インタール吸入薬の副作用と安全性

2016.8.30 インタール

インタール吸入薬は抗アレルギー薬として主に小児の気管支喘息に使用されます。乳幼児の小さなお子さんにもインタール吸入薬は使用されることが多いです。軽症例の第一選択肢である理由の一つにインタールの吸入は副作用が非常に少ないことがあげられます。

実際にインタールをネブライザーで吸入した際喉の違和感くらいしか副作用としてはないかもしれません。ただし小さなお子さんに薬を吸わせて心配になるお母さんも多いと思います。

実際にインタールの吸入薬はどれ位安全なのか、ここで一度みていきましょう。


インタール(クロモグリク酸ナトリウム)細粒の効果と副作用について

2016.8.18 インタール

インタール(クロモグリク酸ナトリウム)細粒は、サノフィ株式会社が1988年に発売された抗アレルギー薬となります。

インタールは、吸入薬として小児喘息で主に使われていました。それに対してインタール細粒は、内服しても消化管から体内にほとんど吸収されません。インタール細粒は気管支には作用せず、喘息には全く効果がないのです。

インタール細粒の適応は食物アレルギーに伴う皮膚炎に対して効果があります。消化管から体内に吸収されないため、消化管内でのアレルギーに対しては非常に効果があります。

食物アレルギーは、小児に多い疾患です。乳児で約5~10%、幼児で約5%、学童期以降が1.5~3%と年齢がたつにつれて、アレルギーの食べ物に対して耐性ができ徐々に少なくなります。

ここでは小児の食物アレルギーに対して使用されるインタール細粒に関して、詳しくお伝えしていきます。


インタール吸入薬の効果と特徴

2016.8.16 インタール

インタール吸入薬は、小児の喘息発作に使われる抗アレルギー薬です。予防的にインタール吸入薬を吸入することで、喘息発作を防ぐことができます。また喘息発作の際も投与することで、発作を改善効果があります。

インタールは、インタール吸入液をネブライザーという機械を使って吸入することが多いと思います。喘息発作でお薬を吸っているお子さんの中には、インタールを吸入していることもあるかと思います。

家で吸入する場合は、インタールカプセルやエアゾールといった剤形で、専用の吸入器を用いて吸うことになります。

ここでは、インタールの効果と特徴についてお伝えしていきたいと思います。


シングレア(モンテルカスト)の喘息における効果と特徴

2016.4.27 シングレア・キプレス

シングレアは、2001年に発売されたロイコトリエン受容体拮抗薬です。シングレア錠はMSDから発売されていますが、まったく同じお薬としてキプレス錠が杏林製薬から発売されています。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。さまざまなアレルギー性疾患に対して、効果が期待できるお薬です。

最もシングレアがよく使われるのは、気管支喘息の方だと思います。気管支喘息は気道の炎症が原因で気管支が狭くなり、咳や喘鳴などの症状が生じる病気です。症状がひどくなると息苦しくなるといった症状もでます。

気道の炎症の原因にロイコトリエンという物質が関与しており、シングレアはこのロイコトリエンが受容体に結合するのを邪魔するお薬になります。

ここではそんなシングレアの、喘息における役割をみていきましょう。

なおシングレアの花粉症の効果について知りたい方は「シングレア錠の効果と特徴」をご覧ください。


喘息におけるオノン(プランルカスト)の効果と特徴

2016.4.26 オノン

オノン錠は、1995年に発売された抗ロイコトリエン薬になります。抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。

オノンは様々なアレルギー疾患に使われますが、最もよく使われるのは気管支喘息の方だと思います。気管支喘息は気道の炎症が原因で気管支が狭くなり、咳や喘鳴などの症状が生じる病気です。症状がひどくなると息苦しくなるといった症状もでます。

気道の炎症の一つにロイコトリエンという物質が関与しており、オノンはこのロイコトリエンが受容体に結合するのを邪魔するお薬になります。

オノンは2000年に鼻づまりを中心としたアレルギー鼻炎にも適応が通りました。そのため喘息にアレルギー性鼻炎を合併している人は、積極的にオノンを含めた抗ロイコトリエンが処方されるようになっています。

ここではそんなオノンの、喘息における役割をみていきましょう。

オノンの花粉症における効果と特徴について詳しく知りたい方は、「オノンカプセルの効果と特徴」をお読みください。


バイナス錠(ラマトロバン)の効果と副作用について

2016.4.25 その他の抗アレルギー薬

バイナス(一般名:ラマトロバン)は、2000年から日本新薬株式会社にて発売されれた抗アレルギー薬です。

アレルギー性鼻炎にのみ適応があるお薬なので、主に花粉症の時期にしか登場しないかもしれません。

花粉症というとアレグラアレジオンなどの抗ヒスタミン薬が有名かもしれませんが、バイナスは主にトロンボキサン受容体をブロックすることでアレルギー症状を抑えるお薬です。作用機序が違うため、併用することで相乗効果も期待できるお薬です。

バイナス錠は副作用も少なく、あまり皆さんには知られていませんが安全に使えるお薬です。ここでは、バイナス錠の効果や副作用について詳しく見ていきましょう。


トラニラストカプセルの効果と副作用

2016.4.24 その他の抗アレルギー薬

トラニラスト錠は、1982年に発売した抗アレルギー薬であるリザベン錠のジェネリック医薬品になります。

アレルギー誘発物質(ケミカルメディエーター)を抑えることで花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎を抑えるメカニズムで効果が発揮し、トラニラストは遊離抑制薬と呼ばれているお薬です。

一部のケミカルメディエーターには、傷跡が肥厚するのを促す作用があります。トラニラストはそれらの効果も抑制するので、ケロイド・肥厚性瘢痕といった皮膚科疾患にも使われます。

ここでは、トラニラスト錠の効果と副作用について詳しくお伝えしていきます。


リザベンカプセルの効果と副作用

2016.4.23 その他の抗アレルギー薬

リザベン錠は、キッセイ薬品工業株式会社が1982年に発売した非常に古い抗アレルギー薬です。

アレルギー誘発物質(ケミカルメディエーター)を抑えることで花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎を抑えるメカニズムで効果が発揮し、リザベンは遊離抑制薬と呼ばれているお薬です。

一部のケミカルメディエーターには、傷跡が肥厚するのを促す作用があります。リザベンはそれらの効果も抑制するので、ケロイド・肥厚性瘢痕といった皮膚科疾患にも使われます。

ここでは、リザベン錠の効果と副作用について詳しくお伝えしていきます。


キプレスの喘息における効果と特徴

2016.4.22 シングレア・キプレス

キプレスは、2001年に発売されたロイコトリエン受容体拮抗薬です。キプレス錠は杏林製薬から発売されていますが、まったく同じお薬としてシングレア錠がMSDから発売されています。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。さまざまなアレルギー性疾患に対して、効果が期待できるお薬です。

最もキプレス錠がよく使われるのは、気管支喘息の方だと思います。気管支喘息は気道の炎症が原因で気管支が狭くなり、咳や喘鳴などの症状が生じる病気です。症状がひどくなると息苦しくなるといった症状もでます。

気道の炎症の原因にロイコトリエンという物質が関与しており、キプレス錠はこのロイコトリエンが受容体に結合するのを邪魔するお薬になります。

ここではそんなキプレスの、喘息における役割をみていきましょう。

なおキプレスの花粉症の効果について知りたい方は「キプレス錠の効果と特徴」をご覧ください。


アイピーディカプセル(スプラタストトシル)の効果と副作用

2016.4.21 その他の抗アレルギー薬

アイピーディ(一般名:スプラタストトシル酸塩)は、大鵬薬品工業が1995年に発売した抗アレルギー薬です。

免疫に関係するTh2細胞を阻害することで、アレルギーを抑制するお薬です。主に喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎でアイピーディは使われます。

Th2細胞は免疫に重要な役割をしている細胞で、さまざまなサイトカインを分泌して炎症を引き起こします。傷ついたところで炎症が起こることで修復されていくのですが、それが過剰におきて不必要に炎症を起こしてしまうのがアレルギーです。

アイピーディは免疫のスタートに非常に重要なTh2をブロックします。これによって、理論的にはアレルギーがほぼ完ぺきにコントロールできるのです。しかし理論通りにいかないのが医療の世界です。実際にアイピーディの効果は比較的マイルドとされています。

ここでは、そんなアイピーディの効果と副作用についてご紹介していきます。


プランルカスト錠の効果と副作用

2016.4.20 オノン

オノン錠は、1995年に発売された抗ロイコトリエン薬になります。発売からしばらくたち、2009年にはプランルカスト錠としてジェネリック医薬品が発売となりました。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。アレルギー疾患である喘息治療薬として主に使われていて、花粉症などのアレルギー性鼻炎でも適応となっています。

花粉症では一般的に、アレグラやアレジオンなどの抗ヒスタミン薬が初めに使われます。抗ヒスタミン薬は鼻づまりには効果が弱く、鼻づまりが強い時は抗ロイコトリエン薬が使われます。

その一方で、鼻づまり以外の鼻や目の症状に関しては効果がうすいため、抗ヒスタミン薬とプランルカストを併用することもあります。

ここでは、プランルカスト錠の効果と特徴について詳しくみていきましょう。


モンテルカスト錠の効果と副作用

2016.4.14 シングレア・キプレス

モンテルカストは、ロイコトリエン拮抗薬のシングレア錠/キプレス錠の一般名(成分名)になります。

MSD社からシングレア錠、杏林製薬からキプレス錠として発売されています。2001年に発売となり年月もたっていて、ついに2016年からジェネリックが発売されることとなりました。ジェネリックとして発売されるときには、「モンテルカスト錠」として販売されます。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。モンテルカストは、気管支喘息の治療やアレルギー性鼻炎の治療で使われる飲み薬です。

喘息の治療薬は吸入薬が中心となっていますが、吸入薬が使えないなどによく使われています。花粉症治療薬としては鼻づまりに効果的で、アレルギー性鼻炎の症状が強い時にはよくつかわれています。

ここでは発売に先駆けて、モンテルカスト錠の効果についてみていきましょう。


キプレスの副作用と安全性

2016.4.13 シングレア・キプレス

キプレスは抗ロイコトリエンとして気管支得喘息とアレルギー性鼻炎に使われるお薬です。

小児に対しても多く使用されるお薬ですので、副作用は非常に少なく安全な抗アレルギー薬として定評があります。私自身も咳喘息の治療で服用していますが、副作用はまったく感じていません。

ただし、安全といっても完全に何もないわけではありません。キプレスではどのような副作用に注意していけばよいでしょうか?ここではキプレスの副作用と安全性についてみていきましょう。


キプレス錠の効果と特徴

2016.4.12 シングレア・キプレス

キプレスは、2001年に発売されたロイコトリエン受容体拮抗薬です。キプレス錠は杏林製薬から発売されていますが、まったく同じお薬としてシングレア錠がMSDから発売されています。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。キプレスは、気管支喘息の治療やアレルギー性鼻炎の治療で使われる飲み薬です。私自身も、咳喘息の治療のために服用しているお薬です。

喘息の治療薬は吸入薬が中心となっていますが、吸入薬が使えないなどによく使われています。花粉症治療薬としては鼻づまりに効果的で、アレルギー性鼻炎の症状が強い時にはよくつかわれています。

ここでは、キプレスの効果についてみていきましょう。


シングレアの副作用と安全性

2016.4.11 シングレア・キプレス

シングレアは抗ロイコトリエンとして気管支得喘息とアレルギー性鼻炎に使われるお薬です。

小児に対しても多く使用されるお薬ですので、副作用は非常に少なく安全な抗アレルギー薬として定評があります。ただし安全といっても完全に何もないわけではありません。

シングレアではどのような副作用に注意していけばよいでしょうか?ここではシングレアの副作用と安全性についてみていきましょう。


オノンの副作用と安全性

2016.4.10 オノン

オノンは、抗ロイコトリエンとしてアレルギー症状を抑えるお薬です。気管支喘息とアレルギー性鼻炎に使われるお薬です。

小児に対しても多く使用されるお薬ですので、副作用は非常に少なく、安全な抗アレルギー薬として定評があります。ただし安全といっても、完全に何もないわけではありません。

オノンではどのような副作用に気を付ければよいのでしょうか?ここでは、オノンの副作用と安全性についてみていきましょう。


シングレア錠の効果と特徴

2016.4.9 シングレア・キプレス

シングレアは、2001年に発売されたロイコトリエン受容体拮抗薬です。シングレア錠はMSDから発売されていますが、まったく同じお薬としてキプレス錠が杏林製薬から発売されています。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。シングレアは、気管支喘息の治療やアレルギー性鼻炎の治療で使われる飲み薬です。

喘息の治療薬は吸入薬が中心となっていますが、吸入薬が使えないなどによく使われています。花粉症治療薬としては鼻づまりに効果的で、アレルギー性鼻炎の症状が強い時にはよくつかわれています。

ここでは、シングレアの効果についてみていきましょう。


オノンカプセルの効果と特徴

2016.4.8 オノン

オノン錠は、1995年に発売された抗ロイコトリエン薬になります。

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギーを引き起こすロイコトリエンの働きをブロックするお薬です。アレルギー疾患である喘息治療薬として主に使われていて、2000年からは花粉症などのアレルギー性鼻炎でも適応になりました。

花粉症では一般的に、アレグラやアレジオンなどの抗ヒスタミン薬が初めに使われます。抗ヒスタミン薬は鼻づまりには効果が弱く、鼻づまりが強い時は抗ロイコトリエン薬が使われます。

その一方で、鼻づまり以外の鼻や目の症状に関しては効果がうすいため、抗ヒスタミン薬とオノンを併用することもあります。

オノンの商品名の由来は、製造元の小野薬品工業株式会社からきています。社名をかけたお薬なのでしょう。ここでは、オノン錠の効果と特徴について詳しくみていきましょう。