回避性パーソナリティ障害での仕事での困難と対策

2016.11.28 回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害では、人との関わりや社会的場面に恐怖や苦痛がともない、そのような機会を避けてしまうようになります。

避ける行動パターンが定着すると、休職をくり返したり、仕事を辞めてしまったりすることもあります。

学生期から発症することも多いため就職活動でも影響を及ぼし、定職につけなかったり、ごく限られた職種にしか選択肢が無くなったり、将来の可能性がとても狭くなりがちです。

回避性パーソナリティ障害の方が仕事を選び行う上では、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。ここでは、回避性パーソナリティ障害(回避性人格障害)の方の仕事での困難さをみていき、その対策を考えていきたいと思います。


回避性パーソナリティ障害はどのような原因があるのか

2016.11.18 回避性パーソナリティ障害

恥や傷つき、失敗を極端に恐れなどが強まっていくと、傷つきや恐れから避けて生活をしがちになってしまします。こういった回避傾向が強まってしまうと、様々な場面を避けてしまうようになってしまうことがあります。

こういった思考・行動パターンが固まってしまうと、回避性パーソナリティ障害として診断されます。対人関係を避けて会社や学校にいけなくなってしまったり、社会生活に支障がでてきてしまいます。

このような、並の人見知りや引込み思案では説明がつかないほどの状態は、どのような原因でおこってくるのでしょうか。

ここでは、回避性パーソナリティ障害(回避性人格障害)の原因についてのいくつかの説や、実際によく見られるケースをご紹介します。


回避性パーソナリティ障害を克服する治療法とは?

2016.11.14 回避性パーソナリティ障害

私たちの社会生活の中では、必ず何らかの人間関係があります。人間関係や組織と関わりは避けることはできず、そのことを苦痛に感じる方も少なくありません。

苦手というレベルでとどまり、何とかやり過ごしている方が多いかと思いますが、恥や傷つきへの恐れが強いため対人接触が苦痛になり、様々な社会的場面を避けてしまうこともあります。このようになって社会生活に影響が及ぶと、回避性パーソナリティ障害(回避性人格障害)と診断されます。

引っ込み思案が病的に極まったような状態で、重度になると、幅広い範囲で生活や精神状態に影響を与えてしまうのが回避性パーソナリティ障害になります。

長年放置すると引きこもりになってしまう恐れもありますが、一方で治療によって克服し、社会生活が送れるようになる方、人生の方向性が回避から挑戦に変化していく方もいます。

その克服のポイントはどこにあるのでしょうか?ここでは、回避性パーソナリティ障害を克服する治療法についてご紹介します。

 


回避性パーソナリティ障害の診断基準と診断の実際

2016.11.3 回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害は、傷つきや恥を極端に恐れて対人や社会的場面を避け、生活や精神状態に支障をきたす障害です。

パーソナリティ障害の中では比較的症状がわかりやすいですが、実際の診断では、様々な病気との鑑別も必要になります。

回避性パーソナリティ障害を診断していくためには、国際的な診断基準の項目を参考にしていきます。その項目をみていくことで、回避性パーソナリティ障害の特徴が見えてくるかと思います。

実際に診療していくにあたっては、診断基準の文字面を負っているだけでは難しいです。心の病気にかかれば、いろいろな物事を避けてしまうことは少なくありません。それがパーソナリティ(性格)として固定化されているのかどうか、見極めるのは単純ではありません。

ここでは、回避性パーソナリティ障害(回避性人格障害)の診断基準と実際の診断でのポイントを知ることで、この障害についての理解を深めていければと思います。


回避性パーソナリティ障害の恋愛が怖い心理と克服の方法

2016.10.30 回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害の方は、本当は積極的に人や社会と関わりたいという望みがあるのですが、恥をかくことを非常に恐れてしまって、人前や社交の場を極端に避けてしまいます。

ですから回避性パーソナリティ障害の方は、新しい人間関係に異常なほど臆病になってしまいます。普通の友人関係に対してすらなかなか踏み出せないので、異性間の恋愛はますますハードルが高くなってしまいます。

異性と恋愛をして結婚し、家庭を築いていくことが絶対的に正しい人生というわけではありません。ですが、本当はこうした幸せな家庭を築きたいという望みがあるにも関わらず、それを避けてしまうのは、生きていく上での「障害」となってしまいます。

ここでは、回避性パーソナリティ障害(回避性人格障害)の方の恋愛について、心理状態を踏まえて考えていきたいと思います。異性との恋愛におけるおこりやすい問題点や克服の方法などについて、ご紹介していきます。


回避性パーソナリティ障害(回避性人格障害)をチェック!

2016.10.14 回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害は、「他人からの評価や恥をかくことを極端に恐れ、対人や社交の場を避けて生活に支障が生じる障害」です。

本当は積極的に人や社会と関わりたい!という望みがあるのにも関わらず、恥をかくことを非常に恐れ、人前や社交の場になかなか出ていけません。

恥を恐れて引込み思案になるのは日本人に多い性格傾向ですが、程度がひどくなってしまうと問題が生じます。

本人の苦痛や生活への支障が大きい状態で放置してしまうと、大人の年齢になっても働けないニートや、引きこもりに発展していく可能性もあります。

では、具体的にどんな症状があると、治療がすすめられる障害となるのでしょうか?ここでは、回避性パーソナリティ障害(回避性人格障害)の症状をチェックしてみましょう。