トフラニール錠の効果と特徴

2016.11.23 トフラニール

トフラニールは世界で初めて開発された三環系抗うつ薬です。

販売開始1959年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。歴史的にも重要なお薬で、この薬が開発されたことで精神疾患にお薬が効果的であることが分かり、その後に薬物療法が発展していく礎となりました。

過去の遺物のように感じてしまうかもしれませんが、今でもまだまだ現役のお薬です。確かに最近では、副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬が優先して使われるようになっています。

ですがトフラニールなどの三環系抗うつ薬は、副作用が多いですが効果も期待できます。ですから効果不十分なケースを中心に、今でもよく使われています。

ここでは、トフラニールの効果を中心に、詳しくお伝えしていきたいと思います。


イミドール錠の効果と副作用

2015.9.23 トフラニール

イミドールとは、トフラニールという三環系抗うつ薬と同じです。イミドールはトフラニールのジェネリックとして発売されています。

イミドールは世界で初めて開発された三環系抗うつ薬です。この薬の登場をうけて、うつ病の薬物療法が発展していくきっかけとなりました。販売開始1959年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬が優先して使われるようになっています。ですが、三環系抗うつ薬は副作用が多いですが効果も大きいでので、今でもよく使われています。

ここでは、イミドールの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。


トフラニール錠10mg・25mgの薬価とジェネリックとの違い

2015.7.19 トフラニール

トフラニール錠は1959年に発売されたお薬です。すでに発売から年月もたっていますので、後発品としてのイミプラミン錠やイミドール錠も発売されています。

それでは、トフラニール錠と後発品であるイミプラミン錠にはどのような違いがあるのでしょうか?お伝えしていきたいと思います。


トフラニールの離脱症状と4つの対策

2015.4.22 トフラニール

抗うつ薬が急に身体から抜けると、調子が悪くなることがあります。病気が悪化したと勘違いされる方が多いですが、そうとも限りません。これは、身体に慣れていた薬が急になくなってしまって生じる離脱症状であることが多いのです。

トフラニールは、新しい抗うつ薬に比べると離脱症状は少ないです。ですが、減量のペースが早いとみられることがあります。

ここでは、トフラニールの離脱症状について、詳しくお伝えしていきます。


トフラニールの夜尿症への効果

2015.4.21 トフラニール

世界初の抗うつ薬として、歴史のスタートをきったトフラニールですが、まだまだ現役で使われています。どうしても昔の薬であるがゆえに、副作用が多く認められます。

ですがこの副作用を逆手にとって、「おねしょ」である夜尿症に対して効果を発揮します。

ここでは、トフラニールの夜尿症への効果について、見ていきたいと思います。

トフラニールの抗うつ剤としての効果について知りたい方は、
トフラニール錠の効果と特徴
をお読みください。


イミプラミン錠の効果と副作用

2015.4.9 トフラニール

イミプラミンとは、トフラニールという三環系抗うつ薬と同じです。イミプラミンはトフラニールのジェネリックとして発売されています。他にもイミドールがあります。

イミプラミンは世界で初めて開発された三環系抗うつ薬です。この薬の登場をうけて、うつ病の薬物療法が発展していくきっかけとなりました。販売開始1959年と、非常に長い実績のある抗うつ薬です。

最近では、さらに副作用の少ないSSRI・SNRI・NaSSAといった新しい抗うつ薬が優先して使われるようになっています。ですが、三環系抗うつ薬は副作用が多いですが効果も大きいでので、今でもよく使われています。

ここでは、イミプラミンの効果を中心に、わかりやすく紹介していきたいと思います。


トフラニールの副作用(対策と比較)

2015.4.9 トフラニール

トフラニール、1959年に世界で初めて開発された三環系抗うつ薬です。副作用も多かったですが大きな効果が認められたので、その後の薬物治療の先駆けとなりました。

最近では、副作用の少ない新しい抗うつ薬が使われることが多いです。ですが、これらの薬で効果が不十分な時は、今でもよく使われています。

ここでは、トフラニールの副作用を中心に、他の抗うつ薬と比較しながらわかりやすく紹介していきたいと思います。


トフラニールの致死量とは?

2015.4.8 トフラニール

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。そんな時に、楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

トフラニールは、治療する薬の量と中毒になってしまう薬の量が近くて危険です。すから、少しでも可能性があるのでしたら、周りの人ともよく相談しておかなければいけません。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず我々精神科医に相談してください。

ここでは、トフラニールの過量服薬(OD)の実情と、その対策について考えていきたいと思います。