セパゾン錠の効果と強さ

2016.12.14 セパゾン

セパゾンは、1974年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

現在は新しい薬もいろいろ発売されていますので、使われることが減ってきているお薬になります。ですが効果がしっかりとしているわりに副作用が少ないお薬として、今でも使われているお薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、セパゾンの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセパゾンが向いているのかを考えていきましょう。


クロキサゾラム(セパゾン)の効果と副作用

2015.9.21 セパゾン

クロキサゾラムは、1974年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬クロキサゾラムの一般名(成分名)です。

一般名は主に学術的な世界でつかわれていますが、最近はジェネリックが一般名で販売されることが増えています。残念ながらクロキサゾラムではジェネリックが発売されていないので、あまりクロキサゾラムを目にすることは少ないです。

クロキサゾラムなどの抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。クロキサゾラムは、効果がしっかりとしているわりに副作用が少ないお薬です。

ここでは、クロキサゾラムの効果や副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にクロキサゾラムが向いているのかを考えていきましょう。


セパゾン錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.9.21 セパゾン

セパゾンは古くからあるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。効果のわりに副作用が少ないのですが、他の抗不安薬に主役の座を奪われています。効果のわりには副作用が少ないので、今でも処方はされています。

セパゾンの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。セパゾンは頓服として使われるときと、常用薬として使われるときがあります。ここでは、セパゾン錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

セパゾンの効果について詳しく知りたい方は、
セパゾン錠の効果と強さ
をお読みください。


セパゾンの半減期と作用時間

2015.9.21 セパゾン

セパゾンは、古くからある抗不安薬です。効果のわりに副作用が少ないのですが、中途半端となってしまうことが多く、使われることは減ってきています。

セパゾンの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

セパゾンは最高血中濃度到達時間が3時間、半減期が16時間です。セパゾンは即効性が期待でき、作用時間も比較的長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、セパゾンの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


セパゾンの副作用(対策と比較)

2015.9.21 セパゾン

セパゾンは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、セパゾンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


セパゾンの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.21 セパゾン

セパゾンは、効果のわりには副作用の少ないベンゾジアゼピン系抗不安薬です。古くからあるお薬で、以前はよく使われていましたが、最近は新しいお薬を使われることが多くなりました。

セパゾンは効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。セパゾンを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にセパゾンが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。セパゾンでも離脱症状が認められます。ここでは、セパゾンによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。