市販薬のEVE(イブ)は安易に使ってはいけない!EVEの効果と問題点とは?

2016.10.22 ブルフェン

EVEは、解熱鎮痛剤のブルフェンの市販薬として発売されています。市販薬の解熱鎮痛剤としてはよく使われていて、多くの方に使用されています。CMで見られた方も多いかもしれません。

ただしEVEは、安全だから市販薬になっているわけではありません。またEVEは症状となる病気を治す治療ではなく、表現はよくありませんが痛みや熱を誤魔化すためのお薬です。ですからEVEを飲み続けて様子を見てたら、状態が悪化してしまったということは多々あります。

ここでは、どのように市販薬のEVEを使っていくべきなのか、解熱鎮痛剤の治療での位置づけも踏まえながら詳しくお伝えしていきます。


イブプロフェンの副作用と安全性

2016.10.21 ブルフェン

イブプロフェンは、ブロフェンのジェネリック医薬品です。痛み止めや解熱剤として多くの人に使用されています。イブプロフェンを主成分としたEVEとして、今やドラッグストアでも気軽に購入できるお薬です。

気軽に買えるお薬だから、副作用もほとんどない安全なお薬だと思っているかもしれません。確かにイブプロフェンはNSAIDsの中でも比較的マイルドな薬のため副作用は少ない方です。

しかしイブプロフェンなどのNSAIDs自体、副作用など様々なことが起こりやすいお薬になります。さらにイブプロフェンは使ってはいけない疾患も多くありますし、妊婦に使用すると赤ちゃんに影響が出ることがあることがあるため、時期によっては使用できません。

イブプロフェンが身近にあるのは安全な薬だからではなく、多くの病気に対して効果があるからです。市販薬であるEVEでも、添付文章をみると細かく注意が記載されています。しかし症状が辛くて市販薬を買う時に、添付文章を細かくチェックする人は少ないのではないでしょうか?

ここではイブプロフェンの副作用と安全性についてみていきましょう。


イブプロフェン錠・顆粒の効果と特徴

2016.10.20 ブルフェン

イブプロフェンは、1973年に発売されたブルフェンのジェネリック医薬品です。

イブプロフェンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「フェニルプロピオン酸系」に含まれます。この「フェニルプロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ロキソニンなどが挙げられます。

イブプロフェンは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬で、町の薬局でも処方箋なしに購入することもできる非常に身近なお薬です。EVE(イヴ)という商品は、イブプロフェンと同じ成分が使用されています。

ただし身近にあるからといって、安全なお薬というわけではありません。そもそも痛みや熱は、体に何か異常が起こってるという警報機になります。イブプロフェンはこの警報機を一時的にオフにするに過ぎず、原因の解決は行わないため注意が必要です。

ここでは、イブプロフェンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ブルフェンの副作用とその対処法

2016.10.14 ブルフェン

ブルフェン(一般名:イブプロフェン)は、痛み止めや解熱剤として多くの人に使用されています。EVEとして、今やドラッグストアでも気軽に購入できるお薬です。

気軽に買えるお薬だから、副作用もほとんどない安全なお薬だと思っているかもしれません。確かにブルフェンはNSAIDsの中でも比較的マイルドな薬のため副作用は少ない方です。

しかしブルフェンなどのNSAIDs自体、副作用など様々なことが起こりやすいお薬になります。ですから、気軽にポンポン使用してはいけないお薬なのです。

ここでは、ブルフェンにどのような副作用があり、どのような点に気を付ければいいかみていきましょう。


ブルフェンの安全性は大丈夫?ブルフェンの飲み合わせと妊娠への影響

2016.10.12 ブルフェン

ブルフェンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)に含まれます。解熱鎮痛剤として広く使われているお薬で、町の薬局でも処方箋なしにEVEとして購入することもでき、非常に身近なお薬です。

ただし身近にあるからといって、安全なお薬というわけではありません。むしろブルフェンは使ってはいけない疾患も多くありますし、妊婦に使用すると赤ちゃんに影響が出ることがあることがあるため、時期によっては使用できません。

ブルフェンが身近にあるのは安全な薬だからではなく、多くの病気に対して効果があるからです。市販薬であるEVEでも、添付文章をみると細かく注意が記載されています。しかし症状が辛くて市販薬を買う時に、添付文章を細かくチェックする人は少ないのではないでしょうか?

ここでは、ブルフェンの安全性について詳しく見ていきたいと思います。ブルフェンはどのような人に使えないのでしょうか?皆さんもなじみのあるお薬だと思いますので、ぜひ一度確認してみてください。


ブルフェン錠・顆粒(イブプロフェン)の効果と特徴

2016.10.9 ブルフェン

ブルフェン(一般名:イブプロフェン)は、1973年に昭和薬科で発売された解熱鎮痛薬です。

ブルフェンは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「フェニルプロピオン酸系」に含まれます。この「フェニルプロピオン酸系」と同じ種類のお薬としては、ロキソニンなどが挙げられます。

ブルフェンは解熱鎮痛剤として広く使われているお薬で、町の薬局でも処方箋なしに購入することもできる非常に身近なお薬です。EVE(イヴ)という商品は、ブルフェンと同じ成分であるイブプロフェンが使用されています。

ただし身近にあるからといって、安全なお薬というわけではありません。そもそも痛みや熱は、体に何か異常が起こってるという警報機になります。ブルフェンはこの警報機を一時的にオフにするに過ぎず、原因の解決は行わないため注意が必要です。

ここでは、ブルフェンの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。