ルネスタ錠の効果と強さ

2016.12.26 ルネスタ

ルネスタは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類される睡眠薬です。2012年に発売された、比較的新しい睡眠薬です。

ルネスタはアモバンを改良して作られた睡眠薬で、アモバンのうち効果のある成分だけを取り出したものです。ですから、アモバンよりも少ない量で同等の効果が発揮されるといわれていて、副作用が軽減されています。

さらにアモバンに比べると、ルネスタは作用時間が少しだけ長くなっています。このため入眠障害だけでなく、中途覚醒にも効果が期待できます。

ここでは、ルネスタ錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきたいと思います。


エスゾピクロンの効果と副作用

2015.8.31 ルネスタ

エスゾピクロンは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のルネスタの一般名(成分名)です。2012年に発売されたばかりの睡眠薬ですので、しばらくはジェネリックは発売されないでしょう。ジェネリックが発売されたら、「エスゾピクロン」という名前になるかと思います。

エスゾピクロンの効果や副作用は、ルネスタと同じと考えていただいて問題ありません。エスゾピクロンは、バランスの良い睡眠薬として処方が増えています。ここでは、エスゾピクロンの効果と副作用について、詳しく見ていきたいと思います。


ルネスタの半減期からわかること

2015.8.30 ルネスタ

半減期とは、薬を服用してから血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことです。薬の半減期をみると、睡眠薬の効き方を予想することができます。また、気を付けなければいけない副作用も変わってきます。

ルネスタの半減期は5時間と睡眠薬の中では短いですが、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬ではもっとも長くなっています。ルネスタは超短時間型睡眠薬と呼ばれていますが、ギリギリ中途覚醒にも効果が期待できる睡眠薬です。

ここでは、ルネスタの半減期からどんなことがわかるのか、詳しく説明していきたいと思います。


ルネスタとアルコール(お酒)は大丈夫?

2015.8.29 ルネスタ

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもルネスタなどの睡眠薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもという時は、睡眠薬を我慢するようにしましょう。

それでは、どうしてルネスタとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がルネスタに及ぼす影響を考えていきましょう。


ルネスタ錠3mgの薬価と実際の使い方

2015.8.10 ルネスタ

ルネスタは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果が期待できます。

ルネスタの錠剤としては1mgと2mgと3mgの3種類が発売されています。まずは1mg~2mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ルネスタ錠3mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ルネスタの効果について詳しく知りたい方は、
ルネスタ錠の効果と強さ
をお読みください。


ルネスタ錠2mgの薬価と実際の使い方

2015.8.10 ルネスタ

ルネスタは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果が期待できます。

ルネスタの錠剤としては1mgと2mgと3mgの3種類が発売されています。まずは1mg~2mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ルネスタ錠2mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ルネスタの効果について詳しく知りたい方は、
ルネスタ錠の効果と強さ
をお読みください。


ルネスタ錠1mgの薬価と実際の使い方

2015.8.10 ルネスタ

ルネスタは安全性が高いので、よく処方されている睡眠薬のひとつです。入眠障害で悩んでいる方には、しっかりとした効果も期待できます。中途覚醒にも効果は期待できます。

ルネスタの錠剤としては1mg・2mg・3mgの3種類が発売されています。まずは1mg~2mgからはじめて、効果をみながら増減させていきます。ここでは、ルネスタ錠1mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

ルネスタの効果について詳しく知りたい方は、
ルネスタの効果と強さ
をお読みください。


ルネスタの副作用(対策と比較)

2015.8.9 ルネスタ

ルネスタは、アモバンを改良した睡眠薬です。

もともとアモバンも副作用は少なく安全性の高い睡眠薬でしたが、苦味が残ってしまう副作用がありました。ルネスタでは、苦味も軽減されて飲みやすくなっています。

このようにルネスタは安全性の高い睡眠薬となっていますが、副作用はどうしても免れません。ルネスタではどのようなことに注意していけばよいのでしょうか?

ここでは、ルネスタの副作用について詳しく説明していきたいと思います。


ルネスタの苦味とは?

2015.8.8 ルネスタ

ルネスタを飲むと苦いと感じる方がいらっしゃいます。飲んだ時に苦いだけならば「良薬は口に苦し」ですみますが、この苦味は翌日も続いてしまうこともあります。

この苦味はアモバンで特によくみられますが、その改良した睡眠薬であるルネスタでも見られるのです。アモバンに比べると苦味は軽減されています。

ここでは、ルネスタの苦味について考えていきましょう。