フェノフィブラートカプセルの効果と副作用について

2017.4.6 トライコア/リピディル

フェノフィブラートカプセルは、トライコア、リピディルのジェネリック医薬品です。「フィブラート系」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

フェノフィブラートカプセルは、おもに中性脂肪(TG)を下げるお薬です。中性脂肪が高い場合に、フィブラート系は第一選択肢になります。特にフェノフィブラートは、新しく登場したフィブラート系の第二世代のジェネリック医薬品として効果も強いため、積極的に選択されているお薬です。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにフェノフィブラートカプセルを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、フェノフィブラートカプセルの効果と特徴についてまとめていきます。


ゼチーアをダイエット目的で処方された方へ。ゼチーアで痩せるって本当?

2017.4.5 ゼチーア

ゼチーアは、小腸のコレステロールトランスポーターを選択的にブロックする脂質異常症のお薬です。主にLDL(悪玉コレステロール)が高値の時に使用します。

一方で最近ゼチーアを痩せるため、ダイエット目的で処方されるケースが散見されます。一見するとコレステロールを吸収阻害するのであれば、ダイエットに使用できるような気がしますよね?

しかしゼチーアは痩せる効果というのがほとんどありません。私たちが痩せるためには脂質よりもカロリーを制限する方が効果的なのです。

ここではゼチーアはダイエットして効果がほとんどないことを説明したいと思います。


ゼチーア錠の副作用と安全性

2017.4.2 ゼチーア

ゼチーアは、主に脂質異常症・高脂血症・高LDL血症といった病名に小腸コレステロールトランスポーター阻害剤です。小腸からコレステロールが吸収されるのを防ぐことでLDLを下げる効果があります。

ゼチーアはLDLコレステロールを下げる力が非常に強いですが、小腸に作用するため下痢や便秘、腹痛などの消化器症状が出現します。

一方でゼチーアはスタチン系の効果が不十分な時に追加する第二選択薬として使用されることが多いです。スタチン系と併用する時、重度な肝機能障害があると使用することができません。

ゼチーアの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。ここでゼチーア錠の副作用と安全性についてしっかりと確認していきましょう。


ゼチーア錠(エゼチミブ)の効果と特徴

2017.4.1 ゼチーア

ゼチーア錠(一般名:エゼチミブ)は、2007年からMSD製薬会社より発売されたお薬になります。「小腸コレステロールトランスポーター阻害剤 」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

ゼチーアは、食事摂取したコレステロールの吸収を阻害することで、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はまずスタチン系を選択します。

ゼチーアは、スタチン系でも効果不十分な場合に追加投与する第二選択薬としての位置づけです。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。スタチン系が効かなくてゼチーアを追加しても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、ゼチーアの効果と特徴についてまとめていきます。


リピディル錠の副作用と安全性

2017.3.28 トライコア/リピディル

リピディル錠は、主に脂質異常症・高脂血症・高中性脂肪(TG)血症といった病名に使用されるフィブラート系のお薬です。

リピディルはTGを下げる力が非常に強いですが、肝障害などの副作用に注意が必要です。さらに胆石がある人、腎機能障害がある人、肝機能障害がある人、妊娠中の人には使用できません。

リピディルの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。ここでリピディル錠の副作用と安全性について、しっかりと確認していきましょう。


リピディル錠(フェノフィブラート)の効果と特徴

2017.3.24 トライコア/リピディル

リピディル錠は、2005年からあすか製薬会社より発売されたお薬になります。「フィブラート系」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

リピディル錠は、おもに中性脂肪(TG)を下げるお薬です。中性脂肪が高い場合に、フィブラート系は第一選択肢になります。特にリピディルは、新しく登場したフィブラート系の第二世代として効果も強いため、積極的に選択されているお薬です。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにリピディル錠を内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、リピディル錠の効果と特徴についてまとめていきます。


ビノグラックカプセルの効果と副作用

2017.3.20 クロフィブラート

ビノグラックカプセルは、1969年から寿製薬会社より発売されたお薬になります。「フィブラート系」という種類に分類される、脂質を下げるお薬です。

ビノグラックは、おもに中性脂肪(TG)を下げるお薬です。中性脂肪が高い場合にフィブラート系は第一選択肢になります。ただしビノグラックは、非常に古い第一世代のお薬となります。現在はリピディル・トライコアなどの第二世代のフィブラート系の薬が効果が強いため、そちらを選択することが多いです。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにビノグラックを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、ビノグラックの効果と特徴についてまとめていきます。


トライコア錠の副作用と安全性

2017.3.18 トライコア/リピディル

トライコアは、主に脂質異常症・高脂血症・高中性脂肪(TG)血症といった病名に使用されるフィブラート系のお薬です。

トライコアはTGを下げる力が非常に強いですが、肝障害などの副作用に注意が必要です。さらに胆石がある人、腎機能障害がある人、肝機能障害がある人、妊娠中の人には使用できません。

トライコアの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。ここでトライコア錠の副作用と安全性について、しっかりと確認していきましょう。


トライコア錠(フェノフィブラート)の効果と特徴

2017.3.13 トライコア/リピディル

トライコア錠は、2011年からアボットジャパン会社より発売されたお薬になります。「フィブラート系」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

トライコア錠は、おもに中性脂肪(TG)を下げるお薬です。中性脂肪が高い場合に、フィブラート系は第一選択肢になります。特にトライコアは、新しく登場したフィブラート系の第二世代として効果も強いため、積極的に選択されているお薬です。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにトライコア錠を内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、トライコア錠の効果と特徴についてまとめていきます。


ラミアン錠の効果と副作用

2017.3.11 リポバス

ラミアン錠は、2000年から発売されているリポバスのジェネリック医薬品になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

ラミアンは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はラミアンなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにラミアンを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、ラミアンの効果と副作用についてまとめていきます。


ローコール錠の副作用と安全性

2017.3.7 ローコール

ローコールは、主に脂質異常症・高脂血症・高LDL血症といった病名に使用されるスタチン系のお薬です。

ローコールはLDLコレステロールを下げる力が非常に強いですが、筋肉痛などの症状で起きる「横紋筋融解症」には注意が必要です。また肝機能障害が重篤な人、妊娠中の人には使用できません。

ローコールの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。そのため副作用などが起きてから、「こんなことになるなんて知らなかった」なんてならないように、ここでローコール錠の副作用と安全性についてしっかりと確認していきましょう。


アルセチン錠の効果と副作用

2017.3.6 メバロチン

アルセチン錠は、脂質異常症に対して発売されているメバロチンのジェネリック医薬品です。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。メバロチンは、スタチン系として最初に発売されたお薬です。

アルセチンは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はアルセチンなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにアルセチンを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、アルセチンの効果と特徴についてまとめていきます。


フルバスタチン錠の効果と副作用

2017.3.1 ローコール

フルバスタチン錠は、1998年からMSD製薬会社より発売されたローコール錠のジェネリック医薬品です。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

フルバスタチンは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はフルバスタチンなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにフルバスタチンを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、フルバスタチンの効果と特徴についてまとめていきます。


クロフィブラートの副作用と安全性

2017.2.21 クロフィブラート

クロフィブラートは、主に脂質異常症・高脂血症・高中性脂肪(TG)血症といった病名に使用されるフィブラート系のお薬です。

クロフィブラートはTGを下げる力が非常に強いですが、筋肉痛などの症状で起きる「横紋筋融解症」には注意が必要です。また肝機能障害が重篤な人、妊娠中の人には使用できません。

に関与するお薬との併用に注意が必要です。

クロフィブラートの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。ここでクロフィブラート錠の副作用と安全性について、しっかりと確認していきましょう。


メバトルテ錠・細粒の効果と副作用

2017.2.19 メバロチン

メバトルテ錠・細粒は、脂質異常症に対して発売されているメバロチンのジェネリック医薬品です。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。メバロチンは、スタチン系として最初に発売されたお薬です。

メバトルテは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はメバトルテなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにメバトルテを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、メバトルテの効果と特徴についてまとめていきます。


クロフィブラートカプセルの効果と特徴

2017.2.18 クロフィブラート

クロフィブラートカプセルは、1969年から鶴原製薬会社より発売されたお薬になります。「フィブラート系」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

クロフィブラートは、おもに中性脂肪(TG)を下げるお薬です。中性脂肪が高い場合にフィブラート系は第一選択肢になります。ただしクロフィブラートは、非常に古い第一世代のお薬となります。現在はリピディル・トライコアなどの第二世代のフィブラート系の薬が効果が強いため、そちらを選択することが多いです。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにクロフィブラートを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、クロフィブラートの効果と特徴についてまとめていきます。


ローコール錠(フルバスタチン)の効果と特徴

2017.2.17 ローコール

ローコール錠(一般名:フルバスタチン)は、1998年からMSD製薬会社より発売されたお薬になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

ローコールは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はローコールなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにローコールを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、ローコールの効果と特徴についてまとめていきます。


リポザート錠の効果と副作用

2017.2.13 リポバス

リポザート錠は、2000年から発売されているリポバスのジェネリック医薬品になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

リポザートは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はリポザートなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにリポザートを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、リポザートの効果と副作用についてまとめていきます。


プラバスタチンNa錠の効果と副作用

2017.2.8 メバロチン

プラバスタチンNa錠は、脂質異常症に対して発売されているメバロチンのジェネリック医薬品です。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。メバロチンは、スタチン系として最初に発売されたお薬です。

プラバスタチンNaは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はプラバスタチンNaなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにプラバスタチンNaを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、プラバスタチンNaの効果と特徴についてまとめていきます。


メバロチンの副作用と安全性

2017.2.5 メバロチン

メバロチンは、主に脂質異常症・高脂血症・高LDL血症といった病名に使用されるスタチン系のお薬です。

メバロチンはLDLコレステロールを下げる力が非常に強いですが、筋肉痛などの症状で起きる「横紋筋融解症」には注意が必要です。また肝機能障害が重篤な人、妊娠中の人には使用できません。

一方でメバロチンは他のスタチン系と違い唯一腎代謝のお薬です。そのため重度な肝機能障害があっても使用することが可能なお薬ですし、肝臓に負担をかけるお薬との飲み合わせも少ないお薬です。

メバロチンの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。ここでメバロチン錠の副作用と安全性についてしっかりと確認していきましょう。


メバロチン錠・細粒(プラバスタチン)の効果と特徴

2017.2.4 メバロチン

メバロチン錠(一般名:プラバスタチンナトリウム)は、1989年から第一三共より発売されているお薬になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。メバロチンは、スタチン系として最初に発売されたお薬です。

メバロチンは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はメバロチンなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにメバロチンを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、メバロチンの効果と特徴についてまとめていきます。


シンバスタチン錠の効果と副作用

2017.1.31 リポバス

シンバスタチン錠は、2000年から発売されているリポバスのジェネリック医薬品になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

シンバスタチンは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はシンバスタチンなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにシンバスタチンを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、シンバスタチンの効果と副作用についてまとめていきます。


リポバスの副作用と安全性

2017.1.29 リポバス

リポバスは、主に脂質異常症・高脂血症・高LDL血症といった病名に使用されるスタチン系のお薬です。

リポバスはLDLコレステロールを下げる力が非常に強いですが、筋肉痛などの症状で起きる「横紋筋融解症」には注意が必要です。また肝機能障害が重篤な人、妊娠中の人には使用できません。

またリポバスはCYP3A4に関与するお薬との併用に注意が必要です。

リポバスの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。ここでリポバス錠の副作用と安全性についてしっかりと確認していきましょう。


リポバス錠(シンバスタチン)の効果と特徴

2017.1.28 リポバス

リポバス錠(一般名:シンバスタチン)は、2000年からMSD製薬会社より発売されているお薬になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

リポバスは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はリポバスなどのスタチン系を選択します。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにリポバスを内服し続けていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、リポバスの効果と特徴についてまとめていきます。


アトルバスタチン錠の効果と特徴

2017.1.23 リピトール

アトルバスタチン錠は、2000年から発売されたリピトール錠のジェネリック医薬品です。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

アトルバスタチンは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを強力に下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はアトルバスタチンをまず使うという医師も多いです。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにアトルバスタチンが優れていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、アトルバスタチンの効果と特徴についてまとめていきます。


ピタバスタチンカルシウム錠の効果と副作用について

2017.1.22 リバロ

ピタバスタチンカルシウム錠は、2003年から発売されているリバロ錠のジェネリック医薬品になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるスタチン系のお薬です。

ピタバスタチンカルシウムは主に、悪玉(LDL)コレステロールを強力に下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はピタバスタチンカルシウムをまず使うという医師も多いです。特にピタバスタチンカルシウムは、現時点ではお子さんに唯一使えるスタチン系のお薬です。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにピタバスタチンカルシウムが優れていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、ピタバスタチンカルシウムの効果と特徴についてまとめていきます。


リピトールの副作用と安全性

2017.1.21 リピトール

リピトールは、主に脂質異常症・高脂血症・高LDL血症といった病名に使用されるスタチン系のお薬です。リピトールは悪玉コレステロール(LDL)を強力に下げるお薬のため、高LDL血症の第一選択薬として使用されます。

リピトールはLDLコレステロールを下げる力が非常に強いですが、筋肉痛などの症状で起きる「横紋筋融解症」には注意が必要です。また肝機能障害が重篤な人、妊娠中の人には使用できません。

リピトールの内服が開始された方は、1日や2日といった短い期間ではなく、長期間続けることになります。ここでリピトールの副作用と安全性についてしっかりと確認していきましょう。


リバロの副作用と安全性

2017.1.18 リバロ

リバロは、主に脂質異常症・高脂血症・高LDL血症といった病名に使用されるスタチン系のお薬です。リバロは悪玉コレステロール(LDL)を強力に下げるお薬のため、高LDL血症の第一選択薬として使用されます。

リバロはLDLコレステロールを下げる力が非常に強いですが、筋肉痛などの症状で起きる「横紋筋融解症」には注意が必要です。また肝機能障害がある人はリバロは減量が必要ですし、妊娠中の人には使用できません。

一方で現時点では、スタチン系でリバロだけが10歳以上の小児に使用できるお薬となっています。リバロ含めて脂質異常症の薬は、長い付き合いになることが多いです。

ここでは、リバロの副作用と安全性についてしっかりと確認していきましょう。


リピトール錠の効果と特徴

2017.1.16 リピトール

リピトール錠(一般名:アトルバスタチンカルシウム)は、2000年からアステラスより発売されているお薬になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

リピトールは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを強力に下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はリピトールをまず使うという医師も多いです。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにリピトールが優れていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、リピトールの効果と特徴についてまとめていきます。


リバロ錠の効果と特徴

2017.1.15 リバロ

リバロ錠(一般名:ピタバスタチンカルシウム)は、2003年から興和より発売されているお薬になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

リバロは主に、悪玉(LDL)コレステロールを強力に下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はリバロをまず使うという医師も多いです。特にリバロは、現時点ではお子さんに唯一使えるスタチン系のお薬です。

しかしながら脂質異常症の治療の基本は、食事制限と運動療法です。どんなにリバロが優れていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、リバロの効果と特徴についてまとめていきます。


クレストールで筋肉痛が出たら要注意?クレストールの副作用について

2017.1.9 クレストール

クレストールは、主に脂質異常症・高脂血症・高LDL血症といった病名に使用されるスタチン系のお薬です。クレストールは悪玉コレステロール(LDL)を最も下げるお薬のため、世界中でよく使用される脂質異常症のお薬です。

クレストールはLDLコレステロールを下げる力が非常に強いですが、効果が高いからといって他のお薬と比較して副作用が増えるわけではありません。ただしクレストールは、副作用がないわけではないので注意してください。

特に筋肉痛などの症状で起きる「横紋筋融解症」には注意が必要です。ここでは、クレストールで代表的な副作用である横紋筋融解症を中心に、クレストールの副作用についてまとめていきます。


クレストールは肝臓が悪い人は注意が必要!クレストールの安全性は?

2017.1.8 クレストール

クレストールは高コレステロール血症、脂質異常症、高LDL血症などに使用されるスタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)の薬です。

最も悪玉コレステロール(LDL)を下げるお薬のため世界中で多くの方が使用しています。しかし、「多くの方が使用している=誰にでも安全な薬」とは限りません。クレストールは、肝臓が悪い人は使えないお薬です。

また飲み合わせが悪いお薬もいくつかありますし、妊娠中も使用できません。クレストールを内服している方は、アルコールを飲むのも注意が必要です。

ここではクレストールを安全に使用するためにも、クレストールの安全性について確認してみましょう。


クレストール錠(ロスバスタチンカルシウム)の効果と特徴

2017.1.5 クレストール

クレストール錠(一般名:ロスバスタチンカルシウム)は、2005年からアストラゼネカ製薬会社より発売されているお薬になります。「スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)」という種類に分類される、コレステロールを下げるお薬です。

クレストールは、おもに悪玉(LDL)コレステロールを下げるお薬です。悪玉コレステロールは直接動脈硬化を引き起こす原因になるため、LDLが高い場合はクレストールをまず使うという医師も多いです。その結果、かつて世界で最も売れたお薬にもなりました。

しかしながら、脂質異常症の治療の基本は食事制限と運動療法です。どんなにクレストールが優れていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

ここでは、クレストールの効果と特徴についてまとめていきます。