ザイザルは蕁麻疹にどのように効くのか?

2016.5.8 ザイザル

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてザイザルは、広く処方されています。

ザイザルは、同じ第二世代抗ヒスタミン薬のジルテックが進化したお薬です。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬でした。そのためジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、処方数が増加している抗ヒスタミン薬です。

 ここでは、ザイザルの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


ザイザルの副作用と安全性

2016.5.6 ザイザル

ザイザルは第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。ザイザルは、同じ第二世代抗ヒスタミン薬のジルテックが進化したお薬です。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬でした。そのためジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、処方数が増加している抗ヒスタミン薬です。

ただしザイザルも眠気の成分が除去されたとはいえ、眠気の副作用はある程度は認められる抗ヒスタミン薬となっています。

ここでは、ザイザルの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


ザイザル錠(レボセチリジン)の効果と特徴

2016.4.18 ザイザル

ザイザル(一般名:レボセチリジン塩酸塩錠)は、グラクソスミス・クライン製薬会社が2010年に発売した第二世代抗ヒスタミン薬です。第二世代抗ヒスタミン薬でも、新しい部類に属するお薬です。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。ザイザルは、同じ第二世代抗ヒスタミン薬のジルテックが進化したお薬です。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬でした。そのためジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、処方数が増加している抗ヒスタミン薬です。

最も活躍するのは花粉症などのアレルギー性鼻炎ですが、その他、蕁麻疹・湿疹・皮膚炎など皮膚疾患にも適応があります。

ここでは、ザイザル錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。