解離性健忘をチェック!解離性健忘の症状・原因・診断基準・治療

2017.1.8 解離性障害

解離性健忘とは、個人的な経験や出来事といったエピソード記憶に関して、確かに記憶しているはずなのに思い出せなくなってしまうことです。

解離性健忘が認められる方の多くは、何らかの外傷体験(トラウマ)をかかえています。そのトラウマに関係したエピソード記憶の健忘がみられることが一般的で、過去のことを思い出せなくなる逆行性健忘になります。とはいっても記憶がなくなっているわけではなく、何らかのきっかけでフラッシュバックしてしまうこともあります。

このような解離性健忘ですが、はじめは気が付かない方も多いです。仕事や家庭などの社会生活の中で違和感を感じて、記憶の空白に気がつくこともあります。

ほかの解離性障害の部分症状として認められることもあります。ストレスになる出来事があると記憶を分離して自分を守るという、一種の防衛機制のようになっている側面があります。このため解離性健忘は、薬物療法だけではなく精神療法が重要になる病気になります。

ここでは、解離性健忘についてみていき、その症状・原因・診断基準・治療についてチェックしていきたいと思います。


離人感・現実感消失症(離人症)の症状・原因・診断基準・治療

2017.1.5 解離性障害

離人感・現実感消失症とは、離人症と現実感消失症に症状を分けることができます。

離人症とは、実際の体験と感覚・感情・思考・行動などといったことがバラバラになり、自己が分離して感じられることです。「感情がわからない」「自分がよそよそしく感じる」「外から自分をみているようだ」といった症状がみられます。

それに対して現実感消失症では、周りの世界に対する非現実間やなじみのなさといった外界の知覚が分離されている感じがします。「霧の中にいるようだ」「まわりの景色に現実感がない」「自分と世界の間に膜があるようだ」といった症状がみられます。

これらは本質的には差がないため、新しい診断基準では離人感・現実感消失症とまとめられました。そして解離性障害に分類されましたが、離人症は解離性障害だけに特徴的な症状ではありません。例えば統合失調症など、様々な病気でも認められます。

ここでは、解離性障害としての離人感・現実感消失症をみていくことで、離人症について考えていきたいと思います。


解離性障害の程度をDESでセルフチェック

2016.11.25 解離性障害

解離性障害とは、ストレスによって感覚や情動、意識や記憶、自己同一性といったものが切り離されてしまう病気です。これらは本来、一人の人格の中で統合されているのですが、これが障害されたのが解離性障害になります。

あるはずの感覚がなくなってしまったり、出来事を思い出せなくなってしまったり、自分とは別の人格に入れ替わってしまったりと様々な症状が認められます。

このような解離症状を、質問紙に記入することで傾向を見極めることができる心理検査として、DES(Ⅾisssociative Experiences Scale:解離体験尺度)があります。

ここでは、解離性障害をセルフチェックするための心理検査としてDESをご紹介していきます。


解離性障害とは?解離性障害の症状と種類

2016.11.21 解離性障害

私たちは日々の生活の中で、様々なことを経験しています。私たちはそれらに対して感覚や感情を持ち、心の中で考えたり、行動といった形で心身の行為を行います。

これらの行為はひとつの人格のなかで統合されていますが、解離性障害はこれがうまく統合できなくなってしまう病気です。

感覚や情動、意識や記憶、自己同一性といったものが切り離されてしまい、それによって離人感・現実感喪失症や解離性健忘、多重人格と呼ばれる解離性同一性障害といった病気になります。これらは議論はありますが、現在のところ連続する病気と考えています。

このように解離性障害とは、ストレスによって感覚や情動、意識や記憶、自己同一性といったものが切り離されてしまう病気です。

かつてはヒステリーとも呼ばれていた解離性障害、現在では様々な病名に分けられています。ここでは、解離性障害の症状と種類について詳しくお伝えしていきます。


解離性障害(解離性健忘・解離性同一性障害)の原因とは?

2016.11.15 解離性障害

解離性障害とは、ストレスによって感覚や情動、意識や記憶、自己同一性といったものが切り離されてしまう病気です。

具体的には、自分の体や周囲の現実世界に対して距離ができてしまったように感じる離人感・現実感喪失症、ストレスに感じたことの記憶をなくしてしまう解離性健忘、いわゆる多重人格とよばれるような解離性同一性障害があります。

このような解離性障害はどのようにして生じるのか、その原因は長年にわたって議論されてきています。かつてはヒステリーと呼ばれていて、現在の診断基準では転換性障害(身体表現性障害)と解離性障害にわけられています。

しかしながら本質的には同じですが、性質の異なる病気という考え方も出てきています。また解離性障害は、トラウマ(心的外傷)との関係も深い病気になります。

このように解離性障害の原因ははっきりとしていませんが、心理的な原因をつきつめていくことは治療にとってはとても重要です。ここでは、治療につなげていくための解離性障害の原因についてお伝えしていきたいと思います。