ゼぺリン点眼液の効果と副作用について

2017.4.8 点眼薬

ゼぺリン点眼液(一般名:アシタザノラスト)は、2000年に発売された第二世代抗ヒスタミン剤の点眼薬です。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。これで目をかいたりしたら、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

ゼぺリン点眼薬は、ベンザルコニウム塩化物という防腐剤が含まれていないためコントタクトレンズの方にも使用しやすい点眼薬となっています。

ここではゼピリン点眼薬の効果と副作用についてみていきましょう。


フサコール点眼液の効果と副作用

2017.3.25 点眼薬

フサコール点眼液は、1991年に発売されたザジテン点眼薬のジェネリック医薬品です。フサコールは点眼液に限らず、飲み薬や点鼻薬も発売されています。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。一般的にはフサコール点眼液は、花粉症に効く目薬と認識されていることが多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。かゆくて目をこすったりすると角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

フサコール点眼液は、花粉症に使われる点眼薬としてはもっともよく処方されています。副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではフサコール点眼液点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。


ケトチフェン点眼液の効果と副作用

2017.3.21 点眼薬

ケトチフェン点眼液は、1991年に発売されたザジテン点眼薬のジェネリック医薬品です。ケトチフェンは点眼液に限らず飲み薬や点鼻薬も発売されています。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。一般的にはケトチフェン点眼液は、花粉症に効く目薬と認識されていることが多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。かゆくて目をこすったりすると角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

ケトチフェン点眼液は、花粉症に使われる点眼薬としてはもっともよく処方されています。副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではケトチフェン点眼液点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。


ザジテン点眼液の効果と副作用について

2017.3.1 点眼薬

ザジテン点眼液(ケトチフェンフマル酸塩)は、1991年に日本ファルコン社から発売されている点眼薬です。ザジテンは点眼液に限らず飲み薬や点鼻薬も発売されています。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。一般的にはザジテン点眼液は、花粉症に効く目薬と認識されていることが多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。かゆくて目をこすったりすると角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

ザジテン点眼液は、花粉症に使われる点眼薬としてはもっともよく処方されています。副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではザジテン点眼液点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。


デザレックスは蕁麻疹にどのように効くのか?

2016.11.25 デザレックス

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてデザレックスは、広く処方されています。

デザレックスは抗ヒスタミン薬として作用し、蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックします。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用がありますが、デザレックスは眠気が少ないお薬です。

ただしデザレックスは、効果もマイルドと言われています。そのため、軽症な蕁麻疹に対してのみ使用した方が良いかもしれません。

ここでは、デザレックスの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


デザレックスの副作用と安全性

2016.11.24 デザレックス

デザレックスは、クラリチンの改良されたお薬として2016年11月に発売された新しい抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用が問題になることが多いですが、デザレックスはクラリチン同様眠くなりにくいお薬です。

その他クラリチンは、CYP3A4を介して効果を発揮したお薬ですが、デザレックスは直接効果を発揮するため飲み合わせが悪いお薬が少ないと言われています。

副作用の少なさがデザレックスの売りですが、効果はマイルドな抗ヒスタミン薬です。症状がひどい方では効果が乏しいことがあります。

ここでは、デザレックスの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


デザレックス錠(デスロラタジン)の効果と特徴

2016.11.23 デザレックス

デザレックス錠(デスロラタジン)は、2016年9月28日にMSD株式会社で製造承認された新しい抗ヒスタミン薬になります。デザレックスは、11月より杏林製薬株式会社から発売されています。

デザレックスは、2002年に発売されたクラリチンの改良版となります。クラリチンの主成分であるロラタジンを改良したデスロラタジンを主成分としています。海外では2001年より、CLARINEX(クラリネックス)として発売されていました。つまり日本では、海外より15年ほど遅れて登場したことになります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

ここでは、デザレックス錠について効果と特徴をお伝えしていきます。クラリチンと比較しながら、デザレックス錠の位置づけをみていきましょう。


ビラノアは蕁麻疹にどのように効くのか?

2016.11.11 ビラノア

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は、15~20%の人が経験すると言われています

ビラノアは、2016年に発売された新しい抗ヒスタミン薬です。蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックすることで効果を発揮します。

さらに今までの抗ヒスタミン薬は、効果を求めれば求めるほど眠気の副作用がつきまといましたが、ビラノアは眠気の副作用が非常に少ないお薬です。

 ここでは、ビラノアの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


ビラノアの副作用と安全性について

2016.11.8 ビラノア

ビラノアは、2016年に発売となった新しい第二世代抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。ビラノアはこのジレンマを破り、効果もあるうえに眠気が少ないお薬とされています。

そのため中等度の効果がある抗ヒスタミン薬として初めて、運転などの注意喚起が添付文章に記載されていません。とはいえ、ビラノアも眠気が稀にあることから油断は禁物です。

ここでは、ビラノアの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


ビラノア錠(ビラスチン)の効果と特徴

2016.10.31 ビラノア

ビラノア(一般名:ビラスチン錠)は、Meiji seika製薬会社が2016年9月に承認された最新の第二世代抗ヒスタミン薬です。11月18日に発売となります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。効果を取るか、眠気を取るか…このジレンマを打破したのが、新しいお薬のビラノアになります。

ビラノアはザイザルと同じくらい強い効果がありながら、最も眠気が少ないとされているアレグラクラリチンより眠気が少ないとされているお薬です。

最も活躍が期待されているのは花粉症などのアレルギー性鼻炎ですが、その他、蕁麻疹・湿疹・皮膚炎など皮膚疾患にも適応があります。

ここでは、ビラノア錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


ポララミンは蕁麻疹にどうやって効くの?

2016.5.30 ポララミン

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。治療薬の第一選択は抗ヒスタミン薬になります。

ポララミンは効果が強いのですが、眠気も強い第一世代のお薬でした。

しかし夜の蕁麻疹などでかゆみが強くて眠れない時は、この眠気の副作用を逆手にとって使われることもあります。就寝前にポララミンを投与すれば、睡眠につきやすくなります。

またかゆみがあまりに強い場合は、ポララミンには注射薬もあるため筋肉や血管内に投与して、早く症状をとることもできます。副作用の少ない第二世代抗ヒスタミン薬には現在のところ注射薬が発売されていないため、蕁麻疹の注射薬としてはポララミンが使われることが多いです。

 ここでは、ポララミンの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


アレロック錠の効果と特徴

2016.5.28 アレロック

アレロック錠(一般名:塩酸オロパタジン塩酸塩)は、協和発酵キリン社が2001年に発売した第二世代抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなる傾向にあります。アレロックは第2世代の中では効果がもっとも強いお薬ですが、やはり眠気も強いお薬となっています。しかしその副作用をきちんと理解して適切に使えば、効果は強いのでとても頼れるお薬です。

アレロックが最も活躍するのは花粉症などのアレルギー性鼻炎ですが、蕁麻疹・湿疹・皮膚炎などの皮膚疾患にも適応があります。

ここでは、アレロック錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


ヒスタブロック配合錠の効果と副作用について

2016.5.24 セレスタミン

ヒスタブロック配合錠は、1966年に発売したセレスタミン配合錠のジェネリック医薬品になります。

ヒスタブロック配合錠は、ステロイドと抗ヒスタミン成分の配合錠剤となります。特にステロイドは効果も強力な反面、副作用も様々起こりうるお薬です。そのためヒスタブロック配合錠は、他の治療で効果がない場合に考慮するべき治療薬となります。

このためガイドラインにおいても、短期間の使用が推奨されています。効果があるからと言って、ヒスタブロック配合錠は長期間内服してはいけないお薬です。

ヒスタブロック配合錠は、蕁麻疹や薬疹などの皮膚疾患、花粉症などのアレルギー性鼻炎に適応があるお薬です。現在は蕁麻疹・花粉症ともに、様々なお薬が登場しています。そのため、ヒスタブロック配合錠を使っているけれども症状が軽い方は、一度お薬を見直してみても良いかもしれません。

ここでは、ヒスタブロック配合錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


ポララミンの副作用と安全性について

2016.5.22 ポララミン

ポララミン(d-クロルフェニラミンマレイン酸塩)は、1964年に発売された古くからある抗ヒスタミン薬です。

このためポララミンは第一世代の抗ヒスタミン薬に分類されていて、効果は強いのですが副作用も多いです。そのため最近では、アレグラザイザルなどの眠気が少ない第二世代の抗ヒスタミン薬が主流となっています。

しかし、風邪による鼻水では第一世代でしか保険が適応になっていないため、今でもポララミンは処方される機会が多いと思います。

しかしポララミンは眠気が強い薬であると同時に、抗コリン作用による口渇や尿閉も出てくるお薬です。緑内障や前立腺肥大の人には使いづらいなどの特徴もあるため、ポララミンを使う際は第二世代よりも注意が必要です。

ここではポララミンを使う際、どのような病気の人が注意して、どのような副作用があるかまとめていきます。


ポララミン錠・注(クロルフェニラミンマレイン酸塩)の効果と特徴について

2016.5.20 ポララミン

ポララミン(一般名:d-クロルフェニラミンマレイン酸塩)は、1964年にMSD株式会社にて発売された抗ヒスタミン薬となります。2014年からは高田製薬会社が製薬しています。

ポララミンは抗ヒスタミン薬の中でも第一世代に分類されるかなり古いお薬にはなりますが、今でもまだまだ現役のお薬です。新しい抗ヒスタミン薬に比べると副作用は強いですが、その分効果も強いのです。

現在抗ヒスタミン薬としてよく処方されるのはアレグラザイザルなどの副作用が少ない第二世代抗ヒスタミン薬ですが、どうしても効果が不十分な時にはポララミンが処方されることも少なくありません。

またポララミンは、感冒による鼻水にも保険適応があるため、風邪薬として今でもよく処方されています。ここでは、ポララミン錠・注(クロルフェニラミンマレイン酸塩)の効果と特徴についてまとめていきます。


ジルテックの先発品・ジェネリック・市販薬の比較

2016.5.18 ジルテック

ジルテック錠は、1998年にグラクソ・スミスクライン製薬会社が発売された蕁麻疹や花粉症に使われる抗ヒスタミン薬になります。

現在は眠気の成分だけを取り除いたザイザルが2010年に発売されたため、ジルテックが処方されることは少なくなりました。

しかしジルテックは昔からある薬のため、ジェネリック医薬品であるセチリジン塩酸塩錠が発売されています。さらには市販薬として、コンタック鼻炎Z・ストナリニZ・コンタック600プラスなどにも有効成分として含まれています。これらは第1類医薬品のため、薬剤師がいるドラッグストアや薬局で購入が可能です。

抗ヒスタミン薬はアレグラやアレジオンなども市販薬で発売されています。市販薬の中では、ジルテックの市販薬は効果が強いという特徴があります。その反面、眠気も強くなってしまいます。

ここではジルテックの先発品・ジェネリック・市販薬との違いについて、薬価、効果や副作用を比較していきたいと思います。


ジルテックの副作用と安全性

2016.5.17 ジルテック

ジルテックは第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬です。現在はこのジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、ジルテックに代わって処方数が増加しています。

ただしジルテックで眠気がない方は、あえてザイザルに変更する必要はないと思います。ジルテックは眠気を除けば、全体的に副作用も少なく安全性の高いお薬と言えます。

ここでは、ジルテックの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


ジルテックは蕁麻疹にどうやってきくの?

2016.5.15 ジルテック

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてジルテックは、広く処方されています。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬でした。そのためジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、花粉症にはよく使われるようになりました。

しかし夜の蕁麻疹などでかゆみが強くて眠れない時は、この眠気の副作用を逆手にとって使われることもあります。就寝前にジルテックを服用すれば、睡眠につきやすくなります。

 ここでは、ジルテックの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


エンペラシン配合錠の効果と副作用について

2016.5.14 セレスタミン

エンペラシン配合錠は、1966年に発売したセレスタミン配合錠のジェネリック医薬品になります。

エンペラシン配合錠は、ステロイドと抗ヒスタミン成分の配合錠剤となります。特にステロイドは効果も強力な反面、副作用も様々起こりうるお薬です。そのためエンペラシン配合錠は、他の治療で効果がない場合に考慮するべき治療薬となります。

このためガイドラインにおいても、短期間の使用が推奨されています。効果があるからと言って、エンペラシン配合錠は長期間内服してはいけないお薬です。

エンペラシン配合錠は、蕁麻疹や薬疹などの皮膚疾患、花粉症などのアレルギー性鼻炎に適応があるお薬です。現在は蕁麻疹・花粉症ともに、様々なお薬が登場しています。そのため、エンペラシン配合錠を使っているけれども症状が軽い方は、一度お薬を見直してみても良いかもしれません。

ここでは、エンペラシン配合錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


クラリチンは蕁麻疹にどのように効くのか?

2016.5.13 クラリチン

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてクラリチンは、広く処方されています。

クラリチンは抗ヒスタミン薬として作用し、蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックします。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用がありますが、クラリチンは眠気が少ないお薬です。

花粉症では効果が弱いとされていましたが、蕁麻疹では効果もある程度期待できるお薬となっています。

ここでは、クラリチンの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


サルコルチン配合錠の効果と副作用について

2016.5.12 セレスタミン

サルコルチン配合錠は、1966年に発売したセレスタミン配合錠のジェネリック医薬品になります。

サルコルチン配合錠は、ステロイドと抗ヒスタミン成分の配合錠剤となります。特にステロイドは効果も強力な反面、副作用も様々起こりうるお薬です。そのためサルコルチン配合錠は、他の治療で効果がない場合に考慮するべき治療薬となります。

このためガイドラインにおいても、短期間の使用が推奨されています。効果があるからと言って、サルコルチン配合錠は長期間内服してはいけないお薬です。

サルコルチン配合錠は、蕁麻疹や薬疹などの皮膚疾患、花粉症などのアレルギー性鼻炎に適応があるお薬です。現在は蕁麻疹・花粉症ともに、様々なお薬が登場しています。そのため、サルコルチン配合錠を使っているけれども症状が軽い方は、一度お薬を見直してみても良いかもしれません。

ここでは、サルコルチン配合錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


花粉症にステロイド注射(ケナコルト)はよいのか?ステロイド注射の是非について

2016.5.11 花粉症の特殊な治療薬

花粉症に効く薬がないか調べられた方は、ステロイド注射にたどり着いた方は多いのではないでしょうか?

実際に『花粉症 注射』で検索すると、花粉症に対するステロイド注射について沢山の意見が出てきます。しかし2極化しており、人によっては悩むところかと思います。

この2つの意見は、実はどちらも正解です。しかし片方の側面にとらわれてしまって、「やった方が良い、やめた方が良い」と極端な議論になってしまうのです。特にAの立場をとる方は、「Bはガイドラインを無視したとんでもないやつだ」と強く批判します。

確かに花粉症でのステロイド注射はガイドラインでは推奨されていません。ガイドラインはとても大切な指標の一つです。しかしガイドラインに縛られすぎてしまうと、時に視野を狭めてしまいます。

ここは冷静にA・B両方の側面からみていきながら、花粉症でのステロイド注射の是非について深く考えていきたいと思います。


セレスターナ配合錠の効果と副作用

2016.5.10 セレスタミン

セレスターナ配合錠は、1966年に発売したセレスタミン配合錠のジェネリック医薬品になります。

セレスターナ配合錠は、ステロイドと抗ヒスタミン成分の配合錠剤となります。特にステロイドは効果も強力な反面、副作用も様々起こりうるお薬です。そのためセレスターナ配合錠は、他の治療で効果がない場合に考慮するべき治療薬となります。

このためガイドラインにおいても、短期間の使用が推奨されています。効果があるからと言って、セレスターナ配合錠は長期間内服してはいけないお薬です。

セレスターナ配合錠は、蕁麻疹や薬疹などの皮膚疾患、花粉症などのアレルギー性鼻炎に適応があるお薬です。現在は蕁麻疹・花粉症ともに、様々なお薬が登場しています。そのため、セレスターナ配合錠を使っているけれども症状が軽い方は、一度お薬を見直してみても良いかもしれません。

ここでは、セレスターナ配合錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


セチリジン塩酸塩錠の効果と副作用について

2016.5.9 ジルテック

セチリジン塩酸塩錠は、1998年にグラクソ・スミスクライン製薬会社が発売されたジルテックのジェネリック医薬品になります。

セチリジンはアレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できる抗ヒスタミン薬です。具体的には花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの皮膚疾患に使われています。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。セチリジンも効果が強いために、眠気が強くなる抗ヒスタミン薬です。

現在はこの眠気の成分だけを取り除いたザイザルが同じグラクソ・スミスクライン社から2010年に発売されたため、セチリジンが処方されることは少なくなりました。しかし2016年の時点ではザイザルは新しいお薬のためまだジェネリック医薬品が登場していません。

ここでは、ジルテックのジェネリック医薬品であるセチリジン錠の効果と特徴について詳しくみていきたいと思います。


ザイザルは蕁麻疹にどのように効くのか?

2016.5.8 ザイザル

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてザイザルは、広く処方されています。

ザイザルは、同じ第二世代抗ヒスタミン薬のジルテックが進化したお薬です。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬でした。そのためジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、処方数が増加している抗ヒスタミン薬です。

 ここでは、ザイザルの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


ベタセレミン配合錠の効果と副作用

2016.5.7 セレスタミン

ベタセレミン配合錠は、1966年に発売したセレスタミン配合錠のジェネリック医薬品になります。

ベタセレミン配合錠は、ステロイドと抗ヒスタミン成分の配合錠剤となります。特にステロイドは効果も強力な反面、副作用も様々起こりうるお薬です。そのためベタセレミン配合錠は、他の治療で効果がない場合に考慮するべき治療薬となります。

このためガイドラインにおいても、短期間の使用が推奨されています。効果があるからと言って、ベタセレミン配合錠は長期間内服してはいけないお薬です。

ベタセレミン配合錠は、蕁麻疹や薬疹などの皮膚疾患、花粉症などのアレルギー性鼻炎に適応があるお薬です。現在は蕁麻疹・花粉症ともに、様々なお薬が登場しています。そのため、ベタセレミン配合錠を使っているけれども症状が軽い方は、一度お薬を見直してみても良いかもしれません。

ここでは、ベタセレミン配合錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


ザイザルの副作用と安全性

2016.5.6 ザイザル

ザイザルは第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。ザイザルは、同じ第二世代抗ヒスタミン薬のジルテックが進化したお薬です。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬でした。そのためジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、処方数が増加している抗ヒスタミン薬です。

ただしザイザルも眠気の成分が除去されたとはいえ、眠気の副作用はある程度は認められる抗ヒスタミン薬となっています。

ここでは、ザイザルの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


ロラタジン錠の効果と副作用

2016.5.5 クラリチン

ロラタジン錠は、第二世代の抗ヒスタミン薬として2002年に発売されたクラリチン錠のジェネリックになります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラでしょうが、そのアレグラと同じくらい眠気が抑えられているのがロラタジン錠かと思います。

アレグラが朝と夕方2回飲まなければならないのに対して、ロラタジンは眠前の1回ですむお薬です。服用しやすいお薬ではあるのですが、抗ヒスタミン薬の中では効果がもっともマイルドなお薬のひとつです。

ここでは、ロラタジン錠について効果と特徴をお伝えしていきます。他の抗ヒスタミン薬と比較しながら、ロラタジン錠の位置づけをみていきましょう。


クラリチン錠の効果と特徴

2016.5.4 クラリチン

クラリチン錠(ロラタジン)は、2002年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬になります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラでしょうが、そのアレグラと同じくらい眠気が抑えられているのがクラリチン錠かと思います。

アレグラが朝と夕方2回飲まなければならないのに対して、クラリチンは眠前の1回ですむお薬です。服用しやすいお薬ではあるのですが、抗ヒスタミン薬の中では効果がもっともマイルドなお薬のひとつです。

ここでは、クラリチン錠について効果と特徴をお伝えしていきます。他の抗ヒスタミン薬と比較しながら、クラリチン錠の位置づけをみていきましょう。


ステロイドが含まれているセレスタミン配合錠を自己中断してはいけない理由とは?

2016.5.3 セレスタミン

セレスタミン配合錠は、ステロイドと抗ヒスタミン薬の配合剤です。ステロイドが配合されているため効果も強いのですが、副作用も多彩になります。そのため使用できる人、および使用できるタイミングも限られています。

セレスタミンの副作用について詳しく知りたい方は「セレスタミンの副作用と注意事項について」を読んでみてください。

セレスタミン配合錠の副作用を知ったら、怖くなってしまう方もいるでしょう。しかしながら医師の判断なしに、セレスタミン配合錠は勝手にやめてはいけないお薬です。セレスタミン配合錠を勝手にやめてしまうと、最悪の場合は副腎不全を起こしてしまいます。

このため、セレスタミン配合錠をやめたい方はどうすればよいか、お伝えしていきたいと思います。


喘息の切り札のゾレア!花粉症にも著効するのに保険適応にならないわけ

2016.5.2 花粉症の特殊な治療薬

ゾレア(一般名:オマリズマブ)は、ノバルティスファーマ製薬会社より2009年に発売された喘息の治療薬になります。

これまで喘息は吸入ステロイド薬を中心に治療していましたが、これでも症状がコントロールできない方は非常に治療に難渋します。こうした中重症喘息の救世主として発売されたのがゾレアになります。

ゾレアは、ヒト化抗ヒトIgEモノクローナル抗体製剤です。ゾレアは喘息発症の原因となるIgEとくっつき、その働きをブロックしてしまうお薬です。ゾレアの効果は非常に強く、重症喘息でもかなりの効果が期待できます。喘息のコントロール薬として、ゾレアは最終兵器となっています。

一方で花粉症も、喘息と同じⅠ型アレルギーに属しています。花粉症はスギ花粉が体内に侵入したことがきっかけでIgEが発生したことをきっかけに、鼻水や目のかゆみなどの症状が生じる病気です。

そのため花粉症にも、実はゾレアは抜群の効果を示します。さらには2週間~4週間効果が持続する注射薬になりますので、薬を飲むわずらわしさもありません。

しかしながらゾレアは、花粉症には保険適応となっていません。ここでは、ゾレアについて詳しくみていきたいと思います。どうしてここまで効果のあるゾレアが花粉症に対して適応がないのか、そこも踏まえて説明したいと思います。


セレスタミンの副作用と注意事項について

2016.5.1 セレスタミン

セレスタミン配合錠は、蕁麻疹やアレルギー性鼻炎に対して効果が強いお薬です。セレスタミンは、抗ヒスタミン薬に免疫を強力に抑制するステロイドが配合されています。ステロイドは効果が強いかわりに、副作用にも注意が必要なお薬です。

これを知らずにセレスタミン配合錠を長期にわたって漫然と内服していると、思わぬ重症な副作用が生じます。そのためガイドラインにも、セレスタミンは本当に必要な時のみ最低限使うこととなっています。

ここでは、セレスタミンの副作用についてお伝えしていきます。セレスタミンではどんなことに気を付ければよいか、見ていきましょう。


セレスタミン配合錠の効果と特徴

2016.4.30 セレスタミン

セレスタミン配合錠は、高田製薬株式会社が1966年に発売した歴史のあるお薬です。

セレスタミン配合錠は、ステロイドと抗ヒスタミン成分の配合錠剤となります。特にステロイドは効果も強力な反面、副作用も様々起こりうるお薬です。そのためセレスタミン配合錠は、他の治療で効果がない場合に考慮するべき治療薬となります。

このためガイドラインにおいても、短期間の使用が推奨されています。効果があるからと言って、セレスタミン配合錠は長期間内服してはいけないお薬です。

セレスタミン配合錠は、蕁麻疹や薬疹などの皮膚疾患、花粉症などのアレルギー性鼻炎に適応があるお薬です。現在は蕁麻疹・花粉症ともに、様々なお薬が登場しています。そのため、セレスタミン配合錠を使っているけれども症状が軽い方は、一度お薬を見直してみても良いかもしれません。

ここでは、セレスタミン配合錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


ジルテック錠の効果と特徴

2016.4.29 ジルテック

ジルテック錠は、1998年にグラクソ・スミスクライン製薬会社が発売された抗ヒスタミン薬になります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。具体的には花粉症などのアレルギー性鼻炎、蕁麻疹などの皮膚疾患に使われています。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。ジルテックも効果が強いために、眠気が強くなる抗ヒスタミン薬です。

現在はこの眠気の成分だけを取り除いたザイザルが同じグラクソ・スミスクライン社から2010年に発売されたため、ジルテックが処方されることは少なくなりました。しかし昔からなじみがあって、使い続けている方もいるかと思います。

ここでは、ジルテック錠の効果と特徴について詳しくみていきたいと思います。


ザイザル錠(レボセチリジン)の効果と特徴

2016.4.18 ザイザル

ザイザル(一般名:レボセチリジン塩酸塩錠)は、グラクソスミス・クライン製薬会社が2010年に発売した第二世代抗ヒスタミン薬です。第二世代抗ヒスタミン薬でも、新しい部類に属するお薬です。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

抗ヒスタミン薬は効果を求めれば求めるほど、眠気が強くなるジレンマがありました。ザイザルは、同じ第二世代抗ヒスタミン薬のジルテックが進化したお薬です。

ジルテックは効果が強いのですが、眠気も強いお薬でした。そのためジルテックの効果そのままに、眠気が抑えられるお薬としてザイザルが登場し、処方数が増加している抗ヒスタミン薬です。

最も活躍するのは花粉症などのアレルギー性鼻炎ですが、その他、蕁麻疹・湿疹・皮膚炎など皮膚疾患にも適応があります。

ここでは、ザイザル錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


花粉症治療で注目されているノイロトロピン注射とは?

2016.4.17 花粉症の特殊な治療薬

花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン注射です。

ノイロトロピン注射は、日本臓器製薬株式会社が1976年に発売された注射薬です。もともとは腰痛や首の痛みなど、整形外科的な疾患に使われていたお薬でしたが、アレルギー抑制にも効果があることが分かり注目を集めているお薬です。

ウサギの皮膚から抽出されたエキスで、化学合成物質ではないことから安全性も高いといわれています。

薬を飲んでいても花粉症が良くならないという人には、ぜひおすすめです。ここではノイロトロピン注射の花粉症に使用する場合についてみていきましょう。


花粉症に即効性のあるヒスタグロビン皮下注の効果と副作用

2016.4.16 花粉症の特殊な治療薬

「花粉症・注射薬」とインターネットで検索すると、ステロイドと減感作療法が並ぶと思います。しかしステロイド注射は保険適応外だし、減感作療法は効果が出るのに数年かかります。

どれも二の足を踏んでしまう人も多いかもしれません。そんな人にお勧めしたいのがヒスタグロビン皮下注射です。ヒスタグロビン注射は、花粉症のアレルギー性鼻炎にも保険適応がある注射です。ヒスタグロビンは国内献血由来の血液を原料とする、特定生物由来製品(生物製剤)に分類されます。

ヒスタグロビンは、非特異的減感作療法と呼ばれています。これは特定のアレルギー原因物質に対して感受性を低下させる「特異的減感作療法」とは異なり、全てのアレルギー物質に対して効果のある治療です。

ヒスタグロビンは1967年から発売されている非常に歴史のある注射薬です。ここでは、ヒスタグロビン注射の効果や副作用についてお伝えしていきたいと思います。


花粉症に新しい治療!シダトレン舌下免疫療法の効果と副作用

2016.4.15 花粉症の特殊な治療薬

毎年花粉症の季節になると、憂うつになる人も多いかと思います。何か花粉症で新しい治療はないのかなぁって調べたら、シダトレン舌下免疫療法にたどり着いた人もいるのではないでしょうか?

花粉症の根治療法に近い治療としては、スギ花粉に体を慣らしていこうとする減感作療法がありました。今まではスギ花粉エキスを定期的に注射して投与していました。
詳しく知りたい方、「花粉症における減感作療法とは?」をお読みください。

これに対してシダトレンは、毎日舌下に投与してスギに慣らしていく治療として2014年に発売されました。注射とは違い痛みがない分、毎日シダトレンを投与するというわずらわしさがあります。さらにシダトレンを開始するにあたり、この2点はよく理解しておく必要があります!

 ここをよく理解してシダトレンを始めていかないと、「騙された!!」と感じてしまうかもしれませんので注意しましょう。花粉症は、特に毎年のスギ花粉の飛散の量によって症状の出方が違うので、よくなっていることを実感するのも難しいと思います。

私は注射の方で減感作療法を受けて5年たちますが、同じぐらい花粉症がひどかった妻に「今日は花粉結構たくさん飛んでない?」と聞かれて、「減感作療法のおかげであまり感じないなぁ」と実感するようになっています。

ここでは、花粉症の舌下免疫療法であるシダトレンの効果や副作用について詳しくお伝えし、私の経験も踏まえて従来の減感作療法とシダトレンの違いをみていきましょう。


クラリチンの副作用と安全性

2016.4.7 クラリチン

クラリチンは、第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用が問題になることが多いですが、クラリチンは第二世代の中でも眠くなりにくいお薬です。

副作用の少なさがクラリチンの売りですが、効果はマイルドな抗ヒスタミン薬です。症状がひどい方では効果が乏しいことがあります。

ここでは、クラリチンの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


アレジオンの先発品・ジェネリック・市販薬の比較

2016.4.7 アレジオン

アレジオンは、花粉症治療薬としてよく使われているお薬です。第二世代抗ヒスタミン薬に分類されていて、アレルギー症状を抑えてくれる働きがあります。

アレジオンは、錠剤としては10mgと20mgの2つ剤形が発売されています。それ以外にも、小児用にドライシロップも発売されています。

アレジオンは発売から年月もたっているので、ジェネリック医薬品も様々な製薬会社から発売となっています。さらにアレジオンは、市販薬としてアレジオンFXも発売されています。

ここでは、アレジオンの先発品・ジェネリック・市販薬との違いについて、薬価や効果・副作用を比較していきたいと思います。

アレジオンの効果について詳しく知りたい方は、「アレジオン錠(エピナスチン塩酸塩)の効果と特徴」をお読みください。


アレグラとディレグラの比較

2016.4.6 ディレグラ

抗ヒスタミン薬で最も使われているアレグラに、塩酸プソイドエフェドリンというα交感神経刺激薬が加わったのがディレグラです。

しかし全ての人にアレグラよりディレグラの方が良いというわけではありません。ディレグラが処方されるのは、アレグラでも効かないような中等症以上の患者さんになります。新しいからといって、アレグラでコントロールできているのにあえてディレグラに切り替える必要はありません。

ここでは、アレグラとディレグラを効果や副作用、価格など比較していきたいと思います。


エピナスチン塩酸塩錠の効果と副作用

2016.4.5 アレジオン

エピナスチン塩酸塩錠は、1994年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬アレジオンのジェネリック医薬品です。

エピナスチンと効くとピンと来ないかもしれませんが、アレジオンと効くとご存知の方も多いと思います。抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

抗ヒスタミン薬のネックになるのは副作用の眠気ですが、エピナスチンは効果と眠気のバランスが良いお薬として幅広く活躍しています。

エピナスチンは2013年に点眼液として目のかゆみや充血に対して使われるようになっています。同時期には、アレジオン10として市販薬としても発売されるようになっています。さらに2015年には、アレジオン20として倍量の市販薬も発売されました。

ジェネリックのエピナスチンは、市販で正式ルートにより購入することはできませんので、病院で処方してもらう必要があります。医師から処方される場合は、エピナスチン10mg錠・エピナスチン20mg錠の他に、エピナスチンドライシロップ1%があります。

ここではエピナスチンについて効果や副作用の特徴を、他の抗ヒスタミン薬と比較しながら詳しく見ていきましょう。


フェキソフェナジン塩酸塩錠の効果と副作用

2016.4.4 アレグラ

フェキソフェナジン塩酸塩錠は、2000年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬アレグラ錠のジェネリック医薬品になります。2013年から発売となっています。

フェキソフェナジン錠といわれるとピンと来ないかもしれませんが、アレグラ錠といわれると多くの方がご存知かと思います。「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラ錠かと思います。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。花粉症をはじめとしたアレルギー疾患に使われているお薬です。

2012年からは、アレグラFXとして市販薬としても売られています。2016年は嵐の大野智さんのCMの影響もあり、アレグラFXはドラッグストアなどで爆発的に売れています。

ジェネリックのフェキソフェナジン錠は、市販で正式ルートにより購入することはできませんので、病院で処方してもらう必要があります。剤形としては30mg錠・60mg錠の他に、口の中に入れたら自然に溶けるタイプの60mgOD錠の3種類があります。

ここではフェキソフェナジン塩酸塩錠について効果や副作用の特徴を、他の抗ヒスタミン薬と比較しながら詳しく見ていきましょう。


ディレグラの飲み合わせで注意するもの

2016.4.3 ディレグラ

ディレグラ配合錠は、2012年に発売されたアレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)と塩酸プソイドエフェドリンというα交感神経刺激薬が加わったお薬です。

アレグラで注意する必要があるものは、ディレグラでも注意が必要です。それに加えてディレグラでは、塩酸プソイドエフェドリンとの飲み合わせも考慮する必要があります。

ここでは、ディレグラの飲み合わせについてみていきましょう。よく質問される風邪薬やアルコールとの飲み合わせについてもお伝えしていきたいと思います。


ディレグラの副作用と安全性

2016.4.2 ディレグラ

ディレグラは、2012年に発売された抗ヒスタミン薬のアレグラ(フェキソフェナジン塩酸塩)と塩酸プソイドエフェドリンというα交感神経刺激薬の合剤になります。

アレグラ自体は抗ヒスタミン薬の中でも最も副作用が少ない薬の一つです。そのアレグラに、血管を収縮するα交感神経刺激薬が加わったのがディレグラです。血管を収縮するなんて物騒なイメージですが実際は非常に安全性が高いお薬です。

ただし、血管が収縮することで悪化する可能性がある病気がある人に使用しないように注意しなければいけません。

このため、アレグラで副作用がなかったからといってディレグラでも大丈夫というわけではないので注意しましょう。ここでは、ディレグラの副作用と安全性についてみていきましょう。


アレグラが進化したディレグラ配合錠の効果と特徴

2016.4.1 ディレグラ

ディレグラ配合錠は、2012年に発売された抗ヒスタミン薬とα交感神経刺激薬の配合剤です。

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)は、2000年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬になります。このアレグラに、塩酸プソイドエフェドリンというα交感神経刺激薬が加わったのがディレグラになります。

抗ヒスタミン薬は、鼻水やくしゃみには効果を示しますが、鼻づまりには若干効果が弱いという弱点がありました。塩酸プソイドエフェドリンを加えたことで、鼻づまりの改善にも効果を示すようになり、花粉症の鼻症状全てをカバーできるようになっています。

ここでは、アレグラが進化したディレグラの効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


アレジオンは蕁麻疹にどのように効くのか

2016.3.28 アレジオン

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてアレジオンは、広く処方されています。

アレジオンは抗ヒスタミン薬として作用し、蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックします。アレジオンは市販薬(アレジオン10・アレジオン20)も発売されていますがこれは花粉症に対してのみです。蕁麻疹が出現した時には、病院に行くようにしてください。

 ここでは、アレジオンの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


アレジオンの副作用と安全性

2016.3.27 アレジオン

アレジオンは第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用が問題になることが多いですが、アレジオンは第二世代の中でも少ないです。

アレジオンは、多くの方が花粉症の治療薬として手放せないお薬になります。最近は市販薬としてアレジオン10、アレジオン20も登場しました。市販薬として気軽に買えるお薬ですが、副作用は大丈夫なのでしょうか?そもそも安全なのでしょうか?気になるところですよね。

ここでは、アレジオンの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


アレグラは妊娠中や授乳中でも大丈夫?

2016.3.26 アレグラ

アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬として、様々なアレルギー性疾患で使われることがあります。最もよく使われているのが、花粉症の治療薬としてです。

花粉症の季節が訪れると、花粉を避けることはできません。女性は妊娠中や授乳中であっても、花粉とはかわりなく戦わなければいけません。

花粉予防が何よりも大事なのですが、お薬を使えるかどうかも気になるところだと思います。

アレグラは妊娠に影響がないでしょうか?
妊娠中にアレグラを服用しても大丈夫でしょうか?
授乳中にアレグラを服用しても大丈夫でしょうか?

ここでは、そんなアレグラの妊娠や授乳に対する疑問について考えていきたいと思います。


アレグラの先発品・ジェネリック・市販薬の比較

2016.3.25 アレグラ

アレグラは、花粉症治療薬としてよく使われているお薬です。第二世代抗ヒスタミン薬に分類されていて、アレルギー症状を抑えてくれる働きがあります。

アレグラは、錠剤としては30mgと60mgの2つ剤形が発売されています。それ以外にも、小児用にドライシロップやアレグラOD錠も発売されています。

アレグラは発売から年月もたっているので、フェキソフェナジン錠というジェネリック医薬品が2013年より発売となっています。さらにアレグラは、市販薬としてアレグラFXも発売されています。

ここでは、アレグラの先発品・ジェネリック・市販薬との違いについて、薬価や効果・副作用を比較していきたいと思います。

アレグラの効果について詳しく知りたい方は、「アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)の効果と特徴」をお読みください。


アレジオン錠の効果と特徴

2016.3.24 アレジオン

アレジオン(エピナスチン塩酸塩)は、1994年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

抗ヒスタミン薬のネックになるのは副作用の眠気ですが、アレジオンは効果と眠気のバランスが良いお薬として幅広く活躍しています。

アレジオンは2013年に点眼液として目のかゆみや充血に対して使われるようになっています。同時期には、アレジオン10として市販薬としても発売されるようになっています。さらに2015年には、アレジオン20として倍量の市販薬も発売されました。

アレジオンは医師から処方される場合は、アレジオン10mg錠・アレジオン20mg錠の他に、アレジオンドライシロップ1%があります。さらにジェネリック医薬品としてエピナスチンも発売されています。

ここではアレジオンについて効果と特徴を、他の抗ヒスタミン薬と比較しながら詳しく見ていきましょう。


アレグラは蕁麻疹にどのように効くのか

2016.3.22 アレグラ

急に全身が痒くなるってとても辛い症状ですよね。ときに痛みよりも、痒みは辛い症状になります。

全身が痒くなる疾患に蕁麻疹があります。蕁麻疹を経験されたことがある方は多いのではないでしょか?一生のうちに1回は15~20%の人が経験すると言われています。この蕁麻疹の治療薬としてアレグラは、広く処方されています。

アレグラは抗ヒスタミン薬として作用し、蕁麻疹の原因であるヒスタミンをブロックします。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用がありますが、アレグラは眠気が少ないお薬です。このためアレグラは、市販薬(アレグラFX)としても発売されているお薬です。

ここでは、アレグラの蕁麻疹への効果についてまとめてみましょう。


アレグラとの飲み合わせで注意するもの

2016.3.21 アレグラ

「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラ錠かと思います。

花粉症の薬としては、2016年では売り上げナンバーワンを誇っているお薬です。2012年からは、アレグラEXとして市販薬としても売られています。

多くの人が花粉症の時期にアレグラを内服していますが、他のお薬やアルコールと併用して大丈夫?と疑問に思う人も多いかと思います。

ここでは、第二世代抗ヒスタミン薬アレグラの飲み合わせで注意するものは何か、お伝えしていきたいと思います。


アレグラの副作用と安全性

2016.3.20 アレグラ

アレグラは第二世代の抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑えるお薬です。抗ヒスタミン薬は眠気の副作用が問題になることが多いですが、アレグラは第二世代の中でも少ないです。

アレグラは、多くの方が花粉症の治療薬として手放せないお薬になります。最近は市販薬としてアレグラFXも登場しました。市販薬として気軽に買えるお薬ですが、副作用は大丈夫なのでしょうか?そもそも安全なのでしょうか?気になるところですよね。

ここでは、アレグラの副作用と安全性についてまとめていきたいと思います。


アレグラ錠の効果と特徴

2016.3.19 アレグラ

アレグラ錠(フェキソフェナジン塩酸塩)は、2000年に発売された第二世代の抗ヒスタミン薬になります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。「花粉症の薬と言えば?」と問われたら、おそらく一番名前が挙がるのがアレグラ錠かと思います。

花粉症の薬としては、2016年では売り上げナンバーワンを誇っているお薬です。2012年からは、アレグラFXとして市販薬としても売られています。2016年は嵐の大野智さんのCMの影響もあり、アレグラFXはドラッグストアなどで爆発的に売れています。

アレグラは医師から処方される場合は、30mg錠・60mg錠の他に、60mgOD錠として口の中に入れたら自然に溶けるタイプの3種類があります。市販薬はアレグラFXとして、60mgが市販されています。

ここではアレグラについて効果と特徴を、他の抗ヒスタミン薬と比較しながら詳しく見ていきましょう。


アラミスト点鼻液の効果と副作用

2016.3.18 点鼻薬

アラミスト点鼻薬(フルチカゾンフランカルボン酸エステル)は、2009年に発売されたステロイド点鼻薬です。

グラクソスミスクライン社が発売したものですが、成分のフルチカゾンは気管支喘息でも使用されるステロイド剤なので、使い慣れているステロイドを点鼻薬として開発したという流れで作られました。

アレルギー性鼻炎の治療に使われることが多く、とくに花粉症でよく使われるお薬です。花粉症の4大症状として鼻づまり・鼻水・くしゃみ・目のかゆみがありますが、4つのうち3つをしめる鼻症状を和らげてくれます。

このため鼻症状が酷い方にはステロイド点鼻薬が使われることも多く、鼻炎症状が出てくる前からステロイド点鼻薬を使っていくことがガイドラインでも推奨される治療の一つとされています。

ステロイド点鼻薬の一つにアラミストがあります。アラミストは副作用も少なく、使いやすい点鼻薬です。私自身が医学生の頃、臨床試験の被験者になったお薬で、今でも私はアラミストを使っています。ここでは、アラミストについてまとめてみたいと思います。


ナゾネックス点鼻液の効果と副作用

2016.3.15 点鼻薬

ナゾネックス点鼻薬は、2008年に発売されたステロイド点鼻薬です。

アレルギー性鼻炎の治療に使われることが多く、とくに花粉症でよく使われるお薬です。花粉症の4大症状として鼻づまり・鼻水・くしゃみ・目のかゆみがありますが、4つのうち3つをしめる鼻症状を和らげてくれます。

このため鼻症状が酷い方にはステロイド点鼻薬が使われることも多く、鼻炎症状が出てくる前からステロイド点鼻薬を使っていくことがガイドラインでも推奨される治療の一つとされています。

ステロイド点鼻薬の一つにナゾネックスがあります。ナゾネックスは副作用も少なく、使いやすい点鼻薬です。ここでは、ナゾネックスについてまとめてみたいと思います。


フルメトロン(フルオロメトロン)点眼液の効果と副作用

2016.3.13 点眼薬

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。ですが目をかいたりしてしまうと、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目の症状に一番効果が期待できるのは点眼薬です。

目のアレルギー症状のことを難しくいうと、アレルギー性結膜炎になります。通常はパタノールやアレジオンなどの抗ヒスタミン薬が第一選択肢として挙げられます。

しかしそれでも目のかゆみがとまらない人には、次の一手としてステロイド点眼液が使われます。ステロイド点眼液で代表的なものとしてフルメトロン点眼液があります。1975年に発売されて、今でも使用されている非常に歴史のある点眼薬です。

ここでは、このフルメトロン点眼液についてまとめていきます。


アレジオン点眼液の効果と副作用

2016.3.10 点眼薬

アレジオン点眼液(エピナスチン塩酸塩)は、第二世代抗ヒスタミン剤の点眼薬です。飲み薬としてもアレジオンとして発売されていて、最近ではOTC医薬品としてドラッグストアでも買えるようになっています。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。これで目をかいたりしたら、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

アレジオン点眼薬は、2013年に発売されたかなり新しい点眼薬になります。副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではアレジオン点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。


リボスチン点眼液(レボカバスチン塩酸塩)の効果と副作用

2016.3.9 点眼薬

リボスチン(レボカバスチン塩酸塩)は、第二世代抗ヒスタミン剤の点眼薬です。同じ商品名で、点鼻薬も発売されています。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。一般的にはリボスチンは、花粉症に効く目薬と認識されていることが多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。これで目をかいたりしたら、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

リボスチンでは副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではリボスチン点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。


パタノール点眼液の効果と副作用

2016.3.8 点眼薬

パタノール(オロパタジン塩酸塩)は、第二世代抗ヒスタミン剤の点眼薬です。飲み薬のアレロックと同じ成分の目薬になります。

抗ヒスタミン薬とは、アレルギーのときに過剰に分泌されるヒスタミンをブロックすることで、アレルギー症状を抑える効果が期待できるお薬です。

目のアレルギー症状というと、難しくいえばアレルギー性結膜炎になります。さまざまな原因が考えられますが、花粉症が原因となることが非常に多いです。一般的にはパタノールは、花粉症に効く目薬と認識されていることが多いです。

花粉症の時期は目のかゆみが非常につらいです。これで目をかいたりしたら、角膜を傷つけてしまいます。飲み薬でも多少は効きますが、やはり目のかゆみに一番良いのは点眼薬です。

パタノールは、花粉症に使われる点眼薬としてはもっともよく処方されています。副作用はほとんど報告されておらず、安全に使用できます。ここではパタノール点眼液について、花粉症治療を中心にみていきましょう。