ロラメット錠の効果と強さ

2017.2.25 エバミール・ロラメット

ロラメット錠は、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬としては比較的新しいお薬で、1990年に発売されました。同じ有効成分の先発品として、エバミール錠も発売されています。

肝臓への影響が少ないという特徴があり、安全性が高い睡眠薬です。たいていの薬は肝臓に負担となってしまうため、肝機能障害がある方や高齢者にはとても有用な睡眠薬です。

ロラメットの効果や強さはどの程度でしょうか?どのような効き方をして、作用時間はどれくらいでしょうか?

ここでは、ロラメットの効果の特徴について詳しくお伝えしたいと思います。


エバミール錠の効果と強さ

2017.2.15 エバミール・ロラメット

エバミールは、短時間型のベンゾジアゼピン系睡眠薬として1990年に発売されました。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の中では、比較的新しい部類に入るお薬です。

肝臓への影響が少ない薬で、安全性が高さに定評があります。たいていの睡眠薬は肝臓に負担となってしまうため、肝機能障害がある方や高齢者にはとても有用な睡眠薬です。

エバミールの効果や強さはどの程度でしょうか?どのような効き方をして、作用時間はどれくらいでしょうか?

ここでは、エバミールの効果の特徴について詳しくお伝えしたいと思います。


ロルメタゼパムの効果と副作用

2015.8.25 エバミール・ロラメット

ロルメタゼパムは、エバミール/ロラメットの成分名(一般名)です。現在はジェネリックが発売されていませんので、あまり患者さんが見かけることはすくないかもしれません。

ロルメタゼパムは1990年から発売されている短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬ですが、安全性が高くて使いやすい睡眠薬です。

ここでは、ロルメタゼパムの効果や副作用について、詳しくお伝えしたいと思います。


ロラメットの副作用(対策と比較)

2015.8.25 エバミール・ロラメット

ロラメットは、1990年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。また、肝臓への負担が少なく、筋弛緩作用も少ないなど、安全性の高さでは定評のある睡眠薬です。

とはいっても、副作用がないわけではありません。漫然と使用していると依存してしまうこともあります。

ここでは、ロラメットの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


エバミールの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

2015.8.25 エバミール・ロラメット

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが睡眠薬です。「睡眠薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、エバミールの致死量について正しく理解していただき、過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


エバミールの作用時間と半減期

2015.8.25 エバミール・ロラメット

エバミールは、入眠障害や中途覚醒を改善する睡眠薬です。安全性が高いので、使いやすい睡眠薬です。エバミールの作用時間や効き方は、半減期をみると予想することができます。

エバミールは最高血中濃度到達時間が1~2時間、半減期が10時間です。エバミールの作用時間は、ちょうど睡眠時間をカバーしています。このようなタイプの睡眠薬は、短時間型ベンゾジアゼピン系睡眠薬とよばれています。

ここでは、エバミールの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


エバミールの副作用(対策と比較)

2015.8.25 エバミール・ロラメット

エバミールは、1990年に発売されたベンゾジアゼピン系睡眠薬です。

作用時間が短すぎもせず長すぎもせず、バランスのとれている睡眠薬です。また、肝臓への負担が少なく、筋弛緩作用も少ないなど、安全性の高さでは定評のある睡眠薬です。

とはいっても、副作用がないわけではありません。漫然と使用していると依存してしまうこともあります。

ここでは、エバミールの副作用について詳しく説明していきたいと思います。