでは、ブロチゾラム錠0.25mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ブロチゾラムの効果について詳しく知りたい方は、
ブロチゾラム錠の効果と強さ
をお読みください。


レンドルミンのやめ方(減薬・断薬)

2015.9.5 レンドルミン

レンドルミンは、入眠障害にも中途覚醒にも効果が期待できる睡眠薬です。しっかりと効果がある睡眠薬だからこそ、レンドルミンをやめられなくなってしまいます。「飲んでて眠れるならばまぁいいや・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

レンドルミンにも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。レンドルミンを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、レンドルミンの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


パルレオン錠(トリアゾラム錠「テバ」)の効果と副作用

2015.9.4 ハルシオン

パルレオンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ハルシオンのジェネリック医薬品(後発品)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

パルレオンは、2013年からトリアゾラム錠「テバ」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のトリアゾラムをジェネリックの処方として統一する流れを踏まえてです。

パルレオンは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、パルレオンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


睡眠薬を減薬・断薬していくには?睡眠薬のやめられない理由とやめ方

2015.9.4 睡眠薬のまとめ

不眠は本当につらい症状です。寝付けない時間は、本当に長く感じます。

睡眠薬は不眠の苦しみから解放してくれるお薬です。効果の実感が強いからこそ、睡眠薬をやめられなくなってしまいます。「飲んでて眠れるならばまぁいいや・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

睡眠薬にも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。睡眠薬を減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、睡眠薬を減薬して断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、睡眠薬のやめ方について詳しくお伝えしていきたいと思います。


睡眠薬とアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.4 睡眠薬のまとめ

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでも睡眠薬は、アルコールとは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうして睡眠薬とアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒が睡眠薬に及ぼす影響を考えていきましょう。


睡眠薬の致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.9.3 睡眠薬のまとめ

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、睡眠薬の致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


睡眠薬(眠剤)の副作用とは?

2015.9.3 睡眠薬のまとめ

不眠で悩んでいる患者さんと治療のお話しをしていくと、「睡眠薬は怖いから使いたくない」とおっしゃる方が多いです。

「一度睡眠薬を使ったらやめられなくなってしまう」
「睡眠薬は脳に作用するから危険な薬だ」

といったように、誤解されている方が多いです。不眠をほっておくと心身が疲弊して、日中の活動がうまくいかずにますます疲弊するという悪循環に陥ります。

現在の睡眠薬は安全性が高いので、不眠が続くならば薬で改善していく方がよいです。睡眠薬が怖くてお酒に頼る方も多いですが、ますます睡眠が悪化してしまいます。ここでは、睡眠薬のデメリットである副作用を正しく理解して、納得して睡眠薬を使っていただく手助けができれば幸いです。


ミンザイン錠(トリアゾラム錠「日医工」)の効果と副作用

2015.9.3 ハルシオン

ミンザインは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ハルシオンのジェネリック医薬品(後発品)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ミンザインは、2013年からトリアゾラム錠「日医工」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のトリアゾラムをジェネリックの処方として統一する流れをうけてです。

ミンザインは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、ミンザインの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


睡眠薬(眠剤)の種類とは?

2015.9.3 睡眠薬のまとめ

睡眠薬は、不眠で苦しんでいる方にはなくてはならないお薬です。私も不眠で苦しんでいた時期が長いので、ベッドで寝付けずにうなされている時間の辛さは身に染みて感じています。

今日では、さまざまな睡眠薬が開発されています。患者さんの不眠の状態にあわせて、医師は睡眠薬を選んで処方しています。現在の睡眠薬は安全性が高くなってはいますが、もちろん副作用もあります。漫然と使っていると依存してしまうこともあるので、注意が必要です。

睡眠薬にはどのような種類があるのでしょうか?
ご自身が飲まれている睡眠薬はどのようなお薬なのでしょうか?

正しく理解して、睡眠薬を適切に使っていくことが大切です。ここでは、睡眠薬にはどのような種類があるのか、特徴をふまえてご紹介していきたいと思います。


睡眠薬(眠剤)の効果と強さの比較

2015.9.3 睡眠薬のまとめ

不眠は非常につらい症状です。なかなか寝付けずに苦しむ時間は本当につらいです。

睡眠薬は、このように不眠で苦しんでいる方に非常に有用です。しかしながら、漫然と使っていると依存してしまうこともあるので、睡眠薬について正しく理解して、用法を守って使っていく必要があります。

今日では、さまざまな睡眠薬が発売されています。医師はそれぞれの患者さんの不眠の状態に合わせて睡眠薬を使い分けています。

ここでは、睡眠薬の効果や強さを比較しながら、睡眠薬の選び方を考えていきたいと思います。ぜひ、ご自身の使っている睡眠薬に関する理解を深めてください。


睡眠薬は市販でもちゃんと効くのか?

2015.9.2 その他の睡眠薬

寝付けなくて困った時、皆さんはどうされますか?いきなり病院にいって薬をもらおうと考える方はあまりいらっしゃらないかと思います。

お酒に頼るという方がけっこう多いです。これだけは絶対にやめてください。お酒に頼ると最初は良いのですが、ますます不眠が悪化してしまいます。

最近は市販の睡眠薬もたくさん発売されていますが、まずは市販薬から使ってみようと考えている方も多いかも知れません。

病院の睡眠薬と市販の睡眠薬はどのような違いがあるでしょうか?
市販の睡眠薬はどれくらい効くのでしょうか?
市販の睡眠薬はどのように使えばよいのでしょうか?

ここでは、市販の睡眠薬について、病院で処方される睡眠薬と比較しながらお伝えしていきたいと思います。


イソミタール錠(アモバルビタール)の効果と副作用

2015.9.2 その他の睡眠薬

イソミタールは、バルビツール系睡眠薬に分類されます。1920年代ころに開発された薬で、日本では1950年から発売となりました。

イソミタールの催眠効果は非常に強力で、何をしても改善しないような不眠の方に使われることがあります。ですが、漫然と服用しているとすぐに効かなくなり、依存性の高い睡眠薬です。過量服薬すると致死的になることもあるので、私は絶対に処方しないようにしている睡眠薬です。

ここでは、イソミタールを使っている方のために、効果や副作用についてお伝えしたいと思います。


ベゲタミンの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.9.2 ベゲタミン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ベゲタミンの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ハルラック錠の効果と副作用

2015.9.2 ハルシオン

ハルラックは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ハルシオンのジェネリック医薬品(後発品)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。ハルラックもそのひとつです。いろいろな商品があると紛ら わしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「トリアゾラム」をジェネリックとして処方することに統一されつつ あります。ハルラックはまだ生き残っています。

ハルラックは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、ハルラックの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ベゲタミンの副作用(対策と比較)

2015.9.2 ベゲタミン

ベゲタミンは3つの成分の合剤として、1957年に発売されました。

3つの成分とは、クロルプロマジン・プロメタジン・フェノバルビタールです。副作用に関しても、この3つの成分が合わさって作用します。

この3つの成分で注意をしなければいけないのが、フェノバルビタールです。この成分は依存性が高く、治療域と中毒域が近くて安全性も低いです。

ここでは、ベゲタミンで注意すべき副作用について詳しくお伝えしたいと思います。


ベゲタミンA錠の効果と強さ

2015.9.1 ベゲタミン

ベゲタミンは、3種類の成分を配合した睡眠薬です。まだ薬物療法が本格的に発達する前の1957年に、鎮静の目的で作られたお薬です。

クロルプロマジン・プロメタジン・フェノバルビタールという3種類の成分は、すべて作用機序が異なります。絶妙な配合により強力な睡眠効果があるので、現在では睡眠薬としてつかわれています。

ベゲタミンには、ベゲタミンA錠とベゲタミンB錠の2タイプが発売されています。3種類の成分の配合が異なっていて、Aの方がBよりも強力です。

現在の睡眠薬に比べると、安全性はどうしても劣ってしまいます。ですが、非常に強力な睡眠薬ですので、本当にどうしても不眠が改善できない時に使われることもあります。私も、どうしようもなく困った時は使うことも考えます。

ここでは、ベゲタミンA錠の効果について詳しく見ていきたいと思います。


ラボナ錠(ペントバルビタール)の効果と副作用

2015.9.1 その他の睡眠薬

ラボナは、バルビツール系睡眠薬に分類されます。1930年代ころに開発された薬で、日本では1952年から発売となりました。

ラボナの催眠効果は非常に強力で、何をしても改善しないような不眠の方に使われることがあります。ですが、漫然と服用しているとすぐに効かなくなり、依存性の高い睡眠薬です。過量服薬すると致死的になることもあるので、私は絶対に処方しないようにしている睡眠薬です。

ここでは、ラボナを使っている方のために、効果や副作用についてお伝えしたいと思います。


バルビツール酸系睡眠薬とは?効果と副作用

2015.9.1 睡眠薬のまとめ

バルビツール酸系の成分は、1864年に発見されました。睡眠薬として実用されはじめたのは1900年に入ってすぐからです。

強力な催眠作用がありましたが、量を使いすぎると致死的になります。また、使い続けていくうちにすぐに効かなくなってしまい、薬の量がどんどんと増えてしまう依存性が非常に高い睡眠薬です。このような安全性の低さから、ベンゾジアゼピン系睡眠薬が開発されると、使われることは一気に減りました。

私は絶対につかわないようにしていますが、どうしても不眠が改善しない方に処方されることがあります。ここでは、バルビツール酸系睡眠薬の効果と副作用についてお伝えしていきたいと思います。


アモバンとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.1 アモバン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもアモバンなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

それでは、どうしてアモバンとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がアモバンに及ぼす影響を考えていきましょう。


メラトニン受容体作動薬と睡眠薬ロゼレム

2015.8.31 睡眠薬のまとめ

メラトニン受容体作動薬は、2010年に発売された新しいタイプの睡眠薬です。

体内時計のリズムを調整するメラトニンに働いて、自然な眠気を促します。ロゼレムは服用を続けることで、少しずつ睡眠全体が改善していきます。睡眠の生理的なメカニズムを利用しているので、副作用は少なく依存性もありません。

ここでは、メラトニンやメラトニン受容体作動薬について詳しくお伝えしたいと思います。

ロゼレムについて詳しく知りたい方は、
ロゼレム錠の効果と特徴
ロゼレムの副作用(対策と比較)
をお読みください。


ラメルテオン(ロゼレム)の効果と副作用

2015.8.31 ロゼレム

ラメルテオンは、2010年に発売された新しい睡眠薬ロゼレムの成分名(一般名)です。従来の睡眠薬とは異なる作用機序で、メラトニン受容体作動薬と呼ばれています。2014年に発売されたばかりの睡眠薬ですので、しばらくはジェネリックは発売されないでしょう。ジェネリックが発売されたら、 「ラメルテオン」という名前になるかと思います。

服用続けていくことで、少しずつ睡眠が全体的に改善していきます。生理的なメカニズムを利用するので、自然に近い眠りを導く睡眠薬です。副作用が少なく、依存性もないと考えられています。

ここでは、ラメルテオンの効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ロゼレム錠8mgの薬価と実際の使い方

2015.8.31 ロゼレム

ロゼレムは新しい作用機序の睡眠薬で、メラトニン受容体作動薬といわれています。

ロゼレムの錠剤としては8mgの1種類しか発売されていません。即効性は期待できず、少なくとも2週間ほど飲み続けていきながら効果をみていく睡眠薬です。

ここでは、ロゼレム錠8mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ロゼレムの効果について詳しく知りたい方は、
ロゼレム錠の効果と特徴
をお読みください。


ロゼレムの半減期と作用時間とは?

2015.8.31 ロゼレム

ロゼレムは、全体的な睡眠の改善が期待できる睡眠薬です。生理的な睡眠のメカニズムに作用する新しいタイプの睡眠薬で、自然な眠気を導いてくれます。このため副作用も少なく、依存性がない睡眠薬です。

ロゼレムの作用時間はどれくらいでしょうか?どのような効き方をするのでしょうか?

ロゼレムは、その血中濃度の変化だけでは効果の出方を説明ができない睡眠薬です。ロゼレムは最高血中濃度到達時間が0.75時間、半減期が0.94時間です。

ここでは、ロゼレムの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


ロゼレムの副作用(対策と比較)

2015.8.31 ロゼレム

ロゼレムは、これまでの薬とは異なる新しいタイプの睡眠薬です。体内時計のリズムを調整するメラトニンというホルモンに働きかけて、自然な眠りを強くしてくれる睡眠薬です。

このようにロゼレムは、睡眠の生理的なメカニズムを利用しているので、副作用が少なく安全性が高いです。とはいっても、ロゼレムでも副作用がでてくることはあります。

ここでは、ロゼレムの副作用について、その対処法についてもお伝えしていきたいと思います。


エスゾピクロンの効果と副作用

2015.8.31 ルネスタ

エスゾピクロンは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のルネスタの一般名(成分名)です。2012年に発売されたばかりの睡眠薬ですので、しばらくはジェネリックは発売されないでしょう。ジェネリックが発売されたら、「エスゾピクロン」という名前になるかと思います。

エスゾピクロンの効果や副作用は、ルネスタと同じと考えていただいて問題ありません。エスゾピクロンは、バランスの良い睡眠薬として処方が増えています。ここでは、エスゾピクロンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ルネスタの半減期からわかること

2015.8.30 ルネスタ

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

ルネスタの半減期は5時間と睡眠薬の中では短いですが、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬ではもっとも長くなっています。ルネスタは超短時間型睡眠薬と呼ばれていますが、ギリギリ中途覚醒にも効果が期待できる睡眠薬です。

ここでは、ルネスタの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


オレキシン受容体拮抗薬と睡眠薬ベルソムラ

2015.8.29 睡眠薬のまとめ

オレキシンは1998年に発見された新しい神経伝達物質です。調べられていくうちに様々な作用があることがわかり、現在も研究がすすめられています。

その中でも、睡眠のオンオフに重要な働きをしていることがわかっていたので、睡眠薬としての開発がすすみました。2014年に、オレキシン受容体拮抗薬ベルソムラが発売になりました。世界に先駆けて日本での発売となりました。

ベルソムラは、入眠障害にもある程度効果がありますが、中途覚醒に特に有効です。生理的なメカニズムを利用するので、自然に近い眠りを導く睡眠薬です。副作用や依存性も少ないと考えられています。

ここでは、オレキシンやオレキシン受容体拮抗薬についてわかっていることや、発売されてしばらくたっている睡眠薬ベルソムラについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。

ベルソムラについて詳しく知りたい方は、
ベルソムラ錠の効果と強さ
ベルソムラの副作用(対策と比較)
をお読みください。


ルネスタとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.29 ルネスタ

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもルネスタなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

それでは、どうしてルネスタとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がルネスタに及ぼす影響を考えていきましょう。


ゾルピデムの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.28 マイスリー

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。そんな時に、楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず我々精神科医に相談 してください。

ここでは、ゾルピデムの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ベルソムラ錠10mg・15mg・20mgの薬価と使い分け

2015.8.28 ベルソムラ

ベルソムラは新しい作用機序の睡眠薬で、オレキシン受容体拮抗薬といわれています。

ベルソムラの錠剤としては、15mgと20mgの2種類が発売されていました。2016年に、10mg錠剤が発売されました。基本的には、成人には20mg、高齢者には15mgを使ってみて効果を判定する睡眠薬です。

ここでは、ベルソムラ錠15mg・20mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ベルソムラの効果について詳しく知りたい方は、「ベルソムラ錠の効果と強さ」をお読みください。


ベルソムラとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.28 ベルソムラ

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもベルソムラを服用している時は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうしてベルソムラとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、アルコール(お酒)がベルソムラに及ぼす影響を考えていきましょう。


スボレキサント(ベルソムラ)の効果と副作用

2015.8.28 ベルソムラ

スボレキサントは、2014年に発売された新しい睡眠薬ベルソムラの成分名(一般名)です。従来の睡眠薬とは異なる作用機序で、オレキシン受容体拮抗薬と呼ばれています。

2014年に発売されたばかりの睡眠薬ですので、しばらくはジェネリックは発売されないでしょう。ジェネリックが発売されたら、「スボレキサント」という名前になるかと思います。

入眠障害にもある程度効果がありますが、中途覚醒に特に有効です。生理的なメカニズムを利用するので、自然に近い眠りを導く睡眠薬です。副作用や依存性も少ないと考えられています。

ここでは、スボレキサントの効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ベルソムラの半減期と作用時間とは?

2015.8.27 ベルソムラ

ベルソムラは、中途覚醒に効果が期待できる睡眠薬です。生理的な睡眠のメカニズムに作用する新しいタイプの睡眠薬で、自然に近い眠気を導いてくれます。このため副作用も少なく、依存性も低い睡眠薬です。

ベルソムラの作用時間はどれくらいでしょうか?どのような効き方をするのでしょうか?これらを考えていくには、ベルソムラの血中濃度の変化を知る必要があります。

ベルソムラは最高血中濃度到達時間が1.5時間、半減期が10時間です。ベルソムラを服用すると30分ほどで効き始めて、6時間ほどの作用時間があります。

ここでは、ベルソムラの半減期と作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


ベルソムラの副作用(対策と比較)

2015.8.27 ベルソムラ

ベルソムラは、2014年に新しく発売された睡眠薬です。身体が生理的に行っているメカニズムを利用して、自然な眠りに導く睡眠薬です。このため、副作用や依存性はとても少なく、安全性の高い睡眠薬です。ベルソムラ特有の副作用も懸念されていましたが、現在のところ問題がなさそうです。

ここでは、市販後6か月しての調査結果も踏まえて、ベルソムラの副作用についてまとめたいと思います。


ゾルピデム錠10mgの実際の使い方

2015.8.27 マイスリー

ゾルピデムはマイスリーのジェネリックです。ゾルピデムは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。

ゾルピデムの錠剤としては5mgと10mgの2種類が発売されています。まずは5mgからはじめて、効果が不十分な時は10mgに増量します。先発品のマイスリー錠10mgとも比較しながら、ジェネリックのゾルピデム錠10mgについてご紹介していきます。

ゾルピデムの効果について詳しく知りたい方は、
ゾルピデム酒石酸塩錠の効果と強さ
をお読みください。


ソメリン錠(ハロキサゾラム)の効果と強さ

2015.8.26 その他の睡眠薬

ソメリンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。1981年に発売された長時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。成分名(一般名)はハロキサゾラムといいます。

ソメリンは半減期が非常に長い睡眠薬です。寝付きやすい土台を作ってくれるので、中途覚醒や早朝覚醒への効果が期待できます。

ここでは、ソメリン(ハロキサゾラム)の効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ベノジールカプセルの効果と強さ

2015.8.26 その他の睡眠薬

ベノジールは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。1975年に発売された長時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。残念ながら、2014年8月をもって発売中止となってしまいました。共和薬品から発売されているダルメートと同じ成分ですので、現在はこちらを使います。

ベノジールは半減期が非常に長い睡眠薬ですが、実際の作用時間はそこまで長くありません。睡眠効果は3~4時間ほどで、その後は抗不安効果が中心となって寝付きやすい土台を作ってくれます。中途覚醒や早朝覚醒への効果が期待できます。

ここでは、ベノジールの効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ダルメートカプセル(フルラゼパム)の効果と強さ

2015.8.26 その他の睡眠薬

ダルメートは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。1975年に発売された長時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。成分名(一般名)はフルラゼパムといいます。協和発酵キリンから発売されていたベノジールは同じ成分です。(2014年8月で発売中止になっています)

ダルメートは半減期が非常に長い睡眠薬ですが、実際の作用時間はそこまで長くありません。睡眠効果は3~4時間ほどで、その後は抗不安効果が中心となって寝付きやすい土台を作ってくれます。中途覚醒や早朝覚醒への効果が期待できます。

ここでは、ダルメートの効果の特徴について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


クアゼパム錠の効果と副作用

2015.8.26 ドラール

クアゼパムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のクアゼパムの一般名(成分名)です。クアゼパムは1999年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も作られています。クアゼパムのジェネリックは、クアゼパム錠として発売されています。

クアゼパムは作用時間が長い睡眠薬です。中途覚醒や早朝覚醒にしっかりとした効果が期待できる睡眠薬です。ここでは、クアゼパムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ドラール錠15mg・20mgの薬価と使い分け

2015.8.26 ドラール

ドラールは作用時間が非常に長く、長時間型睡眠薬に分類されています。入眠作用はそこまで強くありませんが寝付きやすい土台を作ってくれて、中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できます。

ドラールの錠剤としては15mgと20mgの2種類が発売されています。まずは15mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ドラール錠15mg・20mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ドラールの効果について詳しく知りたい方は、
ドラール錠の効果と強さ
をお読みください。


ドラールの作用時間と半減期

2015.8.26 ドラール

ドラールは、中途覚醒や早朝覚醒を改善する睡眠薬です。安全性が高いので、使いやすい睡眠薬です。ドラールの作用時間や効き方は、半減期をみると予想することができます。

ドラールは最高血中濃度到達時間が3.5時間、半減期が36時間です。ドラールの作用時間は非常に長く、少しずつ身体にたまっていくことで寝付きやすい土台をつくるような睡眠薬です。このようなタイプの睡眠薬なので、長時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬とよばれています。

ここでは、ドラールの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


ドラールの副作用(対策と比較)

2015.8.26 ドラール

ドラールは、1999年に発売された長時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。作用時間が長く、中途覚醒・早朝覚醒を中心に効果が期待できます。寝付きやすい土台をつくる睡眠薬です。

作用時間の短い睡眠薬が主流となっていましたが、健忘や依存性といった問題が出てきました。そこで開発されたのがドラールです。これらの副作用が少ないかわりに、薬の効果が日中も続いてしまうことに気を付けなければいけません。

ここでは、ドラールの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ゾルピデム錠5mgの薬価と実際の使い方

2015.8.26 マイスリー

ゾルピデムはマイスリーのジェネリックです。ゾルピデムは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。

ゾルピデムは5mgと10mgの2種類の錠剤と、OD錠(水なしで溶ける薬)やフィルム、内用液などが発売されています。先発品のマイスリー錠5mgとも比較しながら、ゾルピデム錠5mgについてご紹介していきます。

ゾルピデムの効果について詳しく知りたい方は、
ゾルピデム酒石酸塩錠の効果と特徴とは?
をお読みください。


塩酸リルマザホン錠の効果と副作用

2015.8.26 リスミー

塩酸リルマザホンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のリスミーの一般名(成分名)です。リスミーは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も作られています。リスミーのジェネリックは、塩酸リルマザホン錠として発売されています。

塩酸リルマザホンは、よくも悪くも優しい睡眠薬です。効果は弱いですが、副作用が少なく安全な睡眠薬です。中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できる睡眠薬です。ここでは、塩酸リルマザホンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


リスミー錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.8.26 リスミー

リスミーは効果がやさしいため副作用も少なく、安全性の高い睡眠薬です。即効性は乏しいですが、中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できます。

リスミーの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。まずは1mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、リスミー錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

リスミーの効果について詳しく知りたい方は、
リスミー錠の効果と強さ
をお読みください。


リスミーの作用時間と半減期

2015.8.25 リスミー

リスミーは、中途覚醒や早朝覚醒を改善する睡眠薬です。効果は優しいのですが、そのかわりに安全性が高い睡眠薬です。リスミーの作用時間や効き方は、半減期をみると予想することができます。

リスミーは最高血中濃度到達時間が3時間、半減期が10.5時間です。リスミーの作用時間は、ちょうど睡眠時間をカバーしています。このようなタイプの睡眠薬は、短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬とよばれています。

ここでは、リスミーの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


リスミーの副作用(対策と比較)

2015.8.25 リスミー

リスミーは、1989年に発売された短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

効果がマイルドですが、副作用もやさしい睡眠薬です。即効性はあまり期待できませんが、中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できます。とはいっても、副作用がないわけではありません。漫然と使用していると依存してしまうこともあります。

ここでは、リスミーの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


マイスリーの授乳への影響とは?

2015.8.25 マイスリー

出産という一大イベントを終えると、待ったなしにお母さんの役目がはじまります。お薬を飲まれていると、母乳で育ててよいのか心配される方も多いかと思います。

マイスリーを飲みながら授乳はできるのでしょうか?
他の睡眠薬と比較して安全なのでしょうか?

ここでは、マイスリーの授乳への影響を考えていきたいと思います。


ロルメタゼパムの効果と副作用

2015.8.25 エバミール・ロラメット

ロルメタゼパムは、エバミール/ロラメットの成分名(一般名)です。現在はジェネリックが発売されていませんので、あまり患者さんが見かけることはすくないかもしれません。

ロルメタゼパムは1990年から発売されている短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが、安全性が高くて使いやすい睡眠薬です。

ここでは、ロルメタゼパムの効果や副作用について、詳しくお伝えしたいと思います。


ロラメットの副作用(対策と比較)

2015.8.25 エバミール・ロラメット

ロラメットは、1990年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。また、肝臓への負担が少なく、筋弛緩作用も少ないなど、安全性の高さでは定評のある睡眠薬です。

とはいっても、副作用がないわけではありません。漫然と使用していると依存してしまうこともあります。

ここでは、ロラメットの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


エバミールの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.25 エバミール・ロラメット

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、エバミールの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


エバミールの作用時間と半減期

2015.8.25 エバミール・ロラメット

エバミールは、入眠障害や中途覚醒を改善する睡眠薬です。安全性が高いので、使いやすい睡眠薬です。エバミールの作用時間や効き方は、半減期をみると予想することができます。

エバミールは最高血中濃度到達時間が1~2時間、半減期が10時間です。エバミールの作用時間は、ちょうど睡眠時間をカバーしています。このようなタイプの睡眠薬は、短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬とよばれています。

ここでは、エバミールの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


エバミールの副作用(対策と比較)

2015.8.25 エバミール・ロラメット

エバミールは、1990年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。また、肝臓への負担が少なく、筋弛緩作用も少ないなど、安全性の高さでは定評のある睡眠薬です。

とはいっても、副作用がないわけではありません。漫然と使用していると依存してしまうこともあります。

ここでは、エバミールの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ゾルピデムとお酒・アルコール

2015.8.24 マイスリー

ゾルピデムは、マイスリーのジェネリックです。薬価が5割ほどになっているので、とても使いやすくなりました。

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

そうはいってもゾルピデムなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。どうして避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がゾルピデムに及ぼす影響を考えていきましょう。


エスタゾラム錠の効果と副作用

2015.8.24 ユーロジン

エスタゾラムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のユーロジンの一般名(成分名)です。ユーロジンは1975年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も発売されています。

ユーロジンではジェネリック医薬品はあまり発売されませんでした。昔からある睡眠薬なので、先発品の薬価が高くないこともあったかと思います。現在は、エスタゾラム「アメル」のみが発売されています。

エスタゾラムは作用時間が長く、中途覚醒や早朝覚醒に有効な睡眠薬です。ここでは、エスタゾラムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ユーロジン錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.8.24 ユーロジン

ユーロジンは昔からあるベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが、今でもよく処方されています。中間型睡眠薬に分類されています。入眠作用はそこまで強くありませんが寝付きやすい土台を作ってくれて、中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できます。

ユーロジンの錠剤としては1mgと2mgの2種類が発売されています。まずは1mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ユーロジン錠1mg・2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ユーロジンの効果について詳しく知りたい方は、
ユーロジン錠の効果と作用時間
をお読みください。


ユーロジンの半減期からわかること

2015.8.23 ユーロジン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

ユーロジンの半減期は24時間と長い睡眠薬です。このためユーロジンは中間型睡眠薬と呼ばれていて、寝付きやすい土台を作っていくような睡眠薬です。

ここでは、ユーロジンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


ユーロジンの副作用(対策と比較)

2015.8.23 ユーロジン

ユーロジンは、1975年に日本で初めて発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。作用時間が長く、中途覚醒・早朝覚醒を中心に効果が期待できます。寝付きやすい土台をつくる睡眠薬として、今でもよく使われています。

作用時間が長いということは、副作用にも十分気を付けなければいけません。ここでは、ユーロジンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ユーロジン錠の効果と作用時間

2015.8.23 ユーロジン

ユーロジンは、1975年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ユーロジンは作用時間が長めの睡眠薬で、寝付きやすい土台を作るような睡眠薬です。中途覚醒や早朝覚醒に有効で、今でもよく使われている睡眠薬です。

ここでは、ユーロジンの効果や作用時間について、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ネルロレン錠(ニトラゼパム錠「JG」)の効果と副作用

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

ベンザリン/ネルボンは1967年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。ネルロレンはジェネリックのひとつで、2011年からニトラゼパム錠「JG」と名称変更されました。

ジェ ネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。最近では紛らわしくなってしまったり、管理が大変になることか ら、一般名をジェネリックの商品名として統一されつつあります。ネルロレンもその流れに従いました。

ネルロレンは作用時間が長く、中途覚醒や早朝覚醒に有効な睡眠薬です。ここでは、ネルロレンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ニトラゼパム錠の効果と副作用

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

ニトラゼパムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のベンザリン/ネルボンの一般名(成分名)です。ベンザリン/ネルボンは1967年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェ ネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。最近では紛らわしくなってしまったり、管理が大変になることか ら、一般名をジェネリックの商品名として統一されつつあります。ベンザリン/ネルボンのジェネリックとしては「ニトラゼパム」に統一されています。

ニトラゼパムは作用時間が長く、中途覚醒や早朝覚醒に有効な睡眠薬です。ここでは、ニトラゼパムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ネルボンの副作用(対策と比較)

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

ネルボンは、1967年に日本で初めて発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

作用時間が長く、中途覚醒・早朝覚醒を中心に効果が期待できます。オーソドックスな睡眠薬として、今でもよく使われています。

しかしながら作用時間が長いということは、副作用にも十分気を付けなければいけません。ここでは、ネルボンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ネルボン錠の効果と強さ

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

ネルボンは、日本で初めて発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。ネルボンの名前の由来も、ベンゾジアゼピンを短縮してつけられました。1967年に発売された中間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

ネルボンは作用時間が長めの睡眠薬で、寝付きやすい土台を作るような睡眠薬です。中途覚醒や早朝覚醒に有効で、今でもよく使われている睡眠薬のひとつです。

ここでは、ネルボンの効果や強さについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ベンザリン錠2mg・5mg・10mgの薬価と使い分け

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

ベンザリンは昔からあるベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが、今でもよく処方されています。中間型睡眠薬に分類されています。入眠作用はそこまで強くありませんが寝付きやすい土台を作ってくれて、中途覚醒や早朝覚醒に効果が期待できます。

ベンザリンの錠剤としては2mgと5mgと10mgの3種類が発売されています。まずは5mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ベンザリン錠5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ベンザリンの効果について詳しく知りたい方は、
ベンザリン錠の効果と強さ
をお読みください。


ベンザリンの半減期からわかること

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

ベンザリンの半減期は少し複雑です。半減期は27時間なので中間型睡眠薬に分類されていますが、血中濃度の変化は2段階にわかれています。

ベンザリンの半減期はどのように見たらよいのでしょうか?ここでは、ベンザリンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


ベンザリンの作用時間とは?

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

ベンザリンはもっとも古くから発売されているベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが、今でもよく使われています。ベンザリンの半減期をみると、薬の作用時間や効き方を予想することができます。

ベンザリンは最高血中濃度到達時間が1.6時間、半減期が27時間です。ベンザリンの作用時間は6~8時間ですが、寝付きやすい土台を作っていくような睡眠薬です。

ここでは、ベンザリンの作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


ベンザリンの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ベンザリンの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ベンザリンの副作用(対策と比較)

2015.8.22 ベンザリン・ネルボン

ベンザリンは、1967年に日本で初めて発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。作用時間が長く、中途覚醒・早朝覚醒を中心に効果が期待できます。オーソドックスな睡眠薬として、今でもよく使われています。

作用時間が長いということは、副作用にも十分気を付けなければいけません。ここでは、ベンザリンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


エリミンとお酒・アルコールの危険性

2015.8.22 エリミン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもエリミンなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは絶対に併用してはいけません。エリミンとお酒は一緒に乱用されることが多いですが、一気に依存が形成されてしまうので非常に危険です。

エリミンとお酒を併用するとどのようなことになるのでしょうか?ここでは、お酒がエリミンに及ぼす影響を考えていきましょう。


エリミンの副作用(対策と比較)

2015.8.22 エリミン

エリミンは、1977年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。普通に使えば問題のない睡眠薬なのですが、乱用されることが多く、「赤玉」とよばれる悪評高い睡眠薬です。このため、2015年11月には発売中止となってしまいます。

エリミンの副作用としては、どのようなところに気を付ければよいのでしょうか?エリミンを普通に使っている方が過度に心配されないために、エリミンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


エリミン錠が「赤玉」と呼ばれて販売中止になった理由

2015.8.21 エリミン

エリミン錠は、その見た目から「赤玉」と呼ばれています。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬なのですが、他の睡眠薬よりもお酒に近い効き方をする睡眠薬です。このため乱用されることも多く、「赤玉」は悪評高い睡眠薬です。

エリミンでなければダメというメリットもないので、2015年11月をもって発売が中止されることが決まりました。ますます希少性がまして、アングラではしばらく流通が続くと思います。

エリミンを乱用すると必ず後悔することになります。依存になってしまうと、人生が狂ってしまいます。ここでは、エリミンが赤玉と呼ばれる理由についてお伝えし、乱用した場合の恐ろしさをお伝えしたいと思います。


エリミン錠(ニメタゼパム)の効果と強さ

2015.8.21 エリミン

エリミン(一般名:ニメタゼパム)は、中時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。

効果はそこまで強いわけではありませんが、薬の包装が真っ赤なのでいかにも効きそうな睡眠薬です。眠気よりも脱力感が先に出てきて、お酒に似た感覚になるために乱用されることも多く、「赤玉」といわれている睡眠薬です。

依存性も強くて注意が必要で、私はあえてエリミンを処方するようなことはありませんでした。メーカーとしても2015年11月に発売中止となりました。とはいっても、ちゃんと用法を守って服用すれば安全ですので、服薬されている方は過度に心配しないでくださいね。

エリミンに代わる睡眠薬を見つけていかなければならない方も多いと思います。そのような方に向けて、エリミンの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ビビットエース(フルニトラゼパム錠「JG」)の効果と副作用

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

ビビットエースは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ロヒプノール/サイレースのジェネリック医薬品(後発品)です。ロヒプノール/サイレースは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ビビットエースは2003年から発売されていましたが、2011年からフルニトラゼパム錠「JG」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のフルニトラゼパムをジェネリックの商品名として統一する流れに沿ってです。

ビビットエースは強力な睡眠薬として、不眠の切り札として使われています。ここでは、ビビットエースの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


フルニトラゼパムの半減期からわかること

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

フルニトラゼパム(ロヒプノール/サイレースのジェネリック)の半減期は少し複雑です。実質的な半減期は7時間ほどですが、フルニトラゼパム全体で見ると24時間となります。そのため、中間型睡眠薬とよばれています。

このような半減期の違いはどうして起こるのでしょうか?ここでは、フルニトラゼパムの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


フルニトラゼパムの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ロヒプノール/サイレースのジェネリックであるフルニトラゼパムの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


フルニトラゼパム錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

フルニトラゼパムは、ロヒプノール/サイレースのジェネリックです。

フルニトラゼパムは強力な睡眠薬で、不眠症の切り札として処方されています。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

フルニトラゼパムの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。まずは0.5~1mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、フルニトラゼパム錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

フルニトラゼパムの効果について詳しく知りたい方は、
フルニトラゼパム錠の効果と強さ
をお読みください。


フルニトラゼパムの副作用(対策と比較)

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノール/サイレースは1984年から発売されており、ジェネリックとしてフルニトラゼパムが発売されています。

フルニトラゼパムは中間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬です。非常に効果の強い睡眠薬で、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒などにしっかりとした効果が期待できます。効果の強さの裏返しで、副作用や依存性には気を付けなければいけません。アメリカでは販売や持ち込みが禁止されている睡眠薬ですが、適切に使えば切り札として非常に有効な睡眠薬です。

ここでは、フルニトラゼパムの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


フルニトラゼパム錠の効果と強さ

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

フルニトラゼパムは、ロヒプノール/サイレースのジェネリックです。

中時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。効果は非常に強く、もっとも強い睡眠薬の中のひとつです。1984年に発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できます。

現在でも切り札的な睡眠薬で、どうしても不眠が改善しない時に非常に有効です。ですが、副作用や依存性の問題もあるので、安易に使ってはいけない薬です。

すでに発売されて年月がたっているので、ジェネリックが発売されています。かつてはビビットエースなどの商品がありましたが、現在は一般名(成分名)のフルニトラゼパムに名称が統一されています。ここでは、フルニトラゼパムの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


サイレースの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、サイレースの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


サイレースとお酒(アルコール)は大丈夫?

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもサイレースなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうしてサイレースとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がサイレースに及ぼす影響を考えていきましょう。


サイレースの半減期からわかること

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

サイレースの半減期は少し複雑です。実質的な半減期は7時間ほどですが、サイレース全体で見ると24時間となります。そのため、中間型睡眠薬とよばれています。

このような半減期の違いはどうして起こるのでしょうか?ここでは、サイレースの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


サイレースの副作用(対策と比較)

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

サイレースは、1984年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。非常に効果の強い睡眠薬で、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒などにしっかりとした効果が期待できます。効果の強さの裏返しで、副作用や依存性には気を付けなければいけません。アメリカでは販売や持ち込みが禁止されている睡眠薬ですが、適切に使えば切り札として非常に有効な睡眠薬です。

ここでは、サイレースの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


サイレースの依存性とは?

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

サイレースは、強力な睡眠薬です。不眠がどうしても改善できない時に、切り札として使われる睡眠薬です。このため、「効いた」という実感も得やすく、依存性が強い睡眠薬です。サイレースを飲み続けていると身体に慣れてしまって、やめようとしても反跳性不眠や離脱症状が出てしまってやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、サイレースの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


ロヒプノール錠1mgの薬価と実際の使い方

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノールは強力な睡眠薬で、不眠症の切り札として処方されています。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

ロヒプノールの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。まずは0.5~1mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ロヒプノール錠1mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ロヒプノールの効果について詳しく知りたい方は、
ロヒプノール錠の効果と強さ
をお読みください。


ロヒプノール錠2mgの薬価と実際の使い方

2015.8.20 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノールは強力な睡眠薬で、不眠症の切り札として処方されています。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

ロヒプノールの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。まずは0.5~1mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ロヒプノール錠2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ロヒプノールの効果について詳しく知りたい方は、
ロヒプノール錠の効果と強さ
をお読みください。


ロヒプノールとジェネリックの違いとは?

2015.8.19 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノールは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。

紛らわしさをなくすために、現在は一般名(成分名)でもある「フルニトラゼパム」に統一されつつあり、フルニトラゼパムに名称変更されています。

先発品のロヒプノールとジェネリック(フルニトラゼパム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


ロヒプノールとお酒(アルコール)は大丈夫?

2015.8.19 サイレース・ロヒプノール

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもロヒプノールなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうしてロヒプノールとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がロヒプノールに及ぼす影響を考えていきましょう。


ロヒプノールの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.19 サイレース・ロヒプノール

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ロヒプノールの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ロヒプノールの作用時間とは?

2015.8.19 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノールは強力な睡眠薬なので、不眠症の切り札として使われています。ロヒプノールの半減期をみると、薬の作用時間や効き方を予想することができます。

ロヒプノールは最高血中濃度到達時間が1.5時間、実質的な半減期が7時間です。ロヒプノールの作用時間は6~8時間と、ちょうど睡眠時間をカバーしています。

ここでは、ロヒプノールの作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


ロヒプノールの半減期からわかること

2015.8.19 サイレース・ロヒプノール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

ロヒプノールの半減期は少し複雑です。半減期は7時間ほどですが、ロヒプノール全体で見ると24時間となります。そのため、中間型睡眠薬とよばれています。

このような半減期の違いはどうして起こるのでしょうか?ここでは、ロヒプノールの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


ロヒプノールの離脱症状や反跳性不眠とは?

2015.8.19 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノールを長く飲んでいると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にロヒプノールが減ると、身体がびっくりして不調をきたすことがあります。不眠が悪化することを反跳性不眠、他にもいろいろ症状がでてくることを離脱症状といったりします。

このように、ロヒプノールの減薬・断薬をしていくと反跳性不眠がみられることがあります。やめようとすると不眠がひどくなってしまうので、怖くてやめられなくなってしまいます。ここでは、ロヒプノールによる反跳性不眠や離脱症状について、詳しく見ていきたいと思います。


ロヒプノールの依存性とは?

2015.8.19 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノールは、強力な睡眠薬です。不眠がどうしても改善できない時に、切り札として使われる睡眠薬です。このため、「効いた」という実感も得やすく、依存性が強い睡眠薬です。ロヒプノールを飲み続けていると身体に慣れてしまって、やめようとしても反跳性不眠や離脱症状が出てしまってやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、ロヒプノールの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


ロヒプノールの副作用(対策と比較)

2015.8.19 サイレース・ロヒプノール

ロヒプノールは、1984年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。非常に効果の強い睡眠薬で、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒などにしっかりとした効果が期待できます。効果の強さの裏返しで、副作用や依存性には気を付けなければいけません。アメリカでは販売や持ち込みが禁止されている睡眠薬ですが、適切に使えば切り札として非常に有効な睡眠薬です。

ここでは、ロヒプノールの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ノクスタール錠の効果と副作用

2015.8.17 レンドルミン

ノクスタールは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ノクスタールは今でも発売されているジェネリックです。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムに名称を統一しようという流れがあります。いずれ変更されるかもしれませんね。

ノクスタールは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、ノクスタールの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ソレントミン錠の効果と副作用

2015.8.17 レンドルミン

ソレントミンは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬レンドルミンのジェネリック医薬品(後発品)です。レンドルミンは1988年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ソレントミンは今でも発売されているジェネリックです。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のブロチゾラムに名称を統一しようという流れがあります。いずれ変更されるかもしれませんね。

ソレントミンは、効果と副作用のバランスがよく、広く使われている睡眠薬です。ここでは、ソレントミンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


グッドミンの副作用(対策と比較)

2015.8.17 レンドルミン

グッドミンは、もっともよく処方されるレンドルミンのジェネリックです。レンドルミンは、1988年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。発売からしばらくたっているので、ジェネリックも発売されています。

作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。ですが人によっては効果が強く出過ぎてしまって、ふらつきや翌朝の眠気の持ち越しなどの副作用がみられることがあります。依存性に関しても注意しなければいけません。

ここでは、グッドミンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ブロチゾラムの副作用(対策と比較)

2015.8.17 レンドルミン

ブロチゾラムは、もっともよく処方されるレンドルミンのジェネリックです。レンドルミンは、1988年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。発売からしばらくたっているので、ジェネリックも発売されています。

作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。ですが人によっては効果が強く出過ぎてしまって、ふらつきや翌朝の眠気の持ち越しなどの副作用がみられることがあります。依存性に関しても注意しなければいけません。

ここでは、ブロチゾラムの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


グッドミン錠の効果と強さ

2015.8.17 レンドルミン

グッドミンはレンドルミンのジェネリックです。

グッドミンは、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。1988年に発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できるので、よく使われている睡眠薬です。かといって効きすぎることもそこまでないので、翌朝に持ち越すことも少ないです。グッドミンはバランスがよい睡眠薬といえます。

ここでは、グッドミンの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ブロチゾラム錠の効果と強さ

2015.8.17 レンドルミン

ブロチゾラムはレンドルミンのジェネリックです。

ブロチゾラムは、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。1988年に発売されて以来、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒のいずれにも効果が期待できるので、よく使われている睡眠薬です。かといって効きすぎることもそこまでないので、翌朝に持ち越すことも少ないです。ブロチゾラムはバランスがよい睡眠薬といえます。

ここでは、ブロチゾラムの効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ブロチゾラムOD錠の薬価と実際の使い方

2015.8.17 レンドルミン

ブロチゾラムはレンドルミンのジェネリックです。

ブロチゾラムは、ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬です。入眠障害だけでなく中途覚醒にも効果があるので、使い勝手のよさから広く処方されています。

よく処方されている睡眠薬なので少しでも飲みやすくするために、ブロチゾラムOD錠が2009年から発売されました。ブロチゾラム錠とブロチゾラムOD錠ではどのような違いがあるのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。


レンドルミン錠0.25mgの薬価と実際の使い方

2015.8.17 レンドルミン

レンドルミンは使い勝手がよく、広く処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

レンドルミンの錠剤としては0.25mgの規格しか発売されていません。ジェネリックのみ0.125mg錠が発売されています。まずは0.25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、レンドルミン錠0.25mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レンドルミンの効果について詳しく知りたい方は、
レンドルミンの効果と強さ
をお読みください。


レンドルミンD錠の薬価と実際の使い方

2015.8.16 レンドルミン

 レンドルミンは、ベンゾジアゼピン系に分類される睡眠薬です。入眠障害だけでなく中途覚醒にも効果があるので、使い勝手のよさから広く処方されています。

よく処方されている睡眠薬なので少しでも飲みやすくするために、レンドルミンD錠が2002年から発売されました。レンドルミン錠とレンドルミンD錠ではどのような違いがあるのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。


レンドルミンとジェネリックの違いとは?

2015.8.16 レンドルミン

レンドルミンは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。グッドミン、ソレントミン、ノクスタール、ブロメトン、ブロチゾラムなど、実に様々なジェネリック医薬品が発売されています。

紛らわしさをなくすために、現在は一般名(成分名)でもある「ブロチゾラム」に統一されつつあり、レドルパー、ロンフルマン、レンデム、ゼストロミン、ネストローム、アムネゾン、ブロゾーム、ユリモランなどはブロチゾラムに名称変更されています。

先発品のレンドルミンとジェネリック(ブロチゾラム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


レンドルミンの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.16 レンドルミン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、レンドルミンの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


レンドルミンの半減期からわかること

2015.8.16 レンドルミン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

レンドルミンの半減期は7時間で、短時間型睡眠薬ともよばれています。

ここでは、レンドルミンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


レンドルミンとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.16 レンドルミン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもレンドルミンなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうしてレンドルミンとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がレンドルミンに及ぼす影響を考えていきましょう。


レンドルミンの作用時間とは?

2015.8.15 レンドルミン

レンドルミンは、入眠障害や中途覚醒を改善する睡眠薬として広く使われています。レンドルミンの半減期をみると、薬の作用時間や効き方を予想することができます。

レンドルミンは最高血中濃度到達時間が1.5時間、半減期が7時間です。レンドルミンの作用時間は、ちょうど睡眠時間をカバーしています。このようなタイプの睡眠薬としては効果も標準的なので、まず最初に使われることが多いです。

ここでは、レンドルミンの作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


マイスリーとレンドルミンにはどのような違いがあるか

2015.8.15 マイスリー

マイスリーとレンドルミンは、どちらもよく処方される睡眠薬です。

マイスリーは超短時間型の非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、レンドルミンは短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

マイスリーとレンドルミンは睡眠薬としてのタイプが異なり、さらに作用時間が違います。患者さんの不眠の状態によって使い分けるのですが、そのためには違いを詳しく知る必要があります。

ここでは、日本で処方される代表的な睡眠薬であるマイスリーとレンドルミンの違いをみていき、その位置づけを考えていきたいと思います。


レンドルミンの依存性とは?

2015.8.15 レンドルミン

レンドルミンは、入眠障害にも中途覚醒にも効果が期待できるので広く使われています。効果もしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい睡眠薬です。このためレンドルミンも依存性がある睡眠薬です。やめようとしても反跳性不眠や離脱症状が出てしまってやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、レンドルミンの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


レンドルミンの離脱症状や反跳性不眠とは?

2015.8.15 レンドルミン

レンドルミンを長く飲んでいると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にレンドルミンが減ると、身体がびっくりして不調をきたすことがあります。不眠が悪化することを反跳性不眠、他にもいろいろ症状がでてくることを離脱症状といったりします。

このように、レンドルミンの減薬・断薬をしていくと反跳性不眠がみられることがあります。やめようとすると不眠がひどくなってしまうので、怖くてやめられなくなってしまいます。ここでは、レンドルミンによる反跳性不眠や離脱症状について、詳しく見ていきたいと思います。


レンドルミンの副作用(対策と比較)

2015.8.15 レンドルミン

レンドルミンは、1988年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。

ですが人によっては効果が強く出過ぎてしまって、ふらつきや翌朝の眠気の持ち越しなどの副作用がみられることがあります。依存性に関しても注意しなければいけません。

ここでは、レンドルミンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


アスコマーナ錠の効果と副作用

2015.8.13 ハルシオン

アスコマーナは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬ハルシオンのジェネリック医薬品(後発品)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。アスコマーナもそのひとつです。いろいろな商品があると紛ら わしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「トリアゾラム」をジェネリックとして処方することに統一されつつ あります。アスコマーナはまだ生き残っています。

アスコマーナは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、アスコマーナの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


トリアゾラム錠の効果と副作用

2015.8.13 ハルシオン

トリアゾラムは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のハルシオンの一般名(成分名)です。ハルシオンは1983年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。最近では紛らわしくなってしまったり、管理が大変になることから、一般名をジェネリックの商品名として統一されつつあります。ですから、ハルシオンのジェネリックとしては「トリアゾラム」が処方されることが多くなっています。

トリアゾラムは、効果が強くて切れ味のよい睡眠薬です。入眠障害の患者さんにはとても有効ですが、副作用や依存性が問題になります。ここでは、トリアゾラムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ハルシオン錠とジェネリックの違いとは?

2015.8.13 ハルシオン

ハルシオンは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。

ハルラック、アスコマーナ、ミンザイン、パルレオン、トリアゾラムなどのいろいろな種類のジェネリックが発売されていました。紛らわしさをなくすために、現在は一般名(成分名)でもある「トリアゾラム」に統一されつつあり、ミンザインやパルレオンは名称変更されています。

先発品のハルシオンとジェネリック(トリアゾラム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


ハルシオンの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.13 ハルシオン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ハルシオンの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ハルシオンの半減期からわかること

2015.8.13 ハルシオン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

ハルシオンの半減期は2.9時間と、睡眠薬の中でも最も短いです。このため、ハルシオンは超短時間型睡眠薬ともよばれています。

ここでは、ハルシオンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


ハルシオンとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.13 ハルシオン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもハルシオンなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

どうしてハルシオンとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がハルシオンに及ぼす影響を考えていきましょう。


マイスリーとハルシオンにはどのような違いがあるのか

2015.8.13 マイスリー

マイスリーとハルシオンは、どちらも寝つきを改善する睡眠薬です。同じような睡眠薬として認識されている方が多いと思います。

確かに、作用時間や効果の特徴などは似ている部分が多いです。ですがハルシオンの方が効果が強い代わりに、副作用や依存性も高い睡眠薬です。

ここでは、日本で処方される睡眠薬の1位、2位を争っているマイスリーとハルシオンの違いをみていき、その位置づけを考えていきたいと思います。


ハルシオンの副作用(対策と比較)

2015.8.13 ハルシオン

ハルシオンは、1983年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

作用時間が短いですが効果が強く、切れ味のよい睡眠薬です。その一方で、ハルシオンはふらつき・健忘などの副作用や依存性の高さなどが問題となっています。

このように切れ味のよいお薬で睡眠薬でも非常によく処方されていたおくすりでしたが、依存や乱用の問題から最近は処方されることが減ってきています。

ここでは、ハルシオンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ハルシオンの依存性とは?

2015.8.13 ハルシオン

ハルシオンは、切れ味のよい睡眠薬として広く処方されています。作用時間が短く、効果もしっかりとしたものがあります。このため、「効いた」という実感も強いものがあり、依存性も高い睡眠薬です。やめようとしても反跳性不眠や離脱症状が出てしまってやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、ハルシオンの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


ハルシオンの離脱症状や反跳性不眠とは?

2015.8.12 ハルシオン

ハルシオンを長く飲んでいると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にハルシオンが減ると、身体がびっくりして不調をきたすことがあります。不眠が悪化することを反跳性不眠、他にもいろいろ症状がでてくることを離脱症状といったりします。

このように、ハルシオンの減薬・断薬をしていくと反跳性不眠がみられることが多いです。やめようとすると不眠がひどくなってしまうので、怖くてやめられなくなってしまいます。ここでは、ハルシオンによる反跳性不眠や離脱症状について、詳しく見ていきたいと思います。


マリスリーの離脱症状や反跳性不眠とは?

2015.8.12 マイスリー

マイスリーを長く飲んでいると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にマイスリーが減ると、身体がびっくりして不調をきたすことがあります。不眠が悪化することを反跳性不眠、他にもいろいろ症状がでてくることを離脱症状といったりします。

このように、マイスリーの減薬・断薬をしていくと反跳性不眠がみられることが多いです。やめようとすると不眠がひどくなってしまうので、怖くてやめられなくなってしまいます。ここでは、マイスリーによる反跳性不眠や離脱症状について、詳しく見ていきたいと思います。


アモバン錠7.5mg・10mgの薬価と使い分け

2015.8.12 アモバン

アモバンは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果が期待できます。

アモバンの錠剤としては7.5mgと10mgの2種類が発売されています。割線がついているので半分に割ることもできます。まずは7.5mgからはじめて、効果をみながら10mgまで増量するか検討します。ここでは、アモバン錠10mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

アモバンの効果について詳しく知りたい方は、
アモバン錠の効果と強さ
をお読みください。


スローハイム錠(ゾピクロン錠「アメル」)の効果と副作用

2015.8.12 アモバン

スローハイムは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンのジェネリック医薬品です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

スローハイムは、2013年からゾピクロン錠「アメル」という名称に変更されました。いろいろな名前のジェネリックがあると紛らわしくなってしまうために、一般名(成分名)のゾピクロンをジェネリックの処方として統一する流れをうけてです。

スローハイムはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、スローハイムの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ドパリール錠の効果と副作用

2015.8.12 アモバン

ドパリールは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンのジェネリック医薬品です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。ドパリールもそのひとつです。いろいろな商品があると紛らわしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「ゾピクロン」をジェネリックとして処方することに統一されつつあります。

ドパリールはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、ドパリールの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


アモバンテス錠の効果と副作用

2015.8.12 アモバン

アモバンテスは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンのジェネリック医薬品です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。アモバンテスもそのひとつです。いろいろな商品があると紛らわしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「ゾピクロン」をジェネリックとして処方することに統一されつつあります。

アモバンテスはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、アモバンテスの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


メトローム錠の効果と副作用

2015.8.12 アモバン

メトロームは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンのジェネリック医薬品です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。メトロームもそのひとつです。いろいろな商品があると紛らわしくなってしまったり、管理が大変になってしまいますね。最近では、一般名(成分名)の「ゾピクロン」をジェネリックとして処方することに統一されつつあります。

メトロームはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、メトロームの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ゾピクロン錠の効果と副作用

2015.8.11 アモバン

ゾピクロンは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のアモバンの一般名(成分名)です。アモバンは1989年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も多数発売されています。

ジェネリック医薬品も、昔はいろいろな製薬会社がそれぞれの商品名をつけて販売していました。最近では紛らわしくなってしまったり、管理が大変になることから、一般名をジェネリックの商品名として統一されつつあります。ですから、アモバンのジェネリックとしては「ゾピクロン」が処方されることが多くなっています。

ゾピクロンはバランスの良い睡眠薬ですし、合う方にはとてもよい睡眠薬です。ここでは、ゾピクロンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


アモバンとジェネリックの違いとは?

2015.8.11 アモバン

アモバンは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。

アモバンテス・メトローム・ドパリール・スローハイムなどのいろいろな種類のジェネリックが発売されていましたが、現在は一般名(成分名)でもある「ゾピクロン」に統一されつつあります。

先発品のアモバンとジェネリック(ゾピクロン)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


アモバンの副作用(対策と比較)

2015.8.11 アモバン

アモバンは1989年に日本で初めて発売された非ベンゾジアゼピン系睡眠薬です。従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬に比べると、副作用は少なく安全性の高い睡眠薬として広く使われるようになりました。

ただ、アモバン特有の「苦味」があったりします。安全性の高いアモバンですが、どのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、アモバンの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


アモバンの半減期からわかること

2015.8.11 アモバン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

アモバンの半減期は4時間と睡眠薬の中では短いです。このためアモバンは超短時間型睡眠薬と呼ばれていますが、ギリギリ中途覚醒にも効果が期待できる睡眠薬です。

ここでは、アモバンの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


アモバンの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.11 アモバン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、アモバンの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


アモバンが苦いのはなぜ?苦味の対策とは?

2015.8.10 アモバン

アモバンを飲むと苦いと感じる方がいらっしゃいます。飲んだ時に苦いだけならば「良薬は口に苦し」ですみますが、この苦味は翌日も続いてしまうこともあります。

この苦味はアモバンに特有の副作用です。飲むときに苦いと感じたり、マズイと感じる薬はたくさんあります。ですが、服用してからも続くような味覚障害はあまりありません。

ここでは、アモバンが苦い理由とその対策について考えていきましょう。


マイスリーの作用時間とは?

2015.8.10 マイスリー

マイスリーは、寝つきを改善する睡眠薬としてよくつかわれています。マイスリーの半減期をみると、薬の作用時間や効き方を予想することができます。

マイスリーは半減期が2時間と非常に短い睡眠薬です。作用時間が短く、とても切れ味のよい睡眠薬です。

ここでは、マイスリーの作用時間について詳しく見ていきたいと思います。


ルネスタ錠3mgの薬価と実際の使い方

2015.8.10 ルネスタ

ルネスタは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果が期待できます。

ルネスタの錠剤としては1mgと2mgと3mgの3種類が発売されています。まずは1mg~2mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ルネスタ錠3mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ルネスタの効果について詳しく知りたい方は、
ルネスタ錠の効果と強さ
をお読みください。


ルネスタ錠2mgの薬価と実際の使い方

2015.8.10 ルネスタ

ルネスタは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果が期待できます。

ルネスタの錠剤としては1mgと2mgと3mgの3種類が発売されています。まずは1mg~2mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ルネスタ錠2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ルネスタの効果について詳しく知りたい方は、
ルネスタ錠の効果と強さ
をお読みください。


ルネスタ錠1mgの薬価と実際の使い方

2015.8.10 ルネスタ

ルネスタは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果は期待できます。

ルネスタの錠剤としては1mg・2mg・3mgの3種類が発売されています。まずは1mg~2mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ルネスタ錠1mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ルネスタの効果について詳しく知りたい方は、
ルネスタの効果と強さ
をお読みください。


マイスリーの依存性とは?

2015.8.9 マイスリー

マイスリーは、バランスのよい睡眠薬としてよく使われています。依存性も少ないと考えられていますが、処方数が多いためか乱用されることも多い睡眠薬です。

ちゃんと主治医の指示を守って用法どおりに使っていれば、まず依存してしまう心配はありません。ここでは、マイスリーの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


睡眠薬(眠剤)の依存性と7つの対策

2015.8.9 睡眠薬のまとめ

どんな人でも不眠になってしまうことはあります。みなさんは眠れない時は、どのように対処していますか?病院にいって睡眠薬をもらおうと考える方は少ないかと思います。

「睡眠薬は一度はじめたら、やめられなくなってしまう」そんな誤解をされている方がとても多いです。確かに睡眠薬には依存の問題があります。ですが、依存症になってしまう方はごくわずか、ちゃんと出口を見据えて使っていけば、睡眠薬も心配ありません。

眠れないと悪循環がはじまってしまいます。ここでは、多くの方が心配されている睡眠薬(眠剤)の依存性について理解していただき、心の健康に大切な睡眠をしっかりとセルフケアできるようにしていただければと思います。


ルネスタの副作用(対策と比較)

2015.8.9 ルネスタ

ルネスタは、アモバンを改良した睡眠薬です。

もともとアモバンも副作用は少なく安全性の高い睡眠薬でしたが、苦味が残ってしまう副作用がありました。ルネスタでは、苦味も軽減されて飲みやすくなっています。

このようにルネスタは安全性の高い睡眠薬となっていますが、副作用はどうしても免れません。ルネスタではどのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、ルネスタの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ルネスタの苦味とは?

2015.8.8 ルネスタ

ルネスタを飲むと苦いと感じる方がいらっしゃいます。飲んだ時に苦いだけならば「良薬は口に苦し」ですみますが、この苦味は翌日も続いてしまうこともあります。

この苦味はアモバンで特によくみられますが、その改良した睡眠薬であるルネスタでも見られるのです。アモバンに比べると苦味は軽減されています。

ここでは、ルネスタの苦味について考えていきましょう。


マイスリーの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.7 マイスリー

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、マイスリーの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


マイスリー錠10mgの実際の使い方

2015.8.7 マイスリー

マイスリーは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。

マイスリーの錠剤としては5mgと10mgの2種類が発売されています。まずは5mgからはじめて、効果が不十分な時は10mgに増量します。

ここでは、ジェネリックのゾルピデムとも比較しながら、マイスリー錠10mgについてご紹介していきます。

マイスリーの効果について詳しく知りたい方は、
マイスリー錠の効果と強さ
をお読みください。


マイスリー錠5mgの薬価と実際の使い方

2015.8.7 マイスリー

マイスリーは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。

マイスリーの錠剤としては5mgと10mgの2種類が発売されています。まずは5mg錠からはじめて、効果をみながら増減させていきます。ジェネリックのゾルピデムとも比較しながら、マイスリー錠5mgについてご紹介していきます。

マイスリーの効果について詳しく知りたい方は、
マイスリー錠の効果と強さ
をお読みください。


マイスリーの妊娠への影響とは?

2015.8.6 マイスリー

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。マイスリーを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

マイスリーは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、マイスリーの妊娠への影響について考えていきたいと思います。


マイスリーとジェネリックの違いとは?

2015.8.6 マイスリー

マイスリーは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。ゾルピデムとして発売されています。

先発品のマイスリーとジェネリックのゾルピデムがまったく同じかというと、そうではありません。マイスリーとジェネリック(ゾルピデム)にはどのような違いがあるのでしょうか?

ジェネリック医薬品を使う時の注意点もふまえて、マイスリーとジェネリック(ゾルピデム)について詳しくお伝えしていきたいと思います。


ゾルピデム酒石酸塩錠の副作用(対策と比較)

2015.8.5 マイスリー

ゾルピデム酒石酸塩錠は、マイスリーのジェネリックです。マイスリーに比べると薬価が5割ほどとなっていて、お手頃になっています。

ゾルピデムは、従来の睡眠薬よりも副作用が少なく、安全性が高いといわれています。このため、睡眠薬として広く処方されています。安全性が高いとはいっても、副作用はどうしても免れません。ゾルピデムではどのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、ゾルピデム酒石酸塩錠の副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ゾルピデム酒石酸塩錠の効果と強さ

2015.8.5 マイスリー

ゾルピデム酒石酸塩錠は、マイスリー錠のジェネリックです。ジェネリックが発売されたことによって、薬価が5割くらいになっています。

寝つきを改善するお薬としてよく使われている睡眠薬です。従来の睡眠薬に見られたふらつきや翌朝への持越しなどの副作用がとても少なく、安全性の高いお薬です。ハルシオンと並んで、たくさん処方されている睡眠薬です。

ここでは、ゾルピデム酒石酸塩錠にはどのような効果の特徴があるのかを詳しくお伝えしていきたいと思います。


マイスリーのやめ方(減薬・断薬の方法)

2015.8.5 マイスリー

マイスリーは寝つきが悪くて困っていた方には、とてもよく効く睡眠薬です。だからこそ、マイスリーをやめられなくなってしまいます。「飲んでて眠れるならばまぁいいや・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

マイスリーにも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。マイスリーを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、マイスリーの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


マイスリーの半減期からわかること

2015.8.5 マイスリー

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

マイスリーの半減期は2時間と、睡眠薬の中でも最も短いです。このため、マイスリーは超短時間型睡眠薬ともよばれています。

ここでは、マイスリーの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


マイスリーとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.4 マイスリー

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもマイスリーなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

それでは、どうしてマイスリーとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がマイスリーに及ぼす影響を考えていきましょう。


マイスリーの副作用(対策と比較)

2015.8.3 マイスリー

マイスリーは、従来の睡眠薬よりも副作用が少なく、安全性が高いといわれています。このため、睡眠薬として広く処方されています。

マイスリーの安全性が高いとはいっても、副作用はどうしても免れません。マイスリーではどのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、マイスリーの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


非ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは?効果と副作用の比較

2015.8.3 睡眠薬のまとめ

マイスリーやアモバンやルネスタといった睡眠薬は、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されます。成分名がZからはじまるものが多いので、Z系睡眠薬とも呼ばれています。

従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬と比べると、翌朝への眠気の持ち越しやふらつき、倦怠感といった副作用が軽減されています。依存性も低いために、使い勝手のよい睡眠薬として処方が増えています。

ここでは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果と副作用ついて詳しくみていきたいと思います。また、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の中での比較もみていきましょう。


ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは?効果と副作用の比較

2015.8.2 睡眠薬のまとめ

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、現在最も使われている睡眠薬です。

脳の活動を抑えることで睡眠を促すお薬です。効果もしっかりとしていて、昔に使われていたバルビツール系睡眠薬などよりも格段に安全性はあがっています。そうはいっても、ふらつきや翌朝への眠気の持ち越しといった副作用、なかなかやめられなくなる依存性などに注意が必要です。

ここでは、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。また、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の中での違いを比較してみましょう。