グランダキシン錠の効果・効能

2016.12.16 グランダキシン

グランダキシンは、1986年に発売された自律神経調整薬です。

作用機序はベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じなのですが、良くも悪くも非常に穏やかに作用するお薬です。このため、抗不安薬というよりは自律神経症状を整えるために使われることが多いので、自律神経調整薬といわれています。

このため、心療内科や精神科よりも、内科や産婦人科などで処方されることの方が多い薬かもしれません。効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、グランダキシンの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にグランダキシンが向いているのかを考えていきましょう。


セパゾン錠の効果と強さ

2016.12.14 セパゾン

セパゾンは、1974年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

現在は新しい薬もいろいろ発売されていますので、使われることが減ってきているお薬になります。ですが効果がしっかりとしているわりに副作用が少ないお薬として、今でも使われているお薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、セパゾンの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセパゾンが向いているのかを考えていきましょう。


ホリゾン錠の効果と強さ

2016.12.12 セルシン・ホリゾン

ホリゾンは、1964年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。50年以上前に作られたお薬ですが、そのバランスのよさと効果の幅の広さから、今でもよく使われています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ホリゾンは抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用、いずれもしっかりと期待できるお薬です。そのため、副作用にも注意が必要です。

ホリゾンで特徴的なのは、抗不安薬の中で唯一の注射剤が発売されていることです。このため、内服できない患者さんには有用なお薬です。

ここでは、ホリゾンの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にホリゾンが向いているのかを考えていきましょう。


リボトリール錠の効果と効能

2016.12.10 リボトリール・ランドセン

リボトリールは、1981年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。リボトリールは抗不安作用だけでなく、さまざまな効果が期待できるお薬です。このため、躁うつ病やてんかん、様々な睡眠障害などに幅広く使われています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

リボトリールは、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用がいずれもしっかりと期待できるお薬です。リボリール1剤でいろいろな効果が期待できますが、そのぶん副作用にも注意が必要です。

ここでは、リボトリールの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にリボトリールが向いているのかを考えていきましょう。


メイラックス錠の効果・効き目の強さ

2016.12.8 メイラックス

メイラックスは、作用時間の長い抗不安薬としてよく使われているお薬です。1989年に発売され、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の中では最も新しいお薬になります。

ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい抗不安薬が発売されていく中で、これらの依存性の強さが問題となっていきました。作用時間の長いお薬は依存性が少ないため、メイラックスが開発されました。

メイラックスは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため依存性も低いのですが、眠気などが残ってしまうリスクがあります。

ここでは、メイラックスの効果と効き目について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にメイラックスが向いているのかを考えていきましょう。


セディール錠の効果と強さ

2016.12.5 セディール

セディールは、1996年に発売されたアザピロン系抗不安薬です。

セディールは、セロトニンに作用することで効果を発揮します。セロトニン1A受容体部分作動薬というお薬です。現在使われている抗不安薬は、セディール以外はベンゾジアゼピン系になります。ベンゾジアゼピン系は即効性があるので効果の実感も得やすいのですが、副作用や依存性も避けられません。

セディールは、ベンゾジアゼピン系と比べると効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、セディールの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセディールが向いているのかを考えていきましょう。


安定剤リーゼ錠の効果・効能

2016.12.3 リーゼ

リーゼ錠は、1978年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

リーゼ錠の特徴は、その副作用の少なさにあります。そのかわりに効果もマイルドなのですが、安全性の高さから高齢者などにもよく使われる抗不安薬になります。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用に注意しなければいけません。リーゼは副作用が少ないといっても、まったくこのような副作用がないわけではありません。

ここでは、リーゼ錠の効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にリーゼ錠が向いているのかを考えていきましょう。


デパス錠の効果と効能の強さ

2016.12.1 デパス

デパスは、1984年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。精神科だけでなく内科や外科でも処方されることが多く、日本ではもっともよく処方されている抗不安薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

デパスは、強力な抗不安作用があるお薬です。催眠作用や筋弛緩作用も強いので、睡眠薬や緊張が強い時にも使われます。非常に有効なお薬なのですが、そのぶん副作用も多いです。また、効能が強いということは、薬の実感が大きいということです。デパスはもっとも依存になりやすい抗不安薬なので、気を付けなければいけません。

ここでは、デパスの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にデパスが向いているのかを考えていきましょう。


ワイパックス錠の効果と効き目の強さ

2016.11.29 ワイパックス

ワイパックスは、1978年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ワイパックスは、抗不安薬の中でも効果がしっかりとしているお薬です。そのぶん副作用も多いので、注意が必要です。また、効き目が強いということは、薬の実感が大きいということです。このような薬は依存につながりやすいので、注意が必要です。

ここでは、ワイパックスの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にワイパックスが向いているのかを考えていきましょう。


デパスがついに向精神薬指定!なぜデパスが乱用されてきたのか

2016.8.23 デパス

デパスは日本で最も処方されている抗不安薬です。その名前は広く知られていて、精神科や心療内科だけでなく、内科や整形外科などでもよく処方されています。むしろ精神科以外では、抗不安薬といえばデパスというイメージが強いのではないでしょうか。

たしかにデパスはよく効きます。抗不安効果だけでなく、催眠作用も期待できます。筋弛緩作用もあるので、肩こりなど緊張が強い時にも有効です。デパスの効果について詳しく知りたい方は、「デパスの効果と効能の強さ」をお読みください。

しかしながらデパスは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の中でも依存性の高いお薬です。「デパスをなかなか止められない」という患者さんはとても多いです。そして依存性の高さから、デパスを乱用してしまう方もいらっしゃいます。

ここでは、どうしてデパスが乱用されるようになったのか、時代の流れも踏まえてお伝えしていきます。


精神安定剤・抗不安薬の選び方(効果と強さの比較)

2016.3.1 抗不安薬のまとめ

不安は非常につらい症状です。ストレスも強くかかり、身体の自律神経のバランスも崩れてしまいます。精神安定剤は、不安で苦しんでいる方に非常に有用です。精神安定剤は一般的に、抗不安薬を意味しています。

日本で使われている抗不安薬のほとんどはベンゾジアゼピン系に属しますので、漫然と使っていると依存してしまうこともあります。精神安定剤について正しく理解して、用法を守って使っていく必要があります。

今日では、さまざまな精神安定剤が発売されています。医師はそれぞれの患者さんの不安の状態に合わせて精神安定剤を使い分けています。

ここでは、精神安定剤の効果や強さを比較しながら、精神安定剤の選び方を考えていきたいと思います。ぜひ、ご自身の使っている精神安定剤・安定剤に関する理解を深めてください。


セディール錠5mg・10mg・20mgの薬価と実際の使い方

2015.10.16 セディール

セディールは、アザピロン系抗不安薬に分類されます。日本で発売されている抗不安薬は、セディールを除くとベンゾジアゼピン系に分類されます。ベンゾジアゼピン系は即効性がありますが、セディールは使い続けていくことで効果が出てくる抗不安薬です。

このため、他の抗不安薬とは使い方が異なります。セディールの錠剤としては、5mg・10mg・20mgの3規格が発売されています。ここでは、セディール錠5mg・10mg・20mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

セディールの効果について詳しく知りたい方は、
セディール錠の効果と強さ
をお読みください。


セディールに離脱症状はあるの?

2015.10.15 セディール

セディールは唯一、ベンゾジアゼピン系ではない抗不安薬です。セロトニンに作用することで効果を発揮するお薬です。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬やセロトニンに作用する抗うつ剤では、離脱症状が認められることがあります。セディールでは依存性は認められず、私はセディールによる離脱症状を経験したことはありません。

ここでは、離脱症状がどのようなものか詳しくご説明し、セディールでの離脱症状の考え方をお伝えしていきたいと思います。


メイラックスとジェネリックの違いとは?

2015.10.14 メイラックス

メイラックスは1989年に発売されたので、30年近くの年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

メイラックスのジェネリックは、以前は「ロンラックス」「メデタックス」など様々な商品名のお薬がありました。現在は「ロフラゼプ酸エチル」という一般名(成分名)に統一されつつあります。ロフラゼプ酸エチル「SN」、ロフラゼプ酸エチル「サワイ」などが発売されています。

それでは、先発品のメイラックスとジェネリック(ロフラゼプ酸エチル)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


メイラックスの妊娠への影響とは?

2015.10.13 メイラックス

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。メイラックスを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

メイラックスは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、メイラックスの妊娠への影響について考えていきたいと思います。


メイラックスのやめ方(減薬・断薬)

2015.10.12 メイラックス

メイラックスは、作用時間が非常に長いベンゾジアゼピン系抗不安薬です。このため依存性が低く、離脱症状もほとんど認められません。それでも、ときにメイラックスをやめられなくなってしまいます。「飲んでて安心できるならばいいか・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

どうしてメイラックスをやめられないのでしょうか?ここでは、メイラックスの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ランドセンの半減期と効果時間

2015.10.11 リボトリール・ランドセン

ランドセンは、効果の強い抗不安薬です。ランドセンは抗不安作用だけでなく、催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用があるので、1剤で様々な効果が期待できます。このため、いろいろな病気で広く使われているお薬です。ランドセンの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

ランドセンは最高血中濃度到達時間が2時間、半減期が27時間です。ランドセンは即効性が期待でき、作用時間も長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、ランドセンの半減期と効果時間について詳しく見ていきたいと思います。


ジアゼパム錠2mg・5mg・10mgの薬価と使い分け

2015.10.10 セルシン・ホリゾン

ジアゼパムは50年以上前からある抗不安薬で、抗不安作用に加えて催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用も期待できます。このため、いまだに幅広く使われているお薬です。

先発品としてセルシン/ホリゾンが発売されていましたが、年月もたっているのでジェネリックとしてジアゼパム錠が発売されています。

ジアゼパムの錠剤としては、2mgと5mgと10mgの規格が発売されています。ジアゼパムは頓服として使われるときと、常用薬として使われるときがあります。ここでは、ジアゼパム錠2mgと5mgと10mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ジアゼパムの効果について詳しく知りたい方は、
ジアゼパム錠の効果と作用機序
をお読みください。


ホリゾン錠2mg・5mgの薬価と使い分け

2015.10.9 セルシン・ホリゾン

ホリゾンは50年以上前からある抗不安薬で、抗不安作用に加えて催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用も期待できます。このため、いまだに幅広く使われているお薬です。

ホリゾンの錠剤としては、2mgと5mgの規格が発売されています。ホリゾンは頓服として使われるときと、常用薬として使われるときがあります。ここでは、ホリゾン錠2mgと5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ホリゾンの効果について詳しく知りたい方は、
ホリゾン錠の効果と強さ
をお読みください。


ホリゾンの半減期と効果時間

2015.10.8 セルシン・ホリゾン

ホリゾンは古くからある抗不安薬ですが、幅広い効果が期待できます。抗不安作用だけでなく、催眠作用や筋弛緩作用、抗けいれん作用もあります。1剤でいろいろな効果が期待できるのですが、よけいな働きをしてしまうと副作用になるので注意が必要です。

ホリゾンの作用時間や効き方は、半減期から考えることができます。ホリゾンは最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が57時間です。ホリゾンは即効性が期待でき、作用時間もとても長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、ホリゾンの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


リーゼの半減期と効果時間

2015.10.7 リーゼ

リーゼは、良くも悪くも効果の優しい抗不安薬です。軽度の不安感や緊張感がある時に、よく使われるお薬です。リーゼの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

リーゼは最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が6時間です。リーゼは即効性が期待でき、作用時間は短いです。このため、不安がある時に頓服として使うこともあります。リーゼの効果時間は3~6時間ほどなので、1日中効果を期待したいときは1日3回服用をしていきます。

ここでは、リーゼの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


エチラーム舌下錠(未承認)とデパス舌下投与

2015.10.6 デパス

デパスは、水でお薬を服用するのが一般的です。

ときにデパスは、舌下投与という飲み方をすることがあります。噛み砕いてしまって、口の粘膜から吸収する飲み方です。正式な飲み方ではないのでおすすめはできませんが、利点もあるので知っておいて損はないです。

正式に認可されたジェネリックではありませんが、インドの会社が作っているエチラーム舌下錠というのが個人輸入で市中に出回っています。

ここでは、デパスの舌下投与の効果について詳しくお伝えし、エチラームの舌下錠についても考えていきたいと思います。


デパスの致死量とは?過量服薬(OD)したらどうなるの?

2015.10.5 デパス

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが安定剤です。「安定剤を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、デパスの致死量について正しく理解していただければと思います。過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


デパスの半減期と効果時間

2015.10.4 デパス

デパスは、効果の強い抗不安薬です。副作用にも注意は必要ですが、不安感や緊張感が強い時によく使われるお薬です。デパスの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

デパスは最高血中濃度到達時間が3時間、半減期が6時間です。デパスは即効性が期待でき、作用時間は比較的短いです。このため、不安が強い時に頓服として効果が期待できます。デパスの効果時間は4~6時間ほどなので、1日中効果を期待したいときは1日3回服用をしていきます。

ここでは、デパスの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


メンビット錠(アルプラゾラム錠「トーワ」)の効果と副作用

2015.10.3 ソラナックス・コンスタン

メンビットは、抗不安薬ソラナックスのジェネリックとして長らく発売されていました。2008年8月より名称変更して、メンビットからアルプラゾラム「トーワ」となっています。

アルプラゾラム「トーワ」は効果と副作用のバランスがよいお薬で、とても使い勝手のよりお薬です。とはいっても副作用があるので、注意が必要です。ここでは、アルプラゾラム錠「トーワ」の効果と副作用について詳しくみていきましょう。


ソラナックスとジェネリックの違いとは?

2015.10.2 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは1984年に発売されたので、30年あまりの年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

ソラナックスのジェネリックは、以前は「メデポリン」「カームダン」「メンビット」など様々な商品名のお薬がありました。現在は「アルプラゾラム」という一般名(成分名)に統一されつつあります。アルプラゾラム「サワイ」、アルプラゾラム「アメル」、アルプラゾラム「トーワ」などが発売されています。

それでは、先発品のソラナックスとジェネリック(アルプラゾラム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


ソラナックス錠0.4mg・0.8mgの薬価と使い分け

2015.10.1 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは効果のわりに副作用の少ない抗不安薬で、使い勝手のよさからよく使われています。不安感や緊張感をしっかりと抑えてくれるお薬です。

ソラナックスの錠剤としては、0.4mgと0.8mgの規格が発売されています。ソラナックスは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、ソラナックス錠0.4mgと0.8mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ソラナックスの効果について詳しく知りたい方は、
ソラナックス錠の効果と強さ
をお読みください。


精神安定剤・抗不安薬の妊娠への影響とは?

2015.9.30 抗不安薬のまとめ

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。精神安定剤を服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

精神安定剤は妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、精神安定剤・抗不安薬の妊娠への影響について考えていきたいと思います。


精神安定剤・抗不安薬とアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.30 抗不安薬のまとめ

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでも精神安定剤は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、精神安定剤を我慢しましょう。

どうして精神安定剤とアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒が精神安定剤・抗不安薬に及ぼす影響を考えていきましょう。


精神安定剤・抗不安薬の依存性と8つの対策

2015.9.30 抗不安薬のまとめ

精神安定剤は一般的に、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のことをいいます。

精神安定剤でが即効性が期待できるものが多く、「効いた」という実感も得やすいお薬です。このため、精神安定剤には依存性があります。精神安定剤に依存してしまうと、お薬が身体から抜けてしまうと離脱症状が出てしまいます。これがつらくて、精神安定剤をやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、精神安定剤・抗不安薬の依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


ソラナックスの頓服としての有効性

2015.9.30 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは抗不安薬や安定剤とよばれていて、不安や緊張を和らげる効果があります。

ソラナックスは即効性があるので、症状が出てきたときに服用するという飲み方ができます。さらにソラナックスは抗不安効果のわりに副作用が少ないので、「頓服」としてよく使われています。

ここでは、ソラナックスの頓服としての効果と、治療の中での位置づけをお伝えしていきたいと思います。


ソラナックスの致死量とは?過量服薬(OD)するとどうなるの?

2015.9.29 ソラナックス・コンスタン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが安定剤です。「安定剤を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ソラナックスの致死量について正しく理解していただければと思います。過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


精神安定剤・抗不安薬の注意すべき3つの副作用

2015.9.29 抗不安薬のまとめ

不安が強い方は、「精神安定剤は怖いから使いたくない」とおっしゃる方も多いです。

「薬を使ったらやめられなくなってしまう」
「精神安定剤は脳に作用するから危険な薬だ」

といったように、誤解されている方が多いです。不安が強いと物事がうまくいかなくなってしまいます。すると、自信がなくなってしまってますます不安になってしまいます。不安はこのように、悪循環におちいりやすいです

精神安定剤を使っていくことで、この悪循環を止めることができます。精神安定剤とは一般的に抗不安薬を指しますが、ちゃんと用法どおりに使っていれば安全性は高くなっています。

ここでは、精神安定剤・抗不安薬のデメリットである副作用を正しく理解して、納得して精神安定剤を使っていただく手助けができれば幸いです。


精神安定剤・抗不安薬の眠気と5つの対策

2015.9.29 抗不安薬のまとめ

精神安定剤は一般的に、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のことをいいます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、リラックスするので眠気に繋がってしまうことがあります。眠気が日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、精神安定剤の眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


精神安定剤・抗不安薬の離脱症状とは?

2015.9.29 抗不安薬のまとめ

精神安定剤は一般的に、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のことをいいます。

精神安定剤は効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。精神安定剤を長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急に精神安定剤が減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。ここでは、精神安定剤・抗不安薬による離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


精神安定剤・抗不安薬の種類とは?

2015.9.28 抗不安薬のまとめ

精神安定剤とは、一般的には抗不安薬のことを意味します。脳の機能を抑えることで気持ちを落ち着かせるお薬で、そのほとんどがベンゾジアゼピン系に属します。

今日では、さまざまな精神安定剤が開発されています。患者さんの不安の状態にあわせて、医師は精神安定剤を選んで処方しています。現在の精神安定剤は安全性が高くなってはいますが、もちろん副作用もあります。漫然と使っていると依存してしまうこともあるので、注意が必要です。

精神安定剤にはどのような種類があるのでしょうか?
ご自身が飲まれている精神安定剤はどのようななお薬なのでしょうか?

正しく理解して、精神安定剤を適切に使っていくことが大切です。ここでは、精神安定剤にはどのような種類があるのか、特徴をふまえてご紹介していきたいと思います。


セニラン錠1mg・2mg・3mg・5mgの薬価と使い分け

2015.9.28 レキソタン

セニランは強力な抗不安薬であるレキソタンのジェネリックです。強い抗不安効果に加えて筋弛緩効果も期待できます。このため、不安感や緊張感が強い時にはよく使われるお薬です。

セニランの錠剤としては、1mg・2mg・3mg・5mgの4規格が発売されています。先発品のレキソタン錠には3mgの規格はありません。

セニランは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、セニラン錠1mg・2mg・3mg・5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

セニランの効果について詳しく知りたい方は、
セニラン錠の効果と強さ
をお読みください。


メンドンカプセルの効果と副作用

2015.9.27 その他の抗不安薬

メンドンは、1979年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。副作用をできるだけ少なくしたいと、ジアゼパム(セルシン/ホリゾン)を改良して作られたお薬です。

副作用は軽減されましたが、残念ながら効果も弱くなってしまいました。さらには2週間までしか処方できないという制約があり、ほとんど使われることがないお薬となってしまいました。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、メンドン錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にメンドンが向いているのかを考えていきましょう。


セニランの半減期と作用時間

2015.9.27 レキソタン

セニランは、効果の強い抗不安薬レキソタンのジェネリックです。副作用にも注意は必要ですが、不安感や緊張感が強い時によく使われるお薬です。セニランの作用時間や効き目は、半減期から説明することができます。

セニランは最高血中濃度到達時間が2時間、半減期が20時間です。セニランは即効性が期待でき、作用時間も比較的長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、セニランの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


メレックス錠(メキサゾラム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

メレックスは、1984年に発売された長時間型ベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

メレックスは効果も発売当初は使われていましたが、1989年により副作用の少ないメイラックスが発売されると、一気に使われることが減ってしまいました。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、メレックス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にメレックスが向いているのかを考えていきましょう。


エリスパン錠(フルジアゼパム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

エリスパンは、1981年に発売された長時間型ベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

エリスパンの作用は全体的に平均的で、このために目立たないお薬となってしまいました。ベンゾジアゼピン系の優等生やワルの陰で存在感がなく、処方されなくなってしまっているお薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、エリスパン錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にエリスパンが向いているのかを考えていきましょう。


コントール錠(クロルジアゼポキシド)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

コントールは、1961年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。ベンゾジアゼピン系抗不安薬の原点ともいえるお薬で、このお薬の発見を機に、さまざまな抗不安薬が発展していきました。

コントールのより薬効を強めた成分が1964年にセルシン/ホリゾンとして発売され、すぐに忘れ去られてしまったお薬です。作用時間の長いお薬としては、セルシン/ホリゾンやメイラックスが使われることが多くなっています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、コントール錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にコントールが向いているのかを考えていきましょう。


レスミット錠(メダゼパム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

レスミットは、1971年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。クロルジアゼポキシドやジアゼパムなどがすでに発売されていましたが、これらの副作用をより軽減できないかという試みの中で開発されました。

副作用は軽減されましたが、残念ながら効果も弱くなってしまいました。長時間作用型のお薬としては中途半端となってしまい、ほとんど使われることのないお薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、レスミット錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にレスミットが向いているのかを考えていきましょう。


セレナール錠(オキサゾラム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

セレナールは、1970年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。クロルジアゼポキシドやジアゼパムなどがすでに発売されていましたが、これらの副作用をより軽減できないかという試みの中で開発されました。

副作用は軽減されましたが、残念ながら効果も弱くなってしまいました。長時間作用型のお薬としては中途半端となってしまい、ほとんど使われることのないお薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、セレナール錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセレナールが向いているのかを考えていきましょう。


バランス錠の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

バランスは、1961年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。ベンゾジアゼピン系抗不安薬の原点ともいえるお薬で、このお薬の発見を機に、さまざまな抗不安薬が発展していきました。

バランスのより薬効を強めた成分が1964年にセルシン/ホリゾンとして発売され、すぐに忘れ去られてしまったお薬です。作用時間の長いお薬としては、セルシン/ホリゾンやメイラックスが使われることが多くなっています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ここでは、バランス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にバランスが向いているのかを考えていきましょう。


コレミナール錠(フルタゾラム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

コレミナールは、1988年に発売された消化管機能改善薬です。自律神経の乱れによる消化管機能の改善に効果のあるお薬で、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬として発売されていないことからも、その効果は強くありません。消化管機能改善薬としても最近は新しいお薬が出ているので、使われることはほとんどありません。正直に申し上げて、私は1回も処方したことがないお薬です。

ここでは、コレミナールの効果と副作用についてみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にコレミナールが向いているのかを考えていきましょう。


レスタス錠(フルトプラゼパム)の効果と副作用

2015.9.26 その他の抗不安薬

レスタスは、1986年から発売されている長時間型ベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

作用時間が非常に長いので1日1回の服用で済みますが、副作用が出てしまうとしばらく続いてしまいます。レスタスは効果が強いですが、副作用も少なくありません。このため、なかなか使いにくいお薬というのが実情です。

ここでは、レスタスの効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にレスタスが向いているのかを考えていきましょう。


レキソタン錠1mg・2mg・5mgの薬価と使い分け

2015.9.26 レキソタン

レキソタンは強力な抗不安薬で、強い抗不安効果に加えて筋弛緩効果も期待できます。このため、不安感や緊張感が強い時にはよく使われるお薬です。

レキソタンの錠剤としては、1mgと2mgと5mgの規格が発売されています。レキソタンは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、レキソタン錠1mgと2mgと5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レキソタンの効果について詳しく知りたい方は、
レキソタン錠の効果と強さ
をお読みください。


タンドスピロン錠の効果と副作用

2015.9.25 セディール

タンドスピロンは、1996年に発売されたアザピロン系抗不安薬セディールのジェネリックです。

タンドスピロンは、セロトニンに作用することで効果を発揮します。セロ トニン1A受容体部分作動薬というお薬です。現在使われている抗不安薬は、タンドスピロン以外はベンゾジアゼピン系になります。ベンゾジアゼピン系は即効性が あるので効果の実感も得やすいのですが、副作用や依存性も避けられません。

タンドスピロンは、ベンゾジアゼピン系と比べると効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、タンドスピロンの効果について詳しくみていきたいと思います。 他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にタンドスピロンが向いているのかを考えていきましょう。


セディールの副作用(対策と比較)

2015.9.25 セディール

セディールは、日本で発売されている抗不安薬の中で、唯一ベンゾジアゼピン系ではない抗不安薬です。セロトニンに作用することによって効果を発揮します。

このため、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に多い眠気やふらつきといった副作用は非常に少ないです。抗うつ剤などで認められるセロトニン特有の副作用もほとんど認められません。良くも悪くも作用が弱いので、副作用は非常に少ないお薬なのです。

ここでは、セディールで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


レキソタンとジェネリックの違いとは?

2015.9.25 レキソタン

レキソタンは1977年に発売されたので、40年近い年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

レキソタンのジェネリックは「セニラン」という商品名で発売されています。レキソタンのジェネリックにはセニラン1種類しかありません。多くの薬が一般名(成分名)に統一される中、セニランは今も残されています。いずれ、一般名である「ブロマゼパム」に変更される可能性もあります。

先発品のレキソタンとジェネリック(セニラン)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


レキソタンの妊娠への影響とは?

2015.9.24 レキソタン

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。レキソタンを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

レキソタンは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、レキソタンの妊娠への影響について考えていきたいと思います。


グランパム錠の効果と副作用

2015.9.24 グランダキシン

グランパム錠は、1986年に発売された自律神経調整薬グランダキシンのジェネリックです。

作用機序はベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じなのですが、良くも悪くも非常に穏やかに作用するお薬です。このため、抗不安薬というよりは自律神経症状を整えるために使われることが多いので自律神経調整薬といわれています。このため、心療内科や精神科よりも、内科や産婦人科などで処方されることの方が多い薬かもしれません。

効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、グランパムの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にグランパムが向いているのかを考えていきましょう。


トフィス錠(トフィソパム錠「サワイ」)の効果と副作用

2015.9.24 グランダキシン

トフィス錠は、1986年に発売された自律神経調整薬グランダキシンのジェネリックです。2015年6月から、トフィソパム錠「サワイ」に名称変更されました。

作用機序はベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じなのですが、良くも悪くも非常に穏やかに作用するお薬です。このため、抗不安薬というよりは自律神経症状を整えるために使われることが多いので自律神経調整薬といわれています。このため、心療内科や精神科よりも、内科や産婦人科などで処方されることの方が多い薬かもしれません。

効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、トフィスの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にトフィスが向いているのかを考えていきましょう。


トフィソパム錠の効果と副作用

2015.9.24 グランダキシン

トフィソパム錠は、1986年に発売された自律神経調整薬グランダキシンのジェネリックです。

作用機序はベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じなのですが、良くも悪くも非常に穏やかに作用するお薬です。このため、抗不安薬というよりは自律神経症状を整えるために使われることが多いので自律神経調整薬といわれています。このため、心療内科や精神科よりも、内科や産婦人科などで処方されることの方が多い薬かもしれません。

効果としては物足りなさを感じてしまうことも多いお薬ですが、副作用や依存の心配がほとんどありません。

ここでは、トフィソパムの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にトフィソパムが向いているのかを考えていきましょう。


グランダキシンの副作用(対策と比較)

2015.9.24 グランダキシン

自律神経調整薬と呼ばれているグランダキシンですが、効果が非常に穏やかなベンゾジアゼピン系抗不安薬になります。

良くも悪くも作用が弱いので、効果としては物足りないかも知れませんが、副作用や依存性は非常に少ないお薬です。とても安全性の高いお薬といえます。

ここでは、グランダキシンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


グランダキシン錠50mgの薬価と実際の使い方

2015.9.24 グランダキシン

グランダキシンは、自律神経調整薬と呼ばれるお薬です。その実態は、非常に効果の穏やかなベンゾジアゼピン系抗不安薬です。良くも悪くも作用が優しいので、副作用や依存性は非常に少ないですが、効果が物足りなく感じることが多いお薬です。

グランダキシンの錠剤としては、50mgの規格のみの発売となっています。グランダキシンは頓服として使われることはまれで、常用薬として使われることがほとんどです。ここでは、グランダキシン錠50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

グランダキシンの効果について詳しく知りたい方は、
グランダキシン錠の効果・効能
をお読みください。


グランダキシンに依存性はあるのか?

2015.9.24 グランダキシン

グランダキシンは、非常に効果の優しいベンゾジアゼピン系抗不安薬で、自律神経調整薬と呼ばれています。

ベンゾジアゼピン系ですので、依存がないわけではありません。ですが良くも悪くも作用が穏やかなので、「効いた」という実感はほとんどないお薬です。このため、抗不安薬の中ではグランダキシンの依存性は「とても低い」です。まず依存の心配はしなくても大丈夫です。とはいっても、まったく依存しないわけではありません。

ここでは、グランダキシンの依存性について詳しく説明し、抗不安薬の依存性について考えていきたいと思います。


メイラックスの半減期と効果時間

2015.9.24 メイラックス

メイラックスは、ベンゾジアゼピン系の中ではもっとも新しい抗不安薬です。効果がしっかりとしているわりに副作用が少なく、使い勝手のよいお薬です。メイラックスの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

メイラックスは最高血中濃度到達時間が0.8時間、半減期が122時間です。メイラックスは即効性が期待でき、作用時間も非常に長いです。このため、1日1回の服用で効果がしっかりと持続します。

ここでは、メイラックスの半減期と効果時間について詳しく見ていきたいと思います。


グランダキシンのめまいへの効果

2015.9.24 グランダキシン

グランダキシンは、自律神経調整薬と呼ばれるお薬です。非常に穏やかに作用するベンゾジアゼピン系抗不安薬で、自律神経症状を改善する目的に使われています。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、グランダキシンはそのバランスを整える働きがあります。このため、自律神経症状としてよく認められる「めまい」に効果が期待できます。

とはいっても、すべてのめまいに効果があるわけではありません。いろいろな原因でめまいが生じますが、グランダキシンの効果が期待できるめまいはどのようなものでしょうか?ここでは、グランダキシンのめまいへの効果についてお伝えしていきたいと思います。


クロチアゼパムの副作用(対策と比較)

2015.9.23 リーゼ

クロチアゼパムは、作用の穏やかなベンゾジアゼピン系抗不安薬リーゼのジェネリックです。

抗不安作用はそこまで強くありませんが、筋弛緩作用や催眠作用も穏やかなので副作用が少ないです。作用の穏やかなため、抗不安薬にはつきものの依存性は弱いです。

ここでは、クロチアゼパムで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


ジメトックス錠の効果と副作用

2015.9.23 メイラックス

ジメトックス、抗不安薬メイラックスのジェネリックとして長らく発売されてきました。

ジメトックスは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、ジメトックス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にジメトックスが向いているのかを考えていきましょう。


メデタックス錠(ロフラゼプ酸エチル錠「サワイ」)の効果と副作用

2015.9.23 メイラックス

メデタックス、抗不安薬メイラックスのジェネリックとして長らく発売されてきました。2013年6月より名称変更して、メデタックスからロフラゼプ酸エチル「サワイ」となっています。

メデタックスは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、メデタックス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にメデタックスが向いているのかを考えていきましょう。


クロチアゼパム錠の効果・効能

2015.9.23 リーゼ

クロチアゼパムは、1978年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬リーゼのジェネリックです。クロチアゼパム「サワイ」・「トーワ」・「日医工」などが発売されています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用に注意しなければいけません。

クロチアゼパムは効果がマイルドで、その分副作用も少ないです。安全性の高さから、よく使われる抗不安薬です。ここでは、クロチアゼパムの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にクロチアゼパムが向いているのかを考えていきましょう。


ロフラゼプ酸エチルの副作用(対策と比較)

2015.9.23 メイラックス

ロフラゼプ酸エチルは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬メイラックスのジェネリックです。効果のわりに副作用の少ない抗不安薬で、使いやすいお薬です。

とはいっても、筋弛緩作用や催眠作用があるので、眠気やふらつきといった副作用には注意をしなければいけません。ロフラゼプ酸エチルは作用時間がとても長いので、副作用が起こってしまうと長引くことがあります。また、少しずつ薬が身体に蓄積していって副作用が出てくることもあります。

ここでは、ロフラゼプ酸エチルで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


ロンラックス錠(ロフラゼプ酸エチル錠「SN」)の効果と副作用

2015.9.23 メイラックス

ロンラックス、抗不安薬メイラックスのジェネリックとして長らく発売されてきました。2014年12月より名称変更して、ロンラックスからロフラゼプ酸エチル「SN」となっています。

ロンラックスは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、ロンラックス錠の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にロンラックスが向いているのかを考えていきましょう。


ロフラゼプ酸エチル錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.9.23 メイラックス

ロフラゼプ酸エチルは、作用時間が非常に長い抗不安薬メイラックスのジェネリックです。効果がしっかりとしているわりに副作用が少なく、使いやすいお薬です。

ロフラゼプ酸エチルの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。ロフラゼプ酸エチルは頓服として使われることはまれで、常用薬として使われることがほとんどです。ここでは、ロフラゼプ酸エチル錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ロフラゼプ酸エチルの効果について詳しく知りたい方は、
ロフラゼプ酸エチル錠の効果と効き目の強さ
をお読みください。


ロフラゼプ酸エチル錠の効果・効き目の強さ

2015.9.23 メイラックス

ロフラゼプ酸エチルは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬メイラックスのジェネリックです。1989年に発売され、抗不安薬の中では最も新しいお薬です。ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい安定剤がたくさん発売されていく中、依存性の強さが問題になりました。これを解決するお薬として、作用時間の長いロフラゼプ酸エチルが作られました。

ロフラゼプ酸エチルは作用時間が非常に長く、それでいて効果と副作用のバランスのとれた抗不安薬です。作用時間が長いので、1日1回の服用で効果が持続します。このため、依存性も低いのが大きな特徴です。

ここでは、ロフラゼプ酸エチルの効果と効き目について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にロフラゼプ酸エチルが向いているのかを考えていきましょう。


メイラックス錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、作用時間が非常に長い抗不安薬です。効果がしっかりとしているわりに副作用が少なく、使いやすいお薬です。

メイラックスの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。メイラックスは頓服として使われることはまれで、常用薬として使われることがほとんどです。ここでは、メイラックス錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

メイラックスの効果について詳しく知りたい方は、
メイラックス錠の効果と効き目の強さ
をお読みください。


メイラックスは頓服として使えるのか?

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは抗不安薬や安定剤とよばれていて、不安や緊張を和らげる効果があります。

メイラックスは即効性があるので、症状が出てきたときに服用するという飲み方ができなくはないです。このような飲み方を「頓服」といいますが、メイラックスは作用時間が長いので、あまりこのような使い方はしません。

ここでは、メイラックスの頓服について考えていきたいと思います。


メイラックスとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.23 メイラックス

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもメイラックスなどの抗不安薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、メイラックスを我慢しましょう。

どうしてメイラックスとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がメイラックスに及ぼす影響を考えていきましょう。


メイラックスの副作用(対策と比較)

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、効果のわりに副作用の少ないベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

とはいっても、筋弛緩作用や催眠作用があるので、眠気やふらつきといった副作用には注意をしなければいけません。メイラックスは作用時間がとても長いので、副作用が起こってしまうと長引くことがあります。また、少しずつ薬が身体に蓄積していって副作用が出てくることもあります。

ここでは、メイラックスで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


メイラックスの眠気と4つの対策

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、リラックスするので眠気に繋がってしまうことがあります。メイラックスは効果のわりには眠気の副作用は少ないです。しかしながら作用時間が長いので、眠気がでてしまうと長く続いてしまうこともあります。

ここでは、メイラックスの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


メイラックスの依存性とは?

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい抗不安薬がたくさん発売されていく中、依存性や離脱症状が問題となりました。これを解決するお薬として、メイラックスが作られました。

ですから、メイラックスでは依存性が低いのですが、それはどうしてでしょうか?メイラックスは依存性が低いために、他のお薬を止める時のクッションとして使われることもあります。

ここでは、メイラックスの依存性について詳しく説明し、抗不安薬依存におけるメイラックスの役割をお伝えしていきたいと思います。


メイラックスは離脱症状が少ないって本当?

2015.9.23 メイラックス

メイラックスは、1989年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。ソラナックス・ワイパックス・デパスといった切れ味のよい安定剤がたくさん発売されていく中、依存性や離脱症状が問題となりました。これを解決するお薬として、メイラックスが作られました。

抗不安作用もそれなりにあって、作用時間が長いお薬です。身体からはゆっくりと抜けていくので、離脱症状はとても少ないです。ですから、他の抗不安薬で離脱症状のために減薬できなくなった時に、ひとまずメイラックスに置き換えられることがあります。メイラックスにしてから少しずつ減薬すれば、スムーズにやめられることが多いのです。

ここでは、離脱症状がどのようなものか詳しくご説明し、メイラックスでの離脱症状の考え方をお伝えしていきたいと思います。


ランドセンの副作用(対策と比較)

2015.9.22 リボトリール・ランドセン

ランドセンは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。同一成分の先発品として、リボトリールが発売されています。

ランドセンはしっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、多くはありませんが依存性にも注意が必要です。

ここでは、ランドセンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


ランドセンの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.22 リボトリール・ランドセン

ランドセンは、効果のしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。リボトリールは、同時に発売された同じ成分のお薬です。

ランドセンは効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。ランドセンを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にランドセンが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。ランドセンでも、少ないながら離脱症状が認められます。ここでは、ランドセンによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


リボトリールのやめ方(減薬・断薬)

2015.9.22 リボトリール・ランドセン

リボトリールは、しっかりとした抗不安効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。しっかりと効果がある抗不安薬なので、ときにリボトリールをやめられなくなってしまいます。「飲んでて安心できるならばいいか・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

リボトリールにも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。リボトリールを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、リボトリールの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


リボトリールの半減期と効果時間

2015.9.22 リボトリール・ランドセン

リボトリールは、効果の強い抗不安薬です。リボトリールは抗不安作用だけでなく、催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用があるので、1剤で様々な効果が期待できます。このため、いろいろな病気で広く使われているお薬です。リボトリールの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

リボトリールは最高血中濃度到達時間が2じかん、はんげんきが27時間です。リボトリールは即効性が期待でき、作用時間も長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、リボトリールの半減期と効果時間について詳しく見ていきたいと思います。


ランドセンの眠気と5つの対策

2015.9.22 リボトリール・ランドセン

ランドセンは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。リボトリールは、同時に発売された同一成分のお薬です。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、リラックスするので眠気に繋がってしまうことがあります。ランドセンは1剤でいろいろな作用をあわせもっているお薬で、催眠作用も強いお薬です。作用時間も長いお薬なので、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、ランドセンの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


レキソタンの頓服としての有効性

2015.9.22 レキソタン

レキソタンは抗不安薬や安定剤とよばれていて、不安や緊張を和らげる効果があります。

レキソタンは即効性があるので、症状が出てきたときに服用するという飲み方ができます。レキソタンは強力な抗不安効果と筋弛緩効果があるので、このような「頓服」としてよく使われています。

ここでは、レキソタンの頓服としての効果と、治療の中での位置づけをお伝えしていきたいと思います。


クロナゼパム(リボトリール/ランドセン)の効果と副作用

2015.9.22 リボトリール・ランドセン

クロナゼパムは、1981年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬リボトリール/ランドセンの一般名(成分名)です。

一般名は主に学術的な世界でつかわれていますが、最近はジェネリックが一般名で販売されることが増えています。残念ながらクロナゼパムではジェネリックが発売されていないので、あまりクロナゼパムを目にすることは少ないです。

クロナゼパムは抗不安作用だけでなく、さまざまな効果が期待できるお薬です。このため、躁うつ病やてんかん、睡眠障害などに幅広く使われています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

クロナゼパムは、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用がいずれもしっかりと期待できるお薬です。リボリール1剤でいろいろな効果が期待できますが、そのぶん副作用にも注意が必要です。

ここでは、クロナゼパムの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にクロナゼパムが向いているのかを考えていきましょう。


ランドセン錠の効果と効能

2015.9.21 リボトリール・ランドセン

ランドセンは、1981年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。同じ成分の先発品として、リボトリールも同時に発売されています。

ランドセンは抗不安作用だけでなく、さまざまな効果が期待できるお薬です。このため、躁うつ病やてんかん、睡眠障害などに幅広く使われています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ランドセンは、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用がいずれもしっかりと期待できるお薬です。リボリール1剤でいろいろな効果が期待できますが、そのぶん副作用にも注意が必要です。

ここでは、ランドセンの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にランドセンが向いているのかを考えていきましょう。


リボトリール錠0.5mg・1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.9.21 リボトリール・ランドセン

リボトリールは抗不安作用に加えて、催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用も期待できます。このため、いろいろな病気に幅広く使われているお薬です。

ジェネリックは発売されていません。発売から30年以上たっても発売されていないので、今後も発売されないでしょう。

リボトリールの錠剤としては、0.5mgと1mgと2mgの規格が発売されています。リボトリールは頓服として使われることも、常用薬として使われることもあります。ここでは、リボトリール錠0.5mgと1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

リボトリールの効果について詳しく知りたい方は、
リボトリール錠の効果と効能
をお読みください。


リボトリールの副作用(対策と比較)

2015.9.21 リボトリール・ランドセン

リボトリールは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、多くはありませんが依存性にも注意が必要です。

ここでは、リボトリールで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


リボトリールの依存性と8つの対策

2015.9.21 リボトリール・ランドセン

リボトリールは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

リボトリールは抗不安作用だけでなく、1剤でさまざまな作用をあわせもっているお薬です。このため使い勝手がよく、いろいろな病気で使われています。

効果はしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。このためリボトリールにも依存性があります。抗不安薬の中では、リボトリールの依存性は「普通」です。リボトリールに依存してしまうと、お薬をやめようとすると離脱症状が出てしまいます。これがつらくて、リボトリールをやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、リボトリールの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


リボトリールの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.21 リボトリール・ランドセン

リボトリールは、効果のしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

リボトリールは効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。リボトリールを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にリボトリールが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。リボトリールでも、少ないながら離脱症状が認められます。ここでは、リボトリールによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


リボトリールの眠気と5つの対策

2015.9.21 リボトリール・ランドセン

リボトリールは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、リラックスするので眠気に繋がってしまうことがあります。リボトリールは1剤でいろいろな作用をあわせもっているお薬で、催眠作用も強いお薬です。作用時間も長いお薬なので、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、リボトリールの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


クロキサゾラム(セパゾン)の効果と副作用

2015.9.21 セパゾン

クロキサゾラムは、1974年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬クロキサゾラムの一般名(成分名)です。

一般名は主に学術的な世界でつかわれていますが、最近はジェネリックが一般名で販売されることが増えています。残念ながらクロキサゾラムではジェネリックが発売されていないので、あまりクロキサゾラムを目にすることは少ないです。

クロキサゾラムなどの抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。クロキサゾラムは、効果がしっかりとしているわりに副作用が少ないお薬です。

ここでは、クロキサゾラムの効果や副作用について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にクロキサゾラムが向いているのかを考えていきましょう。


セパゾン錠1mg・2mgの薬価と使い分け

2015.9.21 セパゾン

セパゾンは古くからあるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。効果のわりに副作用が少ないのですが、他の抗不安薬に主役の座を奪われています。効果のわりには副作用が少ないので、今でも処方はされています。

セパゾンの錠剤としては、1mgと2mgの規格が発売されています。セパゾンは頓服として使われるときと、常用薬として使われるときがあります。ここでは、セパゾン錠1mgと2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

セパゾンの効果について詳しく知りたい方は、
セパゾン錠の効果と強さ
をお読みください。


セパゾンの半減期と作用時間

2015.9.21 セパゾン

セパゾンは、古くからある抗不安薬です。効果のわりに副作用が少ないのですが、中途半端となってしまうことが多く、使われることは減ってきています。

セパゾンの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

セパゾンは最高血中濃度到達時間が3時間、半減期が16時間です。セパゾンは即効性が期待でき、作用時間も比較的長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、セパゾンの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


セパゾンの副作用(対策と比較)

2015.9.21 セパゾン

セパゾンは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、セパゾンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


セパゾンの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.21 セパゾン

セパゾンは、効果のわりには副作用の少ないベンゾジアゼピン系抗不安薬です。古くからあるお薬で、以前はよく使われていましたが、最近は新しいお薬を使われることが多くなりました。

セパゾンは効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。セパゾンを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にセパゾンが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。セパゾンでも離脱症状が認められます。ここでは、セパゾンによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


セレナミン錠の効果と副作用

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

セレナミンは、セルシン/ホリゾンのジェネリック医薬品です。旭化成ファーマが製造しているジェネリックです。

セルシン/ホリゾンは、1964年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。50年以上前に作られたお薬ですが、そのバランスのよさと効果の幅の広さから、今でもよく使われています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

セレナミンは、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用がいずれもしっかりと期待できるお薬です。そのぶん副作用にも注意が必要です。

ここでは、セレナミンの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセレナミンが向いているのかを考えていきましょう。


ジアゼパム錠「アメル」の効果と副作用

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

ジアゼパム「アメル」は、セルシン/ホリゾンのジェネリック医薬品です。共和薬品が製造しています。

※この記事は、「アメル」で検索してたどり着かれる方が非常に多いです。アメルで調べてこられた方のために、詳しく記事を書きました。「アメル」について詳しく知りたい方は、「「アメル」「サワイ」「トーワ」ってなに?」をお読みください。

セルシン/ホリゾンは、1964年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。50年以上前に作られたお薬ですが、そのバランスのよさと効果の幅の広さから、今でもよく使われています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ジアゼパム「アメル」は、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用がいずれもしっかりと期待できるお薬です。そのぶん副作用にも注意が必要です。

ここでは、ジアゼパム「アメル」の効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にジアゼパム「アメル」が向いているのかを考えていきましょう。


ジアゼパムの半減期と作用時間

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

ジアゼパムは古くからある抗不安薬ですが、幅広い効果が期待できます。抗不安作用だけでなく、催眠作用や筋弛緩作用、抗けいれん作用もあります。1剤でいろいろな効果が期待できるのですが、よけいな働きをしてしまうと副作用になるので注意が必要です。

ジアゼパムの作用時間や効き方は、半減期から考えることができます。ジアゼパムは最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が57時間です。ジアゼパムは即効性が期待でき、作用時間もとても長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、ジアゼパムの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


ジアゼパムの副作用(対策と比較)

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

ジアゼパムは、幅広い効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬セルシン・ホリゾンのジェネリックです。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用が強いので注意が必要です。ジアゼパムは作用時間が長いので、副作用が起こってしまうと長引くことがあります。また、少しずつ薬が身体に蓄積していって副作用が出てくることもあります。

ここでは、ジアゼパムで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


ジアゼパム錠の効果と作用機序

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

ジアゼパムは、1964年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬セルシン・ホリゾンのジェネリックです。50年以上前に作られたお薬ですが、そのバランスのよさと効果の幅の広さから、今でもよく使われています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ジアゼパムは、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用がいずれもしっかりと期待できるお薬です。そのぶん副作用にも注意が必要です。

ここでは、ジアゼパムの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にジアゼパムが向いているのかを考えていきましょう。


ホリゾンの副作用(対策と比較)

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

ホリゾンは、幅広い効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。セルシンとは同一成分のお薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用が強いので注意が必要です。ホリゾンは作用時間が長いので、副作用が起こってしまうと長引くことがあります。また、少しずつ薬が身体に蓄積していって副作用が出てくることもあります。

ここでは、ホリゾンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


ジアゼパム注射液(静注・筋注)の効果とは?

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

ジアゼパムは、古くからある抗不安薬です。セルシンやホリゾンとして発売されていましたが、ジェネリックとしてジアゼパムも発売されています。

その作用は幅広く、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用があります。使い勝手のよいお薬としてよく使われたので、剤形も様々なものが発売されています。

ジアゼパムには注射液が発売されていますが、これは日本で使える唯一の抗不安薬の注射になります。このため、いろいろな場面でジアゼパムの注射が使われています。

ジアゼパムの注射にはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、ジアゼパムの注射の効果と実際の使い方について、お伝えしていきたいと思います。


ホリゾン注射液(静注・筋注)の効果とは?

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

ホリゾンは、古くからある抗不安薬です。その作用は幅広く、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用があります。使い勝手のよいお薬としてよく使われたので、剤形も様々なものが発売されています。

ホリゾンには注射液が発売されていますが、これは日本で使える唯一の抗不安薬の注射になります。このため、いろいろな場面でホリゾンの注射が使われています。

ホリゾンの注射にはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、ホリゾンの注射の効果と実際の使い方について、お伝えしていきたいと思います。


セルシン錠2mg・5mg・10mgの薬価と使い分け

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

セルシンは50年以上前からある抗不安薬で、抗不安作用に加えて催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用も期待できます。このため、いまだに幅広く使われているお薬です。

セルシンの錠剤としては、2mgと5mgと10mgの規格が発売されています。セルシンは頓服として使われるときと、常用薬として使われるときがあります。ここでは、セルシン錠2mgと5mgと10mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

セルシンの効果について詳しく知りたい方は、
セルシン錠の効果と強さ
をお読みください。


セルシンの半減期と作用時間

2015.9.20 セルシン・ホリゾン

セルシンは古くからある抗不安薬ですが、幅広い効果が期待できます。抗不安作用だけでなく、催眠作用や筋弛緩作用、抗けいれん作用もあります。1剤でいろいろな効果が期待できるのですが、よけいな働きをしてしまうと副作用になるので注意が必要です。

セルシンの作用時間や効き方は、半減期から考えることができます。セルシンは最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が57時間です。セルシンは即効性が期待でき、作用時間もとても長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、セルシンの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


セルシン錠の効果と強さ

2015.9.19 セルシン・ホリゾン

セルシンは、1964年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。50年以上前に作られたお薬ですが、そのバランスのよさと効果の幅の広さから、今でもよく使われています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

セルシンは抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用、いずれもしっかりと期待できるお薬です。そのかわり、副作用にも注意が必要です。

セルシンの特徴としては、注射剤があることがあげられます。抗不安薬の注射剤には、セルシンしかありません。内服できない状態の場合、セルシンは使いやすいお薬になります。

ここでは、セルシンの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセルシンが向いているのかを考えていきましょう。


セルシンの眠気と5つの対策

2015.9.19 セルシン・ホリゾン

セルシンは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。セルシンは1剤でいろいろな作用をあわせもっているお薬で、催眠作用も強いお薬です。作用時間も長いお薬なので、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、セルシンの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


セルシンの離脱症状は他の薬よりマシ?

2015.9.19 セルシン・ホリゾン

セルシンは、古くからあるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。抗不安作用もそれなりにあって、作用時間が長いお薬です。身体からはゆっくりと抜けていくので、抗不安薬のなかで離脱症状は少ない方です。

とはいっても、セルシンに離脱症状がないわけではありません。長期で服用していると、セルシンが身体に慣れてしまいます。その状態で急にセルシンが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

セルシンの離脱症状が少ないため、他の抗不安薬で離脱症状のために減薬できなくなった時に、ひとまずセルシンに置き換えられることがあります。セルシンにしてから少しずつ減薬すれば、スムーズにやめられることが多いのです。

ここでは、セルシンによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


セルシン注射液(静注・筋注)の効果とは?

2015.9.19 セルシン・ホリゾン

セルシンは、古くからある抗不安薬です。その作用は幅広く、抗不安作用・筋弛緩作用・催眠作用・抗けいれん作用があります。使い勝手のよいお薬としてよく使われたので、剤形も様々なものが発売されています。

セルシンには注射液が発売されていますが、これは日本で使える唯一の抗不安薬の注射になります。このため、いろいろな場面でセルシンの注射が使われています。

セルシンの注射にはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、セルシンの注射の効果と実際の使い方について、お伝えしていきたいと思います。


セルシンの副作用(対策と比較)

2015.9.19 セルシン・ホリゾン

セルシンは、幅広い効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用が強いので注意が必要です。セルシンは作用時間が長いので、副作用が起こってしまうと長引くことがあります。また、少しずつ薬が身体に蓄積していって副作用が出てくることもあります。

ここでは、セルシンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


リーゼ錠5mg・10mgの薬価と実際の使い方

2015.9.18 リーゼ

リーゼは良くも悪くも効果の優しい抗不安薬で、軽度の不安感や緊張感のある方によく使われます。副作用や依存性が少ないために、安全性の高い抗不安薬です。

リーゼの錠剤としては、5mg・10mgの規格が発売されています。顆粒も発売されていますが、錠剤で使われていることがほとんどでしょう。リーゼは、頓服として使われることも常用薬として使われることもあります。ここでは、リーゼ錠5mg・10mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

リーゼの効果について詳しく知りたい方は、
安定剤リーゼ錠の効果と効能
をお読みください。


リーゼとジェネリックの違いとは?

2015.9.18 リーゼ

リーゼは1978年に発売されたので、40年近くの年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

リーゼのジェネリックは、以前は「イソクリン」をはじめとして様々な商品名のお薬がありました。現在は「クロチアゼパム」という一般名(成分名)に統一されつつあります。クロチアゼパム「サワイ」、クロチアゼパム「トーワ」、クロチアゼパム「日医工」などが発売されています。

それでは、先発品のリーゼとジェネリック(クロチアゼパム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


リーゼの依存性と7つの対策

2015.9.18 リーゼ

リーゼは、良くも悪くも効果の優しいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。軽度の不安感や緊張感を抑えるためによく使われています。

効果が優しいので、「効いた」という実感はそこまでない抗不安薬です。このため、抗不安薬の中ではリーゼの依存性は「低い」です。とはいっても依存しないわけではありません。リーゼを長期服用して依存してしまうと、離脱症状でリーゼをやめられなくなることもあります。

ここでは、リーゼの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


リーゼの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.18 リーゼ

リーゼは、良くも悪くも効果の優しいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

効果の実感がそこまでないので、依存することは多くはありません。作用が穏やかなので、身体が薬に慣れることも少ないお薬です。とはいっても、リーゼを長期間にわたって服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にリーゼが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。リーゼでは離脱症状は少ないものの、認められないわけではありません。ここでは、リーゼによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


リーゼの眠気と5つの対策

2015.9.18 リーゼ

リーゼは、良くも悪くも効果の優しいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。リーゼは抗不安作用は「弱い」ので、催眠作用も弱いお薬です。とはいっても、まったくないわけではないので注意が必要です。

ここでは、リーゼの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


リーゼの副作用(対策と比較)

2015.9.18 リーゼ

リーゼは、作用の穏やかなベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安作用はそこまで強くありませんが、筋弛緩作用や催眠作用も穏やかなので副作用が少ないです。作用の穏やかなため、抗不安薬にはつきものの依存性は弱いです。

ここでは、リーゼで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


エチゾラムの半減期と効果時間

2015.9.17 デパス

エチゾラムは、効果の強い抗不安薬デパスのジェネリックです。副作用にも注意は必要ですが、不安感や緊張感が強い時によく使われるお薬です。エチゾラムの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

エチゾラムは最高血中濃度到達時間が3時間、半減期が6時間です。エチゾラムは即効性が期待でき、作用時間は比較的短いです。このため、不安が強い時に頓服として効果が期待できます。エチゾラムの効果時間は4~6時間ほどなので、1日中効果を期待したいときは1日3回服用をしていきます。

ここでは、エチゾラムの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


エチゾラム錠0.25mg・0.5mg・1mgの薬価と実際の使い方

2015.9.17 デパス

エチゾラムは、抗不安薬デパスのジェネリックです。

エチゾラムは強力な効果が期待できる抗不安薬で、不安感や緊張感をしっかりと抑えてくれます。その分副作用も多いのですが、効果の強さからよく使われています。

エチゾラムの錠剤としては、0.25mg・0.5mg・1mgの規格が発売されています。エチゾラムは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、エチゾラム錠0.5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

エチゾラムの効果について詳しく知りたい方は、
エチゾラム錠の効果と効能の強さ
をお読みください。


エチゾラムの副作用(対策と比較)

2015.9.17 デパス

エチゾラムは、強力な効果があるベンゾジアゼピン系抗不安薬デパスのジェネリックです。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、エチゾラムは効果が強いうえに作用時間も短いので、依存性は抗不安薬の中でも最も強いです。

ここでは、エチゾラムで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


エチゾラムの依存性と8つの対策

2015.9.17 デパス

エチゾラムは、抗不安薬デパスのジェネリックです。エチゾラムは、強力な効果のある抗不安薬です。不安感や緊張感を抑えるために、よく使われています。

効果がしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。そして、薬の作用時間も比較的短いので、「薬がきれた」という実感も得やすいです。このため、エチゾラムの依存性は「とても強い」です。

乱用されることも多く、エチゾラムの安易な処方が問題視されています。また、離脱症状が出やすいので、長期でエチゾラムを使っているとなかなかやめられなくなってしまいます。

ここでは、エチゾラムの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


エチゾラム錠の効果と効能の強さ

2015.9.17 デパス

エチゾラムは、1984年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬デパスのジェネリックです。デパスのジェネリックにもいろいろな名前の薬がありましたが、現在は一般名(成分名)のエチゾラムに統一されています。

精神科だけでなく内科や外科でも処方されることが多く、日本ではもっともよく処方されている抗不安薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

エチゾラムは、強力な抗不安作用があるお薬です。催眠作用や筋弛緩作用も強いので、睡眠薬や緊張が強い時にも使われます。非常に有効なお薬なのですが、そのぶん副作用も多いです。また、効能が強いということは、薬の実感が大きいということです。エチゾラムはもっとも依存になりやすい抗不安薬なので、気を付けなければいけません。

ここでは、エチゾラムの効果と効能について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にエチゾラムが向いているのかを考えていきましょう。


メディピース錠(エチゾラム錠「SW」)の効果と副作用

2015.9.17 デパス

メディピース錠は、抗不安薬デパスのジェネリックとして長らく発売されていました。2012年6月より名称変更して、メディピース錠からエチゾラム錠「SW」となっています

メディピース錠は抗不安作用だけでなく催眠作用も強いので、抗不安薬だけでなく睡眠薬としても使われています。日本で一番処方されている抗不安薬でしょう。効果だけでなく副作用も多いので注意が必要です。

ここでは、メディピース錠の効果と副作用について詳しくみていきましょう。


パルギン錠(エチゾラム錠「フジナガ」)の効果と副作用

2015.9.17 デパス

パルギン錠は、抗不安薬デパスのジェネリックとして長らく発売されていました。2015年6月より名称変更して、パルギンからエチゾラム錠「フジナガ」となっています

パルギン錠は抗不安作用だけでなく催眠作用も強いので、抗不安薬だけでなく睡眠薬としても使われています。日本で一番処方されている抗不安薬でしょう。効果だけでなく副作用も多いので注意が必要です。

ここでは、パルギン錠の効果と副作用について詳しくみていきましょう。


デゾラム錠の効果と副作用

2015.9.17 デパス

デゾラム錠は、抗不安薬デパスのジェネリックとして長らく発売されていました。しかしながら、2016年3月をもって発売中止になります。アロファロム錠と合わせて、エチゾラム「日医工」に販売が一本化されます。

デゾラム錠は抗不安作用だけでなく催眠作用も強いので、抗不安薬だけでなく睡眠薬としても使われています。日本で一番処方されている抗不安薬でしょう。効果だけでなく副作用も多いので注意が必要です。

ここでは、デゾラム錠の効果と副作用について詳しくみていきましょう。


エチセダン錠(エチゾラム錠「アメル」)の効果と副作用

2015.9.17 デパス

エチセダン錠は、抗不安薬デパスのジェネリックとして長らく発売されていました。2012年12月より名称変更して、エチセダン錠からエチゾラム錠「アメル」となっています

エチセダン錠は抗不安作用だけでなく催眠作用も強いので、抗不安薬だけでなく睡眠薬としても使われています。日本で一番処方されている抗不安薬でしょう。効果だけでなく副作用も多いので注意が必要です。

ここでは、エチセダン錠の効果と副作用について詳しくみていきましょう。


エチカーム錠(エチゾラム錠「トーワ」)の効果と副作用

2015.9.17 デパス

エチカーム錠は、抗不安薬デパスのジェネリックとして長らく発売されていました。2013年6月より名称変更して、エチカームからエチゾラム錠「トーワ」となっています

エチカーム錠は抗不安作用だけでなく催眠作用も強いので、抗不安薬だけでなく睡眠薬としても使われています。日本で一番処方されている抗不安薬でしょう。効果だけでなく副作用も多いので注意が必要です。

ここでは、エチカーム錠の効果と副作用について詳しくみていきましょう。


セデコパン錠(エチゾラム錠「JG」)の効果と副作用

2015.9.17 デパス

セデコパンは、抗不安薬デパスのジェネリックとして長らく発売されていました。2014年12月より名称変更して、セデコパンからエチゾラム錠「JG」となっています

セデコパンは抗不安作用だけでなく催眠作用も強いので、抗不安薬だけでなく睡眠薬としても使われています。日本で一番処方されている抗不安薬でしょう。効果だけでなく副作用も多いので注意が必要です。

ここでは、セデコパンの効果と副作用について詳しくみていきましょう。


デパスの睡眠薬としての効果

2015.9.17 デパス

デパスは、短時間型のベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。催眠作用が強く、睡眠薬としても使われることが多いです。

1984年に発売されて以来、その効果のよさから幅広く使われてきました。抗不安薬としては、もっとも処方されているお薬です。睡眠薬としても、入眠障害や中途覚醒のある方に効果が期待できます。

ここでは、デパスの睡眠薬としての効果について詳しくお伝えしていきたいと思います。


デパスとジェネリックの違いとは?

2015.9.17 デパス

デパスは1984年に発売されたので、30年あまりの年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

デパスのジェネリックは、以前は「エチカーム」「パルギン」「メディピース」など様々な商品名のお薬がありました。現在は「エチゾラム」という一般名(成分名)に統一されつつあります。エチゾラム「トーワ」、エチゾラム「フジナガ」、エチゾラム「SW」などが発売されています。

それでは、先発品のデパスとジェネリック(エチゾラム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


デパス錠0.25mg・0.5mgの薬価と実際の使い方

2015.9.17 デパス

デパスは強力な効果が期待できる抗不安薬で、不安感や緊張感をしっかりと抑えてくれます。その分副作用も多いのですが、効果の強さからよく使われています。

デパスの錠剤としては、0.25mg・0.5mg・1mgの規格が発売されています。デパスは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、デパス錠0.5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

デパスの効果について詳しく知りたい方は、
デパス錠の効果と効能の強さ
をお読みください。


デパス錠1mgの薬価と実際の使い方

2015.9.17 デパス

デパスは強力な効果が期待できる抗不安薬で、不安感や緊張感をしっかりと抑えてくれます。その分副作用も多いのですが、効果の強さからよく使われています。

デパスの錠剤としては、0.25mg・0.5mg・1mgの規格が発売されています。デパスは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、デパス錠1mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

デパスの効果について詳しく知りたい方は、
デパス錠の効果と効能の強さ
をお読みください。


デパスのやめ方(減薬・断薬)

2015.9.17 デパス

デパスは、強力な抗不安効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。しっかりと効果がある抗不安薬だからこそ、デパスをやめられなくなってしまいます。「飲んでて安心できるならばいいか・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

デパスにも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。デパスを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、デパスの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


デパスの頓服としての有効性

2015.9.17 デパス

デパスは抗不安薬や安定剤とよばれていて、不安や緊張を和らげる効果があります。

デパスは即効性があるので、症状が出てきたときに服用するという飲み方ができます。デパスは強力な抗不安効果と筋弛緩効果があるので、このような「頓服」としてよく使われています。

ここでは、デパスの頓服としての効果と、治療の中での位置づけをお伝えしていきたいと思います。


デパスの妊娠への影響とは?

2015.9.17 デパス

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。デパスを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

デパスは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、デパスの妊娠への影響について考えていきたいと思います。


デパスとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.17 デパス

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもデパスなどの抗不安薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、デパスを我慢しましょう。

どうしてデパスとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がデパスに及ぼす影響を考えていきましょう。


デパスの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.17 デパス

デパスは効果の強力なベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。デパスを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にデパスが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。デパスでは離脱症状がよく認められます。ここでは、デパスによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


デパスの依存性と8つの対策

2015.9.16 デパス

デパスは、強力な効果のある抗不安薬です。不安感や緊張感を抑えるために、よく使われています。

効果がしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。そして、薬の作用時間も比較的短いので、「薬がきれた」という実感も得やすいです。このため、デパスの依存性は「とても強い」です。

乱用されることも多く、デパスの安易な処方が問題視されています。また、離脱症状が出やすいので、長期でデパスを使っているとなかなかやめられなくなってしまいます。

ここでは、デパスの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


デパスの眠気と5つの対策

2015.9.16 デパス

デパスは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。デパスは抗不安作用が強力ですが、そのぶん催眠作用も強いお薬です。この催眠作用を利用して、睡眠薬として使われることもあります。このため、副作用としても眠気が日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、デパスの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


デパスの副作用(対策と比較)

2015.9.16 デパス

デパスは、強力な効果があるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、デパスは効果が強いうえに作用時間も短いので、依存性は抗不安薬の中でも最も強いです。

ここでは、デパスで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


コンスタンの半減期と効果時間(作用時間)

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

コンスタンは、効果と副作用のバランスのよい抗不安薬です。不安感や緊張感がある時によく使われるお薬です。コンスタンの作用時間は、半減期から考えることができます。

コンスタンは最高血中濃度到達時間が2時間、半減期が14時間です。コンスタンは即効性が期待でき、効果の持続時間は7~14時間ほどです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、コンスタンの半減期と作用時間・効果時間について詳しく見ていきたいと思います。


コンスタンの副作用(対策と比較)

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

コンスタンは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。同一成分のお薬として、ソラナックスも発売されています。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬につきものの依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、コンスタンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


コンスタンの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

コンスタンは、しっかりと効果のあるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。コンスタンを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にコンスタンが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。コンスタンでは離脱症状が認められることがあります。ここでは、コンスタンによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


コンスタンの依存性と8つの対策

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

コンスタンは、効果のわりに副作用の少ないバランスのよいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。不安感や緊張感を抑えるためによく使われています。

効果はしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。このためコンスタンにも依存性があります。抗不安薬の中では、コンスタンの依存性は「普通」です。依存してしまうと、コンスタンをやめようとすると離脱症状が出てしまいます。これが辛くて、コンスタンをやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、コンスタンの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


コンスタンの眠気と5つの対策

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

コンスタンは、効果と副作用のバランスのよいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。同一成分のお薬として、ソラナックスも発売されています。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。コンスタンは抗不安作用は「普通~やや強い」ので、催眠作用も比較的強いお薬です。ですから、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、コンスタンの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


コンスタン錠の効果と強さ

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

コンスタンは、1984年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。同一成分のお薬として、ソラナックスも発売されています。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

コンスタンの特徴は、効果と副作用のバランスがとれていることです。即効性もあって効果も期待でき、そのわりに副作用は少ないです。

ここでは、コンスタン錠の効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にコンスタンが向いているのかを考えていきましょう。


カームダン錠(アルプラゾラム錠「アメル」)の効果と副作用

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

カームダンは、抗不安薬ソラナックスのジェネリックとして長らく発売されていました。2014年6月より名称変更して、カームダンからアルプラゾラム錠「アメル」となっています。

カームダンは効果と副作用のバランスがよいお薬で、とても使い勝手のよりお薬です。とはいっても副作用があるので、注意が必要です。ここでは、カームダンの効果と副作用について詳しくみていきましょう。


メデポリン錠(アルプラゾラム錠「サワイ」)の効果と副作用

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

メデポリンは、抗不安薬ソラナックスのジェネリックとして長らく発売されていました。2014年6月より名称変更して、メデポリンからアルプラゾラム錠「サワイ」となっています。

メデポリンは効果と副作用のバランスがよいお薬で、とても使い勝手のよりお薬です。とはいっても副作用があるので、注意が必要です。ここでは、メデポリンの効果と副作用について詳しくみていきましょう。


アルプラゾラムの副作用(対策と比較)

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

アルプラゾラム錠は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬ソラナックスのジェネリックです。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬につきものの依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、アルプラゾラムで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


アルプラゾラムの依存性と8つの対策

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

アルプラゾラムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬ソラナックスのジェネリックです。

アルプラゾラムは、効果のわりに副作用の少ないバランスのよいです。不安感や緊張感を抑えるためによく使われています。

効果はしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。このためアルプラゾラムにも依存性があります。抗不安薬の中では、アルプラゾラムの依存性は「普通」です。依存してしまうと、アルプラゾラムをやめようとすると離脱症状が出てしまいます。これが辛くて、アルプラゾラムをやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、アルプラゾラムの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


アルプラゾラム錠の効果と強さ

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

アルプラゾラム錠は、1984年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬ソラナックスのジェネリックです。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

アルプラゾラムの特徴は、効果と副作用のバランスがとれていることです。即効性もあって効果も期待でき、そのわりに副作用は少ないです。

ここでは、アルプラゾラム錠の効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にアルプラゾラムが向いているのかを考えていきましょう。


ソラナックスの妊娠への影響とは?

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。ソラナックスを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

ソラナックスは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、ソラナックスの妊娠への影響について考えていきたいと思います。


ソラナックスのやめ方(減薬・断薬)

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは、しっかりとした抗不安効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。効果の実感がある抗不安薬だからこそ、ソラナックスをやめられなくなってしまいます。「飲んでて安心できるならばいいか・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

ソラナックスにも依存性があるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。ソラナックスを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、ソラナックスの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ソラナックスとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもソラナックスなどの抗不安薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、ソラナックスを我慢しましょう。

どうしてソラナックスとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がソラナックスに及ぼす影響を考えていきましょう。


ソラナックスの半減期と効果時間(作用時間)

2015.9.16 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは、効果と副作用のバランスのよい抗不安薬です。不安感や緊張感がある時によく使われるお薬です。ソラナックスの作用時間は、半減期から考えることができます。

ソラナックスは最高血中濃度到達時間が2時間、半減期が14時間です。ソラナックスは即効性が期待でき、効果の持続時間は7~14時間ほどです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、ソラナックスの半減期と作用時間・効果時間について詳しく見ていきたいと思います。


ソラナックスの眠気と5つの対策

2015.9.15 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは、効果と副作用のバランスのよいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。ソラナックスは抗不安作用は「普通~やや強い」ので、催眠作用も比較的強いお薬です。ですから、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、ソラナックスの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


ソラナックスの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.15 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは、しっかりと効果のあるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。ソラナックスを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にソラナックスが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。ソラナックスでは離脱症状が認められることがあります。ここでは、ソラナックスによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


ソラナックスの依存性と8つの対策

2015.9.15 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは、効果のわりに副作用の少ないバランスのよいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。不安感や緊張感を抑えるためによく使われています。

効果はしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。このためソラナックスにも依存性があります。抗不安薬の中では、ソラナックスの依存性は「普通」です。依存してしまうと、ソラナックスをやめようとすると離脱症状が出てしまいます。これが辛くて、ソラナックスをやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、ソラナックスの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


ソラナックスの副作用(対策と比較)

2015.9.15 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬につきものの依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、ソラナックスで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


ソラナックス錠の効果と強さ

2015.9.15 ソラナックス・コンスタン

ソラナックスは、1984年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ソラナックスの特徴は、効果と副作用のバランスがとれていることです。即効性もあって効果も期待でき、そのわりに副作用は少ないです。

ここでは、ソラナックス錠の効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にソラナックスが向いているのかを考えていきましょう。


ロラゼパムの眠気と5つの対策

2015.9.14 ワイパックス

ロラゼパムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬ワイパックスの一般名(成分名)であり、ジェネリック医薬品でもあります。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。ロラゼパムは抗不安作用が強いですが、そのぶん催眠作用も比較的強いお薬です。ですから、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、ロラゼパムの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


ロラゼパムの副作用(対策と比較)

2015.9.14 ワイパックス

ロラゼパムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬ワイパックスの一般名(成分名)であり、ジェネリック医薬品でもあります。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬につきものの依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、ロラゼパムで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


ロラゼパム錠の効果と強さ

2015.9.14 ワイパックス

ロラゼパムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬ワイパックスの一般名(成分名)であり、ジェネリック医薬品でもあります。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

ロラゼパムは、抗不安薬の中でも効果がしっかりとしているお薬です。そのぶん副作用も多いので、注意が必要です。また、効き目が強いということは、薬の実感が大きいということです。このような薬は依存につながりやすいので、注意が必要です。

ここでは、ロラゼパムの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にロラゼパムが向いているのかを考えていきましょう。


ユーパン錠(ロラゼパム錠「サワイ」)の効果と副作用

2015.9.14 ワイパックス

ユーパンは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のユーパンのジェネリックです。1984年から長く発売されてきましたが、2013年よりロラゼパム錠「サワイ」に名称変更されました。

ユーパンは、効果がしっかりしているわりに副作用も少なく、使い勝手の良い抗不安薬です。抗不安薬としてよく使われているお薬です。

ここでは、ユーパンの効果と副作用について他の抗不安薬とも比較しながら、詳しく見ていきたいと思います。


ワイパックスの舌下投与は効果的?

2015.9.14 ワイパックス

ワイパックスは、水でお薬を服用するのが一般的です。

ときにワイパックスは、舌下投与とい飲み方をすることがあります。噛み砕いてしまって、口の粘膜から吸収する飲み方です。正式な飲み方ではないのでおすすめはできませんが、利点もあるので知っておいて損はないです。

ここでは、ワイパックスの舌下投与の効果について詳しくお伝えし、舌下投与について考えていきたいと思います。


ワイパックス錠0.5mg・1mgの薬価と使い分け

2015.9.14 ワイパックス

ワイパックスは効果のわりに副作用の少ない抗不安薬で、使い勝手のよさからよく使われています。不安感や緊張感をしっかりと抑えてくれるお薬です。

ワイパックスの錠剤としては、0.5mgと1mgの規格が発売されています。ワイパックスは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、ワイパックス錠0.5mgと1mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ワイパックスの効果について詳しく知りたい方は、
ワイパックス錠の効果と効き目の強さ
をお読みください。


ワイパックスとジェネリックの違いとは?

2015.9.13 ワイパックス

ワイパックスは1978年に発売されたので、40年近い年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

ワイパックスのジェネリックは「ロラゼパム」という商品名で発売されています。以前は、ユーパンという商品で販売されていました。ジェネリック医薬品を一般名(成分名)に統一する流れの中で、2013年12月からユーパンもロラゼパム「サワイ」と名称変更されました。

先発品のワイパックスとジェネリック(ロラゼパム)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


ワイパックスの致死量とは?過量服薬(OD)するとどうなるの?

2015.9.13 ワイパックス

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが安定剤です。「安定剤を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、ワイパックスの致死量について正しく理解していただければと思います。過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


ワイパックスの頓服としての有効性

2015.9.13 ワイパックス

ワイパックスは抗不安薬や安定剤とよばれていて、不安や緊張を和らげる効果があります。

ワイパックスは即効性があるので、症状が出てきたときに服用するという飲み方ができます。さらにワイパックスは抗不安効果が強いわりに副作用が少ないので、「頓服」としてよく使われています。

ここでは、ワイパックスの頓服としての効果と、治療の中での位置づけをお伝えしていきたいと思います。


ワイパックスのやめ方(減薬・断薬)

2015.9.13 ワイパックス

ワイパックスは、しっかりとした抗不安効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。しっかりと効果がある抗不安薬だからこそ、ワイパックスをやめられなくなってしまいます。「飲んでて安心できるならばいいか・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

ワイパックスにも依存性があるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。ワイパックスを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、ワイパックスの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


ワイパックスとお酒(アルコール)は大丈夫?

2015.9.13 ワイパックス

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもワイパックスなどの抗不安薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、ワイパックスを我慢しましょう。

どうしてワイパックスとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がワイパックスに及ぼす影響を考えていきましょう。


ワイパックスの半減期と持続時間(作用時間)

2015.9.13 ワイパックス

ワイパックスは、効果の強い抗不安薬です。副作用にも注意は必要ですが、不安感や緊張感が強い時によく使われるお薬です。ワイパックスの作用時間は、半減期から考えることができます。

ワイパックスは最高血中濃度到達時間が2時間、半減期が12時間です。ワイパックスは即効性が期待でき、効果の持続時間は6~12時間ほどです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、ワイパックスの半減期と作用時間・持続時間について詳しく見ていきたいと思います。


ワイパックスの依存性と8つの対策

2015.9.12 ワイパックス

ワイパックスは、効果のわりに副作用の少ないバランスのよいベンゾジアゼピン系抗不安薬です。不安感や緊張感を抑えるために、よく使われています。

効果はしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。このため、ワイパックスの依存性は「やや強い」です。やめようとしても、離脱症状が出てしまう方もいます。これが辛くて、ワイパックスをやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、ワイパックスの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


ワイパックスの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.12 ワイパックス

ワイパックスは効果のしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。ワイパックスを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にワイパックスが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。ワイパックスでは離脱症状がよく認められます。ここでは、ワイパックスによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


ワイパックスの眠気と5つの対策

2015.9.12 ワイパックス

ワイパックスは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。ワイパックスは抗不安作用が強いので、そのぶん催眠作用も比較的強いお薬です。ですから、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、ワイパックスの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


ワイパックスの副作用(対策と比較)

2015.9.12 ワイパックス

ワイパックスは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬につきものの依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、ワイパックスで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


セニランの副作用(対策と比較)

2015.9.12 レキソタン

セニランは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬レキソタンのジェネリックです。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬にはつきものの、依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、セニランで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


セニラン錠の効果と強さ

2015.9.12 レキソタン

セニランは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬レキソタンのジェネリックとして1987年に発売されました。先発品が発売されたのが1977年ですので、ちょうど10年たって特許がきれてからになります。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

セニランは、抗不安薬の中でも効果が強いお薬です。そのぶん副作用も多いので、注意が必要です。また、効き目が強いということは、薬の実感が大きいということです。このような薬は依存につながりやすいので、注意が必要です。

ここでは、セニランの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセニランが向いているのかを考えていきましょう。


ブロマゼパム(レキソタン)の効果と副作用

2015.9.12 レキソタン

ブロマゼパムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のレキソタンの一般名(成分名)です。レキソタンは1977年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も作られています。レキソタンのジェネリックは、セニラン錠として発売されています。

ブロマゼパムは、抗不安作用や筋弛緩作用が強く、強力な効果が期待できます。そのため副作用も多く、眠気やふらつきには注意が必要です。

ここでは、ブロマゼパムの効果と副作用について他の抗不安薬とも比較しながら、詳しく見ていきたいと思います。


レキソタンの眠気と5つの対策

2015.9.11 レキソタン

レキソタンは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。レキソタンは抗不安作用が強力ですが、そのぶん催眠作用も比較的強いお薬です。ですから、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、レキソタンの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


レキソタンとお酒(アルコール)は大丈夫?

2015.9.10 レキソタン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもレキソタンなどの抗不安薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、レキソタンを我慢しましょう。

どうしてレキソタンとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がレキソタンに及ぼす影響を考えていきましょう。


レキソタンのやめ方(減薬・断薬)

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは、強力な抗不安効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。しっかりと効果がある抗不安薬だからこそ、レキソタンをやめられなくなってしまいます。「飲んでて安心できるならばいいか・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

レキソタンにも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。レキソタンを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、レキソタンの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


レキソタンの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは効果のしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。レキソタンを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にレキソタンが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。レキソタンでは離脱症状が多いです。ここでは、レキソタンによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


レキソタンの致死量とは?過量服薬(OD)するとどうなるの?

2015.9.10 レキソタン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが安定剤です。「安定剤を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、レキソタンの致死量について正しく理解していただければと思います。過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


レキソタンの依存性と8つの対策

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは、効果の強いベンゾジアゼピン系抗不安薬です。不安感や緊張感を抑えるために、よく使われています。

効果がしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。このため、レキソタンの依存性は「やや強い」です。やめようとしても、離脱症状が出てしまう方もいます。これが辛くて、レキソタンをやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、レキソタンの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


レキソタンの半減期と作用時間

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは、効果の強い抗不安薬です。副作用にも注意は必要ですが、不安感や緊張感が強い時によく使われるお薬です。レキソタンの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

レキソタンは最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が20時間です。レキソタンは即効性が期待でき、作用時間も比較的長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、レキソタンの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


レキソタンの副作用(対策と比較)

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬にはつきものの、依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、レキソタンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


レキソタン錠の効果と強さ

2015.9.9 レキソタン

レキソタンは、1977年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

レキソタンは、抗不安薬の中でも効果が強いお薬です。そのぶん副作用も多いので、注意が必要です。また、効き目が強いということは、薬の実感が大きいということです。このような薬は依存に気を付けなければいけません。

ここでは、レキソタンの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にレキソタンが向いているのかを考えていきましょう。


ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは?効果と副作用の比較

2015.9.9 抗不安薬のまとめ

抗不安薬は、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。抗不安薬として使われているお薬は、ほとんどすべてベンゾジアゼピン系に分類されます。

ベンゾジアゼピン系は、抗不安薬としてだけでなく睡眠薬としても使われます。不安を和らげる効果が強いものは抗不安薬、催眠効果が強いものは睡眠薬として使われています。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は即効性も期待できて、しっかりと効果があるお薬です。そうはいっても、眠気やふらつきといった副作用や、耐性(薬が慣れて効かなくなること)や依存性などに注意が必要です。

ここでは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の効果と副作用について詳しくみていきたいと思います。また、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の中での違いを比較してみましょう。