アンデプレ(トラゾドン「アメル」)の効果と特徴

2015.11.3 デジレル・レスリン

抗うつ剤デジレル/レスリンのジェネリック医薬品として、アンデプレが1999年に発売されました。長らく使われてきましたが、名前が紛らわしいとのことで、2014年より一般名のトラゾドンに統一されています。

アンデプレは、抗うつ剤というよりは睡眠薬として使われることが多いです。鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠を深くする効果があります。

ここでは、アンデプレの効果と特徴についてみていきましょう。


デジレル錠25mg・50mgの薬価と使い分け

2015.10.18 デジレル・レスリン

デジレルは、1991年に発売された抗うつ剤です。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

デジレルの錠剤としては、25mg・50mgの2つの規格が発売されています。デジレルは抗うつ剤というよりも、睡眠薬として使われることが多いです。まずは25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、デジレル錠25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

デジレルの効果について詳しく知りたい方は、
デジレル錠の効果と特徴
をお読みください。


レスリン錠25mg・50mgの薬価と使い分け

2015.10.17 デジレル・レスリン

レスリンは、1991年に発売された抗うつ剤です。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

レスリンの錠剤としては、25mg・50mgの2つの規格が発売されています。レスリンは抗うつ剤というよりも、睡眠薬として使われることが多いです。まずは25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、レスリン錠25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レスリンの効果について詳しく知りたい方は、
レスリン錠の効果と特徴
をお読みください。


デジレルの半減期からわかること

2015.8.11 デジレル・レスリン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。デジレルの半減期は、およそ6~7時間です。

ここでは、デジレルの半減期について考えていきましょう。


デジレルの離脱症状と4つの対策

2015.8.10 デジレル・レスリン

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。デジレルは、離脱症状が起こりにくい薬です。ですが、薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、デジレルで離脱症状が起きる原因や対処法について、詳しく説明していきます。


デジレルは太るの?体重増加と5つの対策

2015.8.9 デジレル・レスリン

精神科のお薬を処方するときに、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。デジレルもはそこまで太りやすい薬ではありませんが、どちらかというと太る傾向にはあります。

ここでは、デジレルが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。

デジレルの副作用について詳しく知りたい方は、
デジレルの副作用(対策と比較)
をお読みください。


デジレルの睡眠への効果と副作用

2015.8.8 デジレル・レスリン

デジレルは睡眠を深くする効果があるので、睡眠薬としても使われています。

一般的な睡眠薬では睡眠時間は長くなるものの、睡眠が浅くなってしまいます。急がなくてもよいならば、デジレルは睡眠薬として身体に優しいお薬です。

デジレルはどうして睡眠に効果があるのでしょうか?
デジレルの睡眠薬としての特徴はどのようなものでしょうか?

ここでは、デジレルの睡眠への効果と副作用について考えてみたいと思います。

デジレルの抗うつ剤としての効果について詳しく知りたい方は、
デジレル錠の効果と特徴
をお読みください。


デジレルの副作用(対策と比較)

2015.8.7 デジレル・レスリン

デジレルの抗うつ効果は弱めですが、睡眠効果が期待できるお薬です。このため、抗うつ剤というよりも睡眠薬として使われることの方が多いお薬です。

デジレルの副作用は全体的に少なく、とても安全なおくすりといえます。睡眠薬としてみた時も、依存性もなく優しいお薬です。とはいっても、デジレル特有の副作用があったりと、まったく副作用がないわけではありません。デジレルではどのようなところに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、デジレルの副作用について見ていきたいと思います。


デジレルの効果と特徴

2015.8.6 デジレル・レスリン

デジレルは、1991年に発売された新しいお薬です。

その後に発売された新しい抗うつ剤と比べると、抗うつ効果では劣ってしまいます。ですが、睡眠を深くする効果があるので鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠薬としてよく使われています。

ここでは、デジレルの効果について考えていきたいと思います。


トラゾドンの睡眠への効果と副作用

2015.7.15 デジレル・レスリン

トラゾドンは、デジレル/レスリンのジェネリック医薬品です。トラゾドンは睡眠を深くする効果があるので、睡眠薬としても使われています。

一般的な睡眠薬では睡眠時間は長くなるものの睡眠が浅くなってしまいます。急がなくてもよいならば、トラゾドンは睡眠薬として身体に優しいお薬です。

トラゾドンはどうして睡眠に効果があるのでしょうか?
トラゾドンの睡眠薬としての特徴はどのようなものでしょうか?

ここでは、トラゾドンの睡眠への効果と副作用に関して考えてみたいと思います。

トラゾドンの抗うつ剤としての効果について詳しく知りたい方は、
トラゾドンの効果と特徴
をお読みください。


トラゾドンの副作用(対策と比較)

2015.7.15 デジレル・レスリン

トラゾドン/レスリンのジェネリック医薬品として、アンデプレが1999年に発売されました。長らく使われてきましたが、名前が紛らわしいとのことで、2014年より一般名のトラゾドンに統一されました。

トラゾドンは、睡眠効果が大きいので睡眠薬として使われることの方が多い抗うつ剤です。全体的に副作用が少なく、使いやすい薬です。

ここでは、トラゾドンの副作用に関してお伝えしていきたいと思います。


トラゾドン錠の効果と特徴

2015.7.15 デジレル・レスリン

デジレル/レスリンのジェネリック医薬品として、アンデプレが1999年に発売されました。長らく使われてきましたが、名前が紛らわしいとのことで、2014年より一般名のトラゾドンに統一されました。

トラゾドンは、抗うつ剤というよりは睡眠薬として使われることが多いです。ここでは、トラゾドンの効果について見ていきたいと思います。


レスリンの半減期からわかること

2015.7.15 デジレル・レスリン

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。レスリンの半減期は、およそ6~7時間です。

ここでは、レスリンの半減期について考えていきましょう。


レスリンの離脱症状と4つの対策

2015.7.15 デジレル・レスリン

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状、これが原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。レスリンは、離脱症状が起こりにくい薬です。ですが、薬を自己中断してしまったりすると、離脱症状が認められることもあります。

ここでは、レスリンの離脱症状について、詳しく説明していきます。


レスリンは太るの?体重増加と5つの対策

2015.7.13 デジレル・レスリン

精神科のお薬を処方すると、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。レスリンもそこまで太りやすい薬ではありませんが、どちらかというと太る傾向にはあります。

ここでは、レスリンが太る理由からその対処法まで考えていきたいと思います。


レスリンの睡眠への効果と副作用

2015.7.13 デジレル・レスリン

レスリンは睡眠を深くする効果があるので、睡眠薬としても使われています。

一般的な睡眠薬では睡眠時間は長くなるものの、睡眠が浅くなってしまいます。急がなくてもよいならば、レスリンは睡眠薬として身体に優しいお薬です。

レスリンはどうして睡眠に効果があるのでしょうか?
レスリンの睡眠薬としての特徴はどのようなものでしょうか?

ここでは、レスリンの睡眠への効果と副作用について考えてみたいと思います。

レスリンの抗うつ剤としての効果について詳しく知りたい方は、
レスリン錠の効果と特徴
をお読みください。


レスリンの副作用(対策と比較)

2015.7.13 デジレル・レスリン

レスリンの抗うつ効果は弱めですが、睡眠効果が期待できるお薬です。このため、抗うつ剤というよりも睡眠薬として使われることの方が多いお薬です。

レスリンの副作用は全体的に少なく、とても安全なおくすりといえます。睡眠薬としてみた時も、依存性もなく優しいお薬です。とはいっても、レスリン特有の副作用があったりと、まったく副作用がないわけではありません。レスリンではどのようなところに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、レスリンの副作用について見ていきたいと思います。


レスリン錠の効果と特徴

2015.7.12 デジレル・レスリン

レスリンは、1991年に発売された抗うつ剤です。その後に発売された新しい抗うつ剤と比べると、抗うつ効果では劣ってしまいます。ですが、睡眠を深くする効果があるので鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠薬としてよく使われています。

ここでは、レスリンの効果について考えていきたいと思います。