セニラン錠1mg・2mg・3mg・5mgの薬価と使い分け

2015.9.28 レキソタン

セニランは強力な抗不安薬であるレキソタンのジェネリックです。強い抗不安効果に加えて筋弛緩効果も期待できます。このため、不安感や緊張感が強い時にはよく使われるお薬です。

セニランの錠剤としては、1mg・2mg・3mg・5mgの4規格が発売されています。先発品のレキソタン錠には3mgの規格はありません。

セニランは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、セニラン錠1mg・2mg・3mg・5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

セニランの効果について詳しく知りたい方は、
セニラン錠の効果と強さ
をお読みください。


セニランの半減期と作用時間

2015.9.27 レキソタン

セニランは、効果の強い抗不安薬レキソタンのジェネリックです。副作用にも注意は必要ですが、不安感や緊張感が強い時によく使われるお薬です。セニランの作用時間や効き目は、半減期から説明することができます。

セニランは最高血中濃度到達時間が2時間、半減期が20時間です。セニランは即効性が期待でき、作用時間も比較的長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、セニランの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


レキソタン錠1mg・2mg・5mgの薬価と使い分け

2015.9.26 レキソタン

レキソタンは強力な抗不安薬で、強い抗不安効果に加えて筋弛緩効果も期待できます。このため、不安感や緊張感が強い時にはよく使われるお薬です。

レキソタンの錠剤としては、1mgと2mgと5mgの規格が発売されています。レキソタンは、頓服として使われるときと常用薬として使われるときがあります。ここでは、レキソタン錠1mgと2mgと5mgの実際の使い方や薬価についてご紹介していきます。

レキソタンの効果について詳しく知りたい方は、
レキソタン錠の効果と強さ
をお読みください。


レキソタンとジェネリックの違いとは?

2015.9.25 レキソタン

レキソタンは1977年に発売されたので、40年近い年月がたっています。このため、既にジェネリックが発売されています。

レキソタンのジェネリックは「セニラン」という商品名で発売されています。レキソタンのジェネリックにはセニラン1種類しかありません。多くの薬が一般名(成分名)に統一される中、セニランは今も残されています。いずれ、一般名である「ブロマゼパム」に変更される可能性もあります。

先発品のレキソタンとジェネリック(セニラン)にはどのような違いがあるのでしょうか?詳しくお伝えしていきたいと思います。


レキソタンの妊娠への影響とは?

2015.9.24 レキソタン

女性の方は妊娠への薬の影響を心配をされる方は多いと思います。レキソタンを服用しているのに予想外の妊娠がわかって、慌てている方もいらっしゃるかもしれません。

レキソタンは妊娠に影響がないでしょうか?
飲みながら妊娠しても大丈夫でしょうか?

ここでは、レキソタンの妊娠への影響について考えていきたいと思います。


レキソタンの頓服としての有効性

2015.9.22 レキソタン

レキソタンは抗不安薬や安定剤とよばれていて、不安や緊張を和らげる効果があります。

レキソタンは即効性があるので、症状が出てきたときに服用するという飲み方ができます。レキソタンは強力な抗不安効果と筋弛緩効果があるので、このような「頓服」としてよく使われています。

ここでは、レキソタンの頓服としての効果と、治療の中での位置づけをお伝えしていきたいと思います。


セニランの副作用(対策と比較)

2015.9.12 レキソタン

セニランは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬レキソタンのジェネリックです。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬にはつきものの、依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、セニランで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


セニラン錠の効果と強さ

2015.9.12 レキソタン

セニランは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬レキソタンのジェネリックとして1987年に発売されました。先発品が発売されたのが1977年ですので、ちょうど10年たって特許がきれてからになります。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスするお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

セニランは、抗不安薬の中でも効果が強いお薬です。そのぶん副作用も多いので、注意が必要です。また、効き目が強いということは、薬の実感が大きいということです。このような薬は依存につながりやすいので、注意が必要です。

ここでは、セニランの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にセニランが向いているのかを考えていきましょう。


ブロマゼパム(レキソタン)の効果と副作用

2015.9.12 レキソタン

ブロマゼパムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のレキソタンの一般名(成分名)です。レキソタンは1977年から発売されていますので、すでにジェネリック医薬品も作られています。レキソタンのジェネリックは、セニラン錠として発売されています。

ブロマゼパムは、抗不安作用や筋弛緩作用が強く、強力な効果が期待できます。そのため副作用も多く、眠気やふらつきには注意が必要です。

ここでは、ブロマゼパムの効果と副作用について他の抗不安薬とも比較しながら、詳しく見ていきたいと思います。


レキソタンの眠気と5つの対策

2015.9.11 レキソタン

レキソタンは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。

抗不安薬は不安や緊張を和らげる働きがありますが、眠気に繋がってしまうことがあります。レキソタンは抗不安作用が強力ですが、そのぶん催眠作用も比較的強いお薬です。ですから、日常生活に影響しないように注意しなければいけません。

ここでは、レキソタンの眠気について詳しくお伝えし、その対策を考えていきたいと思います。


レキソタンとお酒(アルコール)は大丈夫?

2015.9.10 レキソタン

「薬を飲んでいるとお酒は飲めない」と、何となく知っている方は多いかと思います。そうはいっても、「大好きなお酒はやめられない」「付き合いで飲まないといけない」など、いろいろな事情があると思います。

それでもレキソタンなどの抗不安薬は、アルコールやお酒とは併用しないほうがよいです。どうしてもお酒を飲まなければいけない時は、レキソタンを我慢しましょう。

どうしてレキソタンとアルコールは避けなければいけないのでしょうか?ここでは、お酒がレキソタンに及ぼす影響を考えていきましょう。


レキソタンのやめ方(減薬・断薬)

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは、強力な抗不安効果が期待できるベンゾジアゼピン系抗不安薬です。しっかりと効果がある抗不安薬だからこそ、レキソタンをやめられなくなってしまいます。「飲んでて安心できるならばいいか・・・」と漫然と飲み続けてしまう方も多いです。

レキソタンにも依存性はあるため、ある程度落ち着いてきたら少しずつ減薬していかなければなりません。レキソタンを減らしていくには、どのようにすればリスクが少ないでしょうか?

ここでは、レキソタンの減薬から断薬につなげていくにはどのようにすればよいのか、詳しくお伝えしていきたいと思います。


レキソタンの離脱症状(対策とやめ方)

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは効果のしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

効果の実感がある薬なので、どうしても頼ってしまいます。レキソタンを長く服用していると、身体にあるのがあたり前になっていきます。その状態で急にレキソタンが減ると、身体がびっくりして様々な不調をきたすことがあります。

このような症状を離脱症状といいます。レキソタンでは離脱症状が多いです。ここでは、レキソタンによる離脱症状の対策とやめ方について、詳しく見ていきたいと思います。


レキソタンの致死量とは?過量服薬(OD)するとどうなるの?

2015.9.10 レキソタン

「死にたい」

これほどまでのつらさを抱えている方は、精神科にはたくさんいらっしゃいます。普段は引き留める気持ちがちゃんと働いていても、何かのきっかけで外れてしまうこともあります。楽になりたい一心で過量服薬してしまうこともあります。

そんな時によく手にされるのが安定剤です。「安定剤を大量に飲めば楽に死ねる」といった誤解から、過量服薬される方がとても多いです。過量服薬しても、つらいだけで少しもよいことはありません。死にたいとまで思い詰めているならば、必ず主治医に相談 してください。

ここでは、レキソタンの致死量について正しく理解していただければと思います。過量服薬(OD)の実情を知って、少しでも思いとどまる方がいてくだされば幸いです。


レキソタンの依存性と8つの対策

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは、効果の強いベンゾジアゼピン系抗不安薬です。不安感や緊張感を抑えるために、よく使われています。

効果がしっかりとしているので、「効いた」という実感も得やすい抗不安薬です。このため、レキソタンの依存性は「やや強い」です。やめようとしても、離脱症状が出てしまう方もいます。これが辛くて、レキソタンをやめれなくなる方もいらっしゃいます。

ここでは、レキソタンの依存性について詳しく説明し、依存にならないための対策をお伝えしていきたいと思います。


レキソタンの半減期と作用時間

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは、効果の強い抗不安薬です。副作用にも注意は必要ですが、不安感や緊張感が強い時によく使われるお薬です。レキソタンの作用時間や効き目は、半減期から考えることができます。

レキソタンは最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が20時間です。レキソタンは即効性が期待でき、作用時間も比較的長いです。このため、不安が強い時に頓服としても有効ですし、毎日服用して不安を和らげていくこともあります。

ここでは、レキソタンの作用時間と半減期について詳しく見ていきたいと思います。


レキソタンの副作用(対策と比較)

2015.9.10 レキソタン

レキソタンは、効果がしっかりとしたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

しっかりとした抗不安作用が期待できるのですが、筋弛緩作用や催眠作用にも注意が必要です。また、効果が強い薬にはつきものの、依存性についても注意していかなければいけません。

ここでは、レキソタンで注意すべき副作用を詳しくお伝えし、他の抗不安薬とも比較していきたいと思います。


レキソタン錠の効果と強さ

2015.9.9 レキソタン

レキソタンは、1977年に発売されたベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

抗不安薬は安定剤とも呼ばれたりしますが、不安感や緊張感を和らげてくれるお薬です。リラックスさせるお薬なので、眠気やふらつきなどの副作用には注意をしなければいけません。

レキソタンは、抗不安薬の中でも効果が強いお薬です。そのぶん副作用も多いので、注意が必要です。また、効き目が強いということは、薬の実感が大きいということです。このような薬は依存に気を付けなければいけません。

ここでは、レキソタンの効果について詳しくみていきたいと思います。他の抗不安薬とも比較しながら、どのような方にレキソタンが向いているのかを考えていきましょう。