シスダイン錠の効果と副作用

2016.12.21 ムコダイン

シスダイン錠(一般名:L-カルボシステイン)は、去痰薬と発売されたムコダインのジェネリック医薬品です。

シスダインは痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の中の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずシスダインを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、シスダインはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためシスダインを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、シスダインの効果と副作用の特徴についてみていきましょう。


ムコダインの市販薬、ストナ・クールワンの効果と特徴

2016.12.14 ムコダイン

ムコダイン錠(一般名:L-カルボシステイン)は、去痰薬と発売されている医薬品です。ムコダイン錠は痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。

ムコダイン錠は医薬品のため、基本的には医療機関で診察して処方してもらえなければ手に入りません。一方で同じL-カルボシステインの成分で、市販薬で処方されているお薬があります。

主成分であるカルボシステインは、副作用も少なく安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだ症状に市販薬としてストナやクールワンを購入することができます。注意しなければならないのは、ストナやクールワンはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためストナやクールワンを飲み続けないと痰が出続ける人は、医療機関を受診して原因を調べる必要があります。ここでは、痰切りの市販薬である効果と副作用の特徴についてみていきましょう。


カルボシステイン錠・シロップの効果と副作用

2016.12.10 ムコダイン

カルボシステイン錠(一般名:L-カルボシステイン)は、去痰薬と発売されたムコダインのジェネリック医薬品です。

カルボシステインは痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻の中の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎にも使用されます。

一方でジェネリック医薬品であるカルボシステインは中耳炎には適応ないため注意が必要です。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずカルボシステインを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、カルボシステインはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためカルボシステインを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、カルボシステインの効果と副作用の特徴についてみていきましょう。


ムコダインの副作用と安全性

2016.12.6 ムコダイン

ムコダインは痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻や耳の中の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎や中耳炎にも使用されます。

幅広い効果に加えて、ムコダインはほとんど副作用がありません。さらに絶対に使えない病気もありませんし、飲み合わせに注意するお薬がないのもムコダインの特徴的です。

そのためムコダインは、妊婦・授乳中・小児・高齢者など多くの場合に使用されるお薬です。ここではムコダインがどれくらい安全か確認していきましょう。


ムコダイン錠・シロップ(L-カルボシステイン)の効果と特徴

2016.12.5 ムコダイン

ムコダイン錠(一般名:L-カルボシステイン)は1981年に杏林製薬より発売され去痰薬です。

ムコダインは痰の成分を整えたり、気道の粘膜をきれいにすることで痰を出しやすくするお薬です。綺麗にするのは気道の粘膜だけではなく、鼻や耳の中の粘膜も綺麗にするため、副鼻腔炎や中耳炎にも使用されます。

副作用も少なく小児や高齢者にも安全に使用されるお薬のため、痰が絡んだり、鼻水が出るといった人にはまずムコダインを処方する医師も多いです。注意しなければならないのは、ムコダインはあくまでも痰を出しやすくするお薬であり、痰がでる原因の疾患を治すわけではありません。

そのためムコダインを飲み続けないと痰が出続ける人は、レントゲン等でしっかりと原因を特定する必要があります。ここでは、ムコダインの効果と特徴についてみていきましょう。