レキシン錠(カルバマゼピン錠「フジナガ」)の効果と副作用

2016.1.9 テグレトール

レキシン錠は、1966年に発売された抗てんかん薬テグレトールのジェネリックです。1978年から発売され、長らく使われてきました。平成27年6月、カルバマゼピン錠「フジナガ」に名称変更となっています。

その作用機序ははっきりとしていませんが、レキシンには脳の活動を抑える働きがあって、さまざまな病気に使われています。脳の異常な興奮である「てんかん」、顔にピリッとした痛みが走る「三叉神経痛」などといった身体の病気だけでなく、気分安定薬としての効果も認められます。

気分安定薬には、大きく3つの効果があります。気分を鎮める抗躁効果、気分を持ち上げる抗うつ効果、気分の波を少なくする再発予防効果になります。気分の浮き沈みの波を小さくし、波が生じるのを少なくするお薬です。

レキシンは抗躁効果が強い気分安定薬です。双極性障害の治療に限らず、気持ちを落ち着けるお薬として広く使われているお薬です。

ここでは、気分安定薬としてのレキシン錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


カルバマゼピンの副作用(対策と比較)

2016.1.8 テグレトール

カルバマゼピンは、1966年に発売された気分安定薬テグレトールのジェネリックです。双極性障害やてんかん、三叉神経痛の治療薬として適応がみとめられています。それ以外にも、気持ちを落ち着ける薬として幅広く使われています。

その他の気分安定薬や抗てんかん薬と比較しても、カルバマゼピンは副作用が全体的に多く、無顆粒球症や重症薬疹といった重篤な副作用にも注意が必要です。また、聴覚変化といった特有の副作用もあり、患者さんによっては非常につらい症状となります。

ここでは、カルバマゼピンの副作用について、対策も含めて考えていきましょう。


テグレトールの致死量とは?過量服薬(OD)での対処法

2016.1.6 テグレトール

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが、精神科のお薬です。「精神科のお薬を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。テグレトールは治療量と中毒量が非常に近いお薬です。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、テグレトールの致死量やテグレトール中毒について正しく理解していただければと思います。過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


テグレトール錠100mg・200mg・細粒の薬価と使い分け

2016.1.5 テグレトール

テグレトールは、1966年に発売された抗てんかん薬です。気分安定薬としても使われています。かなりの年月も経っているので、ジェネリック発売されています。

テグレトールの錠剤としては、100mg・200mgの2つの規格が発売されています。抗てんかん薬のため子供が服用することも多く、飲みやすさを意識して細粒も発売されています。

ここでは、テグレトール錠100mg・200mg、細粒、シロップの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

テグレトールの効果について詳しく知りたい方は、
テグレトール錠の効果と特徴
をお読みください。


カルバマゼピン錠の効果と特徴

2016.1.4 テグレトール

カルバマゼピン錠は、1966年に発売された抗てんかん薬テグレトールのジェネリックです。ジェネリックは、1978年から発売となっています。

その作用機序ははっきりとしていませんが、カルバマゼピンには脳の活動を抑える働きがあって、さまざまな病気に使われています。脳の異常な興奮である「てんかん」、顔にピリッとした痛みが走る「三叉神経痛」などといった身体の病気だけでなく、気分安定薬としての効果も認められます。

気分安定薬には、大きく3つの効果があります。気分を鎮める抗躁効果、気分を持ち上げる抗うつ効果、気分の波を少なくする再発予防効果になります。気分の浮き沈みの波を小さくし、波が生じるのを少なくするお薬です。

カルバマゼピンは抗躁効果が強い気分安定薬です。双極性障害の治療に限らず、気持ちを落ち着けるお薬として広く使われているお薬です。

ここでは、気分安定薬としてのカルバマゼピン錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。


テグレトールの眠気と5つの対策

2016.1.3 テグレトール

精神科のお薬は眠くなるものが多いです。気持ちを落ち着かせるお薬が多いので、どうしてもリラックスして眠気につながってしまいます。日常生活を過ごしていかなければならない中で、眠気が強く出てしまうと困ってしまいますね。

テグレトールは、気分安定薬や抗てんかん薬に分類されています。これらのお薬は脳の興奮を抑える作用がありますので、薬によっては眠気が認められます。テグレトールは穏やかな鎮静作用があるので、眠気が認められることもあります。

ここでは、テグレトールの副作用による眠気とその対策について、他剤とも比較しながら詳しくみていきましょう。


テグレトールの半減期と血中濃度

2016.1.2 テグレトール

テグレトールは気分安定薬や抗てんかん薬として使われています。多くのお薬とは違って、テグレトールは血中濃度をきっちりと測りながら量を調整していくお薬です。テグレトールが有効な血中濃度と中毒濃度がおおよそわかっているので、これらを目安に効果や副作用をみていきます。

テグレトールの作用時間は、半減期から考えることができます。テグレトールは最高血中濃度到達時間4~24時間・半減期36時間です。ただし服用を続けていくうちに変化してくるため、1日2~3回に分けて使っていくことが多いです。

ここでは、テグレトールの半減期と血中濃度について、詳しくみていきたいと思います。


テグレトールの副作用(対策と比較)

2015.12.25 テグレトール

テグレトールは、1966年に発売された気分安定薬・抗てんかん薬です。双極性障害やてんかん、三叉神経痛の治療薬として適応がみとめられています。それ以外にも、気持ちを落ち着ける薬として幅広く使われています。

その他の気分安定薬や抗てんかん薬と比較しても、テグレトールは副作用が全体的に多く、無顆粒球症や重症薬疹といった重篤な副作用にも注意が必要です。また、聴覚変化といった特有の副作用もあり、患者さんによっては非常につらい症状となります。

ここでは、テグレトールの副作用について、対策も含めて考えていきましょう。


テグレトール服用中にグレープフルーツはダメ?

2015.12.21 テグレトール

テグレトールを処方された時、「グレープフルーツジュースは服用しないでください」と注意されることがあります。これはグレープフルーツの成分が、テグレトールと相互作用を引き起こすからです。

グレープフルーツジュースは、テグレトールにどのような影響があるでしょうか?具体的にどのように注意すればよいでしょうか?

ここでは、グレープフルーツのテグレトールへの影響について詳しくみていきたいと思います。


テグレトール錠の効果と特徴

2015.12.7 テグレトール

テグレトール錠は、1966年に発売された抗てんかん薬です。

その作用機序ははっきりとしていませんが、テグレトールには脳の活動を抑える働きがあって、さまざまな病気に使われています。脳の異常な興奮である「てんかん」、顔にピリッとした痛みが走る「三叉神経痛」などといった身体の病気だけでなく、気分安定薬としての効果も認められます。

気分安定薬には、大きく3つの効果があります。気分を鎮める抗躁効果、気分を持ち上げる抗うつ効果、気分の波を少なくする再発予防効果になります。気分の浮き沈みの波を小さくし、波が生じるのを少なくするお薬です。

テグレトールは抗躁効果が強い気分安定薬です。双極性障害の治療に限らず、気持ちを落ち着けるお薬として広く使われているお薬です。

ここでは、気分安定薬としてのテグレトール錠の効果と特徴について詳しくお伝えしていきます。