ボルタレン錠・カプセルの効果と副作用

2017.1.12 ボルタレン

ボルタレン錠(一般名:ジクロフェナク)は、1974年にノバルティスファーマで発売された解熱鎮痛薬です。

ボルタレン錠は、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アニール酢酸系」に含まれます。ボルタレン錠の特徴は、NSAIDsの中でも即効性があるうえに、効果も最強クラスという点です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。またボルタレン錠は効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

ここでは、ボルタレン錠の効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


メロキシカム錠の効果と副作用

2017.1.6 モービック

メロキシカム錠は、2005年にベーリンガーインゲルハイムで発売された解熱鎮痛薬のモービックのジェネリック医薬品です。

メロキシカムは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs:エヌセイド)の中の「オキシカム系」に含まれます。メロキシカムの特徴としては、持続性に優れており、また選択的COX-2阻害薬であるため、胃腸障害などの副作用が他のNSAIDsと比較して少ないことがあげられます。

ただし注意が必要なのは、メロキシカムなどの解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。

ここでは、メロキシカムの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ボルタレンサポの副作用と安全性

2017.1.2 ボルタレン

ボルタレンサポ(一般名:ジクロフェナク)は、坐薬の解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。

ボルタレンサポは即効性があり、効果も強いお薬です。NSAIDsと呼ばれる同じタイプの解熱鎮痛剤の中でも、ボルタレンサポは効果が強いお薬になります。

しかし効果が強い分、副作用も強いため注意が必要です。特にボルタレンサポなどのNSAIDsは副作用として、胃腸障害が問題になります。ボルタレンサポも坐薬で胃腸は通過しないとはいえ胃腸障害が出現するため気を付ける必要があります。

さらにボルタレンサポは効果が強く出すぎて低体温や血圧低下によるショックがあるため気を付ける必要があります。また妊娠後期の方含めて、使用することができない人もいます。

ここでは、ボルタレンサポにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかお伝えしていきます。


ボルタレンサポ(坐薬)の効果と特徴

2017.1.1 ボルタレン

ボルタレンサポ(一般名:ジクロフェナク)は、1974年にノバルティスファーマで発売された解熱鎮痛薬の坐薬です。

ボルタレンサポは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アニール酢酸系」に含まれます。ボルタレンサポは、NSAIDsの中でも即効性があるうえに、効果も最強クラスという特徴があります。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。またボルタレンサポは効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

ここでは、ボルタレンサポの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


セレコックスは絶対に安全なお薬ではない!セレコックスが良い場合、悪い場合とは?

2016.12.23 セレコックス

セレコックスは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)に含まれます。選択的にCOX-2を阻害するため、現時点では最も安全なお薬とされています。

しかし安全といわれているのは、胃腸障害や腎機能障害が少ないからです。その点以外は、他のNSAIDs同様セレコックスも使ってはいけない疾患も多くありますし、妊婦に使用すると赤ちゃんに影響が出ることがあることがあるため、時期によっては使用できません。

ここでは、セレコックスの安全性について詳しく見ていきたいと思います。セレコックスはどのような人に使えないのでしょうか?


セレコックス錠(セレコキシブ)の効果と特徴

2016.12.22 セレコックス

セレコックス(一般名:セレコキシブ)は、2007年にアステラス製薬から発売された解熱鎮痛薬です。

セレコックスは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs:エヌセイド)の中の「コキシブ系」に含まれます。セレコックスの特徴としては、持続性に優れており、また選択的COX-2阻害薬であるため、胃腸障害などの副作用が他のNSAIDsと比較して少ないことがあげられます。

ただし注意が必要なのは、セレコックスなどの解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、セレコックスの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


プラノプロフェンの効果と副作用

2016.12.17 二フラン

プラノプロフェンは、解熱鎮痛薬として発売されているニフランのジェネリック医薬品です。

プラノプロフェンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「プロピオン酸系」に含まれます。この「プロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ロキソニンなどが挙げられます。

プラノプロフェンは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬です。特にプラノプロフェンは、痛風発作に対して使用されることが多いと思います。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、プラノプロフェンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


セレコックスの副作用と安全性、その対策とは?

2016.12.12 セレコックス

セレコックス(一般名:セレコキシブ)は、痛み止めや解熱剤として多くの人に使用されています。

セレコックスは副作用の原因となるCOX-1阻害作用がわずかで、痛みの原因となるCOX-2のみを選択して阻害します。このため、現時点では最も安全なNSAIDsといわれています。

そのため、他のNSAIDsで副作用を認めたためにセレコックスに変えたという人も多いかもしれません。しかしセレコックスでも、副作用は出現します。セレコックスには、わずかながらCOX-1阻害作用もあると考えられています。

ここでは、セレコックスにどのような副作用があり、どのような点に気を付ければいいかみていきましょう。


オパイリンの副作用と安全性

2016.12.9 オパイリン

オパイリン(一般名:フルフェナム酸アルミニウム製剤)は、解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。主にオパイリンは痛風発作の際に処方されるかと思います。

ただしオパイリンは、NSAIDsとして胃腸障害や腎機能障害が出現しやすいお薬です。さらにオパイリンは、妊娠後期の方には使用できないなどの制限もあります。

オパイリンを正しく使用するために、ここではオパイリンにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


オパイリン(フルフェナム酸アルミニウム)の効果と特徴

2016.12.8 オパイリン

オパイリン(一般名:フルフェナム酸アルミニウム )は、1967年に大正製薬で発売された解熱鎮痛薬です。

オパイリンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アントラニル酸系」に含まれます。この「プロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ポンタールが挙げられます。

オパイリンは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬です。ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

またNSAIDsは胃腸障害などの副作用が起こりやすいお薬です。オパイリンはアルミニムが複合されていることで、この胃腸障害を置きづらくするなどの工夫がされています。

ここでは、オパイリンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


モービックの副作用と安全性

2016.12.2 モービック

モービック(一般名:メロキシカム)は、NSAIDsによる解熱鎮痛薬です。

一般的にNSAIDsは胃腸障害や腎機能障害が出現しやすいお薬です。ただしモービックはNSAIDsの副作用となるCOX-1ではなく、痛みの原因となるCOX-2を選択的に阻害するため、副作用が出現しにくいと言われています。

ただし、あくまでもCOX-1よりCOX-2を選択して阻害するだけであり、COX-1を全く阻害しないわけではありません。そのため、モービックでも胃腸障害や腎機能障害は起こり得ます。さらにモービックは、妊娠後期の方には使用できないなどの制限もあります。

モービックを正しく使用するために、ここではモービックにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


モービック錠(メロキシカム)の効果と特徴

2016.12.1 モービック

モービック(一般名:メロキシカム)は、2005年にベーリンガーインゲルハイムで発売された解熱鎮痛薬です。

モービックは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs:エヌセイド)の中の「オキシカム系」に含まれます。モービックの特徴としては、持続性に優れており、また選択的COX-2阻害薬であるため胃腸障害などの副作用が他のNSAIDsと比較して少ないことがあげられます。

ただし注意が必要なのは、モービックなどの解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、モービックの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


オステラック錠の効果と副作用

2016.11.28 ハイペン

オステラックは、2003年に日本新薬で発売されたハイペンのジェネリック医薬品です。

オステラックは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs:エヌセイド)として解熱鎮痛薬として使用されています。オステラックの特徴としては、即効性に優れており、また選択的COX-2阻害薬であるため胃腸障害などの副作用が他のNSAIDsと比較して少ないことがあげられます。

ただし注意が必要なのは、オステラックなどの解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、オステラックの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


エトドラク錠の効果と副作用

2016.11.20 ハイペン

エトドラクは、2003年に日本新薬で発売されたハイペンのジェネリック医薬品です。

エトドラクは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs:エヌセイド)として解熱鎮痛薬として使用されています。エトドラクの特徴としては、即効性に優れており、また選択的COX-2阻害薬であるため胃腸障害などの副作用が他のNSAIDsと比較して少ないことがあげられます。

ただし注意が必要なのは、エトドラクなどの解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、エトドラクの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


マイカサール錠の効果と副作用

2016.11.17 ポンタール

マイカサール(一般名:メフェム酸)は、1966年に第一三共で発売されたポンタールのジェネリック医薬品です。

マイカサールは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)に分類される解熱鎮痛薬です。マイカサールの特徴は、小児にも使用しやすいお薬という点です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。

ここでは、マイカサールの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ハイペンの副作用と安全性について

2016.11.14 ハイペン

ハイペン(一般名:エトドラク)は、NSAIDsによる解熱鎮痛薬です。

一般的にNSAIDsは胃腸障害や腎機能障害が出現しやすいお薬です。ただしハイペンはNSAIDsの副作用となるCOX-1ではなく、痛みの原因となるCOX-2を選択的に阻害するため、副作用が出現しにくいと言われています。

ただし、あくまでもCOX-1よりCOX-2を選択して阻害するだけであり、COX-1を全く阻害しないわけではありません。そのためハイペンでも胃腸障害や腎機能障害は起こり得ます。さらにハイペンは、妊娠後期の方には使用できないなどの制限もあります。

ハイペンを正しく使用するために、ここではハイペンにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


ハイペン錠(エトドラク)の効果と特徴

2016.11.13 ハイペン

ハイペン(一般名:エトドラク)は、2003年に日本新薬で発売された解熱鎮痛薬です。

ハイペンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs:エヌセイド)の中の「ピラノ酢酸系」に含まれます。ハイペンの特徴としては、即効性に優れており、また選択的COX-2阻害薬であるため胃腸障害などの副作用が他のNSAIDsと比較して少ないことがあげられます。

ただし注意が必要なのは、ハイペンなどの解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、ハイペンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


クリノリルの副作用と安全性について

2016.11.10 クリノリル

クリノリル(一般名:スリンダク)は、解熱鎮痛剤として主に腎機能障害の人に使用されています。クリノリルはプロドラッグとして薬がすぐに作用せずに、体内で代謝されて有効物質に変換されるため副作用が出づらくなってます。

特にクリノリルは、腎臓で排泄される時には元のスリンダクに戻ることで、腎臓にダメージを与えづらい構造になっています。しかしクリノリルは安全性が高いですが、絶対に安全なお薬ではありません。

元々NSAIDs自体が、胃腸障害や腎機能障害が出現しやすいお薬です。さらにクリノリルは、妊娠後期の方には使用できないなどの制限もあります。

クリノリルを正しく使用するために、ここではクリノリルにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


クリノリル錠(スリンダク)の効果と特徴

2016.11.9 クリノリル

クリノリル(一般名:スリンダク)は、1981年に杏林製薬で発売された解熱鎮痛薬です。

クリノリルは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アニール酢酸系」に含まれます。クリノリルの特徴としては、ロキソニンなどと同じプロドラッグ製剤であることです。

プロドラッグ製剤とは内服してから成分が変化することで副作用を少なくするお薬です。特にクリノリルは有効成分に変化した後、排泄前に一部がもとに戻る特徴があります。これによって、腎機能障害の人にも使いやすくなったお薬です。

ただし注意が必要なのは、クリノリルなどの解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、クリノリルの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ニフランの副作用と安全性

2016.11.4 二フラン

ニフラン(一般名:プラノプロフェン)は、解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。主にニフランは痛風発作の際に処方されるかと思います。

ただしニフランは、NSAIDsとして胃腸障害や腎機能障害が出現しやすいお薬です。さらにニフランは、妊娠後期の方には使用できないなどの制限もあります。

ニフランを正しく使用するために、ここではニフランにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


ニフラン錠・シロップ(プラノプロフェン)の効果と特徴

2016.11.3 二フラン

ニフラン(一般名:プラノプロフェン)は、1988年に田辺三菱製薬で発売された解熱鎮痛薬です。

ニフランは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「プロピオン酸系」に含まれます。この「プロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ロキソニンなどが挙げられます。

ニフランは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬です。特にニフランは、痛風発作に対して使用されることが多いと思います。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、ニフランの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ロキソニンの先発品・ジェネリック・市販薬の値段の薬価の比較

2016.11.1 ロキソニン

ロキソニン(一般名:ロキソプロフェンナトリウム)は、1986年に第一三共から発売された解熱鎮痛剤(痛み止めや熱冷まし)として使われているお薬になります。

ロキソニンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)に含まれます。NSAIDsでも最もよく使用されるのがロキソニンのため、ロキソプロフェンナトリウムとしてジェネリック医薬品も発売していますし、町の薬局でも処方箋なしに購入することもできる非常に身近なお薬です。

先発品・ジェネリック医薬品・市販薬はどれも、ロキソプロフェンナトリウム60mgと全く有効成分が同じ量のお薬です。こうなってくると、値段がどれくらい違ってくるのか気になるところです。

ここでは、ロキソニン錠の価格について考えていきましょう。


ソランタールの副作用と安全性

2016.10.30 ソランタール

ソランタール(一般名:チアラミド塩酸塩)は、解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。

NSAIDsと呼ばれる同じタイプの解熱鎮痛剤の中でも、ソランタールは効果が弱いお薬になります。効果が弱い分、副作用もマイルドになります。そのため通常NSAIDsは,妊娠後期の方には禁忌ですが,ソランタールは禁忌とはなっていません。

ただしマイルドだからといって、ソランタールを乱発して良いわけではありません。ソランタールなどのNSAIDsは、副作用として胃腸障害が問題になります。

ここでは、ソランタールにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかお伝えしていきます。


ソランタール錠(チアラミド塩酸塩)の効果と特徴

2016.10.29 ソランタール

ソランタール(一般名:チアラミド塩酸塩)は、1975年にアステラス製薬会社から発売された解熱鎮痛薬です。

ソランタールは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「塩基性」に含まれます。ソランタールの特徴は、NSAIDsの中では効果は最も弱いですが、安全性が高いお薬であることです。

解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。特に高齢者の方などは元々症状が出づらいため、強力なお薬を使うと重篤な病気を見逃す可能性があります。

そのため、ソランタールのように効果が弱いお薬がすべてダメなわけではありません。

ここでは、ソランタールの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ロルカムの副作用と安全性

2016.10.26 ロルカム

ロルカム(一般名:ロルノキシカム)は、解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。

ロルカムは即効性があり、効果も強いお薬です。NSAIDsと呼ばれる同じタイプの解熱鎮痛剤の中でも、ロルカムは効果が強いお薬になります。

しかし効果が強い分、副作用も強いため注意が必要です。よく知られているロキソニンと比較すると、3倍副作用が多いともいわれています。

ロルカムなどのNSAIDsは副作用として、胃腸障害が問題になります。また妊娠後期の方含めて、使用することができない人もいます。

ここでは、ロルカムにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかお伝えしていきます。


ロルカム錠(ロルノキシカム)の効果と特徴

2016.10.25 ロルカム

ロルカム(一般名:ロルノキシカム)は、2001年に大正富山で発売された解熱鎮痛薬です。

ロルカムは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「オキシカム系」に含まれます。ロルカムの特徴は、NSAIDsの中でも即効性があるうえに効果も最強クラスという点です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。またロルカムは効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

ここでは、ロルカムの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


市販薬のEVE(イブ)は安易に使ってはいけない!EVEの効果と問題点とは?

2016.10.22 ブルフェン

EVEは、解熱鎮痛剤のブルフェンの市販薬として発売されています。市販薬の解熱鎮痛剤としてはよく使われていて、多くの方に使用されています。CMで見られた方も多いかもしれません。

ただしEVEは、安全だから市販薬になっているわけではありません。またEVEは症状となる病気を治す治療ではなく、表現はよくありませんが痛みや熱を誤魔化すためのお薬です。ですからEVEを飲み続けて様子を見てたら、状態が悪化してしまったということは多々あります。

ここでは、どのように市販薬のEVEを使っていくべきなのか、解熱鎮痛剤の治療での位置づけも踏まえながら詳しくお伝えしていきます。


イブプロフェンの副作用と安全性

2016.10.21 ブルフェン

イブプロフェンは、ブロフェンのジェネリック医薬品です。痛み止めや解熱剤として多くの人に使用されています。イブプロフェンを主成分としたEVEとして、今やドラッグストアでも気軽に購入できるお薬です。

気軽に買えるお薬だから、副作用もほとんどない安全なお薬だと思っているかもしれません。確かにイブプロフェンはNSAIDsの中でも比較的マイルドな薬のため副作用は少ない方です。

しかしイブプロフェンなどのNSAIDs自体、副作用など様々なことが起こりやすいお薬になります。さらにイブプロフェンは使ってはいけない疾患も多くありますし、妊婦に使用すると赤ちゃんに影響が出ることがあることがあるため、時期によっては使用できません。

イブプロフェンが身近にあるのは安全な薬だからではなく、多くの病気に対して効果があるからです。市販薬であるEVEでも、添付文章をみると細かく注意が記載されています。しかし症状が辛くて市販薬を買う時に、添付文章を細かくチェックする人は少ないのではないでしょうか?

ここではイブプロフェンの副作用と安全性についてみていきましょう。


イブプロフェン錠・顆粒の効果と特徴

2016.10.20 ブルフェン

イブプロフェンは、1973年に発売されたブルフェンのジェネリック医薬品です。

イブプロフェンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「フェニルプロピオン酸系」に含まれます。この「フェニルプロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ロキソニンなどが挙げられます。

イブプロフェンは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬で、町の薬局でも処方箋なしに購入することもできる非常に身近なお薬です。EVE(イヴ)という商品は、イブプロフェンと同じ成分が使用されています。

ただし身近にあるからといって、安全なお薬というわけではありません。そもそも痛みや熱は、体に何か異常が起こってるという警報機になります。イブプロフェンはこの警報機を一時的にオフにするに過ぎず、原因の解決は行わないため注意が必要です。

ここでは、イブプロフェンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ポンタールの副作用と安全性

2016.10.19 ポンタール

ポンタール(一般名:メフェム酸)は、解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。ポンタールは、NSAIDsとして現在最もよく使われる解熱鎮痛剤の1種類です。

ただしよく使われているからといって、全く安全というわけではありません。NSAIDsは副作用として、胃腸障害が問題になります。また妊娠後期の方含めて、使用することができない人もいます。

ここでは、ポンタールにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


ポンタール錠・散(メフェム酸)の効果と特徴

2016.10.18 ポンタール

ポンタール(一般名:メフェム酸)は、1966年に第一三共で発売された解熱鎮痛薬です。

ポンタールは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アントラニル酸系」に含まれます。ポンタールの特徴は、粉薬やシロップなどと剤型が豊富で、小児にも使用しやすいお薬という点です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。

ここでは、ポンタールの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ナイキサンの副作用と安全性について

2016.10.15 ナイキサン

ナイキサン(一般名:ナプロキセン)は、解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。主にナイキサンは、腫瘍熱に対して使用するお薬です。そのため癌による熱を認める方は、長年の付き合いになることも多いです。

ただし、全ての癌の方にナイキサンは使えるわけではありません。また、ナイキサン自体の副作用にも胃腸障害や腎障害があります。

ここでは、ナイキサンにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかみていきましょう。


ブルフェンの副作用とその対処法

2016.10.14 ブルフェン

ブルフェン(一般名:イブプロフェン)は、痛み止めや解熱剤として多くの人に使用されています。EVEとして、今やドラッグストアでも気軽に購入できるお薬です。

気軽に買えるお薬だから、副作用もほとんどない安全なお薬だと思っているかもしれません。確かにブルフェンはNSAIDsの中でも比較的マイルドな薬のため副作用は少ない方です。

しかしブルフェンなどのNSAIDs自体、副作用など様々なことが起こりやすいお薬になります。ですから、気軽にポンポン使用してはいけないお薬なのです。

ここでは、ブルフェンにどのような副作用があり、どのような点に気を付ければいいかみていきましょう。


ナイキサン錠(ナプロキセン)の効果と特徴

2016.10.13 ナイキサン

ナイキサン(一般名:ナプロキセン)は、1978年に田辺三菱製薬で発売された解熱鎮痛薬です。

ナイキサンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「フェニルプロピオン酸系」に含まれます。この「フェニルプロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ロキソニンなどが挙げられます。

ナイキサンは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬です。特にナイキサンは、腫瘍熱に対して最も効果を発揮するお薬です。腫瘍熱とは、いわゆる癌で熱を発する場合です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状をあくまで一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないので注意が必要です。

ここでは、ナイキサンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ブルフェンの安全性は大丈夫?ブルフェンの飲み合わせと妊娠への影響

2016.10.12 ブルフェン

ブルフェンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)に含まれます。解熱鎮痛剤として広く使われているお薬で、町の薬局でも処方箋なしにEVEとして購入することもでき、非常に身近なお薬です。

ただし身近にあるからといって、安全なお薬というわけではありません。むしろブルフェンは使ってはいけない疾患も多くありますし、妊婦に使用すると赤ちゃんに影響が出ることがあることがあるため、時期によっては使用できません。

ブルフェンが身近にあるのは安全な薬だからではなく、多くの病気に対して効果があるからです。市販薬であるEVEでも、添付文章をみると細かく注意が記載されています。しかし症状が辛くて市販薬を買う時に、添付文章を細かくチェックする人は少ないのではないでしょうか?

ここでは、ブルフェンの安全性について詳しく見ていきたいと思います。ブルフェンはどのような人に使えないのでしょうか?皆さんもなじみのあるお薬だと思いますので、ぜひ一度確認してみてください。


市販薬のロキソニンSは安易に使ってはいけない!ロキソニンSの効果と問題点

2016.10.11 ロキソニン

ロキソニンは、痛み止め、熱冷ましとして多くの人が使用されています。日本で知らない人の方が少ないかもしれません。

先日、海外の方が「I would like some strong painkiller」と来院されました。(鎮痛薬は英語で、painkillers)その外国の方は、「打撲した肩がひどく痛む」ということだったのでロキソニンをおすすめしたところ、「I know Loxonin」と言われました。このように今や世界的にも有名なロキソニンです。

ロキソニンは、ロキソニンSとして市販薬も発売されています。ただしロキソニンSは、安全だから市販薬になっているわけではありません。またロキソニンSは症状となる病気を治す治療ではなく、表現はよくありませんが誤魔化すためのお薬です。ですからロキソニンSを飲み続けて様子を見てたら、状態が悪化してしまったということは多々あります。

ここでは、ロキソニンSとうまく付き合うためにも特徴についてよく知っておきましょう。


ブルフェン錠・顆粒(イブプロフェン)の効果と特徴

2016.10.9 ブルフェン

ブルフェン(一般名:イブプロフェン)は、1973年に昭和薬科で発売された解熱鎮痛薬です。

ブルフェンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「フェニルプロピオン酸系」に含まれます。この「フェニルプロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ロキソニンなどが挙げられます。

ブルフェンは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬で、町の薬局でも処方箋なしに購入することもできる非常に身近なお薬です。EVE(イヴ)という商品は、ブルフェンと同じ成分であるイブプロフェンが使用されています。

ただし身近にあるからといって、安全なお薬というわけではありません。そもそも痛みや熱は、体に何か異常が起こってるという警報機になります。ブルフェンはこの警報機を一時的にオフにするに過ぎず、原因の解決は行わないため注意が必要です。

ここでは、ブルフェンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ロキソニンの安全性は大丈夫?ロキソニンの飲み合わせと妊娠への影響

2016.10.7 ロキソニン

ロキソニンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)に含まれます。解熱鎮痛剤として広く使われているお薬で、町の薬局でも処方箋なしにロキソニンSとして購入することもできる非常に身近なお薬です。

ただし身近にあるからといって、安全なお薬というわけではありません。むしろロキソニンは使ってはいけない疾患も多くありますし、妊婦に使用すると赤ちゃんに影響が出ることがあることがあるため、時期によっては使用できません。

ロキソニンが身近にあるのは、安全な薬だからではなく多くの病気に対して効果があるからです。市販薬であるロキソニンSでも、添付文章をみると細かく注意が記載されています。しかし症状が辛くて市販薬を買う時に、添付文章を細かくチェックする人は少ないのではないでしょうか?

ここでは、ロキソニンの安全性について詳しく見ていきたいと思います。ロキソニンはどのような人に使えないのでしょうか?皆さんもなじみのあるお薬だと思いますので、ぜひ理解しておいてください。


ロキソニン(ロキソプロフェン)の副作用と安全性

2016.9.24 ロキソニン

ロキソニン(一般名:ロキソプロフェンナトリウム)は痛み止め、解熱剤として多くの人に使用されています。ロキソニンSとして、今やドラッグストアでも気軽に購入できるお薬です。

気軽に買えるお薬だから、副作用もほとんどない安全なお薬だと思っているかもしれません。しかしこれは大間違いです。ロキソニンは、市販薬として売り出される前は劇薬に指定されていました。つまり副作用など、様々なことが起こりやすいお薬と考えられていたのです。

今は普通薬に分類されていますが、ロキソニンは副作用が少ないから市販薬として売り出されたわけではなく、使用する人が多いから市販薬として売り出された経緯があります。そのため、気軽にポンポン使用してはいけないお薬になります。

ここでは、ロキソニンにどのような副作用があり、どのような点に気を付ければいいかみていきましょう。


ロキソニン錠(ロキソプロフェンナトリウム)の効果と特徴

2016.9.23 ロキソニン

ロキソニン(一般名:ロキソプロフェンナトリウム)は1986年に第一三共から発売された、解熱鎮痛剤(痛み止めや熱冷まし)として使われているお薬になります。

ロキソニンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS、エヌセイド)に含まれます。解熱鎮痛剤として広く使われているお薬で、町の薬局でも処方箋なしに購入することもできる非常に身近なお薬です。

ただし身近にあるからといって、安全なお薬というわけではありません。そもそも痛みや熱は、体に何か異常が起こってるという警報機になります。ロキソニンはこの警報機を一時的にオフにするに過ぎず、原因の解決は行わないため注意が必要です。

ここでは、最も有名な解熱鎮痛剤といっても過言ではないロキソニンの特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。