アンキソール錠の効果と副作用

2017.3.17 ムコソルバン(アンブロキソール)

アンキソール錠は、1984年に発売されたムコソルバンのジェネリック医薬品の去痰薬です。

アンキソールは表面活性物質を増やし、気道粘膜の滑りをよくします。また、痰の粘りをとり、さらに線毛運動を活発にすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり鼻水が出るといった人には、まずアンキソールを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、アンキソールはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためアンキソールを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、アンキソールの効果と特徴についてみていきましょう。


ブロムヘキシン塩酸塩吸入液の効果と副作用

2017.3.10 ビソルボン/ブロムヘキシン

ブロムヘキシン塩酸塩吸入液は、1966年にベーリンガーインゲルハイム製薬会社より発売されたビソルボン吸入液のジェネリック医薬品です。ブロムヘキシン塩酸塩吸入液は、ネブライザーという吸入器で吸入することで、痰を出しやすくするお薬です。

副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡むときに積極的に使用するお薬です。注意しなければならないのは、ブロムヘキシン塩酸塩はあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

またブロムヘキシン塩酸塩は、ネバネバした痰をサラサラにすることで、痰を出しやすくするお薬です。痰が最初からサラサラしている人はむしろ向きません。

ここでは、ブロムヘキシン塩酸塩吸入液の効果と特徴についてみていきましょう。


ムコブリン錠の効果と副作用

2017.3.5 ムコソルバン(アンブロキソール)

ムコブリン錠は、1984年に発売されたムコソルバンのジェネリック医薬品の去痰薬です。

ムコブリンは表面活性物質を増やし、気道粘膜の滑りをよくします。また、痰の粘りをとり、さらに線毛運動を活発にすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり鼻水が出るといった人には、まずムコブリンを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、ムコブリンはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためムコブリンを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、ムコブリンの効果と特徴についてみていきましょう。


プルスマリンA錠・シロップの効果と副作用

2017.2.28 ムコソルバン(アンブロキソール)

プルスマリンAは、1984年に発売されたムコソルバンのジェネリック医薬品の去痰薬です。

プルスマリンAは表面活性物質を増やし、気道粘膜の滑りをよくします。また、痰の粘りをとり、さらに線毛運動を活発にすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり鼻水が出るといった人には、まずプルスマリンAを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、プルスマリンAはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためプルスマリンAを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、プルスマリンAの効果と特徴についてみていきましょう。


レベルボン錠・シロップの効果と副作用

2017.2.27 ビソルボン/ブロムヘキシン

レベルボン錠・シロップは、1966年にベーリンガーインゲルハイム製薬会社より発売された去痰薬ビソルボンのジェネリックです。

レベルボンは痰をサラサラにしたうえで、あえて痰の量を増やすことで痰を出しやすくするお薬です。

副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡むときに処方されるお薬です。注意しなければならないのは、レベルボンはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためレベルボンを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲンなどでしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、レベルボンの効果と特徴についてみていきましょう。


ビソルボン吸入液の副作用と安全性

2017.2.26 ビソルボン/ブロムヘキシン

ビソルボン吸入液はネバネバした痰をサラサラにしたうえで、痰の分泌を増やして出しやすくするお薬です。ビソルボン吸入液は、ネブライザーという機械を使用して吸入するお薬になります。

幅広い効果に加えて、ビソルボン吸入液はほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもビソルボン吸入液の特徴的です。

そのためビソルボン吸入液は、妊婦・授乳中・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。一方で小児にはデータが少ないため積極的に勧められていません。ここではビソルボン吸入液がどれくらい安全か確認していきましょう。


ビソルボン吸入液(ブロムヘキシン塩酸塩)の効果と特徴

2017.2.24 ビソルボン/ブロムヘキシン

ビソルボン吸入液(一般名:ブロムヘキシン塩酸塩)は、1966年にベーリンガーインゲルハイム製薬会社より発売された去痰薬です。ビソルボン吸入液は、ネブライザーという吸入器で吸入することで、痰を出しやすくするお薬です。

副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡むときに積極的に使用するお薬です。注意しなければならないのは、ビソルボンはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

またビソルボンは、ネバネバした痰をサラサラにすることで、痰を出しやすくするお薬です。痰が最初からサラサラしている人はむしろ向きません。

ここでは、ビソルボン吸入液の効果と特徴についてみていきましょう。


ブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップの副作用と安全性

2017.2.15 ビソルボン/ブロムヘキシン

ブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップは、ビソルボン錠のジェネリック医薬品です。ブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップは、ネバネバした痰をサラサラにしたうえで、痰の分泌を増やして出しやすくするお薬です。

幅広い効果に加えて、ブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップはほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップの特徴的です。

そのためブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップは、妊婦・授乳中・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。一方で小児にはデータが少ないため、積極的に勧められていません。ここでは、ブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップがどれくらい安全か確認していきましょう。


ブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップの効果と特徴

2017.2.12 ビソルボン/ブロムヘキシン

ブロムヘキシン塩酸塩錠・シロップは、1966年にベーリンガーインゲルハイム製薬会社より発売された去痰薬ビソルボンのジェネリックです。

ブロムヘキシン塩酸塩は痰をサラサラにしたうえで、あえて痰の量を増やすことで痰を出しやすくするお薬です。

副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡むときに処方されるお薬です。注意しなければならないのは、ブロムヘキシン塩酸塩はあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためブロムヘキシン塩酸塩を飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、ブロムヘキシン塩酸塩の効果と特徴についてみていきましょう。


ビソルボン錠・細粒の副作用と安全性

2017.2.9 ビソルボン/ブロムヘキシン

ビソルボン錠・細粒はネバネバした痰をサラサラにしたうえで、痰の分泌を増やして出しやすくするお薬です。

幅広い効果に加えて、ビソルボン錠・細粒はほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもビソルボン錠・細粒の特徴的です。

そのためビソルボン錠・細粒は、妊婦・授乳中・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。一方で小児にはデータが少ないため積極的に勧められていません。ここではビソルボン錠・細粒がどれくらい安全か確認していきましょう。


ビソルボン錠・細粒(ブロムヘキシン塩酸塩)の効果と特徴

2017.2.6 ビソルボン/ブロムヘキシン

ビソルボン錠・細粒(一般名:ブロムヘキシン塩酸塩)は、1966年にベーリンガーインゲルハイム製薬会社より発売された去痰薬です。

ビソルボンは痰をサラサラにしたうえで、あえて痰の量を増やすことで痰を出しやすくするお薬です。

副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡むときに処方されるお薬です。注意しなければならないのは、ビソルボンはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためビソルボンを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、ビソルボンの効果と特徴についてみていきましょう。


アセチルシステイン吸入液の効果と副作用

2017.2.1 ムコフィリン(アセチルシステイン)

アセチルシステイン吸入液は、去痰薬として使用されているムコフィリン吸入液のジェネリック医薬品です。

アセチルシステイン吸入液は痰の成分のジスルフィド結合を分解することで、痰のネバネバを取る効果があります。ただしアセチルシステイン吸入液は、ネブライザーという特殊な機械を使用して吸入するため、自宅でアセチルシステイン吸入液を使用する場合はネブライザーを購入する必要があります。

アセチルシステイン吸入液は副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、慢性的に痰がでる病気に使用します。ただし病気が治るわけではないためアセチルシステイン吸入液をずっと使用する必要があります。

ここでは、アセチルシステイン吸入液の効果と特徴についてみていきましょう。


ムコフィリンの副作用と安全性

2017.1.27 ムコフィリン(アセチルシステイン)

ムコフィリンは痰をネバネバからさららさにして痰を出しやすくするお薬です。

ムコフィリンはネブライザーという機械を使って吸入するのですが、ほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもムコフィリンの特徴的です。

そのためムコフィリンは、妊婦・授乳中・高齢者などにも使用されるお薬です。一方で小児にはデータが少ないため積極的に勧められていません。ここではムコフィリンがどれくらい安全か確認していきましょう。


ムコフィリン吸入液(アセチルシステイン)の効果と特徴

2017.1.26 ムコフィリン(アセチルシステイン)

ムコフィリン吸入液(一般名:アセチルシステイン)は、1965年にサンノーバ製薬会社より発売され去痰薬です。

ムコフィリンは痰の成分のジスルフィド結合を分解することで、痰のネバネバを取る効果があります。ただしムコフィリン吸入液は、ネブライザーという特殊な機械を使用して吸入するため、自宅でムコフィリンを使用する場合はネブライザーを購入する必要があります。

ムコフィリンは副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、慢性的に痰がでる病気に使用します。ただし病気が治るわけではないためムコフィリンをずっと使用する必要があります。

ここでは、ムコフィリンの効果と特徴についてみていきましょう。


スペリア錠(フドステイン)の効果と副作用

2017.1.20 クリアナール/スペリア

スペリア錠(一般名:フドステイン)は、2001年に久光製薬会社より発売された去痰薬です。

スペリアは痰の成分を整えたり、痰を産生する杯細胞の形成を抑制することで、痰を出しやすくするお薬です。

副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡むときに数多く処方されるお薬です。注意しなければならないのは、スペリアはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためスペリアを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、スペリアの効果と特徴についてみていきましょう。


クリアナールの副作用と安全性

2017.1.14 クリアナール/スペリア

クリアナールは痰の成分を整えたり、杯細胞の産生を抑制して痰を出しやすくするお薬です。

幅広い効果に加えて、クリアナールはほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもクリアナールの特徴的です。

そのためクリアナールは、妊婦・授乳中・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。一方で小児にはデータが少ないため積極的に勧められていません。ここではクリアナールがどれくらい安全か確認していきましょう。


クリアナール錠の効果と特徴

2017.1.13 クリアナール/スペリア

クリアナール錠(一般名:フドステイン)は、2001年に田辺三菱製薬会社より発売され去痰薬です。

クリアナールは痰の成分を整えたり、痰を産生する坂付き細胞の形成を抑制することで痰を出しやすくするお薬です。

副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡むときに数多く処方されるお薬です。注意しなければならないのは、クリアナールはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためクリアナールを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、クリアナールの効果と特徴についてみていきましょう。


アンブロキソール錠・シロップ・カプセルの効果と特徴

2017.1.11 ムコソルバン(アンブロキソール)

アンブロキソールは、1984年に発売されたムコソルバンのジェネリック医薬品の去痰薬です。

アンブロキソールは表面活性物質を増やし、気道粘膜の滑りをよくします。また、痰の粘りをとり、さらに線毛運動を活発にすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずアンブロキソールを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、アンブロキソールはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためアンブロキソールを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、アンブロキソールの効果と特徴についてみていきましょう。


アンブロキソール錠の副作用と安全性

2017.1.7 ムコソルバン(アンブロキソール)

アンブロキソールは、去痰薬のムコソルバンのジェネリック医薬品になります。

表面活性剤を活性化して気道を滑りやすくし、痰の性状を整えることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

幅広い効果に加えて、アンブロキソールはほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもアンブロキソールの特徴的です。

そのためアンブロキソールは、妊婦・授乳中・小児・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。

ここでは、アンブロキソール錠がどれくらい安全か、副作用について確認していきましょう。


ムコサールの副作用と安全性

2016.12.30 ムコソルバン(アンブロキソール)

ムコサールは、表面活性剤を活性化して気道を滑りやすくし、痰の性状を整えることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

幅広い効果に加えて、ムコサールはほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもムコサールの特徴的です。

そのためムコサールは、妊婦・授乳中・小児・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。

ここでは、ムコサールがどれくらい安全か、副作用について確認していきましょう。


ムコサール錠(アンブロキソール)の効果と特徴

2016.12.29 ムコソルバン(アンブロキソール)

ムコサール錠(一般名:アンブロキソール)は、1984年に発売されたムコソルバンのジェネリック医薬品の去痰薬です。

ムコサールは表面活性物質を増やし、気道粘膜の滑りをよくします。また、痰の粘りをとり、さらに線毛運動を活発にすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずムコサールを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、ムコサールはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためムコサールを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、ムコサールの効果と特徴についてみていきましょう。


ムコソルバンの副作用と安全性

2016.12.26 ムコソルバン(アンブロキソール)

ムコソルバンは表面活性剤を活性化して気道を滑りやすくし、痰の性状を整えることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

幅広い効果に加えて、ムコソルバンはほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもムコソルバンの特徴的です。

そのためムコソルバンは、妊婦・授乳中・小児・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。ここではムコソルバンがどれくらい安全か確認していきましょう。


ムコソルバン錠(アンブロキソール)の効果と特徴

2016.12.25 ムコソルバン(アンブロキソール)

ムコソルバン錠(一般名:アンブロキソール)は、1984年に帝人ファーマより発売された去痰薬です。

ムコソルバンは表面活性物質を増やし、気道粘膜の滑りをよくします。また、痰の粘りをとり、さらに線毛運動を活発にすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎や中耳炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずムコソルバンを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、ムコソルバンはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためムコソルバンを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、ムコソルバンの効果と特徴についてみていきましょう。


シスダイン錠の効果と副作用

2016.12.21 ムコダイン

シスダイン錠(一般名:L-カルボシステイン)は、去痰薬と発売されたムコダインのジェネリック医薬品です。

シスダインは痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の中の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずシスダインを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、シスダインはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためシスダインを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、シスダインの効果と副作用の特徴についてみていきましょう。


ムコダインの市販薬、ストナ・クールワンの効果と特徴

2016.12.14 ムコダイン

ムコダイン錠(一般名:L-カルボシステイン)は、去痰薬と発売されている医薬品です。ムコダイン錠は痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。

ムコダイン錠は医薬品のため、基本的には医療機関で診察して処方してもらえなければ手に入りません。一方で同じL-カルボシステインの成分で、市販薬で処方されているお薬があります。

主成分であるカルボシステインは、副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだ症状に市販薬としてストナやクールワンを購入することができます。注意しなければならないのは、ストナやクールワンはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためストナやクールワンを飲み続けないと痰が出続ける人は、医療機関を受診して原因を調べる必要があります。ここでは、痰切りの市販薬である効果と副作用の特徴についてみていきましょう。


カルボシステイン錠・シロップの効果と副作用

2016.12.10 ムコダイン

カルボシステイン錠(一般名:L-カルボシステイン)は、去痰薬と発売されたムコダインのジェネリック医薬品です。

カルボシステインは痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の中の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

一方でジェネリック医薬品であるカルボシステインは中耳炎には適応ないため注意が必要です。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずカルボシステインを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、カルボシステインはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためカルボシステインを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、カルボシステインの効果と副作用の特徴についてみていきましょう。


ムコダインの副作用と安全性

2016.12.6 ムコダイン

ムコダインは痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻や耳の中の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎や中耳炎にも使用されます。

幅広い効果に加えて、ムコダインはほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもムコダインの特徴的です。

そのためムコダインは、妊婦・授乳中・小児・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。ここではムコダインがどれくらい安全か確認していきましょう。


ムコダイン錠・シロップ(L-カルボシステイン)の効果と特徴

2016.12.5 ムコダイン

ムコダイン錠(一般名:L-カルボシステイン)は1981年に杏林製薬より発売され去痰薬です。

ムコダインは痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻や耳の中の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎や中耳炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずムコダインを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、ムコダインはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためムコダインを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、ムコダインの効果と特徴についてみていきましょう。