ボンフェナック坐薬の効果と副作用

2017.1.19 ボルタレン

ボンフェナック坐薬(一般名:ジクロフェナク)は、1974年にノバルティスファーマで発売されたボルタレンサポのジェネリック医薬品です。

ボンフェナック坐薬は、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アニール酢酸系」に含まれまれおり、主に解熱疼痛薬として使用されます。ボンフェナック坐薬は、NSAIDsの中でも即効性があるうえに、効果も最強クラスという特徴があります。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。またボンフェナック坐薬は効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

ここでは、ボンフェナック坐薬の効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ダイスパス錠の効果と副作用

2017.1.17 ボルタレン

ダイスパス錠(一般名:ジクロフェナク)は、1974年に発売された解熱鎮痛薬であるボルタレン錠のジェネリック医薬品です。

ダイスパス錠は、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アニール酢酸系」に含まれます。ダイスパス錠の特徴は、NSAIDsの中で効果が最強クラスという点です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。またダイスパス錠は効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

ここでは、ダイスパス錠の効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ボルタレン錠・カプセルの効果と副作用

2017.1.12 ボルタレン

ボルタレン錠(一般名:ジクロフェナク)は、1974年にノバルティスファーマで発売された解熱鎮痛薬です。

ボルタレン錠は、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アニール酢酸系」に含まれます。ボルタレン錠の特徴は、NSAIDsの中でも即効性があるうえに、効果も最強クラスという点です。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。またボルタレン錠は効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

ここでは、ボルタレン錠の効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。


ボルタレンサポの副作用と安全性

2017.1.2 ボルタレン

ボルタレンサポ(一般名:ジクロフェナク)は、坐薬の解熱鎮痛剤として多くの人に使用されています。

ボルタレンサポは即効性があり、効果も強いお薬です。NSAIDsと呼ばれる同じタイプの解熱鎮痛剤の中でも、ボルタレンサポは効果が強いお薬になります。

しかし効果が強い分、副作用も強いため注意が必要です。特にボルタレンサポなどのNSAIDsは副作用として、胃腸障害が問題になります。ボルタレンサポも坐薬で胃腸は通過しないとはいえ胃腸障害が出現するため気を付ける必要があります。

さらにボルタレンサポは効果が強く出すぎて低体温や血圧低下によるショックがあるため気を付ける必要があります。また妊娠後期の方含めて、使用することができない人もいます。

ここでは、ボルタレンサポにどのような副作用があり、どのような方が使えないのかお伝えしていきます。


ボルタレンサポ(坐薬)の効果と特徴

2017.1.1 ボルタレン

ボルタレンサポ(一般名:ジクロフェナク)は、1974年にノバルティスファーマで発売された解熱鎮痛薬の坐薬です。

ボルタレンサポは、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS:エヌセイド)の中の「アニール酢酸系」に含まれます。ボルタレンサポは、NSAIDsの中でも即効性があるうえに、効果も最強クラスという特徴があります。

ただし注意が必要なのは、解熱・鎮痛薬は症状を一時的に抑えるお薬であり、病気自体を治す治療薬ではないということです。またボルタレンサポは効果が強い分、副作用も強くなるという点があります。

ここでは、ボルタレンサポの効果の特徴を詳しくお伝えし、どのような疾患・症状に使われるのか、説明していきたいと思います。