対人恐怖症を確実に克服するには?対人恐怖症を克服する治療法

2016.4.27 恐怖症

対人恐怖症は、他人と接するときに過度な不安や緊張に襲われる病気です。

人の社会は人間関係の上に成り立っているので、対人関係に苦手意識をもっていることは生きていく上でハンデとなることが多いです。対人恐怖症は幼少期や思春期から発症することが多い病気なのですが、「自分は小心者だ」「自分はビビりなだけだ」と性格と思い込んでしまう方が多いです。

対人恐怖症のやっかいなことは、人に相談することに対しても気が引けてしまうことです。我慢したまま日々の生活を送っていくことで、人生の選択にも影響を与えてしまう病気なのです。

この記事を読んでいただいている方は、対人恐怖症という病気に苦しんでいる方が多いと思います。対人恐怖症の方は相談すること自体が苦手なので、自力でなんとか克服しようとされている方も多いのではないでしょうか?

対人恐怖症にはお薬もちゃんと効果がありますし、精神療法は専門家と一緒に進めていった方が間違いなくよいです。精神科や心療内科の病院やクリニックに受診するのは抵抗があると思いますが、それが治療の第一歩になります。

対人恐怖症を克服できれば、世界が開けて生き方がかわります。ここでは、対人恐怖症の治療法について詳しくお伝えしていきたいと思います。


対人恐怖症で悩んでいる方へ、仕事やバイトでの対処法

2016.4.26 恐怖症

対人恐怖症は、他人と接するときに極度の恐怖に襲われてしまう心の病気です。その症状の程度は、「人付き合いが苦手」なレベルから「まったく人付き合いができない」レベルまで人によって様々です。

対人恐怖症は幼少期や思春期から発症することが多いのですが、なかなか周りに相談できずに耐えて過ごしています。そんな中で進学し学生生活を送ります。部活やアルバイトをしたいのにできない方もいます。いろいろなことを経験して成長していく時期に、対人恐怖症が影響してしまうのです。

そして時期が来ると、就職活動をして社会人となります。そして実際に仕事を始めると、会議やプレゼン、客先での営業や接客、仕事のための会食や接待など、さまざまな場面で悩まされるのです。

対人恐怖症のせいで仕事やバイトで悩んでいる方も多いと思います。ここでは、対人恐怖症のせいで本来の自分を発揮できていないと感じている方に、お伝えしたいことを書いていきたいと思います。

そして対人恐怖症の方の現実的な仕事やバイトでの対処法を考えていきましょう。また、職場ではどのようなことができるのかについても触れていきます。


対人恐怖症は遺伝なのか?対人恐怖症の原因

2016.4.25 恐怖症

対人恐怖症とは、他人と接するときに過度に恐怖を抱いてしまう心の病です。

その症状の程度には人によって差があります。「人付き合いが苦手」「人見知り」という程度の人から、「自分が相手に迷惑をかけるのではないか」「誰とも接することができない」とまで思い込んでしまうこともあります。

他人と接するときに緊張することは、おそらく誰でも経験したことがあると思います。このように、対人関係に苦手意識をもってしまうキッカケはどんなことがあるのでしょうか?

生まれもっての遺伝なのでしょうか?
それとも、生きていく中での経験や環境によるものなのでしょうか?

ここでは、対人恐怖症の原因についてみていきたいと思います。


対人恐怖症の診断をふまえてセルフチェックしてみよう

2016.4.24 恐怖症

対人恐怖症という言葉をお聞きになったことがある方は多いと思います。

世間では対人恐怖症といっても、「人付き合いが苦手」という意味合いで使われていることもあれば、「人と接することができない」という意味合いのこともあります。

対人恐怖症は、他人と接することに対して強い恐怖を感じる病気です。昔から日本という文化に固有の病気として考えられていましたが、欧米でも同様に悩んでいる方も多いことがわかってきた病気です。

対人恐怖症の症状には幅があります。対人恐怖症を診断基準に当てはめると、多くの方は社交不安障害となり、重症例は身体醜形障害や妄想性障害になります。

ここでは、対人恐怖症の診断の考え方についてお伝えし、それに従ってセルフチェックをしてみましょう。病院にいくべきなのか迷っている方もいらっしゃると思います。私は対人恐怖症かもしれないと思われた方は、ぜひ専門家に相談してみてください。


対人恐怖症の症状とは?どのような恐怖があるのか

2016.4.22 恐怖症

対人恐怖症は、その症状の程度は人によって様々です。「人見知り」や「人付き合いが苦手」といった程度の方から、「自分は醜いのではないか」「誰とも接したくない」という方もいます。

対人恐怖症は、対人関係の場面で過度な不安が生じてしまい、他人から悪くみられてしまうのではという恐れから対人関係を避けようとしてしまう病気です。

対人恐怖症は、長らく日本の文化特有の精神疾患としてみなされてきました。海外でも同様の患者さんが認められることが分かり、社交不安障害として診断基準でも取り上げられるようになりました。

ただ対人恐怖症の重度の方は、自分のにおい、視線、容姿、表情などが周囲の人に嫌な思いをさせているのではと確信めいていることもあります。

ここでは、対人恐怖症の代表的な症状をお伝えしていきます。対人恐怖症の症状をどのように考えていくのか、みていきましょう。


恐怖とは何か?恐怖を克服する治療法とは?

2016.2.25 恐怖症

不安や恐怖は誰もが感じたことがある感情でしょう。

人類の長い歴史の中で生き残っている感情には意味があります。不安や恐怖があることで、人は危険なものを避けることができるのです。不安や恐怖があるから、人は準備をして備えることができるのです。

このように、人にとって必要不可欠な感情である不安や恐怖という感情。似たような意味の言葉として使われていますが、「不安」と「恐怖」は異なるものです。

恐怖に関しては、そのメカニズムもある程度わかってきています。ここでは、恐怖が作られて消えていくメカニズムを踏まえて、恐怖をどのようにしたら克服できるのかについてお伝えしていきます。