ドグマチール錠の効果と特徴

2016.12.4 ドグマチール

ドグマチールほど、いろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。ドグマチールは、1973年に胃薬として発売されました。使われていくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、様々な疾患に広く使われるようになりました。現在では、主に抗うつ剤として使われることが多いです。ドグマチールは胃の働きをよくしながら気持ちを持ち上げてくれるため、効果を実感しやすい抗うつ剤になります。

ここでは、ドグマチールの効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


ドグマチール錠50mg・100mg・200mgの薬価と使い分け

2015.10.1 ドグマチール

ドグマチールは、1973年に発売されたお薬です。初めは胃薬として発売され、その後に統合失調症やうつ病にも効果があることがわかり、現在はもっぱら抗うつ剤として使われています。発売からしばらく経っており、ジェネリックも発売されています。

ドグマチールの錠剤としては、50mg・100mg・200mgの3つの規格が発売されています。まずは100~150mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ドグマチール錠50mg・100mg・200mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ドグマチールの効果について詳しく知りたい方は、
ドグマチール錠の効果と特徴
をお読みください。


ドグマチールとジェネリックの違いとは?

2015.8.23 ドグマチール

ドグマチールは発売されてから年月がたっていますので、ジェネリックが発売されています。スルピリド・マーゲノールなどの名前で発売されています。

それでは、ドグマチールとジェネリック(スルピリド)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


ドグマチールとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.22 ドグマチール

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

ここでは、お酒がドグマチールに及ぼす影響をみていきながら、何が問題なのかを考えていきましょう。その中で、現実的なお酒との付き合い方を考えていきましょう。


ドグマチールの生理・妊娠・授乳への影響とは?

2015.8.21 ドグマチール

女性の方は妊娠や授乳への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。ドグマチールを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

ドグマチールは、生理不順や乳汁分泌の副作用が有名です。妊娠や出産に対してどのような影響があるのでしょうか?

ここでは、そんなドグマチールの女性への影響について考えていきたいと思います。


ドグマチールの「うつ」への効果

2015.8.20 ドグマチール

ドグマチールは、「うつ」の治療によく使われているお薬です。即効性も期待できて副作用も少ないことから、とても使いやすいお薬です。抗うつ剤としては、SSRIやSNRIやNaSSAといった新しい抗うつ剤が使われることが多いですが、症状の程度が重くない時はドグマチールが使われることも多いです。

ここでは、ドグマチールの「うつ」への効果について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

ドグマチールの効果について詳しく知りたい方は、
ドグマチール錠の効果と特徴
をお読みください。


ドグマチールは太るの?体重増加と5つの対策

2015.8.19 ドグマチール

精神科ではお薬を処方するときに、患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科の薬はどうしても太る薬が多く、抗うつ剤も例外ではありません。ドグマチールでも、消化がよくなって食欲があがってしまいます。ですから、食欲にまかせていると太ってしまいます。ちゃんと自己管理の意識をもって生活していきましょう。

ここでは、ドグマチールがどうして太るのか、その理由と対処法まで詳しくお伝えしていきます。


ドグマチールの眠気と5つの対策

2015.8.18 ドグマチール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。抗うつ剤も例外ではなく、眠気が強いものが多いです。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

ドグマチールは、抗うつ剤の中では眠気は少ない方ですが、時に眠気が強くなることがあります。

ここでは、ドグマチールの副作用としてみられる眠気について考えてみましょう。


ベタマック錠(スルピリド錠「サワイ」)の効果と副作用

2015.8.17 ドグマチール

ベタマック錠は、ドグマチールのジェネリックです。ベタマックほどいろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。ベタマックは、1973年に胃薬として発売されました。使われていくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、広く使われるようになりました。

ベタマック錠は、2012年12月よりスルピリド錠「サワイ」に名称変更されています。

ここでは、ベタマック錠の効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


アビリット錠の効果と副作用

2015.8.16 ドグマチール

アビリット錠は、ドグマチールのジェネリックと間違えられることが多いですが、同時に発売された先発品です。3社で共同開発したので、それぞれの会社で違う商品が発売されました。その中でドグマチールが有名になりました。

アビリットほどいろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。アビリットは、1973年に胃薬として発売されました。使われていくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、広く使われるようになりました。

ここでは、アビリット錠の効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


ドグマチールの半減期からわかること

2015.8.15 ドグマチール

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。この時間をみることで、薬の効き方や副作用の出方を考えていくことができます。

ここでは、ドグマチールの半減期について考えていきましょう。


ミラドール錠の効果と副作用

2015.8.14 ドグマチール

ミラドール錠は、ドグマチールのジェネリックと間違えられることが多いですが、同時に発売された先発品です。3社で共同開発したので、それぞれの会社で違う商品が発売されました。その中でドグマチールが有名になったのです。

ミラドールほどいろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。ミラドールは、1973年に胃薬として発売されました。使われていくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、広く使われるようになりました。

ここでは、ミラドール錠の効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


ドグマチールの副作用(対策と比較)

2015.7.30 ドグマチール

ドグマチールはいろいろな効果のある薬として広く使われてきました。現在はもっぱら、抗うつ剤として使われています。

全体的には副作用が少なく、即効性もあってとても良いお薬です。ですが、他の抗うつ剤ではみられない副作用に注意しなければいけません。高プロラクチン血症による乳汁分泌と生理不順、パーキンソン症状によるソワソワやふるえがみられることがあります。

ここでは、ドグマチールの副作用について詳しくみていきたいと思います。


ドグマチールの減薬・断薬の方法

2015.7.30 ドグマチール

ドグマチールをやめていく時には、注意しなければいけません。急に減薬をしてしまうと、離脱症状が出てしまうことがあります。無理をして薬を減らして調子が悪くなってしまうと、以前よりも薬の量が増えてしまう方もいらっしゃいます。ドグマチールを減らしたいと思われたら、必ず主治医に相談してください。

それでは、ドグマチールを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?
また、調子が悪くなってしまったら、どのようにすればよいでしょうか?

ここでは、ドグマチールの減薬や断薬の方法をお伝えしていきたいと思います。


ドグマチールの離脱症状とは?

2015.7.30 ドグマチール

抗うつ薬が急に身体からなくなると、調子が悪くなることがあります。薬を飲まなかったせいで病気が悪化したと勘思われる方も多いですが、そうとも限りません。身体に慣れていた薬が急になくなることによる離脱症状が原因であることも多いです。

離脱症状は、古い薬よりむしろSSRIをはじめとした新しい抗うつ薬でよくみられます。ドグマチールでは、離脱症状はめったに起こらない薬です。ですが、量を飲んでいる時にいきなり服薬を中止するとみられることがあります。

ここでは、ドグマチールで離脱症状の起きる原因や対処法について、詳しく説明していきます。


スルピリド錠の効果と特徴

2015.7.30 ドグマチール

スルピリドはドグマチールのジェネリックです。スルピリドほど、いろいろな精神科の病気に幅広く使われるお薬はありません。スルピリドは、1973年に胃薬として発売されました。使われいくうちに、

「少ない量ではうつに効果がある」
「量を多くすると統合失調症に効果がある」

ということがわかり、広く使われるようになりました。

ここでは、スルピリドの効果と特徴について、お伝えしていきたいと思います。


スルピリドの副作用(対策と比較)

2015.7.30 ドグマチール

スルピリドは、ドグマチールのジェネリックとして発売されています。スルピリドはいろいろな効果のある薬として広く使われてきました。現在はもっぱら、抗うつ剤として使われています。

全体的には副作用が少なく、即効性もあってとても良いお薬です。ですが、他の抗うつ剤ではみられない副作用に注意しなければいけません。高プロラクチン血症による乳汁分泌と生理不順、パーキンソン症状によるソワソワやふるえがみられることがあります。

ここでは、スルピリドの副作用について詳しくみていきたいと思います。