イフェクサーSRカプセル(ベンラファキシン)の効果と特徴

2016.11.11 イフェクサー

海外ではメジャーな抗うつ剤として発売されているエフェクサーが、日本でも2015年12月8日に発売となりました。日本では、イフェクサーSRカプセルと名前を変えて発売されています。

イフェクサー(一般名:ベンラファキシン)はSNRIと呼ばれているお薬で、セロトニンだけでなくノルアドレナリンを増加させる抗うつ剤です。同じタイプの抗うつ剤としては、すでにサインバルタやトレドミンが発売されています。

これまでSNRIは選択肢が少なく、しっかりとした効果が期待できるイフェクサーが加わったことで治療の選択肢が広がります。

ここでは、イフェクサーSRカプセルの効果や特徴についてお伝えしていきたいと思います。他の抗うつ剤と比較しながら、どのような方に向いているのか考えていきましょう。


イフェクサーの眠気と7つの対策

2016.1.21 イフェクサー

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

SNRIのイフェクサーは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、イフェクサーの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


イフェクサーは太るの?体重増加と4つの対策

2016.1.19 イフェクサー

精神科ではお薬を処方するとき、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。しかしながらイフェクサーは意欲や気力が高まる薬なので、太りにくい薬です。「太る」ことには、薬以外にもいろいろな理由があります。

イフェクサーは体重にはどのような影響を与えるのでしょうか?また、太ってしまった時のその対処法を考えていきたいと思います。


イフェクサーの吐き気・下痢と5つの対策

2016.1.18 イフェクサー

イフェクサーを飲み始めると、胃がムカムカしたり、気持ち悪くなることがあります。

これはSSRIやSNRIによくみられる副作用で、イフェクサーでもよく認められます。イフェクサーによる胃腸障害は薬の飲み始めに多く、次第に慣れていくことが多い副作用です。

イフェクサーでは胃腸障害が多いため、日本では少しでも和らげるためにSRカプセルという徐放製剤で発売されています。これによって吸収が穏やかになるので、吐き気や下痢といった副作用が軽減されています。

ここでは、イフェクサーによって吐き気や下痢が生じる原因と、その対策を考えていきたいと思います。


イフェクサーの離脱症状と4つの対策

2016.1.17 イフェクサー

抗うつ剤が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりSSRIやSNRIといった新しい抗うつ薬でよくみられます。SNRIのイフェクサーは発売されたばかりですが、すでに20年近く使われている海外では離脱症状はやや多いといわれています。

ここでは、イフェクサーの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


イフェクサーSRカプセル37.5mg・75mgの薬価と使い分け

2016.1.16 イフェクサー

イフェクサーは、2015年12月に発売された新しい抗うつ剤です。SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類されます。発売されて時間がたっていないので、ジェネリックの発売はまだまだ先になります。

イフェクサーのカプセルとしては、37.5mg・75mgの2つの規格が発売されています。まずは37.5mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、イフェクサーカプセル37.5mg・75mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

イフェクサーの効果について詳しく知りたい方は、
イフェクサーSRカプセルの効果と特徴
をお読みください。


イフェクサーの副作用と安全性

2015.9.30 イフェクサー

海外ではメジャーな抗うつ剤として発売されているエフェクサーが、ついに日本でも2015年12月8日に発売されました。日本では、イフェクサーSRカプセルとして発売されています。

イフェクサーはSNRIと呼ばれているお薬で、サインバルタやトレドミンと同じタイプの抗うつ剤です。セロトニンとノルアドレナリンを増加させることで効果を発揮するお薬です。

アメリカでは1994年から承認されて使われてきているお薬です。民族的な違いはありますが、イフェクサ―の副作用や安全性に関しては既にある程度わかっています。

ここでは、イフェクサーの副作用と安全性についてお伝えしていきたいと思います。