アンデプレ(トラゾドン「アメル」)の効果と特徴

2015.11.3 デジレル・レスリン

抗うつ剤デジレル/レスリンのジェネリック医薬品として、アンデプレが1999年に発売されました。長らく使われてきましたが、名前が紛らわしいとのことで、2014年より一般名のトラゾドンに統一されています。

アンデプレは、抗うつ剤というよりは睡眠薬として使われることが多いです。鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠を深くする効果があります。

ここでは、アンデプレの効果と特徴についてみていきましょう。


デジレル錠25mg・50mgの薬価と使い分け

2015.10.18 デジレル・レスリン

デジレルは、1991年に発売された抗うつ剤です。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

デジレルの錠剤としては、25mg・50mgの2つの規格が発売されています。デジレルは抗うつ剤というよりも、睡眠薬として使われることが多いです。まずは25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、デジレル錠25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

デジレルの効果について詳しく知りたい方は、
デジレル錠の効果と特徴
をお読みください。


レスリン錠25mg・50mgの薬価と使い分け

2015.10.17 デジレル・レスリン

レスリンは、1991年に発売された抗うつ剤です。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

レスリンの錠剤としては、25mg・50mgの2つの規格が発売されています。レスリンは抗うつ剤というよりも、睡眠薬として使われることが多いです。まずは25mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、レスリン錠25mg・50mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レスリンの効果について詳しく知りたい方は、
レスリン錠の効果と特徴
をお読みください。


デジレルの効果と特徴

2015.8.6 デジレル・レスリン

デジレルは、1991年に発売された新しいお薬です。

その後に発売された新しい抗うつ剤と比べると、抗うつ効果では劣ってしまいます。ですが、睡眠を深くする効果があるので鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠薬としてよく使われています。

ここでは、デジレルの効果について考えていきたいと思います。


トラゾドン錠の効果と特徴

2015.7.15 デジレル・レスリン

デジレル/レスリンのジェネリック医薬品として、アンデプレが1999年に発売されました。長らく使われてきましたが、名前が紛らわしいとのことで、2014年より一般名のトラゾドンに統一されました。

トラゾドンは、抗うつ剤というよりは睡眠薬として使われることが多いです。ここでは、トラゾドンの効果について見ていきたいと思います。


レスリン錠の効果と特徴

2015.7.12 デジレル・レスリン

レスリンは、1991年に発売された抗うつ剤です。その後に発売された新しい抗うつ剤と比べると、抗うつ効果では劣ってしまいます。ですが、睡眠を深くする効果があるので鎮静系抗うつ薬といわれていて、睡眠薬としてよく使われています。

ここでは、レスリンの効果について考えていきたいと思います。