アビガン錠(ファビピラビル)の効果と特徴

2016.2.15 その他のインフルエンザ治療薬

富山化学工業が独自に開発したアビガン錠(ファビピラビル)は、新しいインフルエンザ治療薬として開発されました。

アビガン錠は新しい作用の仕組みをもった治療薬として注目されていましたが、動物実験で胎児への催奇形性が確認されたために、「緊急事態のみ」という条件付きの承認となりました。

そんな中、思わぬ形でアビガン錠が注目を浴びました。2014年の西アフリカでのエボラ出血熱の大流行です。エボラ出血熱は致死性の病気で、その治療薬はありませんでした。そんな中、アビガン錠が有効だったのです。

ここでは、アビガン錠のインフルエンザへの効果と特徴を中心にお伝えしていきます。


ラピアクタ(ペラミビル)の効果と特徴

2016.2.13 その他のインフルエンザ治療薬

ラピアクタ(ペラミビル)はインフルエンザに対して唯一の点滴薬として活躍しています。

一般的に点滴薬として適応があるのは、お薬が飲めない、吸えない重症例の患者さんになります。そのため、入院した時に使用されることが多いお薬になるので、馴染みがない人も多いかもしれません。

ラピアクタは点滴で治療ができるので、薬を吸えなかったり飲み込めないほどに重症であっても確実に投与することができます。このため、現在のインフルエンザ治療の切り札と言っても過言ではないお薬です。

ここでは、ラピアクタの作用の仕組みから詳しくお伝えしていきます。


リレンザの予防投与の適応と効果

2016.2.12 リレンザ

インフルエンザになってしまうと、周りにいる人のことも考えなければいけません。インフルエンザは感染してしまうので、患者さんのまわりの家族や職場の方も不安になるかと思います。

産業医として企業に訪問させていただくと、「インフルエンザ感染者と接触した方にはどうすればよいのですか?」という質問もよくうけます。

リレンザはインフルエンザの患者さんを治す治療薬としてだけではなく、周りの方をインフルエンザから予防する効果も認められます。ここではそんなリレンザの予防投与をみてみましょう。


リレンザの効果時間と使い方

2016.2.10 リレンザ

リレンザは、もっとも最初に発売されたインフルエンザ吸入薬になります。

同じインフルエンザ治療薬のタミフルで異常行動の副作用報告がみられたことからよくつかわれていましたが、1度吸入するだけで効果が持続するイナビルが発売されて以来、処方されることは減ってしまいました。

とはいえ、まだまだ第一線で活躍しているお薬です。リレンザは吸入薬ですので、しっかりと吸入できなければ効果は期待できません。吸入薬は普段あまり使う機会がないので、方法がわからない方も多いと思います。

ここでは、リレンザの効果時間についてお伝えし、使い方についてお伝えしたいと思います。

リレンザの効果について詳しく知りたい方は、「リレンザ(ザナミビル)の効果と特徴」をお読みください。


リレンザの副作用と安全性

2016.2.9 リレンザ

インフルエンザと診断されて、病院でリレンザを処方されたことがある方は多いかと思います。

インフルエンザのシーズン中は医療機関は非常に忙しく、人によっては十分な副作用の説明を受けないままリレンザを処方された人もいるかもしれません。

リレンザにはどんな副作用があって、安全な薬といえるのでしょうか?
また、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

ここでは、リレンザの副作用についてまとめたいと思います。


リレンザに異常行動はみられるのか

2016.2.8 リレンザ

インフルエンザ治療薬としてはタミフルが有名ですが、タミフルを服用した10代の患者さんが衝動的に飛び出して事故死してしまうという異常行動が報告されました。

タミフルによる異常行動は大々的に報道されたので記憶されている方もいらっしゃると思います。そのためリレンザが10代には使用されるようになりましたが、リレンザでも異常行動はタミフルと同程度で出現すると報告されています。

ここでは、インフルエンザ吸入薬として広く使われているリレンザの異常行動について詳しくお伝えしていきます。


リレンザ(ザナミビル)の効果と特徴

2016.2.7 リレンザ

インフルエンザの治療薬として日本で初めて発売されたのがリレンザ(ザナミビル)です。2000年にリレンザが登場して以来、インフルエンザの治療は劇的に変化しました。

2010年に同じ吸入薬としてイナビルが登場し処方数が減ってはきていますが、今なお第一線で活躍するお薬です。

ここでは、リレンザの効果について、その作用の仕組みから詳しくお伝えしていきます。


イナビル吸入粉末剤20mgの薬価と用量

2016.2.6 イナビル

イナビルは、1回吸入するだけで効果が持続するインフルエンザ治療薬になります。1回の吸入で治療することができるので、非常に有用な吸入薬です。

イナビルは、20mg吸入粉末剤のみが発売されています。成人と小児では、治療目的と予防目的で、その用量がかわってきます。

ここでは、イナビル吸入粉末剤20mgの薬価や用量についてまとめたいと思います。

イナビルの効果について詳しく知りたい方は、「イナビル(ラニナミビル)の効果と特徴」をお読みください。


イナビルが効かない?熱が下がらない時とは?

2016.2.5 イナビル

インフルエンザで高熱でだるさが続いていたら辛いですよね。

「やっとの思いで病院で処方してもらったイナビルを吸ったのに熱が下がらない!!」そんな人のために、イナビルで熱が下がらないケースについてまとめていきたいと思います。

大切なのは「熱」は必ずしも悪いものではなく、インフルエンザを退治するために体が頑張って出していることを知っておくことです。熱をだすことの意味についてもふれながら、「イナビルで熱が下がらない」「イナビルが効かない」と感じた方に対して、その考えられるケースを詳しくお伝えしていきたいと思います。


イナビルの副作用と安全性

2016.2.4 イナビル

インフルエンザと診断されて、病院でイナビルを処方されたことがある方は多いかと思います。

インフルエンザのシーズン中は医療機関は非常に忙しく、人によっては十分な副作用の説明を受けないままイナビルを処方された人もいるかもしれません。イナビルは病院ですぐに吸入することも多く、後になって副作用が心配になった方もいらっしゃるでしょう。

イナビルにはどんな副作用があって、安全な薬といえるのでしょうか?
また、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

ここでは、イナビルの副作用についてまとめたいと思います。


イナビルの予防投与の適応と効果

2016.2.3 イナビル

インフルエンザになってしまうと、周りにいる人のことも考えなければいけません。インフルエンザは感染してしまうので、患者さんのまわりの家族や職場の方も不安になるかと思います。

産業医として企業に訪問させていただくと、「インフルエンザ感染者と接触した方はどうすればよいのですか?」という質問もよくうけます。

イナビルはインフルエンザの患者さんを治す治療薬としてだけではなく、周りの方をインフルエンザから予防する効果も認められます。ここではそんなイナビルの予防投与をみてみましょう。


イナビルに異常行動はみられるのか?

2016.2.2 イナビル

インフルエンザ治療薬としてはタミフルが有名ですが、タミフルを服用した10代の患者さんが衝動的に飛び出して事故死してしまうという異常行動が報告されました。

タミフルによる異常行動は大々的に報道されたので記憶されている方もいらっしゃると思いますが、同じインフルエンザ治療薬のイナビルでは異常行動は問題にならないのでしょうか?

ここでは、インフルエンザ吸入薬として広く使われているイナビルの異常行動について詳しくお伝えしていきます。


イナビルの使い方・タミフルとの効き目の比較

2016.2.1 イナビル

イナビルは、インフルエンザ吸入薬として2番目に発売されました。2キットを1度に吸入するだけでインフルエンザの治療ができるという簡便さから、現在多くの病院で処方されております。

ただしどんなに良いお薬でもしっかりと身体に吸収されないと効果がありません。吸入薬は普段あまり使う機会がないので、方法がわからない方も多いと思います。

一回の吸入で効果が持続するのか、心配な方もいらっしゃるかと思います。ここでは、イナビルの効果時間についてお伝えし、インフルエンザ治療薬として有名なタミフルと効果を比較していきたいと思います。

イナビルの効果について詳しく知りたい方は、「イナビル(ラニナミビル)の効果と特徴」をお読みください。


タミフルの服用期間と飲み方

2016.1.31 タミフル

タミフルは、インフルエンザ治療薬の中での唯一の内服薬としてよく処方されています。

タミフルは抗生物質などとは異なり、直接ウイルスを退治するものではありません。ウイルスが感染した細胞の中で増殖し、それが周りに散らばるのを防ぐお薬です。ですから抗生物質とは異なり、タミフルでは服用期間が決められていて、独特の飲み方があります。

ここでは、タミフルの服用期間について詳しくお伝えし、タミフルの飲み方についての注意点を詳しくお伝えしたいと思います。

タミフルの効果について詳しく知りたい方は、「タミフル(オセルタミビル)の効果と特徴」をお読みください。


タミフルカプセル75mg・ドライシロップの薬価と用量

2016.1.30 タミフル

タミフルは、インフルエンザ治療薬の中での唯一の飲み薬になります。

タミフルは、75mgカプセルと3%ドライシロップの2つの剤形が発売されています。基本的にはカプセルになりますが、カプセルが服用できない方やお子さんなどは、タミフルドライシロップを使います。

ここでは、タミフルカプセル・ドライシロップの薬価や用量についてまとめたいと思います。

タミフルの効果について詳しく知りたい方は、「タミフル(オセルタミビル)の効果と特徴」をお読みください。


イナビル(ラニナミビル)の効果と特徴

2016.1.29 イナビル

イナビル(一般名:ラニナミビル)は、2010年9月10日に発売されてインフルエンザ吸入薬になります。リレンザに次ぐ2番目の吸入薬として発売されましたが、イナビルは2キットを1度に吸入するだけでインフルエンザの治療ができるという簡便さから、現在多くの病院で処方されております。

イナビルは、発症からできるだけ早く服用することが求められるお薬です。48時間以上たってしまったら、あまり効果は期待できません。

ここでは、イナビルの効果について、その作用の仕組みから詳しくお伝えしていきます。


タミフルの副作用と安全性

2016.1.28 タミフル

インフルエンザと診断されて、病院でタミフルを処方されたことがある方は多いかと思います。

インフルエンザのシーズン中は医療機関は非常に忙しく、人によっては十分な副作用の説明を受けないままタミフルを処方された人もいるかもしれません。

タミフルにはどんな副作用があって、安全な薬といえるのでしょうか?
また、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

ここでは、タミフルの副作用についてまとめたいと思います。


タミフルの予防投与の適応と効果

2016.1.27 タミフル

インフルエンザになってしまうと、周りにいる人のことも考えなければいけません。インフルエンザは感染してしまうので、患者さんのまわりの家族や職場の方も不安になるかと思います。

産業医として企業に訪問させていただくと、「インフルエンザ感染者と接触した方にはどうすればよいのですか?」という質問もよくうけます。

タミフルはインフルエンザの患者さんを治す治療薬としてだけではなく、周りの方をインフルエンザから予防する効果も認められます。ここではそんなタミフルの予防投与をみてみましょう。


タミフルで恐れられる異常行動とは?

2016.1.26 タミフル

インフルエンザと診断されて処方されたタミフル。どんな薬だろうと思って何気なく調べてみると、「異常行動」という怖い文字が出てきます。

タミフルと異常行動は、10代の患者さんを中心に認められた予期しない副作用です。センセーショナルに報道されたため、ご記憶がある方もいらっしゃるかもしれません。

タミフルの異常行動は実際のところ、どのようなものでしょうか?
タミフルの異常行動に対して、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?

ここでは、そんな怖いタミフルの副作用「異常行動」について、どういう背景があり、どう考えていけば良いか取り上げたいと思います。


タミフル(オセルタミビル)の効果と特徴

2016.1.23 タミフル

タミフル(一般名:オセルタミビル)は、インフルエンザ治療薬としてもっとも有名なお薬です。知らない人も少ないくらいのお薬かと思います。

いくつかあるインフルエンザ治療薬の中で、タミフルは唯一の飲み薬として広く使われています。現在は一回吸入するだけですむイナビルなども発売されていますが、患者さんによっては飲み薬のタミフルの方が向いていることもあるのです。

タミフルは、発症からできるだけ早く服用することが求められるお薬です。48時間以上たってしまったら、あまり効果は期待できません。

ここでは、タミフルの効果について、その作用の仕組みから詳しく説明していきます。